ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

「仁義なき戦い」は人生の金言集

001_size4
「仁義なき戦い」(1973 深作欣二監督)の脚本を書いた笠原和夫さんが、当初、深作さんの監督起用に難色を示した原因は、その8年前に遡ります。笠原さんが脚本を書いた「顔役」(1965 石井輝男監督)という作品をはじめは深作さんが監督することになっていたのですが、深作さんがイチャモンをつけたので、笠原さんが「前半、後半に分けて二人で書き直そう」と提案、旅館にこもったのですが、当時中原早苗さんと恋愛中(のちに結婚)だった深作さんは夜になると旅館を抜け出し、脚本書きをサボっていたそうです。笠原さんは激怒、監督は石井輝男さんに交代ということがあったのです。
笠原和夫さんはシナリオを書くために徹底取材することで知られていて、「仁義なき戦い」も企画段階から日下部五朗プロデューサーとともに、原作の元になった手記を書いた美能幸三さん(文太さんが扮した広能昌三のモデル)に会いに行ったり、綿密な取材を行っています。その取材ぶりは「仁義なき戦い 調査・取材録集成」(太田出版)という本でうかがえます。その微細にわたる取材記録の緻密さには頭がクラクラするほどであります! そんな苦労をして執筆した「仁義なき戦い」シリーズ(笠原さんは第4作まで)ですから、深作さんが笠原さんに「1字1句も脚本を変えない」と約束し、監督に決定したのも当然です。
笠原さん入魂のシナリオだけあって、名セリフがてんこ盛りです。人生の色々な局面で指針になるようなものが多いです。私事ですが、僕は昨年3月でそれまで31年間も勤めていた職場を辞めたのです。辞めたい、辞めたいと思っていましたが、31年も勤めていたのでさすがにずいぶんと思い悩みました。まさに、第1作の坂井(松方弘樹さん)の「夜中に飲んでるとつくづく極道がいやになって足を洗うちゃるかと思うんだが……朝になるとコローっと忘れちょる」みたいな感じでグズグズとふんぎりがつかなかったのです。
ノートの真ん中に線を引いて、片側にメリット、反対側にデメリットを書き出したりして考えました。そして退職願を出すリミットの時期が来て、僕の心の中で三上真一郎さんが「ここらでやらんと二度と舞台は回ってこんど」と囁いたのです。まさに「仁義なき戦い」が僕の背中を押しました。
後日談。僕が新文芸坐のチラシ解説を時折一緒に書いているCさんに、こんな感じで職場を辞めたことを知らせたら、「“一度、後手喰うたら死ぬまで先手は取れんのじゃけん”という台詞もありましたね」と、さすがは相棒、打てば響く返信が来たのでした。「仁義なき戦い」は珠玉のアフォリズムの宝庫です!
今日は菅原文太さんの命日。「仁義なき戦い」の数々の名セリフを反芻して三回忌を追悼しましょう。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

秋の思い出・・・松茸ざんまい

 松茸ざんまい
 今はもう冬・・・かと思わせるようなここんとこですが、今年の秋にちょいといいことが重なりました。
 カナダは針葉樹林宝庫バンクーバー産の松茸たくさんが到来したことと、国産等級牛肉ブロック500グラム(約3000円)半額に出くわしたことです。
 松茸は木材関係ルートでいただきました。輸入丸太に忍び込ませた密輸ものです・・・というのは冗談冗談、今、木材は丸太では入ってきません。ほとんど現地で製材されたものが来ますので。
 てなわけで、拙宅の拙卓をたまには賑わせられました。
 牛さんはタタキで、ワサビやショウガやニンニクで。松茸は焼くだけ。フレーバーの凝縮狙い。カナダ産とはいえぷんぷん香りました。
 そばがきもいと簡単にこしらえ、そばつゆにはおろしと茗荷をたっぷりで。
 ここには写っていませんが、たぶんは吟醸冷や酒とスパークリングを彼らの友人にした思います。
 松茸TPP でした。(ハピイ氏橋)
             
   
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

混沌から傑作が生まれる

毎年、秋に5週間にわたって「仁義なき戦い」シリーズ(1973~1974 深作欣二監督)を上映、スタンプラリーを実施していた浅草名画座は、毎月、手作りコピー印刷の番組表を配布していました。ラインアップの作品紹介も独自で面白く、この番組表自体も楽しみにしていました。欄外のコラム?に「任侠雑学講座」なんてのもあって、ここにも
「仁義なき戦い」週間になると、関連の文章が書かれました。その中に「仁義なき戦い/配役整理作戦」というのがあったのを記憶しています。5部作の中で、同じ俳優が違う役で出てくることが頻発するので、(または同じ役なのに俳優が変わったりも)混乱しないように説明していて、「仁義なき戦い」若葉マークの人の予習復習に役立つ親切な情報でした。
確かに、群像劇ですから登場人物も多いし、東映も役者が足りなくなったり、次々に作品を繰り出し(第1作~第3作は1973年、第4作は1974年1月、完結篇は1974年6月公開ですから1年半のうちに5作連打されたのです!)、役者のスケジュールが合わなくなったりという事態の中で撮影されていたのでしょう。特に主要キャストはご苦労があったと思います。5部作中3本に異なる3人の役で出演、そして3役とも悲惨に殺される松方弘樹さんは、第1作のかっこいい若衆から一転、第4作では結核病みの役なので顔をどす黒くメイクしたり、第5作はシワを書き入れて壮年ヤクザに扮するなど見事にキャラクターを演じ分けました。第1作で伝説のヤクザ、「地獄のキューピー」をモデルとした若杉寛を演じ殺された梅宮辰夫さんは、第3作から眉毛を剃って別人物で再登場(帰宅した梅宮さんを見た当時幼いアンナさんが泣き出したというエピソードが超有名)するなど、いろいろ工夫されていました。
そもそも、当初は広能役は渡哲也さんだったのが、渡さんが病気で入院してしまい、当初坂井役(松方さんが扮した役)だった文太さんが広能になったということです。金子信雄さんも病気で、山守親分も、代わって三國連太郎さんがキャスティングされていたのが、過去に三國さんにドタキャンされたりしたことがある岡田茂が猛反対、西村晃さんに決まりかけたそうです。そこに入院先から這うようにやってきた金子さんの執念によって、山守役をゲット、あの山守像が生まれたのです。(ちょっと西村さんバージョンも観たかった気も) 第2作の千葉真一さんと北大路欣也さんも撮影直前に役が交換になっています。
だいたいにおいて脚本の笠原和夫さんが「過去に脚本を勝手に変えて撮られた」と深作監督の起用に難色を示したりと、企画がスタートしたときからドタバタ続きだったわけです。それが見事な作品に仕上がり、大ヒットするのです。準備万端、スキのない状態で始まる仕事よりも「火事場の馬鹿力」みたいなものが勢いをあげることはしばしばありますね。
ちなみに名和宏さんは第1作で土居組長役で殺され、早くも第2作で別人物の役で出てきます。第1作目がまだ撮影中に手ごたえを確信した会社が即、続編を決定したといいますから、脇役までゆっくり検討する余裕がなかったのかもしれません。名和さん、2作目でも村岡組長という同じく組長役(ただしこちらのが大物)で、メガネをかけたり、ちょっと白髪入っている程度のプチ・メイクで切り抜けています。   (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「仁義なき戦い」には浅草がよく似合う

images (6)
今頃、新文芸坐では「仁義なき戦い」5部作(1973~1974 深作欣二監督)一挙上映、そろそろ第2作「仁義なき戦い 広島死闘篇」(1973 深作欣二監督)が始まる頃でしょうか。僕は過去に今は無き上板東映で第1作から第4作(つまりは笠原和夫脚本ですな)を続けて観たことがありますが、5部作一挙に観たことはなかったので、行きたかったのですが、所用でガマンの子です。この5部作でいちばん観ているのは第3作「仁義なき戦い 代理戦争」(1973 深作欣二監督)かなあ。たぶん14~15回ぐらい観ていると思います。いちばん観た回数が少ないのは「仁義なき戦い 完結篇」(1974 深作欣二監督)で、4~5回でしょうか。5作平均すれば10回ずつぐらい観ているでしょうか。50回ぐらい(それ以外に1980年の「仁義なき戦い 総集篇」も2回観ています。こちらは4部までの編集版)。だけど、第1作公開からもう43年経っているからお好きな方は100回や200回はご覧になっていることでしょう。何回観ても面白さが褪せないエヴァーグリーンな作品です。
上記の上板東映の他に、新宿昭和館、文芸坐、三百人劇場、ラピュタ阿佐ヶ谷、シネマ・ヴェーラ、新文芸坐などいろいろな映画館で観ました。とりわけ、今は無い浅草名画座では毎年9月ぐらいになると、この5作を他の作品と組み合わせて週替わりで5週間かけていて、よく足を運びました。文太さんや千葉真一さん、旭さん、梅宮さん、北大路さんの似顔絵が入ったカードを使ったスタンプラリー(5作完走するとタダ券がもらえた)もあったりして、浅草の晩夏から秋の風物詩?だったのです。そしてなんと言っても、その佇まい(浅草名画座は浅草中映の地下でした)、場内の雰囲気が映画によく合っていました。裏切られ、惨めに殺され、不毛な抗争に振り回される男たちに思いを馳せながら、夜になってすっかり周囲の店が閉まった六区の通りをトボトボ歩いて帰るときの寂寥と孤独感。これは今どきのキレイなシネコンでは味わえない感触ですねえ。
それでも、2008年に渋谷のシネマ・ヴェーラで「70年代深作欣二特集」をやったときに「仁義なき戦い 代理戦争」と「仁義なき戦い 頂上作戦」(1974 深作欣二監督)の2本立てを観に行ったら、制服姿の高校生2人連れを見かけ、「日本の若者も捨てたもんじゃない」と思ったことがありました。さらに時代はすすみ、映画館よりもDVDやブルーレイで観る人が多くなっている昨今です。新しい世代が新しい観方で「仁義なき戦い」シリーズを観ていくのだろうと「ワシらの時代もしまいで」と小林旭さん演じる武田のセリフを独り言つしかありません。
ちなみに浅草名画座「仁義なき戦い」スタンプラリー・カード、文太さんの似顔絵の横には「ようきたのう」と書いてありました。      (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「トラック野郎」これぞ娯楽映画だ!

SID0020526
ハピイさんがお友だちのN井くんと観られたのは、マドンナがあべ静江さんだったというので、シリーズ第2作「トラック野郎 爆走一番星」(1975 鈴木則文監督)ですね。製作予定の作品が流れてしまって、その穴を埋めるために急遽、則文監督に話がきて3週間足らずで撮影された「トラック野郎 御意見無用」(1975 鈴木則文監督)は夏休み興行が終わった8月30日に公開。会社の方も「穴埋め」作品にあまり期待をしていなかったのでしょう。ところが観客がどっと押し寄せる大ヒット、すぐにシリーズ化が決定され、「トラック野郎 爆走一番星」は堂々のお正月映画になりました。ライバルとされる「男はつらいよ」シリーズの第1作(1969 山田洋次監督)が先に放映されていたテレビ版のリメイクというので観客動員を不安視した松竹が、8月27日に公開したのに似ています。(テレビ版のストーリーのストックがあった寅さんの方はさらに短いインタバルで製作、第2作「続 男はつらいよ」(1969 山田洋次監督)は2ヶ月後の11月15日に公開されてます!)
そんな「トラック野郎 爆走一番星」、ドライブインのトイレに駆け込み、「紙がない!」と騒ぐ桃さん(文太)にチリ紙を差し出してくれるのが、アルバイトしている女子大生のあべ静江さん。ここでカッコつけてトイレを我慢した桃さんが河川敷で用を足すのが、ジョナサン(愛川欽也)の勘違いから加茂さくらの桃さんへの片思いへの伏線になります。もちろん、桃さんはあべ静江さんに首ったけ。「太宰治が好きなの」というあべさんに、桃さんが言う「ダザイ、僕も好きです。あれは美味いですよね!」という台詞、その後、ドライブインで「太宰治全集」(ちなみにこの全集は則文監督の私物)をどーんと積み上げ、なぜか学ラン姿で読書にいそしむ桃さんに大爆笑! それに積載量オーバーのトラック野郎たちを取り締まる台貫場の係官だったジョナサンの過去、その恨みで突っかかってくるライバル・ボルサリーノ(田中邦衛)とのワッパ対決、由利徹、笑福亭鶴光、ラビット関根(役名は堀釜太郎!)といった豪華な爆笑ゲスト陣。そして、幼い姉弟のために、出稼ぎの父親を除夜の鐘までに送り届けるラストに感涙……。笑って、泣いて、アクションがあって、これだけ盛り込んで96分!という、もう娯楽映画のお手本みたいな映画ですね。
東映京都撮影所出身の則文監督の「泣く」「笑う」「(手に汗)握る」という「娯楽映画三原則」をふまえた演出、「この作品が当たらなかったら役者辞めるよ」とまで言った文太さんの力の入れようが最高のシリーズを生み出したのです!
文太さんの命日(11月28日)が近づいてきました。明日、池袋・新文芸坐では「仁義なき戦い」5部作(1973~1974 深作欣二監督)を一挙上映! 昼の部は9時40分開場・10時00分開映(19時40分終映)、オールナイトは20時20分開場・20時40分開映(翌6時20分終映)です。体力に自信のある方は文太さんの三回忌を是非!
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ