ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

三上真一郎さんと「松竹ヌーヴェル・ヴァーグ」

昨日の当ブログで、今年7月に亡くなった三上真一郎さんの著書「巨匠とチンピラ 小津安二郎との日々」を紹介しました。
ダウンロードkyshou
俳優になって間もない若き三上さんを小津さんとの交流が綴られ、小津さんの素顔が垣間見えるようです。何と言っても、平易な筆致の中に小津さんに対する敬意と愛情に満ちています。清々しい文章で本当に名著だと思います。後半は小津さんが監督になる前に代用教員をやっていた三重県の飯高町の「オーヅ会」、小津監督ゆかりの「蓼科映画祭」、パリで行われた「小津作品上映会」など、小津さんが亡くなったあとも、その作品に出ていたということで呼ばれたり、訪ねたりした各地のことが書かれています。三上さんが小津監督に「映画界以外の人と出会うことが大事だ」とアドバイスされた(←昨日の当ブログを参照)ように、芸能界以外の人との交流が三上さんにいっそう人としての深みをもたらせたのでしょう。
三上さんは1958年、立教高校在学中に松竹に入社ですから、その2年後に巻き起こった「松竹ヌーヴェル・ヴァーグ」のときはまさにド真ん中の若手俳優だったわけです。実際に「乾いた湖」(1960 篠田正浩監督)主演して「新しい波」にちょこッと乗るのですが、
ダウンロードkawaita
三上さんはこの「松竹ヌーヴェル・ヴァーグ」に対してはあまり評価していません。というか、むしろ批判的です。この「巨匠とチンピラ」の中にも一章を使っていますが、もっと強い調子で書いてしているのが、雑誌「映画論叢」に連載されていた役「チンピラ者の万華鏡」の「松竹ヌーヴェル・ヴァーグ」について書いた回で、特に大島渚監督について批判をあらわにしています。「青春残酷物語」(1960 大島渚監督)
ダウンロードsetshunn


で一躍ヌーヴェル・ヴァーグの旗手になった大島監督が新聞のインタビューに「私の映画を見に来るのは啓蒙されに来る客であって日活のギャング映画を観に来る輩とは違う」と発言したことに三上さんは不遜なものを感じるのです。「啓蒙」とはまるで「自分の作品を観に来る奴は程度の低い奴」とみなしているかのような「上から目線」にカチンときているのです。当時の映画の現場にいた三上さんの実感として映画とは「それぞれの人生を背負った人がスクリーンを見つめ、物語に陶酔したり、腹を抱えて笑ったり、己の人生に重ねて涙したり……」するもので、「啓蒙」するなんて心構えで映画を撮るなんて俺は嫌いだねと大島監督をばっさり斬ります。僕は大島作品も観ますが、この三上さんの意見には賛成です。「啓蒙」で作るとなると、それが右だろうと左だろうと大変危険なものになるのが映画だしね。「新宿昭和館」や「浅草名画座」に通っていた僕としては、映画は大衆娯楽。笑ったり泣いたりハラハラしたりすればいいのであって勉強するために映画館に行くわけでないのです。
この「チンピラ役者の万華鏡」、撮影所や役者の色々な話を歯に衣着せず語っていて面白く、どこかで単行本化してくれないかなあ。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「晋・ゴジラ」というプロパガンダ

今週のはじめ、何曜日だったかなあ、テレビ朝日を観ていたら、CMの時間に石破茂が映りました。そして「……政府と国民って何だろう。自衛隊の役割って何だろう。これはただ楽しいだけの映画ではありません。是非ご覧になってください」みたいなことを喋っていました。この時点では作品名をあげておらず視聴者の興味をそそる狙いだったようですが、僕にはもちろん「シン・ゴジラ」(2016 庵野秀明監督)だなとピンときました。
16日に放映することを宣伝する「番宣スポット」だったわけですが、それに政治家(元・防衛相)を登場させて「単なる娯楽映画じゃないんだ」とアピールするってどうなんでしょう。劇場公開時から、僕は当ブログで「シン・ゴジラ」が国策映画であることを書いてきましたが(当ブログ2016年9月29日「危険な匂いのする映画」、10月3日「2016年の国策映画」、10月9日「晋・ゴジラとスタンディング」など)、いよいよ自民党政権が何の臆面もなく、「国策映画」であることを明らかにしてきたようです。「シン・ゴジラ」は昨年初めて地上波放送されたばかり。視聴率が良かったのかもしれませんが、このタイミング。来年の参院選を睨んでなのか、「改憲」に向けて人気映画で国民を先導しようという魂胆に見えます。こうして、いつのまにか国民の意識をひとつの方向に向かせる。まさに「国策映画」ですねえ。公開時にアベ首相が「自衛隊の皆さんがカッコよく描かれていて国民の支持を得た」と発言した作品の庵野監督はアベと同郷、山口県出身。ここにも加計理事長みたいにアベお友だちの匂いがプンプンします。やはり「シン・ゴジラ」は「晋・ゴジラ」というのが正解のようです。「東日本大震災」を隠れ蓑に利用し、「日本はこんなものじゃない!」とナショナリズムを高揚させ、「兵器の見本市」を展開、どうしても「軍事大国肯定」にしか見えない映画、完全に自民党の「プロパガンダ」のコンテンツとなったようです。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

イーグルスの「ラスト・リゾート」が告発するのは

12月10日の当ブログで、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」について取り上げました。そこでも書いたように、「1969年からというものスピリットは一切置いておりません」という歌詞にひっかけ、成熟しきった「ロック・ミュージック」の閉塞性を露わにしています。そこには、リンダ・ロンシュタットさんのバックバンドとして集められたメンバーが主体となりスタートした自分たちがヒット曲を連発し、巨額の金を手に入れスーパースターとなったことを自虐しているところもうかがえます。3e6249ea928ff58e941869e1eebb89c0
連日華やかなパーティーが開かれているホテルに迷い込んでその狂宴から逃れられないという描写が綴られます。「いつでもチェック・アウトは出来るが、ここを立ち去ることはできない」という歌詞で締められるのが印象に残ります。
実に巧妙に暗喩のポテンシャルを含んだ歌詞は、
60年代後半にヒッピーが集まり「ラヴ&ピース」の象徴となったロックの聖地「カリフォルニア」への哀惜とともに、「ハリウッド」という巨大産業に対しても皮肉っているようです。そしてそれは「アメリカ」そのものの頽廃と幻想の終わりをあらわしているのです。西へ進んでいったフロンティアの最終地であった「カリフォルニア」は、アメリカの夢や豊かさの行きどまりを象徴する土地でもあるのです。1976年にリリースされたこのアルバム「ホテル・カリフォルニア」について「カリフォルニアは全米の縮図です。建国200年記念のステートメントです」と、ドン・ヘンリーさんが述べていることからも明らかです。don_henley

冒頭(A面1曲目)タイトル曲「ホテル・カリフォルニア」で始まり、最後(B面5曲目)に「ラスト・リゾート」という曲を配していることも象徴的です。この「ラスト・リゾート」の歌詞には「どこかの金持ちが来て土地を侵していった」と、「カリフォルニア」がかつて先住民の虐殺によって生まれたという成り立ちを歌っているのです。o0500033513782191687
そういった歴史にも触れながら、「アメリカ」という大国の欺瞞を告発したアルバムなのです。

このアルバムの登場から42年、アメリカ大統領は国境に壁を作り、移民は一歩も入れないと吠えまくっています。
main_70d683fe-303e-4dda-93d6-e0e2241edeeb
しかし、トランプよ、あなたも含めてその多くがそもそも「移民」だったことを忘れるなと言いたいです。
images (1)
「リゾート=楽園」といって土地を奪っていった者たちが「アメリカ・ファースト」と言って排除と分断をすすめるのか。 
images (2)
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・三上真一郎さん 小津監督との交流

今日12月12日は小津安二郎監督の誕生日であり、命日でもあります。ダウンロードozu
きっちり60歳、還暦でこの世を去った巨匠と縁の深い俳優が、今年亡くなりました。7月14日に77歳で亡くなった三上真一郎さんです。
images (4)

縁が深いといっても、三上さんが小津監督の作品に出演したのは2本だけ。「秋日和」(1960 小津安二郎監督)と「秋刀魚の味」(1962 小津安二郎監督)です。三上さんは1958年入社でまだ代表作もないような若手俳優でしたが、小津監督には可愛がられ、「真公、おれは一年に一本しか撮れない貧乏な監督だが、おれで我慢しろや。おれが撮るときには必ず真公を使うことにするから」と言ったそうですから、小津さんがもっと長生きされていたら、三上さんは小津作品の常連となっていたことでしょう。
そんな小津監督との交流を綴った本を三上さんは書いています。「巨匠とチンピラ 小津安二郎との日々」(三上真一郎・著 文藝春秋)で、これは名著であります。
ダウンロードkyshou
「チンピラ」とは全く演技の素養のないまま松竹に入って、山本豊三さん、小坂一也さんと「三代目・三羽烏」として売り出されたものの、だいたいフラれ役になることが多かった三上さん、スターが揃っていた撮影所では、「チンピラ役者」みたいなものと三上さんが自称なされているのです。(この「巨匠とチンピラ」には山本さん、小坂さんとの共演作のロケでの若手女優との恋模様も書かれています)
「チンピラ役者」と自称される三上さん、「秋日和」撮影が終わり、小津監督にも「どう見ても、役者の才能はないなあ」と言われますが、役者の才能があるとは思っていなかったので腹も立たなかったといいます。小津さんの言い方にも優しさがあったのでしょう。さらに酒の席で「映画界以外の人と出会うことが大事だ。役者はなあ、50歳を過ぎてからだ。真公も50過ぎてから、ものになるかもしれん。分かったか?」と言われたのです。
DJzlti_V4AAfUep
以後、「いつでも遊びに来い」と言われ、たびたび小津さんの家や蓼科の別荘を訪ねるようになります。お二人が早朝の蓼科高原を散策する写真が載っていますが、これがいいんです。巨匠からちょっと下がった位置を歩く三上さんが謙虚で礼儀正しい感じです。この写真なんか見ると、小津さんは三上さんを、俳優とか演技がどうのというより人間としての清廉さが気に入って可愛がっていたのかもしれません。その三上さんの純朴さが、小津監督の遺作「秋刀魚の味」の三上さんによく出ています。
images (3)
ラスト近く、岩下志麻さん演じる娘を嫁がせた笠智衆さんに、三上さん演じる息子(岩下さんの弟役)が言う「身体大事にしてくれよなア……死んじゃ困るぜ……おれがメシ炊いてやるから」本当に良い場面でした。
多くの作品に出られ、またその経験を見事に伝えてくれた名文家でもある三上真一郎さんのご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「すべてが狂ってる」と「積木くずし」

昨日の当ブログ「追悼・穂積隆信さん」で書いたように、映画出演のキャリアも長い穂積さんです。その初期に出られた作品で印象に残っているのが「すべてが狂ってる」(1960 鈴木清順監督)です。e09d191f870eecb52f3010a8402da849
清順監督作ということで特集上映などで何回か観ていることもありますが、いわゆる「清順美学」開花以前の作品の中でかなり記憶に残る作品です。当時流行った「松竹ヌーヴェル・ヴァーグ」の影響で製作されたようで、無軌道な若者を描き、当時の風俗もしっかり映し出されています。穂積さんはそういった若者たちの生態を取材する新聞記者の役で、バー(マダムは宮城千賀子さん)で「今の大人たちはズレてるんだよ」とか話しています。主人公の川地民夫さんは母親(奈良岡朋子さん)が大会社の重役(芦田伸介さん)と付き合っていることへの反発もあってグレています。奈良岡さんに悪態をついたり、芦田さんを殴り倒したあげく、車を盗んで暴走し、ガールフレンドとともに亡くなってしまいます。そんなことがあって、ラスト、「いい子だったのに……」という宮城さんに、穂積さんは「現代では人間同士に善悪の通じる場面がないのさ。すべてが狂ってる……」と記者らしく批評、タイトルとなる科白を言いますが、これが何だか穂積さん自身も知らない未来、教育問題の評論家みたいになる運命を予感させるような符合を感じさせるのです。
1982年、穂積さんは娘の由香里さんがグレてしまい苦闘した経験を「積木くずし~親と子の200日戦争」という本を出すと、またたく間にベストセラーとなります。41numtPyzQL._SX328_BO1,204,203,200_
すると、教育関連の講演会などに引っ張りだことなり、本業以上に全国を飛び回るようになり、その忙しさで家庭にいる時間も少なくなり、更生していた由香里さんはまた薬物所持で逮捕されてしまいます。自分のことをネタに本が書かれたことはイヤだったのかもしれません。また、長年連れ添った妻は他の男と駆け落ち、そのとき財産を持ち逃げされて、すごい印税収入がありながら膨大な借金を背負うことになってしまいます。
穂積さんにしたら、同じように子供の非行で苦しんでいる人たちに参考になるようにと書いた本だったのでしょうが、予想以上の話題となり、莫大な金が入ったことで、逆に家族は崩壊してしまったのです。
離婚後、元の奥さんは自殺、由香里さんも何度か薬物で逮捕されたあと女優になるもうまくいかず、35歳という若さで病死と、まさに波瀾万丈です。ベストセラーとなった「積木くずし」はテレビドラマ化され、「欽どこ」の「わらべ」で人気だった高部知子さんが迫真の演技を見せ高視聴率をあげましたが、
ダウンロードtumi
「ニャンニャン」写真で干され、映画版「積木くずし」(1983 斎藤光正監督)では降ろされます。(代わりに主演したのは渡辺典子さん)その後、高部さん自身も結婚、離婚を繰り返し、局部ピアスのヌード写真集発表など波乱の人生を送るなど、色々な人の運命を狂わせた「積木くずし」だったのです。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・輪島大士さん さらば黄金の左
動画配信
自分史記念日倶楽部

あなたの自分史はドラマに満ち溢れています。自分の記念日にそんな自分史ドラマを映像に残してみませんか?

>>詳しくはこちら

上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ