ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和のスピード・スター

一昨日、女子柔道の伊調馨選手が国民栄誉賞を授与されました。オリンピック4大会連続の金メダルですから、これは当然ですね。過去には、国民栄誉賞を辞退したスポーツ選手がいたのです。阪急ブレーブスの外野手・福本豊さんです。通算1065盗塁という記録を持つ日本プロ野球史上最高の盗塁王です。当時、メジャーリーグの記録だったルー・ブロックの939盗塁を抜いた年、国民栄誉賞を打診されましたが、「そんなモンもろたら、立ちションできなくなるがな」と言って辞退したのです。職人肌のプレーヤーである福本さんらしくていい話です。
福本さんはノンプロの松下電器からドラフト7位で入団したのですが、小柄で非力な自分がプロ野球に入れるとは思ってもおらず、阪急から指名されたことも知らなかったそうです。ドラフト会議の翌朝、普通に会社に出勤したら、スポーツ新聞を読んでいた同僚に「お前の名前が出とるぞ」と言われ、初めて指名を知ったそうです。もっと傑作なのは、福本さんの奥さんです。野球のことを全く知らない奥さんは福本さんに「阪急に転職や」と言われて、夫は阪急電鉄の駅員になったと思い込んでいたというエピソードがあります。
昔、阪急ブレーブスは、というかパ・リーグ全体が人気がなく、テレビで試合が中継されるなんてことはめったになかったので、日本シリーズかオールスター・ゲームぐらいしか福本さんのプレイを見ることができませんでした。僕が福本さんで鮮烈に覚えているのも、1974年のオールスター戦です。阪神・田淵が放ったホームラン性(というか、ホームラン)の打球を。センターを守っていた福本さんが背走し、フェンスに上ってもぎ取ったのです! これはすごかった! たしかこのプレイで福本さんはこのゲームのMVPを獲得したと記憶しています。当時、人気で劣っていたパ・リーグはオールスター戦といえども手を抜かず、「実力のパ」を見せてやろうとセ・リーグへの対抗意識に燃えていたのがよくわかります。
上記の「福本が田淵のホームランをもぎ取る」シーンは野球ファンには有名ですが、その前年だったか、オールスター戦で一塁に出た福本さんがさあ盗塁かとリードを広げたとき、マウンドにいた稲葉投手(中日)が顔を一塁の方に向けたまま、普通にバッターの方へ投球したのです! このシーンは鮮烈に覚えていますねえ! 2球ぐらいやったと思いますが、ギョッとした福本さんは帰塁し、タイミングを狂わされた福本さんは盗塁できなかったのです。稲葉さんの人を食ったような「技」もオールスター戦ならではです。こんな普段見られない楽しみがありました。(その稲葉さんも何年か前、中日二軍投手コーチを務めていてウエスタン・リーグの試合中に倒れて亡くなりました)
今のオールスター戦は何だか皆、セ・パ関係なく仲良しで和気あいあい。そもそも交流戦もあるから目新しさもなくなったし、ケガしない程度に楽しめばいいやというゆるい感じになっていますね。   (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

かつて、こんな投手がいた

昨日はドラフト会議がありました。プロ野球ファンにとっては、有望な選手がどこの球団に入るか気になるイベントです。
昔に比べるとショーアップされているのが気になりますが、スポンサーがついているし、まあそれはいいでしょう。ちょっと違和感を覚えたのは、そのあと同じ局で「ドラフト緊急生特番! お母さんありがとう~夢を追う親と子の物語 運命の瞬間を生中継」という番組を放送していたことです。少し観てみたのですが、1位指名された選手が母親の前で感謝の手紙を読んだり、子供の時に家族がどんな苦労をしたかを再現ドラマにしていたりと、感動の大安売りという感じなのです。活躍してから苦難のエピソードを披露するならまだしも、。彼らはただ指名されただけで、プロ野球選手としては「何者でもない」のです。そして、故・三波伸介さんの「減点パパ」みたいに親の前で感謝の手紙を読み上げ涙を流すなんて、どうなのよ?と言いたくなります。大学の入学式に親がついて来るのが当たり前になっている昨今では、これが普通なんでしょうか。
かつて、石戸四六という投手がいました。秋田商からノンプロの日立製作所を経て国鉄スワローズに入団。まだドラフト会議が始まる前で、日立時代の監督・砂押邦信さん(立教時代に長嶋茂雄に猛ノックを浴びせ鍛えたことで有名)が国鉄の監督になっていたのでその「引き」があったのでしょう。石戸さんは球団事務所で契約金をもらってその足でタクシーを拾い、そのまま秋田へ帰省するのですが、途中、温泉街に立ち寄り、タクシーの運転手さんやたまたま旅館に泊まっていた一般の人にも大盤振る舞い、毎晩飲めや唄えやの宴会続き。ようやく秋田の大館に着いたころには契約金はほとんど無くなっていたといいます。それについて、石戸さんは「金なんてこれから稼げばいいんだ」と言い放ち、その言葉通り、5年目に11勝あげたのを皮切りに弱小球団で4年連続二桁勝利をあげる活躍をみせました。特に1968年には球団では金田正一以来の20勝をあげました。このときも19勝をあげたあと、広島戦で17安打も打たれ7点とられながら8対7のスコアで完投勝ち、見事に20勝目をあげたのです。今だったら、勝ち投手の権利を得たら継投に入るとか、勝てる展開で救援して勝ち星をつけるとか小細工するところですが、昭和の野球は違います。当時の別所監督が「このゲーム、お前にやる」と言って石戸投手に託し、試合中ブルペンでは誰も待機していなかったそうです。
今、ドラフトで指名され、テレビの感動番組に出ているような選手を見ていると、もうこんな豪快で個性的な選手は出てこないだろうなあと思います。石戸投手は1970年のシーズンは3勝に終わるとあっさり引退、秋田に帰りスナックを開店。そのスナックの店名は「神宮」でした。そして酒の飲みすぎがたたったのか39歳という若さで亡くなりました。      (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ここではないどこかに

「脱出」(1972 和田嘉訓監督)の8年前、和田監督のデビュー作となったのが、「自動車泥棒」(1964 和田嘉訓監督)です。進駐軍の兵士と日本人女性の間に生まれた混血児を収容する施設に暮らす少年・少女たち。周囲からの差別、希望の持てない将来に鬱屈しています。ハツコ(デビィ・シエス)は日本人の大学生(寺田農)にもて遊ばれ、ハツコの弟・ワラジは学校で「やーい、お前の父さんアメリカ・二グロ、そのまた父さんアフリカ・二グロ!」などと虐められます。アフリカに行くことを夢見ている酋長(安岡力也)は、リーダー格で、ハツコの仕返しに寺田をボコボコにしてアジト(防空壕跡?)に監禁します。
施設はミッション系で、彼らは時折、街頭で福音書を売らされます。街を行く人々の奇異なものを見るような視線、ヤケになった彼らはしまいにはまるでバナナのたたき売りのようになります。こうして街に出たときなど、彼らは駐車してある高級車から部品をかっぱらいます。一台丸ごとじゃなく、部品を少しづついただくのは、「その方が金持ちどもが困る」という彼らなりのルールなのです。そうして集めた部品をアジトに持っていき、組み立てて車を作り、施設から脱走しようとしているのです。施設の10周年記念式典でやってきた偉い神父の車からエンジンをとって、ついに改造車は完成し、バッファロー号と名付け、酋長とワラジは寺田に運転させ施設から脱走します。横須賀に着き、酋長は金を作るため、一人で銀行に押し入り、MPに撃たれ、車もろとも炎上します。この結末は、日本人から蔑まられ、米国人からも迫害される、混血児が受ける二重の差別を暗喩するようです。
ラストシーン、酋長は海を泳いでおり、白い帆を張ったヨットが眼前に浮かび、その先にはアフリカの草原が広がります。無惨な死をとげた酋長のかなわぬ夢が幻想のように映し出されるのです。この作品、随所に映画ならではの表現が効果的に使われ、和田監督がデビュー作に力を注いだということが感じられます。施設の少年たちがそのエネルギーを爆発させたように踊るミュージカル風のシーン、酋長がやり場のない怒りにニワトリを殺して羽を盛大にむしるシーン、改造車で脱走するとき、施設の豚小屋などをぶっ飛ばし豚を縛って吊るすと、それが施設のシスターたちを天井から吊るす画面になったり、シュールな映像が強烈に差し込まれます。今だったら、動物虐待で問題になりそうですが。一方で酋長とハツコが土管の中でささやかな夢を語り合う、抒情的なシーンも印象的です。
和田嘉訓監督、もっと評価されていいと思います。脚本も自身で書かれていて、のちの「脱出」も混血児が主人公。混血児に問題意識や拘りがあったのか、そのあたり、研究する余地があるように感じます。安岡力也、デビィ・シエスはのちの真理アンヌ、上岡肇はのちのケン・サンダース、森田則之はのちのパット・モリタ、城アキラはのちのジョー・山中…とのちに有名になるハーフ俳優が大挙出演しています。また、聖書を売るのは新宿伊勢丹前の路上、最初に力也と寺田が対決するのが今は無き新宿ミラノ座前の噴水、2度目に寺田を痛めつけるのは早稲田の文学部キャンパスです。    (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ザ・ブルーベル・シンガーズでもう一本

「脱出」(1972 和田嘉訓監督)の冒頭に2img_0
「昭和ブルース」が流れます。ザ・ブルーベル・シンガーズによって唄われたこの曲は、元々、「若者はゆく 続・若者たち」(1969 森川時久監督)の挿入歌でありました。♪何もしないで生きてゆくなら~ それはたやすいことだけど~ と続く歌詞に、学生運動の挫折、高度経済成長の中で片隅に追いやられた者たちの諦念などが表されているようで、いかにも昭和の匂いを感じてしまいます。のちに天知茂さんがカヴァーし、自身のTVドラマ「非情のライセンス」の主題歌となって毎週流れたので、天知さんの曲と思っている人がいるかもしれませんが、ザ・ブルーベル・シンガーズがオリジナルであります。
ザ・ブルーベル・シンガーズの別の曲が印象的だったのは、「野獣都市」(1970 福田純監督)。1960年代末期から狂い咲いた東宝ニュー・アクションの一本です。ある大学の工学部の研究室にいる黒沢年男は射撃の腕を見込まれて三國連太郎演じる製薬会社の社長の運転手に雇われます。三國は昔、麻薬のブローカーで儲けた過去があり、元の仲間から脅されていますので、黒沢は運転手というよりボディガードです。元の仲間が頼んだ暴力団が麻薬取引の証拠を握ります。暴力団のボスは大滝秀治(この頃の大滝さんは冷血動物のような不気味な悪役が多かった)で、配下に青木義朗。現役のヤクザもビビったという鋭い眼光で黒沢をリンチにかける場面など本当に怖い! 三國の工場が放火され、窮地に陥った三國は親会社の社長に援助を頼み、自分の娘(高橋紀子)をその社長の息子(伊藤孝雄)の嫁にさしだします。政略結婚に嫌気がさした娘は黒沢をモーテルに誘います。このあと、暴力団にさらわれた高橋を黒沢が奪還しますが、三國は捕まり廃人になってしまいます。三國を父親のように慕っていた黒沢ですが、変わり果てた姿を見てられなくて三國を撃ちます。そして黒幕(北竜二)の邸宅に突っ込んで復讐を果たし、非常線を突破した黒沢はアメリカン・ニュー・シネマっぽいラストを迎えます。
リンチのシーンは、黒沢主観のカメラで、スパナで殴る青木の顔がぐにゃりと歪む映像処理、夢の島における銃撃戦などなかなか見どころが多いです。大藪春彦原作というと村川透・松田優作コンビを思い浮かべる人も多いでしょうが、この作品も実にハードボイルドだどぉ! 
映画の冒頭、学生運動の映像で始まりますが、「個」としての闘いに移っていく時代の空気が漲ります。ザ・ブルーベル・シンガーズによる主題歌は「疎外者の子守唄」。♪若者はどうして孤独の闇にいるのだろう~ という陰鬱な歌詞がポスト全共闘時代のムードにぴったりハマります。   (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

キクとイサムの前途には

2index
昨日このブログに書いた「脱出」(1972 和田嘉訓監督)の主演、ピート・マック・ジュニアの前の芸名は奥の山ジョージ。そう、あの名作「キクとイサム」(1959 今井正監督)の混血児姉弟の弟・イサムを演じた少年なのです。当時、奥の山ジョージは小学校4年だから「脱出」のときは22~23歳、すっかり大人になった姿はそう言われなければ、わかりません。(僕もシネマ・ヴェーラのロビイに貼ってあったプレス・シートで知りました)「キクとイサム」のあとは弾き語りなどを経て、1969年に新宿音楽祭歌唱賞を受賞、歌手として活動していたようで、「脱出」でも彼の歌が使われます。
姉・キクを演じた高橋恵美子もその後、歌手になり、現在も高橋エミという名で活動なさっています。独立プロの映画製作の苦闘を関係した人々の証言で綴った「薩チャン 正ちゃん」(2015 池田博穂監督)にも高橋さんは出演なさっており、「キクとイサム」の思い出を語っています。混血児姉弟を演じる子供を探し回った今井正監督は、はじめ可愛い女の子に決めたが、脚本の水木洋子さんが「エネルギッシュな子を頭に描いている」と反対、それで高橋さんがキク役になったのです。結果的にこれは大成功でしたね。まわりの男の子たちに虐められてもひるまない、明るいキャラクターは大柄な高橋さんにピッタリでした。
東北の山村で二人を育てている祖母は二人の行く末を心配して、イサムをアメリカの農園主に養子に出すことにします。そして、いよいよイサムが村を去る日が来て、駅で別れるシーン。汽車の窓から「ねえちゃーん」と叫ぶイサム、遠ざかる汽車を追ってプラットホームを(大柄なので)バタバタと走るキク。この時の表情を出させるために、今井監督は高橋に「いちばん大切な人のことを考えてごらん」と話しかけ、あの日本映画史上にも残る名シーンが生まれたのです。
高橋さん自身も米兵の父と日本人の母の間に生まれ、祖母に育てられたので映画のキクと同じような境遇です。いわば戦争が生んだ差別や偏見という重いテーマながら、ユーモラスな語り口、祖母を演じた北林谷栄さんの名演(この時48歳! 健康な歯を抜いて臨んだ)もあって深い感動を呼び、キネマ旬報1位、毎日映画コンクール、ブルーリボンなども総ナメしました。数々の名作を撮った今井監督も「自作の中で一番好き」と語っています。
映画を観終えると、すっかり感情移入してしまい、キクもイサムも逞しく生きて幸せをつかんでほしいなあとその後のことまで気になってしまいます。しかし、イサムが養子としてアメリカに行くことになって、近所の人が「アメリカの人種差別はもっとひどいと聞くぞ」と反対する場面もありました。まだ公民権運動より前ですから、きっとイサムはアメリカでも辛い目にあったんじゃないかと思ってしまいます。そして、この映画から50年以上も経った今でも、白人警官による黒人への不当な扱いが報じられています。日本はといえば、最近はアスリートにも芸能人にもハーフの人が活躍しているし、キクやイサムに向けられた奇異な視線は少なくなったように思えます。しかし、まだ別の差別、偏見が渦巻いています。それはネットによって拡散したり、ヘイト・スピーチなどでもっと陰湿な感じではびこっているように思います。         (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ