ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

デコスケは永遠に

内藤洋子さんは15歳のとき、「赤ひげ」(1965 黒澤明監督)でデビューimages (2)
以来、東宝の青春アイドル女優として活躍します。「お嫁においで」(1966 本多猪四郎監督)はタイトルからわかるように加山雄三のヒット曲を基に作られた作品で、脚本は松山善三です。ダウンロード (1)
父親が経営する造船会社で働く加山が、偶然出会ったウエイトレスの沢井桂子に恋をする。なかなか上手いきっかけがつかめない加山を応援するのが内藤洋子扮する妹です。沢井に惚れている黒沢年男の運転するタクシーに乗車、長距離で引っ張りまわし、そのすきに加山と沢井を会わせるなど奮闘します。しかし、その甲斐なく、加山はフラれてしまいます。当時、人気絶頂の「若大将」シリーズ(1961~1971)では考えられない意外な結末は、セレブよりも庶民に寄り添う松山善三ならではですね。松山善三ならではといえば、この映画で加山は妹・内藤のことを「おい、デコスケ」と呼ぶのです。もちろん、内藤の広いおでこにあてているのですが、松山の妻・高峰秀子の愛称・デコも意識しているのでしょう。
以後、他の映画でも「デコスケ」という呼び名が使われ定着します。同じく加山の妹を演じた「兄貴の恋人」(1968 森谷司郎監督)では、加山が飼っているインコに「デコスケ」を覚えこませようとするシーンから始まります。他にも「育ちざかり」(1967 森谷司郎監督)で家族に「デコスケ」と呼ばれ、姉・秀子を演じた村松英子を「大デコ」、内藤洋子が「小デコ」とまで。この作品から「年ごろ」(1968 出目昌伸監督)、「娘ざかり」(1969 松森健監督)と続き、それぞれ別個の作品ながら、内藤洋子の役名は「陽子」、村松英子は「秀子」という名の姉役と共通していて「陽子三部作」と呼ばれています。「デコスケ」というニックネームをいくつもの作品で使い、東宝が内藤洋子の親しみやすい妹キャラのイメージを大切に育てようとしていたのがわかります。内藤さんは1971年、21歳で結婚、あっさり女優を引退。その笑顔をファンの胸に永遠に刻み付けました。現在は絵本作家として活躍しています。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

 キューポラのある街より発車オーライ

1バスガイドスライブ
 この画像、本物のバスガイドさんたちではありません。
  キューポラのある街川口市で結成されコアな人気を持つ ラ・バスガイドスというGSです。
 http://www.la-busguides.com/
 2012年に結成されました。先日原宿にも進出”ツアー”にいらっしゃいました。
 このお姉ちゃんたちは20歳そこそこです。しかるに、びんびん昭和をうなってくれます。
 バンド陣(ドライバーたち)の演奏も技量満点でダイナミックに囃してくれます。
 うなるといっても、結構スタイリッシュです。
 当ブログメンバーのきたかたよしろう氏もこの時コラボして、負けずに声を張り上げていました。
昭和マッチしていました。
きたさんアンドバスガイドス

バスガイドスライブ2
で、私もかつてDVD「懐かしの昭和の物語ー参」でこんなイラストを描いていました。

 バスガイドタッチイラスト

バスガールイラスト
 ラ・バスガイドスが本当にガイドをお勤めするバスツアーなんて
あったら乗ってみたいと思います。
 もちろんビール片手に昭和酔いにて。
                     (ハピイ氏橋)



 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

PVの元祖?

映画監督の松山善三さんが8月27日に亡くなりました。奥さんが高峰秀子という日本映画史上の大女優ということもあって、どうしても「デコちゃんの亭主」という紹介のされ方が多くなってしまいますが、脚本家、監督として良い仕事をしています。監督デビュー作の「名もなく貧しく美しく」(1961)はimg_0
聾唖者の夫婦が戦中~戦後、困難にめげず生きていく姿を綴る感動作です。主演ふたりは聾唖者なのでセリフはなく、会話は全て手話。演じた小林桂樹と高峰秀子は専門家について手話を猛特訓、小林は夜中に寝ていて手が痙攣するほどだったそうです。観客には字幕で説明するというそれまでにない技法を使っています。
また、軍楽隊の若者たちを描いた「戦場にながれる歌」(1965)では、i320
劇中に音符を排するという斬新な技巧を繰り出しています。舟木一夫と内藤洋子主演の「その人は昔」(1967)は、img_0 (1)
元々舟木のストーリー仕立てのアルバムを基にしているのですが、全編プロモーション・ビデオといった感じのイメージ映像(岡崎宏三の撮影が美しい!)。普通の純愛ドラマと思って観ると驚愕すること必至であります。内藤洋子ちゃん(おでこが可愛かったなあ! 何かとお騒がせの喜多嶋舞のママ)の代表曲「白馬のルンナ」はこの映画の挿入歌です。原爆を扱った児童文学の映画化「ふたりのイーダ」(1977)のシュールさ……20110806-ab813
けっこう前衛というか、チャレンジングな映画作家なんじゃないかと思います。松山さんは実際に有楽町のガード下で靴磨きをしている聾唖者夫婦をモデルに「名もなく貧しく美しく」のオリジナル脚本を書いたそうです。そういえば、昔は駅前とかにズラリと靴磨きの人が座っていましたね。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

見当つけて斬ってきな

リオデジャネイロ・パラリンピックが開幕しました。オリンピックに比べると、スポンサーがついてないとか、チケットの売れ行きが悪いとか心配されたけど、開会式はブラジルらしい楽しい雰囲気で良かったです。パラリンピックならではの種目にゴールボールがあります。3人でチームを組んで、ボールを敵の防御するゴールめがけ転がすというもので、ボールには鈴が入っていて防御する側は、その音でボールの動きを知るのです。熟練した選手は、音でボールのコースばかりか、その回転までわかるそうです。とてつもない集中力と研ぎ澄まされた聴力、その境地に達するまでの練習量もすごいのでしょうね。「座頭市喧嘩旅」(1963 安田公義監督)では、
ダウンロード
冒頭、賭場のサイコロ博打でイカサマを座頭市が見破ります。そのときの市のセリフは「お前さん、サイコロを替えなすったね。壺の音色でわかるんだ。目明きは誤魔化せてもあっしの耳は誤魔化せませんよ」というもの。この後、得意の居合斬りでロウソクを縦(!)に真っ二つにしてみせます。この勝新の「座頭市」シリーズ、1962年から1973年まで25本が作られました。(その後1989年に1本)シリーズの回を重ねるごとに勝=座頭市の居合斬りの妙技はエスカレート、もう超人としか思えない難易度Gクラスの技を繰り出していきます。ハエや徳利、樽や畳、柱など、市の居合で斬れないものはないのです! 勝新はスタッフともども今度はどんな見せ場を作ろうか毎回あれこれ考えていたんだろうなあと思います。  (ジャッピー!編集長)
座頭市イラスト

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

そして誰もが軽くなった

images (1)
ハピイさんの洲崎球場の記事に川上哲治選手デビューのことが出ていました。僕らの世代では、何と言っても川上監督というイメージです。何しろ9連覇もしているわけですから、物心ついてプロ野球を見始めて読売巨人軍の優勝しか知らないという人も多かったのでは。僕も中学生のとき、初めて巨人以外の球団(中日)が優勝したのを見ました。加えて、日本シリーズでパ球団(ロッテ)が勝ったのも初めて見ました。そんな圧倒的ジャイアンツ黄金時代ですから、その監督と言ったらすごい威光というか絶対君主のように見えました。相当な年輩に見えましたが、V10を逃して監督を辞めるときの川上監督は54歳だったのです。今の僕よりも年下なんです。信じられません。こちらが子供だったから年輩に見えたとかじゃなく、あの堂々たる威厳、貫禄、揺るがぬ自信、近寄りがたい本当の大人という感じがしました。今はどうでしょう。川上監督と同じ熊本出身の千葉ロッテの伊東監督も先日54歳になったのですが、若手選手にパイを顔面にくらって、クリームだらけになっている姿がスポーツ新聞に出ていました。何でも、伊東監督の就任以来、誕生日の恒例になっているそうです。しかし、プロ野球も興行という人気商売だから、話題作りとか盛り上げる必要があるのはわかりますが、当時の川上監督にパイを顔面にぶつけるなんて出来たでしょうか。そんなこと、畏れ多くて出来る選手なんていなかったでしょう。だから、優勝したときのビールかけとか本当に「無礼講」となったのです。今は監督と選手の距離が近くて、年中無礼講みたいな、みんな軽くなったというか。やっぱり、監督というのは、選手とは一線画したドーンと大きな存在であってほしいなあ。まあ、世の中全体が そうなってるんですな。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ