ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

大石内蔵助と「反社会的」首相・アベ晋ゾー

今日は1214日、赤穂浪士討入りの日であります。僕も古い日本人なので、「忠臣蔵」の物語には親しんできました。ああ、豪華オールスターの「忠臣蔵」映画が観たいなあ。僕としては、片岡千恵蔵さんが大石内蔵助を演じた『忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻』(1959 松田定次監督)や松本幸四郎さんが内蔵助に扮した『忠臣蔵 花の巻・雪の巻』(1954 大曾根辰夫監督)といった途中休憩の入るような長尺の映画がいいですね。普段は長尺映画に腰が引ける僕ですが、「忠臣蔵」はいろいろなエピソードをたっぷりと盛りこみ、「討入り」という大団円に向かっていくというのが好みです。テレビでは、だいぶ前になりますがテレビ東京がお正月に12時間ぶっ通しの時代劇で「忠臣蔵」をやったことがあり、これは良かったです。中村吉右衛門さんが大石内蔵助役で、さすが幸四郎さんのご子息、貫禄のある名演でした。

そう、内蔵助だけでなく、お馴染みの役を誰が演じるかというのもオールスター映画の楽しみでしたね。各映画会社が自社のスターを総動員するわけですから。前述の『忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻』では中村錦之助さんが浅野内匠頭を演じましたが、のちに萬屋錦之介さんとなってから『赤穂城断絶』(1978 深作欣二監督)で大石内蔵助役になったときは感慨深かったでしょうね。大石役というのはそういったスターのステイタスでもあるのです。大映の『忠臣蔵』(1958 渡辺邦男監督)では長谷川一夫さんが大石内蔵助、浅野内匠頭を若手だった市川雷蔵さんが演じました。勝新太郎さんは赤垣源蔵役でした。雷蔵さんが夭逝せず、大映も倒産しなければ、雷蔵さんの内蔵助も観れたかもしれなかった……と思うと残念です。

12月2日の当ブログに書いたように、すこしでも「忠臣蔵」気分をと思って『決算!忠臣蔵』(2019 中村義洋監督)を観ましたが、大石内蔵助が堤真一さん、浅野内匠頭が阿部サダヲさん、堀部安兵衛が何と!荒川良々さんといったキャストです。「忠臣蔵」の変格で一種のコメディで、「討入り」場面もなく(不破数右衛門役の横山裕さんの殺陣シーンが少しありました)、徹底的に「金銭面」に焦点を当てた一種のコメディですが……。今、まともに「忠臣蔵」を撮ろうとしても見合った役者が揃わないかもしれませんね。

ところで、この『決算!忠臣蔵』は、実際に大石内蔵助が残した「決算書」を基にして今の金額に換算して「討入り」までに藩のお金がどれぐらい使われたかを描いています。ちゃんと、記録を残していたからこそ歴史をひもとくことができるのです。それにくらべて、現代の詐欺師首相は、税金を使った公的行事に招いた人の名簿を公表せず、追及されそうになるとシュレッダーにかけ、データも復元できないと言い張っています。それで「適切」だと言って何の説明もしないのです。「モリカケ」の時もそうでしたが、公文書をさっさと廃棄したり、あげくは改ざんしたり、「歴史」を伝える国の知的財産をないがしろにしているのです。のちの人たちに残すべき「公文書」を軽視して、どの口が「美しい国」と言えるんですかね。とても「日本」や伝統を大事にしているとは言えません。これは民主主義国家を破壊する所業です! そうか、アベ晋ゾー自身とその一派が「反社会的」組織だったのか! だから自分のお仲間を「桜を見る会」に呼んだのですね。納得です。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

2011年「和田誠展 書物と映画」の思い出

一昨日の当ブログで紹介した、池袋・新文芸坐にて開催中の「和田誠さん追悼上映 映画の夢をありがとう」と題した特集上映は本日14日(土)までです。是非おいでください。お客さんを歓迎するように、モギリの前のガラスの壁面には和田誠さんが描いた125枚のイラストがあります。20001212日に復活した新文芸坐、21世紀のスタートに合わせるように、20世紀の名作映画を描いたものです。一番古い作品は、時計台にぶら下がるシーンで有名な『ロイドの要心無用』(1923 フレッド・ニューメイヤー、サム・テイラー監督)、新しいのは『レオン』(1994 リュック・ベンソン監督)だったと思います。是非、ご覧になって名作の思い出に浸るとともに、和田誠さんを偲んでください。

和田誠さんで思い出すのは、2011年の夏に世田谷文学館で開催された「和田誠展・書物と映画」を見に行ったことです。「世田谷文学館」はよく映画に関する展覧会を企画するので時々出掛けていましたが、この特集は絶対見逃せない!と思い、8月16日(火)に出掛けたのでした。展覧会のタイトル通り、和田さんが装丁を手掛けた本が多数、展示されていて、その仕事ぶりにクラクラしたのを覚えています。「お楽しみはこれからだ」はじめ、多くの本は僕も持っているので、お馴染みの表紙、イラストなんですが、その原画や版下、細かく装丁されていく過程を見て、また新たな感慨を得たのでした。和田さんは「装丁」について「その本の味わいを読者に伝えたい。本好きな人なら書かれている内容だけでなく、中身も外見もひっくるめて本全体に愛着を持つでしょう。そのことを大切にしたいと思うんです」と語っていますが、本当にそうだと思います。「映画」に対するのと同じように、「本」に対する愛情に満ちた方だったんだなあと思います。たしかに和田さんの装丁、イラストは優しさにあふれていて、僕も思わず「ジャケ買い」してしまった本が何冊もあります。この展覧会で見た中で特に印象に残ったのは「絵本」でした。谷川俊太郎さんと組んで作った絵本など、和田さんの絵柄と色彩がとても優しく、ああ自分が子どもの頃、こういう絵本を見たかったなあと思ったものでした。

そして、「映画」に関しては、『麻雀放浪記』(1984 和田誠監督)などご自身が監督された作品の絵コンテや、台本も展示されていて貴重でした。書き込みされた文字もすごくキレイで読みやすいものだったと記憶しています。ぜひまた和田誠さんの「仕事」を網羅するような作品展を開いてほしいと思います。(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・梅宮辰夫さん 倉本聰さんとの出会いと遺作

1212日に俳優の梅宮辰夫さんが亡くなりました。81歳です。このところは闘病されていることを公表されていましたが、それどもテレビでお姿を見ることは多くかったので、訃報は残念でなりません。

テレビ朝日で昼に放映中の『やすらぎの刻~道』に出演されていたようで、これが遺作となりました。僕はこのドラマは観ていないのですが、梅宮さんの出演シーンはまだこれから放映される予定があるそうですから観てみようかなと思っています。劇中では石坂浩二さんの父親で幽霊?役だそうで、梅宮さんは体調はすぐれなかったようですが、倉本さんに声をかけられ、出演を快諾、幽霊役に「そういう役が来ると思ったよ」と笑っていたそうです。

梅宮さんと倉本聰さんといえば、『前略おふくろ様』で、渋い板前の役で起用され印象に残っています。たしか、最初は小林旭さんをキャステイングしていたのが、旭さんが「なんで俺がショーケンの脇なんだ」と言って断り、梅宮さんになったという話があったと思います。しかし、寡黙な板長・秀次の役に梅宮さんは見事にハマっていました。どの回か忘れましたが、ヤクザみたいな連中が店に来たときに、彼らを陰に引っ張っていき話をつける場面があって、サブ(萩原健一さん)の「あいや~何か、とても見てはいけないものを見てしまったようで……」とモノローグが入りました。秀さんはかつてどうやらヤクザだったということが暗示されるのですが、そういう過去を思わせる「人生の年輪」を滲ませていました。これは「演技」というより、梅宮辰夫というひとりの人間が生きてきた歴史やイメージがあったからだと思います。東映時代に、『ひも』(1965 関川秀雄監督)や『ダニ』(1965 関川秀雄監督)といった「夜の青春シリーズ」、『夜遊びの帝王』(1970 斎藤武市監督)、『女たらしの帝王』(1970 斎藤武市監督)、『未亡人(ゴケ)殺しの帝王』(1971 内藤誠監督)など「帝王シリーズ」(素敵なタイトルが多いなあ)、そして『不良番長』シリーズ(19681972)といった作品群、私生活でも派手に遊んでいたという梅宮さんのスター・イメージが、大きく作用したのだと思います。散々、ワルをしたり、女を泣かせたけれど、今はそんな過去を背負って、板前をやっているというような。

そして、この倉本聰さんとの出会いで「板前」の秀次を演じ、役作りしたことで梅宮さんは料理にも本格的にめざめ、料理という特技を得てお店や「辰ちゃん漬け」などに繋がっていくのです。俳優としても幅が広がっただけでなく、ちょうど子どもだったアンナさんにも自らお弁当を作るなど、プレイボーイからマイホーム・パパへの転換期にもなったのです。

そんな倉本聰さんの脚本作品『やすらぎの刻~道』が梅宮さんの遺作となったのも、運命的なものかもしれません。一昨年に同じ時間帯に放映された『やすらぎの郷』に出ておられた八千草薫さんが『やすらぎの刻~道』は体調が悪く直前で降板しましたが、撮影が進んでからスタジオを訪れた八千草さんも数シーン出演されたそうです。なので『やすらぎの刻~道』は、八千草薫さん、梅宮辰夫さんの遺作となってしまったわけですが、このお二人は『前略おふくろ様Ⅱ』で共演されました。そして、主演の萩原健一さんも今年亡くなり、昭和の名ドラマを彩った顔ぶれがいなくなってしまいました。

多くの映画、ドラマで活躍された梅宮辰夫さんのご冥福を心よりお祈りいたします。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

今日から新文芸坐で「和田誠さん追悼上映 映画の夢をありがとう」開催!

昨日の当ブログ「追悼・和田誠さん」で書いたように、和田誠さんはご自身で映画を監督されています。デビュー作は『麻雀放浪記』(1984 和田誠監督)です。1980年代半ばにあえてモノクロ映像というのは、終戦直後という時代をあらわすためであると同時に、ご自身が観てきた映画歴の中で「モノクロこそが映画の原点」というこだわりからです。音楽の使い方といい、登場人物の周りをグルグルと動くカメラワークがあったりと、もうほとんどベテラン監督のような完成度でした。僕は麻雀はやらないのですが、当時の同僚で麻雀好きにきくと、麻雀やっている最中によく「明日は雨かな……」という高品格さんのセリフを真似する人がいたそうです。

異業種監督というのがずいぶん登場した時期でしたが、和田さんは群を抜いていました。それは、若い頃からの映画鑑賞の蓄積が大いに生きていたからでしょう。2作目の『快盗ルビイ』(1988 和田誠監督)はロマンチック・コメディで、ミュージカル・シーンもあり、古き良きハリウッド映画へのオマージュに満ちた幸福感に満ちた映画でした。『怖がる人々』(1994 和田誠監督)は恐怖をテーマにしたオムニバスですが、原作のチョイスが面白かったなあ。『しずかなあやしい午後に』(1997 和田誠、椎名誠、太田和彦監督)もオムニバスで和田誠さんは第1話の『ガクの絵本』を監督。そして、最後の監督作となった『真夜中まで』(2001 和田誠監督)は主人公の巻き込まれ型というヒッチコック調のサスペンスで、さらに劇中の時間と上映時間が一致するという『真昼の決闘』(1952 フレッド・ジンネマン監督)スタイルで、やっぱり和田さんの映画についての引き出しの多さが十二分に活かされていましたね。

以上のうち、『麻雀放浪記』と『快盗ルビイ』に短編アニメ『怪盗ジゴマ 音楽篇』(1988 和田誠監督)を合わせた3本が、今日1212日(木)から14日(土)まで池袋の新文芸坐にて上映されます! 「和田誠さん追悼上映 映画の夢をありがとう」と題した特集上映です。そして、初日の1212日は新文芸坐の「開館記念日」でもあります。(小津安二郎監督のお誕生日及びご命日と一緒です)20001212日にオープンしましたので19周年となります。

実は、和田誠さんは新文芸坐と縁が深く、入口(モギリ)の前のガラスの壁面に和田さんが描いた名作映画のイラストが飾られているのです。是非、ご来館して和田誠さんの素晴らしいイラストの数々をご覧ください!  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・和田誠さん あふれる映画愛

今年の10月7日にイラストレイターの和田誠さんが亡くなりました。83歳です。ここ数年、「週刊文春」の表紙も過去のものが使われていたり、毎日新聞の日曜日の読書欄のイラストも南伸坊さんに交代していたりで、お体の具合が悪いのだろうと思ってはいましたが、何となく和田さんは長生きされるようなイメージを勝手に思っていましたので、驚きましたし、残念でなりません。

和田誠さんといえば、「キネマ旬報」で連載していた「お楽しみはこれからだ」のページがまさにお楽しみでした。「キネ旬」は、ベストテン決算号とか、特集が気になる号は買っていましたが、だいたい図書館で読んだり、立ち読みをしていました。真っ先に開くのが「お楽しみはこれからだ」の4ページでした。その後は、一冊にまとまった「お楽しみはこれからだ」(文藝春秋・刊)も買い、繰り返し読んだのでした。

多くの映画好きと同じように、僕もよく和田さんのイラストの真似をして、俳優の似顔絵を描こうとしたものです。「線画」なので、何となく自分にも「描ける」ような気がしてしまうんですよね。しかし、もちろん、出来上がった画は、その俳優とは似ても似つかぬ顔になっていて、あらためて和田誠さんのイラストが、いかにその人物の特徴をとらえ、それをシンプルに描出する凄さを思い知るのでした。

そして、イラストが無理と悟ってからは、映画の名セリフぐらいは覚えておこう!と自分でも気になった映画の中のセリフをノートに書き留めたりするようになりました。和田さんは「日本映画」も取り上げてはいましたが、主に「外国映画」を取り上げていましたから、僕は自分が主に観ていた「日本映画」で名セリフを集めて、いつの日か、誰かイラストを描ける人に手伝ってもらって日本映画版の「お楽しみはこれからだ」を出したいなどという果てない野望を持ったりしました。しかし、忙しさにかまけてメモを忘れたり、何日か経つとセリフや前後の文脈を覚えてなかったりでなかなか出来るものではありませんでした。(今も、思い出したように、映画を観たあと印象に残ったセリフを手帳に書くことはありますが)

その後も和田さんの著作を次々に読んでいき、その「映画愛」に触れ、元々好きだった映画にますますのめりこむようになったのです。和田さんは映画関連の著作の中で、決して作品をけなしたりバカにしたりしないのがいいのです。映画を観始めてから、いろいろ評論家の本を読んできましたが、人によっては「映画愛」を感じられない人もいますが、和田さんは映画について本当に好きでたまらないという気持ちがあふれているように思います。

僕が最後に読んだ和田さんの本は、昨年秋に出た「忘れられそうで忘れられない映画」(ワイズ出版)です。「はじめに」という序文に「批評家はあまり誉めなかったし、大ヒットはしなかったし、賞はもらわなかったし、ベストテンにも入らなかったけれども、俺は好きなんだよなあと言えるような映画。他人が何といおうと愛すべき作品だとぼくが勝手に思っている映画。そういう映画について、思い出すかぎり書いてみよう」とあります。いいですよね! 好きな映画を思い出し、語ることぐらい楽しいことはないですからね。

その通り、この本に取り上げられている19本の映画には僕が観たことない映画も何本かあるのですが、和田さんの文章を読んでいるうちにまるで「観た」ような気持ちになるのです。スクリーンを見つめているような感じに思えるのです。それは、その映画に対する深い「愛」があるゆえの文章だからです。この本は、2011年以降に書き綴られた未発表エッセイ集で、載っているイラストは過去に描かれたものの引用なので、描きおろしはもう体調が許さなかったのかもしれません。でも、その内容は映画ファンへの最後の贈り物のように思えたのでした。

長い間、イラストや文章、またご自分でも映画を監督されて「映画愛」を分け与えてくれた和田誠さんのご冥福を心よりお祈りいたします。(ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ