ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

荒木一郎さんのマルチな才能

ゴールデン・カップスは大島渚監督から、映画主演を打診されたという話もあったそうです。台本を読んでみると、平尾さん以外は棒読みになってしまったり、ケネス伊東さんはまだ日本語が苦手で漢字が読めなかったりで、実現しなかったのです。ちなみに、ケネスさんはグループ結成時はまだワーキング・ビザを取得していなかったので、一時脱退、ゲスト参加という形をとっていました。(セカンド・アルバム「ザ・ゴールデン・カップス・アルバム第2集」のジャケットに映っていません)
さて、その映画「日本春歌考」(1967 大島渚監督)は、荒木一郎さんを主演に串田和美さんなど自由劇場のメンバーを高校生グループの役にあてました。吉田日出子さんも印象的な役で出ています。大島監督は「自分の映画のキャスティングの中でももっとも面白いキャスティングになった一本」と語っています。
その荒木一郎さんの自伝「まわり舞台の上で」(荒木一郎・著 文遊社)が今年出ました。
28139295_1
自伝と書きましたが、形式はインタビュアーの質問に荒木さんが答えていくというもので、音楽、映画、小説など各分野での活躍の軌跡が詳しく述べられています。
とにかく、そのマルチな才能には驚くばかりです。高校生時代を自伝的につづった名作「ありんこアフター・ダーク」(荒木一郎・著 小学館文庫)にも驚きましたが、この小説で書かれているのは当時の荒木さんのほんの一部分だったのです。それと同時進行でNHKのドラマ「バス通り裏」に出演。その頃から演出家に言われて台本を書き直したり、自分の出ている所はカメラ割りまで決めていたといいます。当然、そういった傍若無人さは軋轢を起こし、NHKからは4回も出入り禁止をくらったそうです。
その後、映画俳優となり、数々の出演作について回想されてますが、「白い指の戯れ」(1972 村川透監督)の有名なタバコを吸いながらのベッド・シーンの話など、自分の演技を自分で演出されている感じです。そういった全体を見れる視点が、もうひとつの重要な顔であるプロデューサーとしても活きているのでしょう。
シンガーソングライターの走りでもある荒木さん、もちろん音楽についての興味深い話も満載です! 562ページの大著ですが、荒木さんの語り口が面白くてアッという間に読めてしまいます。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

本牧から登場した伝説のバンド

gc01
ゴールデン・カップスのドキュメンタリー映画として、「ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム」(2004 サン・マー・メン監督)があります。前半はゴールデン・カップスをリスペクトする人たちのインタビュー、メンバーの証言で、後半は解散後31年ぶりの再結成ライブという構成になっています。
元々は、平尾時宗とグループ&アイという名前で、本牧の有名なライブハウス「ゴールデン・カップ」で演奏しており、すごいバンドだと評判になります。横浜まで見にくる若者たちだけでなく、業界の人も訪れて来て、東芝レコードと契約、デビューに際して「ゴールデン・カップス」とグループ名を改めます。たしか、当初は全員ハーフとして売り出されたと思いますが、会社としては、横浜から出てきたグループということでエキゾチックで洋風なイメージを前面に出したかったのでしょう。しかし、実際に日系アメリカ人、中国系の人を含み、グレイハウンド・バスでアメリカ全土を旅行し帰国した平尾さん、など本場の音楽を肌で感じたことが演奏スタイルにあらわれています。
映画の中で、ビートたけしさんが「憧れていたけど、怖くて入れなかったね」と語る伝説のライブハウス「ゴールデン・カップ」で演奏している頃はベトナム戦争真最中、黒人のお客さんが多くてR&Bなど黒っぽい曲を演奏することが多かったそうです。
当時のGSブームの中、マモル・マヌーさんが唄う「長い髪の少女」のヒットが有名ですが、そんな彼らですからそういった一般的なGS路線では飽き足らず、アルバムに含まれる洋楽カヴァーもジミ・ヘンやクリームなど他のグループとは一味違うものでした。1969年に出した初のライブ・アルバムなどはシングルのヒット曲は1曲も入ってなく、彼らの音楽志向がはっきりと打ち出された一枚です。映画の中でも萩原健一さんが「お揃いのフリフリの衣装を着せられて甘ったるい曲をやっていた俺たちテンプターズから見たらやりたい音楽をやっていて羨ましかった」といった感じの証言をしています。
同じミュージシャン仲間からも一目置かれたゴールデン・カップスですが、1971年末から1972年正月にかけての沖縄公演をもって解散となります。最終ステージ中に会場が火事になり、楽器やアンプも焼失してしまうというアクシデントがありました。解散時のメンバーには、元カーナ・ビーツのアイ高野さん、後にレイニー・ウッドを結成する柳ジョージさんなどがいました。
僕が好きな曲は「愛する君に」です。この曲のシングルB面が「クールな恋」で、これはアニメ「巨人の星」の中でオーロラ三人娘が唄っていました!       (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

デビュー当時の健さん

昨日、東京駅に併設されている東京ステーションギャラリーに「追悼特別展 高倉健」を見に行ってきました。完全予約制で、鑑賞日時をあらかじめ指定、予約するのがちょいと面倒でしたが、前日にコンビニで予約しました。
順路に従い、エレベータで3階に降りると、いきなり森山大道さんのモノクロ写真がドーンとありました。今のシネコンみたいなものと違って、映画館が街と密着していた時代の空気が、独特の粒子の荒いモノクロ写真で蘇るようです。続いて、仕切りを通ってホールに入ると、360度、健さんの代表作6作品の予告編映像が流されています。横尾忠則さんのディレクションによるものですが、もう全方位から健さんを浴びるという感じです。平日の昼間で、お客さんはそれほど多くはなかったこともあり、床に座っている初老のおじさんも係員に注意されることなく、全身に健さんを浴びていました。
さて、2階に降りると、今回の目玉企画、健さんの全出演作の映像が観れるという展示です。所々にモニターが置いてあり、健さんのデビューから時代を追って映像が紹介されます。一本づつの映像時間は短いのですが、初期の作品には観たことないものが多いので貴重でした。(全作観るのにたっぷり2時間以上かかりました!)デビュー作の「電光空手打ち」(1956 津田不二夫監督)「流星空手打ち」(1956 津田不二夫監督)で見せる琉球空手の型を構えるりりしい健さん。「チョップ先生」(1956 小石栄一監督)という作品もあるし、「大学の石松 ぐれん隊征伐」(1956 小石栄一監督)では、不良たちをやっつけると、助けられた水着の女の子たちが寄ってきて、「わあー強い」「今の空手チョップでしょ」なんて言います。ちょうど力道山が活躍していた時代だとわかります。中にはパンツ一丁で絵のモデルか何かさせられて外国人女性に「芸術ですから」とあやうく脱がされそうになったりするレアな場面も流れていました。心ならず俳優になってドーラン塗られた自分に違和感を感じて涙を流したというエピソードもありますから、健さんは演じながら複雑な気持ちだったものも多かったでしょう。また、このデビューの年に「恐怖の空中殺人」(1956 小林恒夫監督)では、江利チエミさんと初共演をしています。チエミさんにひっぱたかれるシーンが見れました。
その後、巨匠に抜擢された「森と湖のまつり」(1958 内田吐夢監督)を除いては、しばらく大学生やサラリーマン、美空ひばりさんの相手役などが続きます。今回のように時代を追って見ていくと、やはり、「花と嵐とギャング」(1961 石井輝男監督)「恋と太陽とギャング」(1962 石井輝男監督)あたりの健さんが、それまでにないような躍動感があるのがわかります。それは短い映像を見ただけでもわかります。ちょうど、俳優としてものってきたところに石井輝男監督と出会って魅力が引き出されたのでしょう。それが「網走番外地」(1965 石井輝男監督)に繋がっていきます。   (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

GSエキサイティング② ゴールデンカップス

 
和製R&Bのトップバンドはザ・ゴールデン・カップスだった。
1966年末、横浜は本牧のバーゴールデンカップの専属バンドからスタートした
本格的なR&Bバンドだった。 アメリカ帰りのディーブ平尾さんとエディー播さんがいた。
エディー播さんのテレキャスターのサイケでソリッドなギターストロークは今聴いても、とても
エキサイティング!
ルイズルイス加部さんの、ベーステクニックも当時としては、とてもユニークだった。
後期のポール・マッカートニーのようなメロディアスでありながらリズムにうまくハマっている
独特のベースだった、キーボードのミッキー吉野さんは才能が開花した後のゴダイゴ での活躍など
でもしっかりとしたキーボードプレイヤーだったことがうかがえる。
ドラム・ボーカル まもるマヌーさんの澄んだボーカル、ディーブ平尾さんの、ハスキーシャウト!
なんとも、リズム、アンサンブルボーカル共にバランスのとれた かっこいいバンドだったことか。
僕はまだ中学生1年生ぐらいだったのでビートロックの音の深いところは分からなかったけれど
それでも、うまいバンドだってことだけは理解していたような気がするな~ 
この、「アイム・ソーグラッド」の映像とか見ていても洋楽アーティストの趣を感じとれる
ちゃんちゃこ41 きたかたよしろう
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

2016年追悼・曽根晴美さん

img_1_m
今年6月16日に曽根晴美さんが亡くなりました。78歳でした。
元々、プロ野球選手を目指し、東映フライヤーズと契約直前までいったそうですが、断念。どうしようかと迷っているときに人にすすめられて、東映4期ニューフェイス試験に合格、映画俳優となります。同期には佐久間良子さん、山城新伍さん、花園ひろみさん、室田日出男さん、山口洋子さん(後に作詞家になる)など錚々たるメンバーがいます。
初期は2年後輩の千葉真一さんとコンビで売り出されていて、千葉さんの初主演作「風来坊探偵 赤い谷の惨劇」(1961 深作欣二監督)に、千葉さん演じる探偵・五郎のライバル、スペードの鉄という役で出演されてます。この映画、地方都市を舞台に地元の牧場に立ち退きを迫る観光会社の悪辣なやり口に五郎が挑み、悪玉に雇われたスペードの鉄と対決するが、最後は協力して悪者をやっつける……と書いてわかる通り、当時大人気の日活「渡り鳥」シリーズ(1959~1962 斎藤武市監督)とそっくりなんです。ほぼ同じと言っていいかもしれません。つまり、小林旭さんと宍戸錠さんの役柄がそのまま千葉さんと曽根さんになっていて、曽根さん演じるスペードの鉄もちょっとキザな感じのセリフを言ったりします。しかし、実は深作監督のデビュー作でもあり、アクション・シーンのキレには後年の名作群が遠望できます。第2作「風来坊探偵 岬を渡る黒い風」(1961 深作欣二監督)も同じパターンの話で、こちらの曽根さんの役名はジョーカーの鉄です。
上映時間1時間ぐらいのSP映画を経て深作監督の初長編「白昼の無頼漢」(1961 深作欣二監督)にも出演して強い印象を残した曽根さんは、以降多くの深作作品に登場されます。ほとんどもれなくといっていいくらいです。もちろん「仁義なき戦い」シリーズ(1973~1974 深作欣二監督)にも出ておられます。別の役で再登場が当たり前のこのシリーズ、当ブログでも3役演じた松方弘樹さんのことを取り上げました(11月27日「混沌から傑作が生まれる」の項参照)が、曽根さんも第1作、第3作&第4作、第5作と3役をこなしました。松方さんと違う点がひとつ。3役とも殺された松方さんと違って、曽根さんは第1作の矢野役は殺害されたものの、第3&4作の上田役は生き残っていたのです。前の役は生きているのにすぐ後の「完結篇」では旅人(たびにん)のヒットマンの役で出てきます。何でも、深作監督に直談判して「この役をやらせてくれ」と言ったそうです。そんな曽根さん熱演の北大路欣也さん襲撃のシーンでした。
「新・仁義なき戦い 組長最後の日」(1976 深作欣二監督)には曽根将之の名で出ているのですが、すぐまた曽根晴美に戻っています。ちょっと気になっていましたが、どなたか理由をご存知ですか?
やんちゃなガキ大将がそのまま大人になったような個性的な風貌で、数多くの東映ヤクザ映画、アクション映画に出演された曽根さんのご冥福をお祈りいたします。     (ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ