ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

女たちは荒野をめざす

139241_01
今日の朝刊に「兵庫県伊丹市の河川敷で両腕、両脚が見つかった事件で、さらに付近で成人男子の頭部と胴体が切り離されて埋まっているのが新たに見つかった」というニュースが出ていました。周辺には目立った血痕はなく、別の場所で切断され運ばれた可能性が高いと警察の見解も出ていました。
この記事を読んで思い出したのが、「OUT」(2002 平山秀幸監督)です。原作は桐野夏生さんのミステリーで、弁当工場で深夜バイトについている女性たちが、同僚の一人が殺害してしまった男をバラバラに切断して棄てるという話なのです。西田尚美さん演じる妊婦が、バカラ賭博にはまり家庭をかえりみない亭主(大森南朋)を衝動的に絞殺、困った西田さんは、同僚の原田美枝子さんに助けを求めます。原田さん演じる女性は、しっかり者で周りのバイト女性たちに金を貸して容赦なく取り立てたりしています。何事もきちんとしてこなす女性ですが、それゆえか周りからはうっとおしがられていて、失業中の夫ともうまくいっていないし、子供は口もきいてくれません。死体処理に切羽詰まった原田さんは職場の先輩・倍賞美津子さんを金でつって協力を頼みます。原田さんの家の浴室で二人が死体を切断するシーン、最初に頭部を切断するとき、当然ながら自分たちがやろうとしていることのおぞましさに吐いたり躊躇するのですが、それを越えちゃうと何だか普通に作業しちゃっているのがブラックな笑いを誘います。硬直した腕を伸ばそうと苦労している原田さんに倍賞さんが「引いてもダメなら押してみな」と言ったり、流れ作業的な処理に「何だか弁当作っているのと変わらないね」と言ったり。そこに訪ねてきたカード破産している室井滋さんも巻き込んで死体をバラバラにして、いくつかのゴミ袋に小分け、「師匠(倍賞)は5つね」、車で来た室井さんには「あんたは20個持っていって」と持ち前の「仕切り」でテキパキ指示する原田さん。
悪徳金融の香川照之さんにかぎ付けられるも、原田さんは堂々と渡り合い、逆に香川さんをして「いけてるねえ…」と言わしめて、ヤクザ組織の死体処理の仕事を持ち掛けられます。このとき、原田さんと香川さんはアイススケート場で密談しているのですが、この「仕事」を500万円で引き受けたと原田さんがスケート靴をはいて、スーッとリンクを滑っていきます。このときの原田さんの表情が素晴らしい‼ 家庭や日常の中で抑え込まれていた「自分」、その状況を突破する可能性が動き出す喜びと期待が入り混じった実にいい表情をするのです。すぐれた原作を持った映画はどうしても分が悪くなりますが、このシーンの原田さんの表情、演技は映画ならでは。ここを観るだけでも、原作に負けてないといえます。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

一杯のコーヒーから

HAKODATEcoffee-poster
昔、大学生の頃、友達のアパートの部屋で飲みあかしてそのまま雑魚寝してなんていう、絵に描いたような青春の風景が僕にもありました。ある日、翌朝というか、もう昼近くになって、気だるく目覚めると、その部屋の住人である友達がコーヒーを入れてくれたことがありました。それも、豆から挽いてサイフォンでたててくれたのです。コーヒーが出来上がるまでレコードをかけてくれて、漂ってくる香りとレコードの柔らかな音が相まって何だかすごく印象に残る記憶になっているのです。僕は家ではいつもインスタント・コーヒーしか飲んだことがなかったこともあって、すごく贅沢な時間と感じたのです。ジャケットから取り出し、丁寧にクリーナーで盤のホコリをとって慎重に針を落とす……そんなレコードをかける手順のように、豆を挽くことから始める手間、そこに心がこもるように思えます。
そんな「人の温もり」を感じる映画を昨日、観ました。「函館珈琲」(2016 西尾孔志監督)です。古い洋館風のアパートにはアーティスト(というかアルチザン)を目指す住人が暮らしています。装飾ガラス(トンボ玉)、テディベア、ピンホール・カメラなどの職人のタマゴです。そこに古本屋をやるという桧山という青年が新たにやってきて、他の住人との交流を通して自分の「居場所」を探し求めていきます。この桧山くんが得意としているのが、コーヒーを入れることで、彼の入れるコーヒーがゆったりとした時間をもたらし、それぞれが抱える事情や孤独をゆっくりと溶かしていくようです。この4人の距離感がとても良いのです! ピンホール・カメラで撮影する佐和に「動き出すまで待てばいいんじゃない?」と言われ、自分の本当にやりたいことから逃げ、目をそむけていた桧山は、他の住人やアパートのオーナーとの交流の中で自分から動き出すことを決意します。この佐和は対人恐怖症で、一日に人と一~二言の言葉しか発しないような女性だったのですが、彼女も一歩前に踏み出していきます。そして、トンボ玉職人を目指す一子を演じる片岡礼子さんがいいですよ! チャキチャキと元気ながら、哀しみを心に秘めている「大人」の女の役をナチュラルに体現しているのです。
オール・ロケしている函館の街の佇まい、ゆったりと流れる時間がアコースティック・ギターの音色のように心地良いのです。ラストで夏樹陽子さんが「ゆっくり立ち止まったり、考える時間をあなたが提供するのよ」と言うのですが、まさにそんな映画。昨今のただシステムを描くような映画が大手カフェ・チェーンのマニュアル通りに出される味とすると、こちらは目の前で丁寧に入れてくれる人のあたたかさがある極上の一杯です。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

オリンピックは、マネー・ファースト

今日は体育の日です。今年はたまたま、ハッピー・マンデーにあたりましたが、元々10月10日は1964年(昭和39年)、東京オリンピック開会式があった日なのです。僕は古くさい人間なので、祝日というのは「その日」を記念するという意味があるのだから、やっぱり毎年カレンダーによって変わっちゃうのはどうも……。だいたい、このハッピー・マンデーというのも連休を増やして、国民がレジャーとかに金を使い、経済を活性化しようという狙いと思いますが、本来の意味よりも、経済効果。何でもかんでも、経済、経済。どんどん、世知辛い(=打算的である。抜け目がない。/広辞苑より)国になっていくものです。
2020年東京オリンピック・パラリンピックは真夏にやるというのも、秋にやるとアメリカのスポーツ、メジャーリーグのワールド・シリーズやプロ・バスケット、アメフトなどと重なるから放映権がかぶるからだとか。ただでさえ、温暖化して1964年よりも気温があがっている東京で真夏に競技って、出る選手も観る方も大変じゃないですか。熱中症続出のお・も・て・な・しですね。で、国土交通省はマラソンや競歩のコースの公道を暑さを和らげる特殊な舗装をするそうで、通常の舗装より2倍のコストがかかるとか。こんな風にまたあちこち掘り返し、会場も建て、期間中はエアコン全開、環境のことなんかどうでもいいんですかね。ロサンゼルス五輪から舵を切った商業主義。もはや平和の祭典じゃなくて、金を稼ぐためのビッグ・ビジネスです。最近の言い方なら、マネー・ファースト。
1964年の開会式では、「世界中の青空を集めたような青さです」と北出アナウンサーが名フレーズを発しましたが、そんなスポーツにいい季節がありながら真夏開催で招致したニッポンもカネにまみれて、コンパクトな五輪はどこにやら。一方、新聞を見れば、老老介護に疲れ、年老いた妻を殺してしまった夫の記事。福島の原発事故で故郷に帰れない多くの人、保育所に子供を預けることもままならない人、格差社会の中でぎりぎりの生活を送る人……何とか日々を必死に生き、自分たちの暮らしを守り、ほんのささやかな幸せを願う人たちが報われるような国になってくれないものですかねえ。
昨年、キネ旬1位、毎日映画コンクール日本映画大賞を受賞した「恋人たち」(2015 橋口亮輔監督)ダウンロード (11)
は、そんな理不尽なことばかりの社会の中で懸命にもがく普通の人々に寄り添った名作です。保険の手続きで役所に冷たい対応をされる主人公が口にする「オリンピックなんてどうでもいいですよ!」が印象に残ります。いつも物陰の小さな声に耳を傾けてこそ映画だと思いますね。   (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「晋・ゴジラ」とスタンディング

銀座でリオ五輪・パラリンピック選手団のパレードが行われたのが7日(金)。そのアピールということだったのでしょう、前日6日(木)の新聞(僕の家でとっているのは毎日新聞)には、「五輪・パラリンピック記念紙」と題したメダリストたちの雄姿をコラージュした別刷り版がついていました。また、新聞本体には「次へ。」とデカい文字が目立つ2020年東京に向けての1頁使った全面広告が出ていました。そして、別の頁には「シン・ゴジラ」(2016 庵野秀明監督)の全面広告がドーン!と載ってました。朝日・毎日・読売・日経・産経の絶賛コメント付きですから各紙にも載ったのでしょう。選手団パレード、2020年へのアピールといった国民意識が高まるタイミングと、この全面広告、偶然なんでしょうか。こう考えると、あの80万もの歓喜の群衆の光景はブキミに思えてきます。
また、同じ6日(木)の夕刊には、「叫んで熱い映画館」という記事が出ていました。最近は静かにスクリーンを見つめるだけでなく、掛け声をあげたり、ペンライトを振りかざしたり、手拍子をしたりなんていうコンサート会場さながらの上映が人気を呼んでいるということです。そういえば、昔も「ロッキー・ホラー・ショー」(1975 ジム・シャーマン監督)なんかは来場者がコスプレして、クラッカー鳴らしたりする特別上映があったけれど、だいたい、併映は「ファントム・オブ・パラダイス」(1974 ブライアン・デ・パルマ監督)だったりで、それはあくまでひとつのイベントとして、まあ異端といえるものだったのです。それが、今や、初めからそういった「応援上映」が前提になっている作品もあるといいます。すっかりメイン・ストリームなのです。大ヒットした「アナと雪の女王」(2013 クリス・バック、ジェニファー・リー監督)のスクリーンに合わせて♪レリゴーと歌ったりするあたりから始まった流れは、「パシフィック・リム」(2013 ギレルモ・デル・トロ監督)や「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015 ジョージ・ミラー監督)あたりから、観客がお気に入りのキャラクターに声出し応援していいという「絶叫上映」というスタイルが出てきました。今回の記事では、最近の「応援上映」の例として、アニメの「ワンピース FILM GOLD」(2016 宮元宏彰監督)とともに「シン・ゴジラ」も取り上げられていました。友人に聞いたところでは、何度も観ているような人が登場人物のセリフを一緒に叫んだり、後半の自衛隊の最新武器見本市みたいな攻撃シーンで掛け声をあげたりするそうです。いよいよ「晋・ゴジラ」ですね。
先日の安倍首相の所信表明のときの議員たちのスタンディング・オベーション、小泉進次郎が「思わず立っちゃったよ」と語っていましたが、こうした流れこそ「全体主義」というものですね。そのうち、映画を観てたら「きさま、何故立って応援しないんだ!」と検挙されたりして。僕はひとり、しみじみとスクリーンを見つめていたい方なので怖くてたまりません。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追憶の銀座シネパトス

昨日は、リオ五輪・パラリンピックの日本代表選手団によるパレードが銀座で行われ、沿道には80万人もの人が集まりました。メダリストたちに歓声があがり、華やかな様子がニュースに映し出されました。
僕は銀座には、あまり行かなくなりました。というのは、3年前、2013年3月31日に銀座シネパトスが閉館してしまい、特に銀座に行く用もなくなり、足が遠のいたからです。名画座で映画を観てから、街をぶらぶら歩くことが好きだったのですが、名画座がなくなると、その街自体に行かなくなるので、この何年かのうちにそういった「行かなくなった街」がどんどん増えてしまいました。大井町、江古田、亀有、中野、三軒茶屋、浅草、新橋、そして銀座……自分自身の行動範囲が狭くなっていきます。
戦後、三十間堀を埋め立てたあと、橋の下に作られた地下街にあった「銀座地球座」、「銀座名画座」という2館が1989年にリニューアルされ、「銀座シネパトス1~3」という3館が生まれました。ミニシアター的な作品から、B、C級な映画、大ヒット作のムーヴオーバー…さまざまな映画がゴッタ煮的に上映されていました。その中でレイトショーで古い日本映画の特集上映が行われるようになり、レアな作品をかけてくれて映画ファンを喜ばせました。僕も、ここで「追悼・福田純」「新東宝カルトムービーズ」「日本の夜はお化けだッ!! 妖怪だッ!!」「日活ダイヤモンドライン」「兵隊やくざ&陸軍中野学校 ニュープリント上映」…など思わず顔がほころんじゃうような魅力的な特集に通い詰めていたのです。(ジャッピー!13号「映画に会いに街の中へ」で当時の支配人さんにインタビューしました)特に覚えているのが、パトス3で吉村公三郎追悼特集があり、「夜の河」(1956 吉村公三郎監督)を観に行ったとき、上映前に突然、水野晴郎さんが場内に入ってきて、吉村監督の素晴らしさを熱く語られたのです! その日はちょうどパトス2でご自身の「シベリア超特急2」(2001 水野晴郎監督)の上映がありいらしていて、こちらで吉村作品を上映するというので、「是非話させてください」とサプライズで登場されたのでした。そんな思い出があります。
その後、2009年7月には、「名画座宣言」をして1館を常設の名画座として、個性的な番組を繰り広げてくれました。トークショーも充実していて、銀座が地元の和泉雅子さんなど何回かご来館されました。下を通る地下鉄の音が響いたり、館内もお世辞にもキレイとは言えなかったですが、不思議に落ち着く空間で、古い映画を観ると何だか昭和の頃に戻ったような感じでより一層余韻が深まったのです。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ