ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

赤いコートの江波杏子さん、名作「津軽じょんがら節」

大映が倒産した後、江波杏子さんは各社の映画に出演されますが、代表作となったのは「津軽じょんがら節」(1973 斎藤耕一監督)であります。
images (5)
斎藤耕一さんは東映~日活でスチール・カメラマンとして映画活躍、特に有名なのは「狂った果実」(1956 中平康監督)で撮った石原裕次郎さん、北原三枝さんのスチール写真です。クランクイン前に撮られた写真が、ある意味、映画のムードを作り出していた感もあります。裕ちゃんの信頼も厚く、石原裕次郎写真集「海とトランペット」も出しています。その後、監督に転身されたので、斎藤耕一さんは「映像派」と呼ばれ、流麗な「画」作りに手腕を発揮されました。「女賭博師」シリーズ(1966~1971)で一世を風靡しましたが、フランス映画のような作品に出たいと思っていた江波杏子さんにとっては斎藤監督との出会いはこの上ないものだったわけです。
映画は、津軽の寂れた漁村に真っ赤なコートを着た江波さんが若い男(織田あきらさん)を連れてやって来るところから始まります。
images (6)
江波さんの年下の愛人・織田さんは東京でヤクザの幹部を刺したチンピラで追われています。彼を匿うためと、ここに父と兄の墓を立てるために江波さんは故郷である漁村に帰ってきたのです。鈍色の空、荒々しく打ち寄せる波、何もないどん詰まりのような風景をとらえた映像が素晴らしいのです。まさに「映像派」斎藤監督の面目躍如です。
江波さんはかつて西村晃さん演じる漁師の息子と駆け落ちし捨てた経緯もあって、閉鎖的な村ではあまり歓迎されていません。江波さんは漁師相手の飲み屋で働き「父ちゃんと兄ちゃんの墓を立てるまではここを動かないから」と言い張りますが、故郷は受け入れてくれないのです。重苦しい灰色に閉ざされた風景の中、江波さんの真っ赤なコートが「よそ者」感を象徴します。images (7)

若い織田さんは、村に来た当初は退屈でうんざりした様子でしたが、盲目の少女(中川三穂子さん)をからかっているうちに、その純真さに魅かれるようになります。本当の「よそ者」である織田さんは中川さんと一緒にいることに安らぎを感じ、村に留まることにします。逆に、故郷に居場所を見つけられない江波さんはひとりで去っていくことを決めます。織田さんの寝顔に向かって「あんた、良かったね、故郷が見つかって……」と呟く江波さん。出稼ぎ現場で死んだ息子の骨壺を抱える西村さんがちょうどバスから降りて無言のまま通り過ぎていき、江波さんが赤いコートをひるがえして故郷を去っていく、そのときの表情! 忘れられない名演でした! 
「キネマ旬報ベストテン」1位に輝いた本作のフォトジェニックな映像の中に孤独を浮かび上がらせた江波杏子さん、見事に「キネマ旬報女優賞」を獲得されたのでした。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

江波杏子さんが潜入!「女秘密調査員・唇にかけろ」

昨日の当ブログで書いたように、江波杏子さんが大映時代ブレイクしたのは「女賭博師」シリーズ(1966~1971)ですが、江波さんご自身はヨーロッパ映画がお好きだったそうですし、何よりエキゾチックな顔立ちとスラッとしたスタイルで洋服もお似合いでした。そんな「洋風」の江波さんが堪能できる映画として、当ブログ2017年2月17日「江波杏子さんがプールで一刺し」で「女殺し屋・牝犬」(1969 井上芳夫監督)を紹介しました。(ご参照ください)
「女殺し屋・牝犬」は市川雷蔵さん主演の「ある殺し屋」(1967 森一生監督)のリメイクです(ラストがちょっと違います)が、翌年、江波さんは「女秘密調査員・唇に賭けろ」(1970 村山三男監督)でに主演されます。
ダウンロードenami apatti
こちらは、田宮二郎さんの「黒」シリーズとかに通じる大映お得意の「産業スパイ」ものです。江波杏子さんは「興信所」の女探偵で、長谷川明男さん、平泉征(現・平泉成)さん、炎三四郎(のちの速水亮)さんなどとチームを組んでいます。カラーテレビの輸出をめぐり、2つの会社「アポロ電機」と「ひかり産業」がしのぎを削っています。江波さんたちは「アポロ」に依頼され、「ひかり」の動向を調査します。過去に江波さんの姉が「ひかり」の社長(千秋実さん)に裏切られて自殺したという経緯もあって、江波さんチームもかなりダーティな手口を使います。盗聴器を仕掛けるなんて当たり前。それどころか江波さんと長谷川さんはビルとビルの間にロープを張って、そこをつたい、さらにロッククライミングのように下の階に潜入します。「忍者かい!」と突っ込みたくなるシーンですが、ふたりが設計図をゲットしようとしたときに非常ベルが鳴ったり、なかなかのサスペンスでした。
せっかく手に入れた図面を、寝返って「ひかり」側に渡す「アポロ」の次長(名古屋章さん)、業界紙を出している神田隆さんが「お互い大企業に寄り掛からんと生きていけぬ身ですからなあ。ワシもこれで老後のことを考えないと……ワッハッハ」などと食えない連中が暗躍するのもいかにも高度経済成長時代の激烈な企業間競争で面白いです。
あと、鮮明に覚えているのが、長谷川明男さんが情報入手のため、千秋実さんの秘書(赤座美代子さん)に接近しますが、「ダメ!私、男の人が怖いんです」と拒否されます。長谷川さん、事務所に戻ってきて「彼女はレズですね」と報告すると、すぐさま江波さんがレズ・バーに出向き、カクテルをおくって赤座さんに色目を使い、まんまと千秋さんの汚職の証拠を探り出します。images (4)
そういえば、「女殺し屋・牝犬」でも、赤座さんは江波さんをレズ的に慕う役でしたが、そういった女性が魅かれる役に江波さんのクールな美貌が合っていたように思います。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

1968年モードの「女賭博師みだれ壺」

昨日の当ブログで書いたように、江波杏子さんは、若尾文子さんの降板で「女の賭場」(1966 田中重雄監督)の主役に抜擢されました。賭博のシーンの所作などは、よく本物の賭場に出入りして遊んでいたという大部屋俳優さんに教えてもらったそうです。同時期に「賭博」シーンが多かった東映などは「本職」の方が指導していたといいます。そんなわけでリアルな賭場の緊張感が描けたのですね。
壺ふりの江波さんの「入ります」という科白も流行りました(子供でもマネしたり)が、「女賭博師」シリーズでは「サイコロ賭博」だけが描かれたわけではありません。例えば、「女賭博師みだれ壺」(1968 田中重雄監督)はタイトルと裏腹に、メインは「花札」による博奕です。images (1)
(前「よつや」、あと「おいちょ」というヤツです) 冒頭、向こう1年の縁日のショ場が決定する大勝負で、江波さん演じる銀子は長門勇さんに敗れ、親分(柳永二郎さん)が引き留めるのを断って「修行して来年は必ず勝てるようになります」と旅に出ます。凄腕の賭博師に扮した長門勇さんはいつものズッコケ調の人物ではなく、「目に見えないものを見ろ。耳で聞こえないものを聴け。それが極意だ」みたいな言葉を発したり、二枚目役。いつズッコケ調になるかと見ていると終始シリアスに演じ、意外でした。ラストなんか、悪玉の小松方正さんが銀子を斬りつけようとすると長門さんが花札をビュンビュン飛ばして救い、去っていくカッコよさ! 
長門さんに代わってコメディ部分を担当するのがお笑い芸人。銀子が旅に出たあと柳さんの組に残った夫婦の賭博師が京唄子さんと鳳啓助さん、こちらは「サイコロ」賭博で唄子さんは「やさぐれおまん」と異名をとっています。ところが、壺を振って開くとサイが1個しかありません。賭場の客が「お前の股に入ったぞ。吸い込みおまんだな」と言うのには笑いました。また、「てんぷくトリオ」がバクチをしていて三波伸介さんが女賭博師の股ぐらに目がいき負けるシーンも面白かったです。images (2)

また、銀子に敗れリベンジに燃える長谷川待子さんは尼さんの恰好、ゴーゴー・ガール(←さすが1968年の映画です!)から賭博師となる安田道代さんはミニスカ姿と、賭場に物珍しさで客を呼ぶ一種のコスプレ作戦です。
images (3)
ちなみにゴーゴー・クラブのシーンでは、「ザ・ラヴ」というグループサウンズが出ております。(「アウトキャスト」にいた藤田浩一さんが結成。レコーディングには加藤和彦さんが参加したことで有名)

ストーリーの方は、大勝負から1年後、銀子は再び長門さんと勝負となります。恩師の浪花千栄子さんから長門さんの弱点をアドバイスされますが、銀子はあえてその弱点を攻めず堂々と戦い勝ちます。ヒロイン江波さんの凛とした魅力が活かされ、笑いやお色気も散りばめられて文句なく楽しめる娯楽作になっていました。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・江波杏子さん

ダウンロードenami
10月27日に江波杏子さんが76歳で亡くなりました。直前まで仕事をなさっていたといいますし、僕も今年「娼年」(2018 三浦大輔監督)という映画で、主演の松坂桃李さんと「濡れ場」を演じている江波さんを観て、その色気にゾクッとしたばかりなので、残念でなりません。
江波杏子さんは、戦前の女優・江波和子さんの娘です。江波和子さんは1938年東宝でデビューしましたがわずか2年足らずで引退されましたから活躍の期間は長くありません。引退から2年後、杏子さんを産みます。女優時代の江波和子さんの写真を見ると、本当に杏子さんにそっくりだなあと思います。ダウンロードkazuko
(←正しくは杏子さんの方が母親に似ているわけですが) そして杏子さんが5歳のときに、和子さんは27歳という若さで亡くなってしまいます。
母と同じく女優になりたいと、杏子さんは大映のニューフェイスに合格します。このとき杏子さんは16歳でしたが、18歳とサバを読んで応募しました。サバを読むというと、普通は「若く」偽るものですが、杏子さんは「子供っぽくない」自分の魅力を判っていたのでしょう。たしかに、デビュー当時の杏子さんを見ると、大人びた雰囲気でとても10代には見えません。2008_01_24_013syuku
お母さんの「江波」は、当時人気の石坂洋次郎さんの「若い人」のヒロイン「江波恵子」からとられており、「杏子」は室生犀星さんの「杏っ子」からとり「江波杏子」が誕生します。小説に由来する芸名の通り、杏子さんは大変な読書好きで知られ、澁澤龍彦さんなど好んでいたそうです。
しばらくは脇役や準ヒロインといった役が続いていた杏子さんがブレイクしたのは、ご存じ「女賭博師」シリーズです。
onnanotoba_enami11
当初、主演として予定されていた若尾文子さんが自宅のお風呂場で転倒、ケガをして降板、杏子さんに主役がまわってきたというのは有名なエピソードですが、実際は若尾さんが出演を渋ったと言われています。若尾さんは川本三郎さんとの対談で、「来た話でお断りになったものは?」と訊かれ「どうしてもやりやくない役はあります。それがなかなか通らない場合は一日入院するんです(笑)偽の診断書を書いてもらう。大映という会社はそうしない限り無理」と答えたことがあります。作品名はあげてませんが「女賭博師」のことじゃないかなと思います。第1作「女の賭場」(1966 田中重雄監督)は東映の「緋牡丹博徒」第1作(1968 山下耕作監督)より早いですからね、すでに大映の看板女優になっていた若尾さんにしたら「キワモノ」に思えたとしても無理はありません。
ともかく、それで杏子さんに主役の座がまわってきてピタリとはまり、以後17作も作られる人気シリーズとなったのです。若尾さんの降板がなかったら、杏子さんのキャリアはまた違ったものになったかもしれません。
20181103-OHT1I50056-T
後年、杏子さんは自身「博奕」は嫌いだとおっしゃっているし、必ずしも好きな役だったわけではないと思いますが当たり役となりました。当時、映画のキャンペーンでキャバレーで「女賭博師ショー」などあって、杏子さんも「昇り龍のお銀」の衣装をつけて出ていたそうです。ある日、大きなキャバレーでスポットライトを浴び、盛大な拍手を受け登場、一歩踏み出した直後、足を滑らせてスッテンコロリン。それでもすぐに起き上がり、顔色一つ変えずに堂々と芝居を続けたそうです。観ていた大映関係者も「何て度胸のすわった子なんだ」と舌をまいたといいます。
クールな美貌と演技力で楽しませてくれた江波杏子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・渚ようこさん

昨日の当ブログでは、今年9月19日に亡くなった秋山道男さんについて書きました。その9日後、9月28日に、もう一人、若松孝二監督作品に縁のある方が亡くなりました。歌手の渚ようこさんです。ダウンロードnagisa
渚さんは年齢非公表でしたが、おそらく40代か50代だと思われますので、まったく残念です。心不全による急死で、このところ当ブログで紹介している「止められるか、俺たちを」(2018 白石和彌監督)を公開しているテアトル新宿で9月29日に「公開記念オールナイト・イベント」でミニ・ライヴをやることが告知されてことになっていましたから驚きました。まさか、その前日に亡くなるとは……。
渚ようこさんは昭和歌謡のテイスト濃厚な歌い手として独自の位置にいらっしゃいました。渚さんが唄った「伊勢佐木町ブルース」が、ドキュメンタリー映画「ヨコハマメリー」(2005 中村高寛監督)に使われていて、青江三奈さんのオリジナルとはまた違う味がありました。昭和歌謡のカヴァーも多くて、「カスバの女」とか「同棲時代」、「夜へ…」とか、その選曲もイカシているのです。そう、思わず「イカす!」なんて昭和言葉を使ってしまいたくなってしまいます。衣装やメイクもサイケというか、ムード歌謡調というか昭和のアダルトな雰囲気を持った女性です。
そんな渚さんが「ここは静かな最前線」をカヴァーしていて、そのヴァージョンが「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」(2008 若松孝二監督)の劇中に使われました。昨日の当ブログにも書いたように秋山道男さん(当時は秋山ミチヲ名義)が作曲し(作詞は足立正生さん)、元々「天使の恍惚」(1972 若松孝二監督)の中で使われた曲です。実は「天使の恍惚」に使われた曲はもう一曲「ウミツバメ」があり(こちらは秋山ミチヲさん作詞・作曲)、こちらにも ♪ここは~静かな最前線~という歌詞が入っているのでややこしいですが、双子のような曲といえばいいでしょうか。渚さんがカヴァーしているのは正確にいえば「ウミツバメ」なんですが、タイトルは「ここは静かな最前線」としています。冒頭に「ここは静かな最前線」のメロディーを足して「ウミツバメ」を唄っているのですが、これがまたいいんです。「天使の恍惚」は爆弾テロをしようとする過激派を描いていて、ちょうど「連合赤軍」事件の頃に公開され話題になりました。その「連合赤軍」を描いた映画に渚さんの歌が挿入され、今度は鎮魂歌のように聞こえました。
昭和の匂いを感じさせた渚ようこさん。突然の死で僕たちの前からいなくなってしまいましたが、年齢非公表ということも含めて、もしかしたら「昭和」からタイムスリップしてきた方だったのかも……なんてことを考えてしまいます。昭和歌謡の素晴らしさを再確認させてくれた渚ようこさんのご冥福を心よりお祈りいたします。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 追悼・沢島忠監督 「船堀映画祭」で「ひばり捕物帖・かんざし小判」を
  • 追悼・沢島忠監督 「船堀映画祭」で「ひばり捕物帖・かんざし小判」を
  • 追悼・沢島忠監督 「船堀映画祭」で「ひばり捕物帖・かんざし小判」を
  • 第10回船堀映画祭で、目黒祐樹さんが活動弁士を!
  • 第10回船堀映画祭で、目黒祐樹さんが活動弁士を!
  • 第10回船堀映画祭で、目黒祐樹さんが活動弁士を!
動画配信
自分史記念日倶楽部

あなたの自分史はドラマに満ち溢れています。自分の記念日にそんな自分史ドラマを映像に残してみませんか?

>>詳しくはこちら

上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ