ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

ステゴロ NO1 花形敬

花形敬 イラスト
  ステゴロとは言うまでもなく 道具を使わない素手での喧嘩のことです。
戦後、ステゴロで一番強いといわれた愚連隊やくざがいました。花形 敬さんです。
世田谷生まれの比較的裕福な家庭に育ちましたが戦後の混乱の中でグレました。
その当時、東京中の中学の番長クラスが集まるといわれた国士館高校で番を張っていました。
スポーツも万能で、特にラグビーに卓越し、あの明治のラグビーの北島御大が明大に引っ張りました。
しかし、安藤昇さんの東興行(安藤組)の主要メンバーとなり渋谷界隈でにらみをきかせました。
 あの力道山も花形さんをさけたそうです。
 詳しくは 朝日新聞の記者だった本田靖春氏著「疵」を。
 そして、映像もありました。映画館で上映されたのニュース映画を製作していた「日本映画新社」が
撮っていました。
 撮影場所はなんと渋谷警察所内の一室です。連行された花形さんが記者たちインタビュウーをうけているところです。
 「逮捕状も見てねえのに引っ張られたんだよ!」と不満気な様子です。
 署内でのインタビュウ映像なんぞ今じゃ絶対にありえませんところの貴重な映像です。
 体格も良く、顔にも鬼気迫る迫力がありました。 昭和33年7月です。
 おそらく、安藤組横井英樹(後のホテルニュージャパン社長)襲撃事件のからみで逮捕されたのでしょう。
 花形さんは安藤昇さんが服役している最中に、組長を代行していましたが、昭和38年ころ刺殺されてしまいます。 安藤さんの身代わりような感じです。
 こちらの世界も激しくも生々しく人の匂いを感じられた時代でした。
                                        (ハピイ氏橋)



 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

憧れの無責任男

東京都議会が始まりました。地方議会の不正など、議員の質の低下が指摘されている現在、どこまで「なれあい」ズブズブの体制から脱却できるか注目です。小池百合子都知事は、先月の定例会見で、豊洲問題に触れ「無責任体制と言わざるをえない」と言っておられました。全く、盛り土をしなかったあれだけの空間、誰がいつ、どこで決めたのかわからないなんてことがあるでしょうか(いや、ない)。
無責任、といえば、昭和映画好きは当然、植木等さんを思い浮かべますね。「ニッポン無責任時代」(1962 古澤憲吾監督)に登場したキャラクターは、それまでのサラリーマンものの映画で美徳とされた滅私奉公的なあり方を覆す強烈な存在感です。バーで偶然耳にした話をきっかけに、いつの間にか社員になって、調子よく取り入り、ハッタリをかまして、女性にはモテモテ、最後は社長にまでのし上がるんだから、痛快無比。当時、うだつのあがらないサラリーマンにとっては「こんな風に生きてみたいなあ~」と夢見たことでしょう。もちろん、無責任男というぐらいだから、今のコンプライアンスからしたらとんでもないことばかりしているわけですが、手八丁口八丁の自分の才覚でどんどん結果を出していく点は、実にエネルギッシュです。つまり、無責任男とはいうけれど、チャンスを自分でつかんで自分のやることには責任を負っていて、ある意味、のちのモーレツ社員につながる働きぶりなのです。スイスイいっているようにみえて、かなりな努力を要するわけで、それを厭わないのが植木さんの無責任男なのです。この辺が、今のただ議員の椅子にしがみついて、懐に転がり込んでくる政務活動費を猫ババするようなセコイ連中とは違うところですね。そもそも、体制側が無責任って何だよと思います。既得権益を守るに躍起になることのみの無責任と、ゼロから自分の才覚で枠を破って下剋上をはたす無責任は全く異なります。植木さんの体現した無責任とは、自由に=自分らしく生きることと同意なのです。
そして、同じ、東京五輪前の時期ということで、「ライバルは1964年」という広告にいちばん大きく映っているのが植木等さんですが、この人を超えることはちょっと無理だと思います。植木さん演じる無責任男の、クビになったって落ちこむこともなく「そのうち何とかなるだろう」と笑い飛ばすこの明るさ。まさに高度経済成長という右肩上がりの時代の象徴です。今の僕たちはそんな先の希望ばかり信じれるおめでたい世の中に生きていないからです。悲しいことですが。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

旋風児と書いてマイト・ガイと読む

ノーベル賞の発表が始まりました。さっそく、東京工業大学の大隅良典栄誉教授が医学生理学賞を受賞されました。40年もコツコツと研究されたことが評価されたという嬉しいニュースです。ノーベル賞といえば、僕が小学校の頃に川端康成が文学賞を授与された記憶があります。川端氏は3人目で、それまでは教科書にも湯川秀樹、朝永振一郎のお二人しか載ってなかったのです。ここ最近は当たり前のように日本人が受賞しています。
ノーベルという人はダイナマイトを発明したことで知られています。ダイナマイトといえば、小林旭さんです。旭さんがマイト・ガイと呼ばれるようになったのは、1958年(昭和33年)にリリースした第2弾シングル「ダイナマイトが百五十屯」というレコードのヒットによります。ちょうど、ロカビリーがブームの時代、水原弘さんや坂本九さんがステージ・デビューを果たした年です。日活で先行していた石原裕次郎の唄う「狂った果実」や「錆びたナイフ」とは違うテイスト。慶應ボーイで有名作家の弟というサラブレッド的登場の裕次郎に対して、もっと野性的で荒々しいイメージを定着させたかったのでしょう。「♪カラスの野郎 どいていな  とんびの間抜けめ 気をつけろ 癪なこの世のカンシャク玉だ ダイナマイトがよー ダイナマイトが百五十屯 畜生 恋なんて ぶっ飛ばせ」 という歌詞、どうです、実にロックンロールしてるでしょう! のちに甲斐バンドが歌詞を変えて、「♪とっぽい野郎 どいていな すかした間抜けめ 気をつけろ ~」カヴァーしています。(1981 アルバム「破れたハートを売り物に」所収)
この曲がヒットしたので、翌年4月、主演作「二連銃の鉄」(1959 阿部豊監督)の挿入歌として使われ、さらに7月「爆薬に火をつけろ」(1959 蔵原惟繕監督)という作品が矢継ぎ早に公開されます。このタイトルの「爆薬」に「ダイナマイト」とルビがふられ、ポスターには「おいらは男だ! 嵐に仁王立つマイト・ガイ・アキラ!!」と惹句が踊ってますから、この映画でマイト・ガイという呼称が定着したと思われます。ちなみにこの「爆薬(ダイナマイト)に火をつけろ」には同タイトルの主題歌があり、「ダイナマイトが百五十屯」は流れません。
そして8月には「渡り鳥」シリーズの原型となった「南国土佐を後にして」(1959 斎藤武市監督)が興行的に成功、続いて9月に「二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児」(1959 野口博志監督)が登場、タイトルの「旋風児」に「マイト・ガイ」とルビをふり、ついにその主題歌の歌詞に「マイト・ガイ」が歌い込まれるのでした。「♪風が呼んでる マイト・ガイ ~」これも名曲です。とにかく、この1959年の旭さんの勢いは凄まじく、10月に渡り鳥シリーズ第1作「ギターを持った渡り鳥」(1959 斎藤武市監督)、11月の「波止場の無法者」(1959 斎藤武市監督)をはさんで、12月に早くも2作目「二階堂卓也 銀座無頼帖 銀座旋風児 黒幕は誰だ」(1959 野口博志監督)、翌年1月の正月映画に渡り鳥シリーズ2作目「口笛が流れる港町」(1960 斎藤武市監督)……まさにダイナマイト級の活躍です。
タフ・ガイ=石原裕次郎、ダンプ・ガイ=二谷英明、エースのジョー=宍戸錠、トニー=赤木圭一郎(由来はトニー・カーティスに似ているから)など、日活のローテーションを守った他のスターにも、ニックネームはありましたが、主演作のタイトルにまでなったのはマイト・ガイだけです。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

4人はフリーでストレートでシンプルや!!

images (1)
行ってきましたよ~。ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK
ザッピー編集長に素晴らし いコメントをお書きいただいてるので、
そのとおりなので、僕は何を書こうかな? 
とか思いつつ、ビートルズ大ファンのミュージシャンの端くれとしては、
書かねばという使命感のもとに~。
この映画は、リバプールの始まりからライブ公演時代を中心にしたドキュメントです。
まず、リアルによく観えたのは 
①ビートルズは最高のライブパフォーマーであること。
あれだけの歓声でモニター(演奏者が音を確認するスピーカー)もないPA環境で
何故あれだけ正確にリンゴはドラムを叩けるの?どうしてジョンもポールもジョージも
ハモれるの?
②ビートルズは最高のコーラスバンドであること~ 4人のハモもシャウトもタイミングも全てライブパフォーマンスに組み込まれることを計算して楽曲が創られているような気がした
③4人は最高の芸人~インタビューの返しとか、吉本の芸人でも太刀打ち出来まへん
④4人は最高のファッションコーディネーター
⑤リンゴのドラムのタイトさと正確さと響きの良さに改めて脱帽
⑥4人は最高のボーカリスト
⑦ある音楽界の先輩が言ったロックの定義 フリーで、ストレートで、シンプル という言葉の典型
 に4人はいた。
⓼4人はベビーブーマー(マジョリティー)が若者だったころのカリスマになり得るオーラと資質を持っていた。
⑨4人はどんなに若者のカリスマであっても、人は等しく年をとり、環境の変化に対応して自分たちの新しい道を切り開いてゆかなければならないことを教えてくれた
⑩4人の楽曲はきっと次の世にも録音された楽曲のクラシックとして、人が愛と希望を忘れない限り永遠に残ってゆくということ

スタッフ方々に敬意を表したいと思います。60年代のライブ映像がこれほどまでに、映像修復し、サウンド修復されている作品を観られる(聴かれる)のは、現在の最先端デジタル技術(4Kデジタイズ~2K編集、リマスタリング)だけではなく、膨大な時間と緻密さを要求されるなかで修復されたスタッフ方々の心意気だと思います。
素晴らしいビートルズを見せていただいてありがとうございます。また、ハリウッドボウルのCDも買って聞いてます。本当にいい音してます~

ちゃんちゃこ41 きたかたよしろう

 


 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

2016年の国策映画?

先週の金曜日、9月30日に新文芸坐で「無声映画鑑賞会 No。698」が開催されました。今回は、溝口健二没後60年ということで、「溝口健二の復元された映画たち」というタイトルで、「瀧の白糸」(1933)(3つのプリントの最も画質のいい部分をつないだ最長版をデジタル修復したもの)と、「ふるさとの歌」(1925)(5年前に岩手大学で発見された染色版プリントの復元版。超キレイでした!)の2本を活弁付きで上映されました。
この「ふるさとの歌」は、現在観ることの出来る最も古い溝口作品です。1925年というと、大正14年、都会の快楽的な生活が農村に侵入してくるという物語で既に「地方格差」が描かれています。それはいいのですが、この映画は当時の文部省が委嘱したプロパガンダ映画なのです。成績はいいのに貧しく上の学校に行けない主人公が「学業よりも農業につくことこそ大事」と突如熱弁をふるったり、かなり強引に「国家の望む若者像」を宣伝します。当時は娯楽も少なかったし、メディアに対するリテラシーの教育なんかもされていなかっただろうから、この映画を観て、「そうか、これが正しい生き方なんだ」と素直に信じた人も多かったでしょう。金曜日に弁士をつとめた斎藤裕子さんはだいぶ台本を「やわらかく」するなど苦労したとおっしゃっていましたが、それこそ、当時のこういったプロパガンダ映画は活動弁士の胸三寸で相当な洗脳効果があったのでしょう。
こうしたプロパガンダ映画が遠い昔のものと思ったら、この平成の世にもありました。先日も取り上げた「シン・ゴジラ」(2016 庵野秀明監督)です。昨年の9月、戦争法案の可決を待つようにしてのクランクイン、今年の臨時国会直前、しかもオリンピックというナショナリズム高揚期というタイミングの公開、緊急事態条項の成立を正当化するような不安をあおる展開、子供を対象にしない内容は憲法改正についての国民投票の有権者に向けている……と国策的要素がいっぱいです。女性防衛大臣(余貴美子さんが演じていました)は現・稲田大臣ありきで安倍首相の意図がキャスティングにまで及んでいる?とまで勘ぐってしまいますね。最後の「日本はやれるんだ」というメッセージも安倍首相の「一億総活躍社会」を補完しているような……。
庵野監督は安倍首相と同じ山口県出身だというし、やはり、「シン・ゴジラ」の「シン」は安倍晋三の「晋」ですかね。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ