ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

炭素棒を使う「ピンスポット」(cocorin)

昭和を愛する皆様、こんばんは!

昭和の時代は長く、その間に、段々と技術が進む分野と、停滞するというか歴史が維持される分野がありました。昭和の時代にもすでに強烈にレトロ感覚がした場所もあった。古い劇場の中なんてそうでしたね。

学生時代、「コマ劇場」で照明の分野でのバイトをしました。あの劇場の上のほうの暗いスタッフ口の奥に、ピンスポット係の人達がいて強い光を舞台に届けていました。

続きを読む
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

牛乳瓶のふたあけ (cocorin)


こんばんは!昭和を愛する皆様。cocorinです。

私が「昭和」を感じる小物の一つが「牛乳瓶のふたあけ」です。
そもそも、これがどういう名前だかも知らず、でも毎日のように使っていました。思い出すと牛乳の匂いがしてきます〜。
指で牛乳瓶のふたを剥がそうとすると、以外と爪を使い苦労して開けることになり、当時は「ハイテク」に思えた小物。もう長い間見ていません。

懐かしくなり、ネットでひいてみて、正式名称も判り(って、「牛乳瓶のふたあけ」なんですが)、懐かしむコレクターも多くいることが判りました。

あの頃は、使い捨てを諫めるほど「使い捨て」を前提にした商品が無く、ビールは「瓶」、自販機は無かったような・・・。牛乳の流通で、わずかに捨てられる部分の「牛乳瓶の紙フタ」は、小学生のコレクションアイテムでした。
そんなのんびりした世の、小さなハイテク小物「牛乳瓶のふたあけ」、かわいいデザインでした。
(お写真お借りしました)

o0480036012963703971
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ