ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

『羅生門』と『アメリカン・アニマルズ』

京マチ子さんは大映入社2年目に『羅生門』(1950 黒澤明監督)に抜擢、「ヴェネチア国際映画祭」でグランプリを受賞すすのは1951年9月なので、日本公開とは時差がありますが一躍「グランプリ女優」となります。(「ヴェネチア国際映画祭」出品のエピソードについては当ブログ5月27日「『羅生門』と永田雅一(ラッパ)さん」参照)
『羅生門』は、盗賊が武士の妻を手籠めにした事件を当事者3人と目撃した杣売りの男、以上4人の証言が食い違うという話ですが、最近、ちょっと『羅生門』的な面白い映画を観ました。『アメリカン・アニマルズ』(2018 バート・レイトン監督)です。2004年、大学生4人が図書館にある希少本を盗み出すという実際にあった事件をモチーフにしています。無目的に生きる若者が「スペシャルな存在になりたい」なんて動機で犯行を計画しますが、行き当たりばったり、思いつきで実行するので狙った本は奪えず、すぐに足がついて逮捕されるというズッコケぶりです。主犯?のウォーレンという男がきわめて短絡的で、仲間になるスペンサーも「何かをしないと変われない」という気持ちに拘ってズルズルと引きずられます。
とにかく、プランが杜撰で、そのくせ『現金に体を張れ』(1956 スタンリー・キューブリック監督)のビデオをみんなで鑑賞したり、『レザボア・ドッグス』(1992 クエンティン・タランティーノ監督)みたいに、お互いを「Mr.ピンク」とか「Mr.イエロー」と呼び合おうとか、すっかりプロ気取りなのです。(このシーンで、ひとりが「でも、『レザボア・ドッグス』駄作だったからなあ」と言うのは笑えました) 本人たちはプロ気取りで成功するつもりですが、完全に「ごっこ」しか見えません。
そんな顛末を描いているのですが、この映画が独特なのは、実際に犯行を行った4人本人が現在の姿で所々にコメントを発するのです! この4人はそれぞれ懲役7年を終えているのですが、何だか役者みたいにキャラが立っているという感じ。最初の方では皆、回想してよく喋っていましたが、犯行シーンになると口数が減り無言になるのもリアルな反応です。
犯行より前にウォーレンが故買屋とわたりをつけ、わざわざアムステルダムまで行くのですが、これについて他の仲間(ご本人)は「あれはウソだ」「ウォーレンは行ってない」などと回想します。ウォーレン(ご本人)自身は「俺を信じてくれとしか言えない」と言うだけで真実はわかりません。この辺、『羅生門』を思い出させます。人間というのは、自分の都合のいいように記憶し、その記憶を信じていたいと思うものだなあとあらためて感じます。4人いれば、4人分の真実があるわけです。最近は、個人的な事情もあり認知症のことを考えていますが、認知症になられた方も頭の中では、覚えておきたい記憶や信じている記憶から「その人の真実」を創造しているんだろうなと思いました。
バート・レイトン監督は元々、ドキュメンタリー映画の作家だったといいますが、斬新な手法でとても面白い映画になっていました!  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

京マチ子さんと久我美子さんが姉妹役『あにいもうと』

当ブログ6月7日、8日で書いたように、『牝犬』(1951 木村恵吾監督)で父親(志村喬さん)が踊り子の京マチ子さんに狂って、家庭は崩壊。娘の久我美子さんはバレエを学ぶため留学しようと考えていたお嬢さんでしたが、場末のストリッパーにまで転落してしまいます。豊満な肉体で勝ち誇ったような京さんの悪女ぶりと、小柄でやせ型の久我さんが何とも痛々しく映りました。
その京マチ子さんと久我美子さんが姉妹役を演じたのが、『あにいもうと』(1953 成瀬巳喜男監督)です。タイトル通り、兄(森雅之さん)と妹(京マチ子さん)を主軸とした物語ですが、その下の末の妹が久我美子さんです。多摩川べりで堤防工事をしている森雅之さんですが、今やコンクリートで固められ、仕事が減り家でイライラしています。そんなところに、東京に出ていた妹の京さんが妊娠して帰ってきます。森さんは身持ちの悪い妹を罵倒して、京さんはまた出て行ってしまいます。その後、京さんを孕ませた学生がやって来て、森さんに殴られます。この学生を演じるのが船越英二さんで、昨日の当ブログ「淡島千景さんと京マチ子さんが姉妹役『踊子』」でも書きましたが、本当に気の弱い優柔不断な男をやらせたら絶品です。殴られて帰る船越さんがバスの中でまんじゅうなんか頬張っているのも何だか可笑しく、こういう細かい描写がうまいなあと感心します。
一年後、すっかりスレた京さんが帰ってきます。例によって、森さんが妹に悪態をつき、取っ組み合いの喧嘩になります。卓袱台返しもあって、畳の上にむなしく転がる「おはぎ」がやけに印象に残ります。それにしても、森雅之さんという人は、実際は京都大学出身のインテリですが、こういう粗野な役をやらせても上手いですねえ。舌をまきます。会えば、激しくぶつかり合う兄妹ですが、心の奥では深い愛情でつながれているというのを見事に感じさせてくれます。
久我さん演じる妹は上ふたりと違って、常識的なしっかり者です。近所の堀雄二さんと思い合って結婚も考えますが、京さんの妊娠騒動などで堀さんの家族が猛反対。堀さんは駆け落ちを持ち掛けますが久我さん、「男らしく、親にきっぱり言いなさいよ!」と一人で帰ります。ダメな兄妹が反面教師なのか、看護婦の学校に通い、自分の力で生きる逞しさがあります。「戦後民主主義」を象徴しているキャラクター―といっていいかもしれません。
『あにいもうと』には、前述のおまんじゅう、おはぎの他に、ラムネをかけたかき氷、昔ながらのアイスキャンディーなど「日本の夏」が随所に出てくるのも楽しめますよ。当ブログ2016年8月18日「フラッペなんてぶっ飛ばせ」をご参照ください。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

日本ハム最後の20勝投手、工藤幹夫投手を覚えていますか

昨日、日本ハム・ファイターズのルーキー、吉田輝星投手が一軍初登板・初先発で見事に勝ち投手となりました。これには驚きました。二軍(イースタン・リーグ)では0勝3敗、防御率もあまり良くありません。二軍では5回まで投げたこともありませんでしたから、いわゆる最近流行りの「ブルペン・デー」という感じで勝ち投手の権利がつくところまで投げるとは思っていなかったのではないでしょうか。しかも、相手は、交流戦に入って調子が悪いとはいえ、3連覇中、セ・リーグ首位を走る広島カープです。首脳陣も一軍の雰囲気を経験させるぐらい「腕試し」ぐらいの気持ちで送り出したら、初勝利で驚いたかもしれません。吉田輝星くんはやっぱり「持って」いるのでしょうか。昨年のドラフト会議では、即戦力投手を指名した西武ライオンズ以外の11球団の1位指名が根尾くん、藤原くん、小園くんに集中、吉田くんは「はずれ1位」だったわけですが、2軍にいる彼らより先に「結果」が出たわけです。(投手と野手の違いはありますが)
この吉田輝星くんが高校時代に通っていたのが「クドウ・スポーツ」という野球用品店です。「金足農」ブームに沸いた夏の甲子園で使っていたグローブも「クドウ・スポーツ」で購入したものです。この「クドウ・スポーツ」を開いた人が、何と工藤幹夫さん。奇しくも吉田輝星くんの入った「日本ハム・ファイターズ」の先輩になります。
工藤幹夫投手は秋田の本荘高出身、1978年のドラフト2位で入団します。3年目の1981年に2勝をあげ、ジャイアンツとの日本シリーズ(後楽園シリーズと呼ばれましたね)では、1勝あげました。そして、翌1982年に大ブレイク。何と20勝4敗という大活躍。球の勢いがあり、サイドスローですが、パワーピッチャーでした。最多勝、最高勝率、ベストナインなど獲得しました。日本ハムでは、この工藤幹夫投手以来、20勝投手は出ておりません。
工藤幹夫投手というと、何と言っても、大沢監督が「三味線を弾いた」この年のプレーオフですよね!
当時、パ・リーグは「2シーズン制」をとっており、日本ハムは後期優勝します。ところが、工藤投手は9月に入って右手小指を骨折してしまいます。前期優勝の西武ライオンズとのプレーオフは絶望的と言われました。実際、決戦が迫っても、手にギプス、包帯を巻いていて投球練習していないと報道されました。大沢監督も「工藤は無理」と言っていました。ところが!何と第1戦に先発してきたので、ライオンズも観客もビックリ仰天。スポーツ記者に気づかれないよう極秘に練習をして投げられるようになっていたのです。工藤投手は6回を好投しましたが、リリーフの江夏豊投手が打たれ敗戦。すると、第3戦にまた工藤投手が先発、中1日で見事完投勝利をおさめました。これがこのプレーオフで日本ハム唯一の勝利で日本シリーズには出れませんでした。
このとき、無理したのがたたって(まだ骨がくっついていなかったのです)、工藤投手はフォームを崩し肩を痛めてしまいます。翌1983年に8勝したのを最後に勝ち星をあげることが出来なくなり、プロ通算30勝で引退となってしまいます。たしか、最後は野手に転向したと思いますが、成功しませんでした。引退のとき28歳。たった1年だけ輝いてプロ生活に別れを告げたのです。あのプレーオフで酷使されなければ……と考えると残念ですが、こうして強烈な印象を残しているのですからプロとして幸せなことかもしれません。工藤さんは秋田に帰り、「クドウ・スポーツ」を開店、地元のクラブチームの指導などされていたそうです。惜しくも、2016年5月13日に55歳という若さで亡くなってしまいます。(吉田輝星くんとは面識なかったのです) プロ生活も人生も短く終わってしまった工藤幹夫さんの分まで、秋田と日本ハムの後輩として吉田輝星投手には頑張ってもらいたいですね。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「克美しげる事件」直後に映画化『戦後猟奇犯罪史』

「スーパー銭湯のアイドル」、ムード歌謡グループの「純烈」が昨日6月12日、渋谷NHKホールでコンサートを開きました。このホールでは初の単独公演だそうで、前川清さんもゲストで登場、激励されたそうです。「純烈」はまだブレイクする前、「前川清座長公演」に参加したりでお世話になったそうです。昨年初めて「紅白歌合戦」出場を果たしたのですが、今年の1月にメンバーの一人のスキャンダルが発覚、脱退し、4人組として再出発となったので、前川さんの激励は嬉しかったでしょう。
その脱退したメンバーは、過去に同棲していた女性の貯金3000万円を使いこんだり、DVもあったそうです。DVのせいで流産してしまったといいます。さらに、他の女性とも浮気していたという話も出ていました。男女のことは当事者にしか分かりませんが、売れない時代を支えてくれていた人にひどい仕打ちです。
このように、芸能人が下積みや売れない時代に苦労を共にした女性を、売れたら邪慳に扱うというのは昔からよく聞く話ですが、いちばん酷いのは克美しげるさんの事件でしょう。殺してしまっているわけですから。克美しげるさんは、ジョン・レイトンさんの「霧の中のジョニー」の日本語カヴァー(訳詞は漣健児さん)でヒットを飛ばしましたから、「カヴァーポップス」の時代が生んだ歌手です。でも、僕たちの世代からいえば、何といっても「エイトマン」の主題歌です! ♪光る海、光る大空、光る大地~ゆこう 無限の地平線~走れエイトマン~弾よりも早く~ と唄える人は多いと思います。(作詞・前田武彦さん、作曲・萩原哲晶さん)
その克美さんの人気も落ち目になった1970年代、奥さんがいることを隠して交際したホステスさんにお金を貢がせ、しまいにはこの女性をソープランドで働かせて金をむしり取っていたといいます。たしか、当時のお金で何千万円も貢がせていたと思います。そして、新曲を出しカムバックが見えてくると、この愛人が邪魔になり殺害、車のトランクに死体を詰めたまま羽田空港の駐車場に置き、自分は北海道にキャンペーンに行っていたのです。さんざん貢がせて、成功の邪魔になるからと殺害、あまりの行状です。殺された女性、どんな思いだったでしょう。
まるで、小説やドラマのような話ですが、この事件、映画にもなっています。『戦後猟奇犯罪史』(1976 牧口雄二監督)です。当時「ウィークエンダー」で大人気の泉ピン子さんをレポーターに犯罪を再現するオムニバス映画です。第1話がのちに『復讐するは我にあり』(1979 今村昌平監督)でも描かれる「西口彰事件」で室田日出男さんが演じました。第3話は「大久保清事件」で川谷拓三さんがベレー帽をかぶって熱演しました。その2本に挟まれた第2話が「克美しげる事件」でした。劇中での「風見のぼる」を演じたのは五十嵐義弘さん。
実は、この映画を撮影中にこの克美さんの事件が起こり、岡田茂社長が「よし、これもぶちこんだれ!」と急遽、シナリオが作られ速攻で撮られたのです。さすがは不良性感度を標榜する東映の大プロデューサーです。お客さんが観たいものにはすぐ動きます。克美さんはかつて人気があった頃に『不良番長』シリーズ(1968~1972)に何本か、梅宮辰夫さんの仲間役で出ていました。栄光を感じたであろう、その同じ東映で今度は「殺人犯」としての惨めな姿が容赦なく映画化されたのでした。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

淡島千景さんと京マチ子さんが姉妹役『踊子』(清水宏監督)

当ブログ6月7日、8日で紹介した『牝犬』(1951 木村恵吾監督)、昨日取り上げた『浅草の夜』(1954 木村恵吾監督)と、とにかく踊り子役が多かった京マチ子さん、ずばり『踊子』(1957 清水宏監督)という作品もあります。よく浅草のストリップ劇場などに入り浸っていた永井荷風さんの原作を名匠、清水宏監督が演出した作品です。
『浅草の夜』では、京さんと若尾文子さんが姉妹を演じましたが、この『踊子』では、京さんが妹役。姉を淡島千景さんが演じます。淡島さんは浅草六区の劇場の踊り子で、船越英二さん演じる夫は同じ劇場の楽士です。その夫婦の狭いアパートに突然、田舎でバスの車掌をしていた妹が転がりこみます。「人のやってることは何でもやってみたい」などというこの妹は、天然なのか、生まれながらの小悪魔か、すぐに船越さんと関係を結んでしまいます。船越英二さんは、狭い部屋で色気ムンムンの京さんをチラチラ見たり、優しいけれど意志が弱く頼りない男を見事に体現します。こういう役をやらせたら絶品です!
京さんは、姉と同じように踊子になろうと振付師(田中春男さん)について練習を始めますが、すぐ田中春男さんともできデキてしまいます。とにかく奔放で、堅実な姉・淡島さんと正反対なのです。淡島さんは、船越さんと妹が肉体関係を持ったことを知り嘆きますが、夫を許します。一方、京さんは妊娠し、田中春男さんは「赤ん坊の父親は自分だ」と言いますが、誰の子かは分かったもんじゃありません。産まれた女の子を淡島さんは引き取り、自分の子のように面倒を見ます。もう、聖女のような人です。
京さんは踊子も続かず、アパートを飛び出し、芸者になります。戻ってくるよう説得に行った船越さん、またも京さんの豊満な肉体の誘惑に屈し、ミイラ取りがミイラになります。さらに「日本髪のカツラが重い」と、京さん、今度はお妾さんになります。演じる京さんのキャラクターもあるでしょうが、こう自分の思うままに生きられるとかえって憎めず、羨ましくもあります。ラスト、浅草暮らしの見切りをつけ田舎で保育園をやっている船越&淡島夫妻の所へ「お妾もやめた」とやって来ますが、遠くから自分の娘を見て涙を流すところは、昨今の日本で起こる自分の子どもを殺す母親とは違います。
実際には、淡島さんと京さんは同い年(1924年生まれ。淡島さんの方が一ヶ月早い)ですが、淡島さんは既に『夫婦善哉』(1955 豊田四郎監督)に出ていますから、しっかり者のイメージが確立していますし、京さんは「ヴァンプ」役が多かったので、この「姉妹」役は逆だったらしっくりこなかったでしょう。
妹はすぐ踊子をやめちゃうので、ちょっとだけですが、「宝塚」出身の淡島さんと「大阪松竹歌劇団」出身の京さんがツーショットで踊るシーンは見どころです。また、ロケの野外撮影が得意な清水宏監督らしく、「花やしき」「仲見世通り」「松屋デパート屋上」など、当時の浅草の風景がゆったりとしたカメラ移動で捉えられているのも貴重です。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ