ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

「野良猫ロック マシンアニマル」紫色の女王

images (32)
「野良猫ロック マシンアニマル」(1970 長谷部安春監督)の舞台は横浜。青山ミチさんが「恋のブルース」を唄うバーは、裏で密出国の船の斡旋をしています。ここに藤竜也さんと岡崎二朗さんの二人組が訪れ、スウェーデン行きの船の手配を頼みます。二人は米軍基地から横流しされたLSDを大量に持っていて、それを売りさばいて資金にしようと考えています。二人はベトナムからの脱走兵・チャーリーを連れていて彼を逃がすことも目的です。この作品の藤さんはヒゲはなく、銀縁のメガネをかけた非暴力・平和主義的な青年で、それまで長谷部監督が撮った「女番長 野良猫ロック」(1970)、「野良猫ロック セックスハンター」(1970)とはガラッと変わったソフトな役柄です。(こういう所が出演者が固定したシリーズの面白いところですね。次はどんな役柄なんだろうと)
代わりにヒロイン・マヤ(梶芽衣子さん)のグループに敵対するのが郷鍈治さんで、「ドラゴン」という暴走バイク集団のリーダーでいつもサイドカーにふんぞり返り、悪の存在感をたっぷり発揮します。はじめはLSDを奪おうとしたマヤのグループですが、脱走兵を助けようという藤さんたちに共鳴し協力します。LSDをさばくために郷さんたちに話を持っていきますが、横取りされてしまい争奪戦になります。チャーリーを拉致した郷さんのサイドカーを追って、マヤたちがミニ・バイクに乗って「近道を行けば追いつく」と、パチンコ屋さんや中華飯店の中を「ごめんなさいよ~」と言いながらバイクで疾走するシーンが見ものです。 1作目の「女番長 野良猫ロック」での新宿地下道のバギーとバイクの追走シーンを思い出させます。(当ブログ2月27日「地下道のカー・チェイス」参照)
郷さんは自分が昔ケガをさせたため車椅子に乗っている范文雀さんを女王のように崇拝しており、マヤたちは青山ミチさんからそのことを教えられ、范さんを誘拐してLSDを取り返そうとします。この范さんが住む部屋にはいつもバロック音楽みたいのが流れていて、壁、カーテン、ソファ全て紫色で、范さん自身も紫のドレス、ひざ掛けという恰好ですから、いやでも印象に残ります。
3人はマヤが案内してくれた廃屋に隠れ、仲間になったマヤたちとLSDを1錠ずつ飲んで盛り上がります。フェイス・ペインティングしたり、サイケな幻想シーンです。藤さんと梶さんだけはLSDをやらず、離れた所で静かに話します。藤さんの役名は「ノボ」でこれは「ノーボディ」をもじったものと説明されます。何で外国に行くのか、マヤに問われたノボが「さあな、日本にいるよりマシかもしれないと思ってな。行ってどうなるかわからないけどな」と答えます。続けて「何でここにいるんだい?」と逆に聞かれたマヤは「行けるところがあったら行ったかもしれない」と言います。このあたりの閉塞状況からの放浪願望、ベトナム脱走兵、バイカーとこれはもっともアメリカン・ニューシネマに近づいた日本映画といえると思います。        (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・青山ミチさん

今年ももう3ヶ月が経とうとしています。まったく早いものです。今年ここまで亡くなった方を追悼していきましょう。
1月7日に亡くなったのが青山ミチさんです。images (31)
歌手として活躍された青山さんですが、どうしても覚せい剤使用で逮捕といったことの記憶がまず浮かんでしまいます。
1949年生まれの青山さんは、お父さんが在日米軍兵士のハーフ。たしか戦後の混血児歌手第一号と言われていたと思います。今だったら、ハーフ・タレントっていうのがひとつのポジションを得て、人気もありますが、この当時は、進駐軍が残していった子供といった不幸なイメージだったのです。また実際に偏見も強く、混血児ゆえにいじめられたり、辛い思いをしていた人が多かったのです。たしか、青山さんんもアメリカに帰ってしまった父親を捜すみたいな話題が女性週刊誌に載っていたように記憶しています。
子供の頃からジャズ喫茶などで唄っていて実力を認められ、まだ中学生でデビュー、「ミッチー音頭」という曲が有名です。 たしか倍賞千恵子さん主演の「下町の太陽」(1963 山田洋次監督)に出て唄っている姿が見れると思います。日本語歌詞をつけたカヴァー・ポップスの時代、「ヴァケイション」なんかも唄っていましたが、ライバルと言われた弘田三枝子さんよりも声量があって、リズム感抜群の歌声はやはり日本人とは違うのかなあと感じさせました。エイミー・ジャクソンさんと競作となった「涙の太陽」(のちに安西マリアさんがカヴァーし大ヒット)を出すなど人気がありましたが、まだ10代で覚せい剤使用で逮捕されます。そのときお蔵入りになった曲が、少しあとのGS時代になって、ヴィレッジ・シンガーズによって「亜麻色の髪の乙女」となって登場します。 さらにこの曲は島谷ひとみさんによってカヴァーされますが、幻の元祖は青山ミチさんだったのです。
その後、「野良猫ロック」シリーズの第4作「野良猫ロック マシンアニマル」(1970 長谷部安春監督)に青山さんが出演しています。横浜のバーで弾き語りを見せるシーンがあります。「恋のブルース」 という曲なんですが、その唄いっぷりが印象に残ります。何というか、ドスのきいたアレサ・フランクリンみたいな聴く人を圧倒するものがあります。堂々たる大人の歌唱という感じですが、考えてみると、この時まだ青山さんは21歳なんです。子供のときにスターになって、覚せい剤事件があったりの浮き沈みといった人生経験が滲み出ていたのかもしれません。
たしか、役もバーのマダムという感じで、見た目も21歳とは思えない人生の酸いも甘いもかみ分けたような貫禄がありました。「下町の太陽」のときから何十年も経ったかのように感じてしまいます。
70年代に入ってから、万引き事件や、覚せい剤使用などで何度か逮捕され、芸能界の表舞台から姿を消してしまいましたが、そのパンチのきいた歌唱は日本にもっとも早く現れたソウル・シンガーといってもいいでしょう。青山ミチさんのご冥福を心よりお祈りいたします。     (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

松方さんの眠狂四郎~大映の色調の中で

神山繁さんが悪役として妙演をみせた映画に「眠狂四郎 円月殺法」(1969 森一生監督)があります。ちょうど、新文芸坐の「追悼・松方弘樹」特集でやっていたので観てきました。「眠狂四郎」といえば、市川雷蔵さんの当たり役ですが、大映が病気で倒れた雷蔵さんの穴を埋めるべく東映から松方さんを招き、松方版眠狂四郎が登場したのです。(当ブログ2月18日「松方さんの大映移籍」を参照)
さて、この映画は冒頭、狩りに出た川津祐介さんが薪を集めに来ていた娘に襲いかかり犯すというシーンから始まります。実はこの川津さんは、次代将軍・家慶の双子の弟・敏次郎で、劇中「将軍家では双子を忌み嫌い、生まれた場合、片方を人知れず遠方に幽閉した」と説明されます。この敏次郎が本物の家慶(川津さんの二役)の寝所に潜入、拉致して自分が家慶になりすまします。このとき、家慶の寝間にある鎧が動き出し、中に敏次郎が入っていることが明らかになるシーンなど、おどろおどろしたムードがよく出ています。
この敏次郎のバックにいるのが神山繫さん演じる大目付で、ニセ家慶を操り自分が老中の座につこうと企んでいます。この「入れ替わり」の秘密を守るためには人を殺すことも厭わない冷酷非情な男です。
冒頭の場面にあったように好色・残虐な敏次郎に入れ替わったので、お世継ぎ様は乱交三昧です。急に性格が一変した殿を家臣がいさめますが、意見されて逆上した敏次郎が斬り捨てます。ある日、その家臣の妹(梓英子さん)が敏次郎の前に現れ「何ゆえ兄が乱心したと申されるか」と問うのですが、その可憐な姿を見た敏次郎に手籠めにされそうになります。そこに通りかかり梓さんを救ったことから狂四郎が関わっていくのですが、冒頭のシーンといい、川津さんが女を見たとたん好色のスイッチが入ったような目つきになる演技がすごいです。
家慶の乱行を幕府の恥と探っている公儀の女隠密(佐藤友美さん)なども暗躍したり、神山さんの用心棒・成田三樹夫さんとの対決など狂四郎の活躍でラスト、とうとうニセ家慶であることが露見します。すると、助けを求め見苦しい敏次郎を、もはやこれまでと神山さんが刺殺。潔い悪役ぶりの神山さんは狂四郎に刃を向け、もちろん負けますが、なかなかの立ち廻りを見せますし、屋敷の広い庭で倒れる死に様も絵になっていました!
やはり大映のセット、美術、照明などの技術が作り出す映像に独特の色調、艶があって素晴らしい!特に、千恵蔵さん、右太衛門さんの時代からスターを明るく照らす東映と違って、大映の陰影を強調した画作りは松方さんの新たな魅力を引き立てます。雷蔵さんのイメージがあまりに強いので分が悪いですが、松方さんの狂四郎も悪くないです。大映が倒産せず、、シリーズがもっと続けば松方さんの狂四郎像が確立され人気が出ただろうと思います。      (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・神山繫さん

昨日の当ブログで、近頃は山本薩夫監督作品のような骨太の社会派大作映画がないなあと嘆きましたが、そういう作品にふさわしい役者が揃えられないということもあるかと思います。70年代に政財界の癒着を告発した「華麗なる一族」(1974 山本薩夫監督)、「金環蝕」(1975 山本薩夫監督)、「不毛地帯」(1976 山本薩夫監督)の3作のキャストなど見てみると、佐分利信さん、仲代達矢さん、丹波哲郎さん、三國連太郎さん、田宮二郎さんといった主役クラスの大物俳優だけでなく、脇を固める俳優の層の厚さというものを改めて感じます。宇野重吉さん、西村晃さん、大滝秀治さん、稲葉義男さん、花沢徳衛さん、仲谷昇さん、中谷一郎さん、永井智雄さん、高橋悦史さん、鈴木瑞穂さん、久米明さん、北村和夫さん、神田隆さん、小沢栄太郎さん、加藤嘉さん、高城淳一さん、福田豊士さん……こういた方々が政治家や官僚、資本家やその周辺に蠢く食えない連中を演じたので、しっかりドラマが構築できたのです。みなさん、一筋縄ではいかないと感じさせる「大人」の顔を持っていましたね。
上にあげた山本薩夫監督の3本すべてに出演された神山繁さんなど、そういった「大人」の役者の代表的な方ではないでしょうか。images
その何事にも動じず、冷静にことにあたるような落ち着いた佇まい、知的な雰囲気は、権力側にいれば、いかにも合理的に物事を処理する有能な人物として手ごわそうです。「太陽を盗んだ男」(1979 長谷川和彦監督)にもたしか内閣の秘書官か何かで出ておられました。「激動の昭和史 軍閥」(1970 堀川弘通監督)では近衛文麿の役でした。気品があるから、上の立場の役柄を演じられることが多かったのでしょう。
そんな神山さんですが、無国籍アクションで小林旭さんのライバルを演じたこともあります。「風に逆らう流れ者」(1961 山崎徳次郎監督)です。「渡り鳥」シリーズ(1959~1962)と同時期にほぼ同じような設定で5本作られた「流れ者」シリーズの最終作です。この両シリーズで旭さんのライバルといえば、宍戸錠さんがあまりにも有名なので、神山さんのキャスティングにちょっと違和感を覚えましたが、これが悪くなかったのです。黒づくめの服装で旭さんと銃の腕比べをするのですが、このシーンのガンさばきも決まっていたし、錠さんとは違ったキザな感じ、何というかスタイリッシュなんです。
ビシッと仕立てのいいスーツで決めれば英国紳士みたいに似合っただろうなあと思います。例えば、007やナポレオン・ソロみたいな映画に出てもぜんぜん違和感ないような。かつて進駐軍の通訳もつとめていて英語も堪能だった神山さん、「ブラック・レイン」(1989 リドリー・スコット監督)にも出ておられましたが、時代が時代なら、もっと外国映画に出ておられてたかもしれません。index

今年1月3日に亡くなった神山繁さん、いい役者さんでした。心よりご冥福をお祈りいたします。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

今も昔も不毛地帯

昨日、森友学園の籠池理事長の証人喚問がありました。参考人招致と違って、偽証罪にも問われる証人喚問の席で思いのほか堂々と発言しており、開き直ってぶちまけてやるという感じがしました。今までの国会の答弁での安倍晋三首相や稲田朋美防衛大臣の異常なまでにムキになっている様子、焦りが隠しきれないのとは好対照です。証人喚問といえば、昭和世代にとっては「ロッキード事件」が思い出されます。旅客機の受注をめぐる疑獄事件で田中角栄・元首相の逮捕という事態になりました。捜査が進む中で、事件を追っていた新聞記者や角栄さんの運転手などが立て続けに亡くなったり、自民党内の派閥争いも絡んでいろいろな謎が噴出しました。政商と言われた小佐野賢治・国際興業社長が証人喚問の際に発した「記憶にございません」が流行語になったりしました。今回のアッキード事件では、現在までのところ、「忖度(そんたく)」「神風が吹いた」「ハシゴをはずされた」といったところが流行語候補ですかね。
さて、ロッキード事件を題材にした映画があります。「不毛地帯」(1976 山本薩夫監督)です。img_1_m
社会派映画の巨匠、山本薩夫監督はこの当時、「華麗なる一族」(1974 山本薩夫監督)「金環蝕」(1975 山本薩夫監督)といった財閥や大企業と政府の癒着を告発する大作を手掛けていました。「華麗なる一族」と同じく山崎豊子さんの原作を得た「不毛地帯」は、昭和30年代半ば頃からのFX(次期使用戦闘機)選定をめぐっての商社間の仁義なき戦いが描かれます。スパイに見積もり書類を盗み見させたり、最終決定権を握る国防会議の決定を覆そうと巨額の実弾攻勢をかけるなど、利権をあさる政界の腐敗の構造が生々しかったです。そして「トカゲのしっぽ切り」のように死体になってしまう人も出ます。
映画の中では「ラッキード社」と「グラント社」の争いとなっていましたが、「ロッキード社」と「グラマン社」であることは誰の目にも明らかです。そして、この映画の撮影が進行している最中に、「ロッキード事件」が発覚、過去の事件をなぞるような疑獄事件が現実世界にも起こるという状況になりました。山本監督は、急遽脚本を書き直し、今そこにある事件を取り込むようにしました。モデルの一人とみられる議員から、現金授受のシーンにクレームがつくなどしましたが、かえって話題になったりしました。
社会派の山本監督ですが、市川雷蔵さん主演「忍びの者」(1962 山本薩夫監督)や勝新太郎さんの「にせ刑事」(1967 山本薩夫監督)なども撮っているし、娯楽映画としての腕も相当なものです。3時間という上映時間も飽きることなく見せるところはさすがです。今の日本映画にはこういう骨太の社会派大作映画が見られなくなりました。いろいろな企業がお金を出し合う製作委員会形式が多くなったせいもあり、なかなか難しいかもしれませんが、このアッキード事件の背後にどんな黒いものが蠢いて日本を動かそうとしているかを映画にしてくれる勇気ある人はいませんかね。       (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ