ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

テンプル大でテンプラ

テンプラ学生
 戦前から戦後にかけてと思われますが、テンプラ学生というのがいました。正確には今でもいたらしいのですが。ごく最近に。
 学生服だけあつらえて、その大学の学生になりすます輩のことです。つまり”ころも”をかぶってとりつくろうのです。
 で、平然と教室に潜り込み、授業を堂々と聴講するのです。
 授業の毎回に出席し、最前列で熱心に聴き質問も多く、感心感心とばかにり教授が目をかけていた学生が
テンプラだったということもあったようです。
 大学に行きたくてもいけない事情のある青年や希望の大学に入れなかった学生などが、あくまで向学心があるからゆえにころも被った場合が多かったとか。まじめなのです。ころもを被るも中身は結構あったのかも。
 勉強に関しなくても、不良がハクをつけるために、こわおもての大学などのテンプラになることもあったようです。どこぞの学校とはいいません。 去年お亡くなりになった安藤昇さんの「安藤組」映画にもでてきます。
 アメリカのテンプル大にもいらっしゃたようなので、テンプラはこっちの意味でも、結構インターナショナルなのですね。
ただし、 あとづけで、かぶるのはテンプラではありません。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

鶏のむね肉蒸し

鳥の胸肉蒸し
 鶏のむね肉は美味しいのですが、食感がパサッとするから、どうもという方が結構いらっしゃります。
で、なんとかで蒸してみました。
 この時は宮崎鶏むね肉にてで、串などでぷつぷつ穴をあけ、砂糖、酒、塩(3者少な目)を合わせたものと一緒にジップロックして15分くらい置きます。
 ゴボウと一緒にラップなどにくるん蒸し焼きにします。そうさねー、20分ぐらいかな、それくらいで蒸し上がります。
 湯がいたキャベツを布団にして、醤油、みりん、ウイスキーを合わせたのをちょい煮詰めてソースに。
自家製塩レモンをのっけ、大根おろしも忘れず。
 意外とみなさんの肌のようにしっとりします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ウルオッタボーイズ

ウルオッタボーイズ

  前項で「水かけ祭」をアップして、なんとなく映画「ウオーターボーイズ」を思い出しました。

それにキープ イン タッチしてこんな絵を画いていました。

この映画は、けだし名作です。
このイラストでは人文字で「WATER」があります。ヘレン・ケラーが最初に理解したワードです。
このイラストではみなさんは理解できないかな。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

昭和40年8月 深川八幡本祭り

昭和43年 お祭り
 昭和40年の深川富岡八幡宮の本祭りの様子です。
 全身入れ墨の人が見受けられます。そんな背中はざらに見ました。
 かといって、博徒、テキヤさん系ではないでしょう。
 川並さんで墨をしょっている人が多かったような気がします。
川並さんとは木場で堀などの水の上で筏、丸太をあつかう職人です。荷役運送業の範疇でしょう。
「角乗り」の伝統芸が有名です。水上で角材の上に乗ってクルクル回す技です。
 入れ墨はやくざ系の人達より、かつては職人の世界で入れている方が多かったようです。
「~組」と看板を出したのは、もともとは建築系の人足稼業でそうです。
川並さんでも「平田組」とかありました。
 博徒系は「~一家」とか名のったそうです。
 山口組は淡路島出身の漁師だった山口春吉氏が神戸あたりで始めた沖仲士の人足稼業がルーツです。
だから「組」なのでしょうか。
昭和43年お祭り1
 さてはさて 、今でも、この通称「水かけ祭」は3年に一度本祭りが盛大に行われます。
 ただ、背景に「木場」が無いのは、ちと寂しいです。 
 ・・・なこというのは、昔を知る懐古趣味者だけです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

サンマ―麺

サンマ―麺
 身が縮む寒い日も遠のいてきました。
 この冬、ことさらに凍える昼にサンマ―麺もどきをこさえました。
そんな日の一枚です。
 野菜、肉などをいため(ムール貝が一枚あります。たぶんは前夜の余り)
とろみをつけます。熱アツのうちに麺の上にざっとのせます。
熱を閉じ込める感じです。この時の麺はマルちゃん正麺だったかと。
 実は当方にゃんこ舌気味ですが、ふうふうしながらかっ食らうのが好きです。
 ともあれ、横浜名物サンマ―麺一丁ありのつもりです。
 秋刀魚と間違えやすい”サンマ―”の由来はゆくゆくググります。ここは具の下から麺をたグりまする。
 卵サンド、はちみつバタートーストも添えて、糖質というか含水炭素満点の昼の時分時でやんした。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ