ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

ニッポンのバンド、青の時代

かまやつひろしさんのお父さんは、日本ジャズ界の草分け、ティーブ釜萢さんです。img_0
ティーブさんはアメリカ生まれで日系人バンドをやっていましたが、不況のせいで日系人では仕事がもらえない米国から来日。昭和10年代に淡谷のり子さんのバックバンドをつとめたり、上海にも出向いたといいますから、まさに「上海バンスキング」の世界をリアルに経験しているのです。日本軍にも徴兵されますが、日本語がほとんど話せなかったといいますから苦労したことでしょう。
戦後は、「日本ジャズ学校」を設立し、ティーブさんや笈田敏夫さん(「嵐を呼ぶ男」(1957 井上梅次監督)で石原裕次郎さんのライバルのドラマー役)などが講師となって後進を育成します。当時、高校生だったミッキー・カーチスさん、平尾昌晃さんがここに通い、同じ学校の仲間たちとバンドを結成、進駐軍のキャンプで演奏、お金を稼ぐようになります。その後、米軍が引き揚げ始めると、ジャズ喫茶でライブ活動をするようになり、その後のロカビリー・ブームにつながっていきます。当時、他にティーブさんの指導を受けた人にはペギー葉山さん、弘田三枝子さん、日野皓正さんなどもいます。
ジャズ喫茶といっても、クラシック以外の洋楽を「ジャズ」と一括りにしていた時代、当時の流行はカントリー&ウ
エスタンでいくつも人気バンドがありました。堀威夫さんや田辺昭知さんが在籍していた「スイング・ウエスト」、井原高忠さんの学生バンド「チャックワゴン・ボーイズ」などが有名です。かまやつひろしさんもジャズ系のバンド「サンダーバード」で活動する一方、「小坂一也とワゴン・マスターズ」に参加して1958年にプロとなっています。
かまやつさんは、テープレコーダーなんてない時代、進駐軍のラジオでかかる新しい曲を聴いて、メロディと歌詞を覚えてすぐに練習、その日の夜にステージで演奏していたそうです。知り合いにアメリカの軍人がいて歌詞をヒアリングしてもらって助かったと回想しています。当時のバンドマンたちはいくら夜まで演奏して疲れていても、翌朝に米軍放送が始まるとラジオの前に座り、耳を澄ませ、必死になってそれぞれの楽器の音を聴き取ろうとしていたそうです。他のバンドよりいかに早く新曲を披露できるか、そこにカントリー・バンドの乱立期における生き残りがかかっていたわけです。そして、ステージで演奏しながら直していきマスターしていったのです。
そんなラジオからのわずかな情報に頼って必死に音楽を作りあげた人たちが、それぞれに地平を広げていきます。堀さんはホリプロ、田辺さんはスパイダースのリーダーを経て田辺エージェンシーを設立、芸能界に君臨しています。井原さんは日本テレビの鬼才プロデューサーとして「11PM」や「ゲバゲバ90分」など人気番組を手掛けました。かまやつさんの活躍は周知のとおり。スパイダース解散後も全楽器を演奏したソロ・アルバム「ムッシュー」や「ガロ」のバックアップ、笠井紀美子さん、吉田拓郎さん、りりィさん、ユーミン、大滝詠一さん、細野晴臣さん、遠藤賢司さん……生涯現役でいろいろなジャンルにまたがる多くのミュージシャンとの交流。先日、堺正章さんが「ゆかりの人を集めてスパイダース葬をしたい」とおっしゃていましたが、ものすごく幅広いメンバーが集まりそうです。ちなみにかまやつさんがティーブさんと作ったデュオ・アルバムのタイトルは「ファーザー&マッド・サン」でした。イカしてます。sim (1)
     (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

GSエキサイティング大盛況にて無事終了

17155696_1256098994487147_51088191890248939_n

16388027_1247398825344765_4470399969091533589_n

「チームGSカンパニー・ファーストエキサイティング」にご来場頂きました、沢山のお客様
ありがとうございました!おかげ様で大盛況にて幕を降ろせました。17264616_1256090311154682_5822547370363777341_n

ご声援、掛け声、手拍子、合唱!とても励みになりました!
拙い振付も愛嬌ってことで、みなさまの笑顔に元気印をもらいました。
プレイヤーも楽しく演ってました。お客様もプレイヤーも一緒になって楽しんでる
その一体感を感じた時にやってよかったな~って思いました。
17264903_1256090031154710_5486255989849513071_n
世代を超えてグループサウンズを楽しめた、とてもレアな早春の宵でした!
お客様、プレイヤーの皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!
17308909_1256090457821334_6915164725591031605_n

この日は、東日本大震災から6年目の日でした。
犠牲者の方々の冥福を祈ると共に、今も不自由な生活を
強いられている方々に心を寄せることを忘れてはいけないと心の中で祈りました。
そうしましたら、今を楽しく生かせていただいてることにとても感謝が出来ました。
ザ・スパイダーズ「あの時君は若かった」「バンバンバン」かまやつひろしさんの追悼を込めて歌わせてもらいました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

荒川土手、自転車で行く舟木さんが唄う

国有地取得の黒い疑惑に揺れる「森友学園」の小学校、理事長が申請を取り下げました。これで幕引きと思ってホッとしている政治家とかもいそうです。この問題が表面化しなかったら、そのまま小学校は4月に開校し、首相夫人が名誉校長になっていたわけですから、うやむやに終わらせず真相を明らかにしてほしいものです。
この小学校の校歌として紹介されていたのが舟木一夫さんが唄う「あゝ青春の胸の血は」です。 このニュースを聞いたとき映画をすぐ思い出しました。歌と同タイトルの「あゝ青春の胸の血は」(1964 森永健次郎監督)です。
ダウンロード (47)
比較的最近(といっても昨年1月ですが)ラピュタ阿佐ヶ谷で観たので、記憶が鮮明です。
山内賢さん演じる東都大学のボート部員が、荒川、戸田橋あたりで練習の帰りに知り合った和泉雅子さんと仲良くなります。和泉さんはオモチャ工場の女工で、川の反対側にある工場を指さします。貧しい環境で育った和泉さんは盗みをはたらき感化院に入っていた過去があり、山内さんに隠していましたが、二人でいるところを和泉さんの不良仲間にからまれバラされてしまいます。山内さんは驚きますが、過去に拘らず和泉さんと付き合っていこうとオモチャ工場を訪ねます。このときに、道を教えてくれるのが和泉さんの幼馴染でクリーニング屋で働く舟木一夫さんです。出番は少ないですが、和泉さんにも偏見なく接し、自転車に乗って配達の仕事をする舟木さんの明るい勤労青年ぶりが爽やかな印象を残します。
大学の体育会系らしく、ボート部も縦の繋がりが強く、OBが選手たちに差し入れしたり、援助しますが、OBのひとり二本柳寛さんの洋風の家のゴージャスぶり、娘の進千賀子さんのお嬢さんぶりなど和泉さんの境遇と対比されます。大学生の山内さんと貧しい女工の交際に周囲が心配したり、オモチャ工場で盗難が発生し、和泉さんが疑いをかけられてクビになってしまったりと、高度経済成長期、まだ大学への進学率も今よりもずっと低く、ブルーカラーとの格差が大きかった時代背景がくっきりと浮かび上がります。川のほとりで、和泉さんが「川のあっちとこっちでは世界が違うのよ!」と言うと、山内さんが「でも、橋が架かっているだろ。同じように心に橋を架ければいいんだ」と励ますシーンが心に残ります。
ラストはレガッタの大会の日で、いよいよレースがスタートするという時、和泉さんがヤクザに監禁されたことを知った山内さんが助けに向かいます。山内さんの欠場で東都大学は優勝を逃してしまいますが、和泉さんは無事に助け出されます。こうして、自分の栄光を犠牲にしても人を助ける主人公の映画の主題歌と、自分の学校設立のためにはズルしてもいいなんていう精神がどうして結びつくのか理解できません。   (ジャッピー!編集長)
おもちゃ色々

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

あれから6年

bnfu101_1202fo_m_20141129095929
6年前の今日、仕事が早く終割った僕は神保町にいました。もちろん、神保町シアターで映画を観るためです。上映時間までだいぶ時間があったので、ナポリタンで有名な喫茶店「さぼうる2」に入って注文したものを待っていたときでした。地下の席だったので、はじめは下を通る地下鉄の振動かなと思ったのでした。そのうち、揺れが尋常じゃないものになり、店内の女性客が悲鳴をあげ、店の人が「表に出てくださーい」と叫んだ頃には、もう今まで経験したことのない揺れでした。「ついに来たか」と思いました。表に出ると、通りには人がたくさん出ていて、不安のやり場もなくただ佇んでいました。神保町シアターに行くと、当然ながら上映は中止。帰ろうにも電車は止まっている、タクシー乗り場には長蛇の列。歩いて帰ることを決断した頃には、すっきり晴れていた空がブキミに曇り、何だかこの世の終わりというか、どうなってしまうのかと思ったことを思い出します。
神保町から池袋まで歩いて、新文芸坐に行ってロビーで休ませてもらいました。何と映画は地震にもめげず?とりあえずその回の上映が終わるまでやっていて、終了してお客さんがゾロゾロ出てきました。その日の上映は、追悼・高峰秀子さんで「風前の灯」(1957 木下恵介監督)「二人で歩いた幾春秋」(1962 木下恵介監督)でした。コーヒーを飲んで、東武東上線の線路ぞいにまた歩いて帰りました。5時間ほどかけて何とか家にたどり着きました。images (26)

東日本大震災から6年。あのときに感じた恐怖や不安は、過ぎた時間の中で薄れることも多くなっている感じもします。しかし、今でも原発事故の影響などで、仮設住宅に暮らしたり、故郷に帰れない人が12万人もいるのです。復興がすすまない現状、いわれなきイジメにあっている子供のニュースなど見ると、本当に心が痛みます。
東日本大震災で犠牲になられた方々を心から追悼し、ご冥福をお祈りしたいと思います。
images (25)


(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「野良猫ロック セックスハンター」のバロン

当ブログ、2月26、27日で取り上げた「女番長 野良猫ロック」(1970 長谷部安春監督)を第1作として、「野良猫ロック」シリーズは全5本が作られました。僕のミューズ、梶芽衣子さんと藤竜也さんが全作に出演していますが、1作ごとに役柄も違い、設定も物語も別個のものです。中でも3作目「野良猫ロック セックスハンター」(1970 長谷部安春監督)はシリーズ中でも最高傑作という評価の多い傑作です。
「女番長 野良猫ロック」の舞台は新宿でしたが、「野良猫ロック セックスハンター」は立川が舞台。米軍基地のある街という背景で、藤竜也さんは地元の不良グループ・イーグルスを率いるバロンという人物に扮します。バロンは「混血児」を異常なまでに憎悪し、街で混血児を見かけると、仕事の邪魔をしたり執拗に嫌がらせをしかけます。「女番長 野良猫ロック」にも出演したケン・サンダースさんは、イーグルスのメンバー・岡崎二朗さんの恋人と会っていたというだけで袋叩きにして街から追い出します。藤さん演じるバロンは手下たちに「混血児狩り」を命じ、街からハーフを一掃しようとします。ちなみに脚本の原題は「人狩り(マンハント)」でした。
バロンはナチスみたいな上着を着て、いつも片手にステッキ、片手に百科事典みたいな本を携帯していてブキミな存在感を発揮します。不良少女グループのリーダー・マコ(梶芽衣子さん)を恋人にしていますが、いいムードになってもバロンはその本に読みふけっています。マコは「何であたしを抱かないの?」と訊きますが、バロンは無言です。
実は、バロンは性的不能で、回想シーンで語られるその原因は幼い時に目の前で自分の姉が黒人兵にレイプされるのを見たことにあります。しかも、その時に姉が犯されながら愉悦の表情を浮かべていたのが二重にトラウマになっていて、米兵よりも、凌辱された女性、さらにその結果として生まれる混血児に憎悪が向かうのです。この屈折したキャラクターが、「悪魔のようなあいつ」で、同じ不能者でジュリーにホモセクシャルな愛情を示しながら自分の妻だった女を抱かせる藤竜也さんの役に重なるのです。
これは、米軍基地を抱えた日本の植民地状況ー凌辱者・アメリカへ向かわず、やり場のない怒りを「支配されている者同士」がぶつけ合う状況を鋭く暗喩しています。
映画は、生き別れた妹を探しに街にやって来た混血児・カズマ(安岡力也さん)に協力するうちに惹かれていくマコをはさんで、バロンはカズマを敵視し、徹底的に痛めつけます。(縛られたカズマをジープで引きずるリンチが凄絶) そして最後は、廃墟となった飛行場の監視塔でのバロン対カズマの銃撃戦となります。
黒の帽子、パンタロン姿がカッコいい梶芽衣子さん、精悍な男前の安岡力也さんがデュエットする名曲「禁じられた一夜」も聴けるし、まだ5人組だったゴールデン・ハーフが歌うシーンもレアです。
(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ