ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

爆発!爆発!!科学戦隊ダイナマン(ケンケン)

ども。昭和マニア芸人のケンケンです。

007シリーズの最新映画「007/スペクター」での
爆発シーンがギネスに認定されたとのことでしたが、
しかし、ふと考えてみたところ、昭和の頃には、
毎日のようにTV番組の中で爆発が起こっていましたね。
たとえば、こんな番組でも……

ダイナマン

ケンケンが幼少の頃に観ていた
特撮ヒーロー番組
「科学戦隊ダイナマン」です。
(イラストはケンケンが描いてみました)
昔は、今みたいなCGなんてありませんから、
本当に爆薬を使って爆発を起こすんです。
子供が走っていようが、
かわいい女の子が走っていようが、
その背後では、容赦なく、
爆発!
爆発!!
爆発!!!

「えぇ…!? 今の爆発って、意味わかんない…」
という視聴者の疑問を差し挟む暇もなく、
1話25分の番組の中で、
何度となく爆発が起こるんです。
それを毎週のように観ることが出来た訳ですから、
何と贅沢な時代だったのでしょう……。
あの頃、
爆発と女性のヌード
当たり前のようにTVに映し出されていました。 
それが消えた頃から
TVに何となく元気がなくなったように感じるのは、
ケンケンだけでしょうか? 

にほんブログ村 テレビブログ スーパー戦隊へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

きな臭い昭和の一面

砲弾型柵2
橋の焼け跡
 近頃近所(深川木場界隈)を歩いていて、戦争の臭いをかいじゃいました。
当ブログは明るい昭和を照らし出すことがひとつの柱ですが、戦争もあったのでちょいとその痕跡についてもキープ イン タッチします。
 上図写真の上側は戦前に建立された国旗掲揚台(町内ごとぐらいにあった)です。その囲いが砲弾型です
昭和13年建立と刻んでありました。砲弾とはグッと戦時色を感じました。時はあたかも日支事変さなかで国家プロパガンダのもと大東亜共栄の意気にいきんでいたのでしょうか。ある意味その時は意気に燃え、明るい戦前昭和だったのでしょう。
さぞや一億みーんな活躍するんだからねてな具合で。
 そいで、下の写真は橋柱です。何やら黒ずんでいます。私めの子供の頃もそうでした。
東京大空襲時についた煤けです。焼夷弾の威力火力か幾星霜経った今でも黒ずみは失せません。
流石にその旗先遥か上空にB29があっては一時の高揚感はへこんできていたでしょう。
 ちなみに大空襲時には祖父と叔母が木場にいました。木場ゆえに木なのでいち早く焼夷弾は降ってきたそうです。
只、祖父は関東大震災の経験があり、火の周り具合を察知し叔母とともにほうほうの体ながら逃げ延びました。大学生だった父親は目黒の碑文谷に疎開しており、ああ、うちのほうで綺麗な花火でもやっているみたいだなあと眺めていたそうです。ああ呑気すぎるなあ。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

プロレスマガジン中身

プロレスマガジン記事1プロレスマガジン昭和47年1月号の記事です。
国際プロレスのストロング小林(金剛)
の若かりしころの戦いぶりをレポート
してます。新聞記事等をコピーして貼り付けています。実家が商売をやっていてコピー機がありました。、まだ比較的高価な専用紙を使っていました。夜中に店に忍び込んで勝手に使っていました。着色しました。
 中学1年の発行人兼編集人兼印刷人
でした。プロレスマガジン記事2
プロレスマガジン記事3特集ページも勝手に構成あーせいしました。ザ・シークという神秘的で謎めいたレスラーもいました。個性的な演出力満点なレスラーの数々でした。プロレスマガジン記事4力道山(発行時は没後9年)もかろうじて記憶にありました。デストロイヤーと4の字固めあるいは逆4の字の応酬でくんずほずれず、足がからみ外れなく
なった映像を覚えています。リングシューズの靴ひもを切ってはずしていました。
 末弟だったので、よく兄たちに4の字固めの実験台にされました。うまくいかないと股間の電気あんまへと打って変わり悶絶。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

昭和30年代 京都鴨川の川床テラスでの一枚 (北風小僧)

京都育ちの北風小僧です。

近年川床料理もポピュラーになりましたが、夏の京都の夜の風物詩といえば鴨川の納涼川床料理ではないでしょうか?

飛雲20151002
 

この一枚は、セーターを着てますので、川床料理ではありませんが、まさに、京都木屋町お池上ルにあった、「飛雲」というお座敷中華レストランの鴨川に面したテラスで撮ってもらった一枚です。バックは鴨川と比叡山です。僕たちのおばあちゃんが、お墓参りの帰りなどによく連れていってくれました。広東料理のフルコースで最後に鯉の丸揚げの甘酢あんかけソースが出てきてとっても美味しかったことが忘れられません。京都時代のお出かけの最高の楽しみだったのですね。京都にはお座敷中華レストランが沢山あったように思います。この店は今は在りませんが、祇園の「竹香」などはまだあるようです。

竹香
「飛雲」には風情がありました。木屋町通りの鴨川寄りのお店特有の長い石畳の入口をしばらく歩いて玄関に到着するわけです。現在は料理旅館の「幾松」などにその名残が残されています。 
生松
 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

プロレスマガジン

プロレスマガジン 1
プロレスマガジン2
プロレスマガジン3
ちょいと稚拙ですが、私めハピイ氏橋が中学1年~2年の頃(昭和46年~47年)に発刊?したプロレスマガジンです。日本プロレス(馬場・猪木)が分裂する直前でした。ハンドメイド イン ジャパンです。妙に集中していました。学校のお勉強はそっちのけなのはあたりきしゃかりきになったのはこちら。読者は級友です。回っているうちに勝手きままな広告を中に差し込んでくれる同級生もいました。
 ともあれ、次回アップで中身をホッピーいやアップします。
 
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 浅草にて平成最後の初詣風景
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ