ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

2016追悼・中川梨絵さん

2016年も押し詰まってきました。なので、今年亡くなった人を追悼していきます。
まず、6月14日に亡くなったimages (7)
さんです。まだ67歳ですから早すぎます。中川さんが、日活ロマンポルノに出る前、「中川さかゆ」の名前で東宝ニューフェイスとして3年ほど東宝映画に出ていたのはよく知られていますが、その前に子役の時代があります。NHKの「お笑い三人組」に出たり、17歳のときには「徳川家康」で北大路欣也さんの相手役をつとめていました。「この頃は太っていて顔がパンパン」と笑いながら当時を振り返っていました。
浅草生まれの中川さんは、子供の頃から踊りや三味線などのお稽古事をしていて、12~13歳から劇団に入っていたので芸歴は長いのです。「芸事で身を立てるのが当たり前と思っていた」と話していましたから映画女優になられたのも当然といえます。東宝では、成瀬巳喜男監督の遺作「乱れ雲」(1967)では、加山雄三さんが左遷された青森の支社の事務員役でセリフもありました。中川さんは、成瀬監督について、「その佇まいは人間としての美しさを持っていました」とトークショーで回想していました。
あと、たしか「若大将」シリーズでも、(題名は失念)加山さんがマラソンだかに出ていて応援する女子社員の中にも顔を見せていました。森繁さんが黄門様、宝田明さんが格さん、高島忠夫さんが助さんに扮した「水戸黄門漫遊記」(1969 千葉泰樹監督)にも芸者役で出ていたのを覚えています。しかし、映画ではいい役がつかず(「最後は、藤岡琢也さんの秘書でお尻を触られるような役」と語っておられます)、東宝芸能部では、歌を唄って地方を回ったりしていたそうです。そうしてくすぶっている時に、「画面に映るしか自分を活かせない」と思った中川さんは、思い切って日活に。
はじめに会ったのは、まだ助監督だった田中登さんだったそうで、日活の面接で「皆、紳士だったし、ここでやっていこう、頑張っていこう」と決意、日活ロマンポルノを代表する女優「中川梨絵」が誕生したのでした。
「恋人たちは濡れた」(1973 神代辰巳監督)は、衣装合わせをせず、中川さんが自分でイメージした自前の服で出演したそうで、羽織っていたのはは中川さんのお母さんが編んだものだったとのこと。そんな風に役に入れ込む中川さんだけに、見事な存在感で代表作になりました。   (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ほっこり温まってください

ちゃんこイラスト
 おすもうさんのちゃんこ風景です。
これから寒くなってきますので。
おすもうさんは裸ですが何やっても寒く見えません。
真冬でも汗をだらだら早朝から稽古します。ぶつかり稽古でかわいがられ、汗に砂。
表でも大型トラックのタイヤなどを引きます。もちろんその時も額に汗は滝です。
以前、近所に元大関の大麒麟が切り盛りする押尾川部屋がありました。
取的さんとおぼしき図体のでかい若者がまわしひとつだけまとい、霜のおりた冬の朝に大タイヤをアスファルト上を引いていました。
 すきっ腹での激烈な稽古のあとはちゃんこです。おすもうさんが食べるものはなべてちゃんこと呼ぶそうです。
ちゃんこの語源は江戸時代の長崎発の中国語語源語だそうです。ちゃんぽんみたいなもんでしょう。
 聞いた話では、酒・ビールを飲むのも、ちゃんこを食するのも器はどんぶりひとつですますそうです。
飲みきったら食う、食い切ったら飲むということでしょうか。
 ともあれ、これであの強靭屈強巨大な体躯を最速で築き上げるのだそうです。超空腹プラス高蛋白食のセットです。
 おすもうさんは実は筋肉の塊だそうです。筋肉マンここにありです。筋肉で太っている。
 豊穣の実りの象徴なのでしょうか。相撲は神社での奉納相撲がはしりのようです。
 深川の富岡八幡宮に奉納相撲発祥関連の碑があります。
 さて、こちらは温かいのでしょうか。
同潤会イラスト

                             (ハピイ氏橋)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

命と仕事を秤にかけりゃ

昨年末、大手広告代理店・電通の若い女子社員(入社1年目)が自殺したのは過重労働によるものと労災が認められたというニュースがありました。報道によると、1ヶ月の時間外労働が105時間、土日も出社、睡眠時間は2時間ほどだったといいます。たしか、以前にも男性社員がうつ病になって自殺、会社の責任をめぐって最高裁までいったことがあったと思います。会社の体質が全く変わっていなかったのですね。何でも、社員手帳に「鬼十則」という心得みたいなのが載っていて、「仕事は殺されても放すな」とか堂々と書いてあったそうです。はぁー、高学歴の学生がやっと入れるような誰もが知っている有名な会社で、そんな軍人訓みたいな、前時代的なことを書いているんですねえ。もう高度経済成長期でもないし、バブル時代でもないのにまだ同じようなことを社員に強いて、どこに向かおうというのでしょう。まあ国自体の労働環境の改善なんて遅れているし、働く方も「忙しい、忙しい」と“嬉しそう”に嘆く風潮がまだありますからね。亡くなった女子社員のお母さまが言っていた「命より大事な仕事なんかありません」が痛切に響きます。
先日、「グッドモーニング・ショー」(2016 君塚良一監督)という新作映画を観てきました。中井喜一さん演じる朝のワイドショーのキャスターが、アシスタントの女性(長澤まさみさん、色っぽい!)に関係をばらすと脅されたり、番組降板を通告されたり、あげくは人質をとった立てこもり犯から指名され現場におもむくなど、「何て日だ!」と言いたくなるような大騒動が描かれます。
中井さんが、命の危険がある立てこもり現場に行くのをためらうと、ディレクター(時任三郎さん)が「いいか、死んでもマイクを離すなよ」と言うシーンがあります。中井さんに仕込んだ小型カメラで現場映像を撮り、犯人のコメントをとれば他局を出し抜けるからです。また、事件が解決したあと、中井さんが「数字、数字……結局視聴率に踊らされているのか」と自虐的に言うと、時任さんは「視聴者が求めるものを提供するのがワイドショーなんだ。視聴者の要求がある限り走り続けなきゃならないマラソンみたいなもんだ」と答えます。視聴率=カネ至上主義の中で疲弊する悲哀感が滲みます。
ただ、犯人が激高し、いよいよ中井さんを道づれに自爆するとなって、視聴者アンケートで食い止めようとすると、何と「視聴者は死ぬところが見たい」方が多い……といった大衆の残酷さも描かれますが、結局は時任さんのセリフも含めて、それが言い訳というか、「だからワイドショーを続ける」自分たちはこんなにも頑張っているみたいな所に着地しちゃうのが物足りないです。しかし、この映画、フジテレビが製作に加わっているから限界があるのですね。はじめから徹底的マスコミ批判映画にはならない出自を持っているわけです。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

イマジンを聴きながら

img0ba666fdzik0zj
アームストロング・オズマ選手はカージナルスから中日ドラゴンズに移籍して、背番号130を背負って(カージナルス時代の13は中日では背面投球で知られる小川健太郎投手がつけていたため)、星一徹コーチの指導を受けました。見えないスイングで飛雄馬のライバルとなりましたが、退団してアメリカに帰国。少年マガジンでは、星や花形に見送られて機上の人になり、以後登場しませんでしたが、テレビ・アニメの方では、その後のオズマが描かれます。オズマは徴兵され、ベトナム戦線に送られ戦死してしまうのです。たしか2回にわたって放映されました。
今よりも黒人差別が強かっただろう時代、貧困の中で暮らし、(人買いのように球団に連れていかれるが)野球選手として前途が期待された矢先です。
テレビ・アニメの「巨人の星」では、毎年、夏の終戦記念日あたりになると、本筋と離れてこういった「戦争の悲惨」を描く特別番外編が放映されました。たしか、戦火に散った沢村栄治投手や吉原正喜捕手を扱った回もありました。戦争に行かれた人もまだまだいらっしゃったし、戦争で身内を亡くした記憶も残っていた時代、平和への願いを日本国民が強く抱いていたのだと思います。子供が観るスポ根アニメでも、こうした回を毎夏製作していたというのは作る側にも「語り継ぐ」意義と良心があったということです。今だったらどうでしょうか。「そんなの視聴率が取れるのか!」とディレクターが言うか、スポンサーからストップがかかるんじゃないですかね。とにかく、視聴率、つまるところ、儲かるかどうか、金、カネ、金という世の中になってしまったようです。反戦どころか、兵器をこれでもかと見せる「シン・ゴジラ」(2016 庵野秀明監督)のような好戦映画が作られるわけですから。(東日本大震災をメタファーにして隠れ蓑にしていて、災害を利用しているのがタチ悪いです)
グローバリゼーションとか言っても、実態は形を変えた帝国主義で、その反動でドナルド・トランプの当選のようにナショナリズムが強まり、また同じ歴史の道を歩んでいくような感じになっています。
今日はジョン・レノンの命日です。ジョンが歌ったように、国境もなく、殺し合うこともなく、皆が世界を共有するときはいつになったら来るのでしょうか。 1images
  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

野球ロボット対野球人形

南アフリカのケープタウンで開催されていた卓球の世界ジュニア選手権で日本が男女とも揃って団体優勝を果たしました。女子はリオ五輪でも団体銅メダルを獲得した伊藤美誠選手、伊藤選手と「みうみま」コンビで知られる平野美宇選手に、早田ひな選手が5連覇中の中国を破りました。リオ五輪ではリーダーとして引っ張った福原愛選手の次の世代が着実に力をつけているのですね。
愛ちゃんが4歳とか5歳のころ、泣きながら卓球している姿を見ているので、「よくまあ立派な大人になって……」と思っている人も多いと思います。伊藤選手に至っては、2歳からラケットを振っていたといいます。いや、お母さんのお腹にいるときから、「卓球でオリンピックに出るのよ」と呼びかけられていたというから、卓球選手になるよう運命づけられていたようなものです。幼稚園の頃には何でも、1日に7~8時間も練習していたというから驚きです。卓球に限らず、最近のオリンピックに出るようなアスリートはそんな風にごく幼い頃から競技を始めて猛練習をしているということが多いですね。水泳とか、フィギュアとか。本人が「やりたい」と言ったとしても、練習時間や方法を含めて「やらせる」のは親=大人ですからねえ……。
ここで思い出すのは、「巨人の星」です。天上の星を見上げ、「飛雄馬よ、あれが巨人の星だ」とか言って、子供を野球づけにするのは、結局星一徹自身が果たせなかった夢をすりこんで、押し付けているんじゃないかと、子供の人権なんかの角度からは見えますね。あんな大リーグボール養成ギプスなんかはめさせて、今だったら、幼児虐待と通報されてしまいます。飛雄馬がそんな自分のアイデンティティに悩むのは、ジャイアンツに入団してからです。青雲高校を1年で中退、テスト入団し1軍に定着していたから、まだ17歳~18歳だから無理もありません。アメリカから来たライバル、オズマも黒人のスラム街のような所で育ち、カージナルスの下部組織にまるで金で買われるように連れていかれ、少年時代から過酷な練習を強いられます。オズマは飛雄馬を同類と見なし、「お前に趣味はあるか? 恋人はいるか? 野球以外に何がある?」と詰め寄り、「俺は野球ロボットだ。そして、お前は野球人形だ!」と言い放ちます。飛雄馬はガーンとショックを受け、自分が野球人形であることを否定するかのように芸能人と遊び始めたりします。
今、リアルに幼少期から競技ひと筋できたアスリートたちにはそんな苦悩のときが来るんじゃないかと心配になってきますが、どうなんでしょうか。オリンピックに出るぐらいの「結果」が出せた人は、親への感謝を口にしますが、そこまで至らなかった人なんかは親に対して複雑な思いを抱くのではないでしょうか。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ