ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

団鬼六新聞連載小説挿絵


団鬼六連載1
 今は昔、20世紀の1999年に新聞の連載小説の挿絵を画きました。
 今は無き「内外タイムス」です。夕刊紙の草分けで昭和30年代が大全盛でした。
「日刊ゲンダイ」や「夕刊フジ」は後発です。
 ともあれ、”あの世界”の大先生の団鬼六(おにろく)氏の連載小説(全147回)の挿絵を手掛ける”栄誉”
をいただきました。イラストの仕事し始めてまだ数年という頃でしたが。
団鬼六連載2
 内容は言うまでもなく古典的SM小説です。エロく画いたつもりですが、あまりエロくないと批評されました。
まあ、写真の感じです。今回載せているのは”やさしい”やつです。もっと露骨なのが多いです。が矢張りエロくないとの然り。
 内外タイムスは首都圏で主に駅売りされていました。ですが、岩手で毎日いみじくもわたくしのイラスト目当てに購入されている方がいました。光栄のいたりです。この時分に個展を開いたのですが、お越しになられたそうです。たまたま、その時わたくしが不在で残念でしたが。瞼のファンです。東北なのであの3.11をきりぬけられたか気になるところです。
 団鬼六先生は何年か前に鬼籍にはいられました。関西学院のご出身で元英語教師でした。将棋界のスポンサーとしても有名です。
 ご本名は「黒岩幸彦」。ハピイ氏橋は「氏橋幸彦」。
 ハピイは幸彦の「幸」を英語に変えただけのイージーな話です。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ワンポイントキャラ弁ー亭主が女房にこしらえるamazon弁当

弁当amazon
 ここんところ、飯づいているので、また「めし」です、弁当です。
時間も技量もないので、たいそうなキャラ弁は調製できません。
 ワンポイントだけです。女房がA社のワインにかかわっているのでaじゃないかです。
そいだけです。
 梅干しの日の丸が、なんか囲まれた感じなので、右っぽいお方はちょいと嫌な感じが
するかもしれません。
 よそとも がっちりスクラムくんで日の本よ立ち上がれのつもりです。
 おかずコンテンツは右箱の下から甘い生活の卵焼き、イカきゃべつカレーベンガル風(勝手なネーミング)、
夏みかん無造作のっけです。
 白米のアンダーは海苔かつぶしです。
 あてくしはこれらのおこぼれで飯をかっ食らいます。

 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

イタリアン海鮮

イタリア海鮮
 帆立刺し身、いか丸ごと刺身用、広島カキを仕入れました。
 帆立はグラタンへと。ジャガイモ、ニンジン、キャベツでホワイトソース(豆乳です)をコンポーズ。マカロニ敷きです。
 イカは細切りにしてカルパッチョへと。ニンニクすりおろし、黒酢、オリーブ油、塩、コショウにてドレッシングとします。湯がいた明日葉(俗称ちんだち草)、タマネギ、トマトをのっけました。
 カキは片栗をまぶしてニンニクバターでソテーします。ゆがいたキャベツ添え。
 ここのところ、料理ブログっぽいです。たいしたことはありませんが。あしからず。
 男の妄想海鮮イタリアンでした。白ワインだわい。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

亭主が女房にこしらえる、ごく弁

亭主が女房にこしらえる、ごく弁当
 亭主が女房にこしらえた、ごく普通の弁当です。これを「ごく弁」といいます。わたくしの勝手です。
 飯の下には海苔をしいてます。かつぶしがあればいっしょにしたのですが、割愛。
おかずは卵焼き(味醂、酒、黒糖入り)、いかキャベツ焼きが主たるところです。
 左下にあるのは、海苔の佃煮にわさびのっけ。
 右上は南信州リンゴです。梅干しは自家☆2013年製です。今年も☆て漬けるそうです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

新宿昭和地下劇場でのピンク映画の観かたーTOKYO SCOPEより

新宿昭和地下劇場でのピンク映画の見方
 全米で2001年発行の日本おたく本「TOKYO SCOPE」(日本のサブカルおたくの第一人者パトリック・マシアス著)では、ピンク映画の観かたをご指南しました。
 この当時でも、実はピンク映画ファンは50歳代以降の方が多ございました。もちろんビデオ(アダルトソフトとともに)は普及してましたが、劇場に足を運んでいただけるのです。家では家族におもんばかります。それに使い方メカがよくわからない。痴漢、喪服未亡人、淫乱妻・・・等々のタイトルの語感や話立てがここいらの年代にはフィットそそられるのかもしれません。
 悲しいかな、ここが人生の終焉の地になる方もたまいいらっしゃいました。その家族には、一階の通常邦画上映館
でお亡くなりになったと説明されます。やさしい新宿の警察です。
 さて、ピンク映画の製作配給会社の社長(この当時60代ぐらい)もトップセールスに劇場の事務室にやってくることもありました。
 「最近は痴漢があかんのう。人妻もいまひとつやのう。なんかええのないかのう。」
 独特の名古屋弁が事務室にこだまします。
 この社長は今でも現役で売り込みをしているそうだのう。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 浅草にて平成最後の初詣風景
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ