ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

オリンピックの顔と顔

ダウンロード
リオデジャネイロ・オリンピックが終わり、TV局は「リオの次はサッカーWカップ」とか言ってるけど、オリンピックの次はパラリンピックだろ!と突っ込みたくなります。まあ、TV局にとっては視聴率にしか関心がないんでしょうね。
ともかく4年後は東京五輪です。昭和39年の東京オリンピックの公式記録映画が「東京オリンピック」(1965 市川崑監督)です。images
公開当時、記録か芸術かで賛否両論あった作品です。たしかに、冒頭の鉄球がビルに打ちつけられて、オリンピックのために街を改造(破壊)する様から始まり、けっこう競技と関係ないカットもあります。工事現場の人、会場警備に当たる人や販売員、そして観客……歓喜だけでなく、醒めていたり、所在無げであったり……名もなき庶民の顔、物言わぬ表情がとても印象的。競技シーンも、スポーツ的に決定的瞬間というよりは、スタート前の選手の緊張、試合が終わったあとの孤独感といったものに焦点があたっている感じです。ただひとり参加したチャドの黒人選手へ時間を割いていたり。国家的大イベントを俯瞰によるパノラマとして捉えるのでなく、パノラマの細部に近づいていく視点、僕はけっこう好きですね。市川監督というと、その技巧が強調されることが多いですが、「この映画では人間を描く。スポーツを描くよりも人間を表現する」と語っていたというし、やはり、人間にすごく興味があった監督なのだなあと。あと、個人的なことで言うと、当時、新宿に住んでいた僕は母に連れられて甲州街道の沿道にマラソンを観に行ったのです。だから、この映画に映し出される街の風景、人々の顔に、自分が生きた時代の空気みたいなものを懐かしく感じるのです。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

力道山と三田アナ

三田アナと力道山
 力道山と日テレの三田アナウンサーはつながりがあります。
 力道山は戦後空襲で廃墟となった日本橋浜町明治座を再建した新田新作氏を大のタニマチとしていました。
新田氏とともにお金をだし明治座再興に加わったのが、三田アナのおじい様三田政吉氏です。
人形町で料亭 玄冶店(げんやだな)濱田家を経営していました。春日八郎さんの大ヒット曲「お富さん」の歌詞にもでてくる♪げんやぁだなぁです。(昔むかし幕府の御典医岡本玄冶のお屋敷があったそうです)
 新田氏が明治座の社長でしたが、50歳そこそこで早世したので三田氏が後をうけました。
 現明治座の社長は三田アナのお父様です。濱田家も営んでいます。
 稼ぐのは三田です。
                         (ハピイ氏橋)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

寅次郎の由来

20140421162652
佐藤オリエさんは「続・男はつらいよ」(1969 山田洋次監督)にマドンナとして出演されています。寅さんの中学時代の恩師・坪内散歩先生の娘、夏子の役。昨日、紹介した「若者たち」(1968 森川時久監督)と同じく、オリエさんは先行したテレビ版が「男はつらいよ」でも同役を演じていますが、名前は冬子。第1作「男はつらいよ」(1969 山田洋次監督)のマドンナ、光本幸子の役名に冬子を使っていたからです。このことから、当初は単発、1作だけのつもりだったと考えられます。好評を受けて、第2作となってテレビ版のエピソードを基にしたが、冬子という名を使ってしまったので、反対の季節の名前にしたのでしょう。ちなみに第4作「新・男はつらいよ」(1970 小林俊一監督)のマドンナ、栗原小巻の役名は春子。ネーミングということで言えば、車寅次郎という名前は、江戸時代の非人頭・車善七と、松竹の喜劇映画の名手・斎藤寅次郎監督からとったというのが通説ですが、吉田松陰の通名・寅次郎という説もあります。山田洋次監督は満州から引き揚げ、宇部中~山口高校と長州の気風が残る土地で育ったこと、印刷工場のタコ社長の役名が桂梅太郎で、桂小五郎の桂と、松陰の実兄・梅太郎からとったのではないかと。また、松陰は叔父の跡を継ぎ、吉田家当主になったのとおいちゃんが親がわりの寅さん、子供がいなかった松陰が安政の大獄で亡くなったあと、甥っ子が継いだこととまるで寅さん2世のようになる満男……という裏付けと共に延広真治という方が「男はつらいよ偏痴気論~登場人物命名考」という論文の中で書いています。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ぶつかり合って、乗り越えて

img_0 (1)
ジャネット・リンと握手! わー、いいですね!あの尻餅ついたときの表情も可愛かったなあ。たしか、カルピスのCMに出ていたと記憶しています。名前が似ているジャネット・リーは「サイコ」(1960 アルフレッド・ヒッチコック監督)で有名ですが。佐藤オリエさんは何と言っても「若者たち」(1967 森川時久監督)の長女役。長女と言っても、上に太郎(田中邦衛)、次郎(橋本功)、三郎(山本圭)、弟の末吉(松山省二)と男兄弟ばかりの中の紅一点。役名は佐藤オリエ。これは役名を芸名にしたのではなく、自分の名前を役名に貸したそうです。ボロ家に住む5人が、貧乏、社会の矛盾や恋愛などそれぞれが抱えた悩みや苦しみをぶつけ合い、乗り越えていこうとします。両親はいないので、ホームドラマというよりは青春群像劇といえるでしょう。とにかく口角泡を飛ばし本音を怒鳴り合い、本気でぶつかり合う激アツの日常で、結婚を考えていた相手(小川真由美)から学歴、将来性のことでフラれた太郎は、浪人中の末吉が弱気になっていると「ドタマがカチ割れるまで勉強しろ!」と言うわ、オリエが靴工場で親しくなった被爆者の青年(石立鉄男)と付き合っていると知ると、「オリエがびっこの原爆野郎と一緒になっていいのか」と偏見丸出しで吠えるわ、学生運動している三郎はそんな太郎に「人間の幸せって何だよ!一生、金、金、金で縛られていたら乞食だろう!」と反撃するわ、今のテレビだったら放送できないようなセリフが連打される。でも、真剣に怒り、泣き、笑い、生きている姿と、5人を演じた俳優陣の肺活量マックス状態の熱演に暑苦しくも引き込まれます。この「若者たち」は元々はテレビの連続ドラマだったのを映画化したもので、佐藤一家の5人は同じキャストなので演技のアンサンブルはバッチリでした。 あ、ハピイさんに依頼したイラストは「社会派映画」でした。ジャッピー!、どっこい生きてますよ! (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

映画いろいろ

映画いろいろイラスト
 「真昼の暗黒」「橋のない川」「白い巨塔」「にあんちゃん」「若者たち」「キクとイサム」
 「赤信号 洲崎パラダイス」「キューポラのある街」「どっこい生きている」の邦画がこのイラストに
 盛り込まれています。
  何年か前に描きました。イラストのご依頼者は御存じジャッピー編集長です。
 なにゆえにこれらの大日本映画群をかいつまんだか忘れました。編集長、テーマはなんでしたっけ。
 しかるに、まだこのイラストはまだ世に出てません。ジャッピーがちょいとお休みなのです。
 なので、えろーすんまへんが勝手に当ブログにさらします。
 編集長のケツをたたくわけではありませんのであしからず。
 ジャッピー表紙
 まだまだジャッピーはどっこい生きています。
                  (ハピイ氏橋) 
  *イラストの中でこちら向いて手を振っているのは佐藤オリエさんです。
佐藤オリエさんサイン
昭和48年の暮れも押し迫るころ銀座三越屋上でご本人にサインをもらいました。
もうひとかたにも頂戴しました。金髪です。
 ジャネット・リンさんサイン
札幌冬季オリンピックの銀盤の妖精フィギィアスケート のジャネット・リンさんです。
転んでヒロインになりました。お尻が冷たそうでしたがニッコリと百万ドルの笑顔をスタンドにブラウン管に
投げかけてくれました。
 このサイン時もその笑顔を向けてくれました。握手もしました。手が冷たかった。アイススケート選手たるゆえんか。
 何故、このお二人がペア―でサインをしてくれたか今となってはわかりません。
 この時の三越銀座店の店長は確か後年社長になり突然解任された岡田茂さんだったかな。
 その解任されたときの一言「なんだ、これは?」 そのまんまのサイン会でした。
                               
 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ