ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

「日本暗殺秘録」と「菊とギロチン」

昨日の当ブログで、「日本暗殺秘録」(1969 中島貞夫監督)のことを触れました。この映画の中ではじめ純情な娘で登場した藤純子さんが、主人公の千葉真一さんに再会すると「デタラメな世の中だもの、デタラメに生きなきゃ損だわ」なんて頽廃した表情で言うのが衝撃でした。アベ政権のデタラメがまかり通って不正や捏造が当たり前になってしまった今の日本を表すように感じました。
この「日本暗殺秘録」はオムニバス映画ですが、ほとんどこの千葉真一さん主演の「血盟団事件」がほとんどを占め、その前後にいろいろなテロ場面が散りばめられているという変わった構成です。そうした5分やそこらのパートに高倉健さんや菅原文太さん、若山富三郎さん、鶴田浩二さんなど錚々たるスターが出ているのですから豪華です。その中に高橋長英さんがテロリスト・古田大次郎を演じたパートがありました。「ギロチン社事件」です。
その「ギロチン社」を描いた映画が昨年公開された「菊とギロチン」(2018 瀬々敬久監督)です。僕は昨年夏、封切られてすぐに観て思い出したのが「日本暗殺秘録」でした。たしか、中島貞夫監督は実は「ギロチン社」の古田に一番魅かれて、彼を主人公に一本作りたかったそうですが、すぐ捕まってしまい映画的に見せ場が作れないと断念したそうです。その古田大次郎ら「ギロチン社」を描くにあたって、瀬々監督は「女相撲」の話を加えました。これがうまい!と思いましたね。「女相撲」は明治ぐらいに山形の興行主から始まったらしいのですが、実際に「ギロチン社」と出会った記録はないようですが、「この二つを出会わせたら……」という瀬々監督の発想がスゴイです!
中島監督は古田について「ロマンティズム」だけでテロに走ったところが幼稚であり魅力的なところと語っていますが、「女相撲」の面々も(もう少し現実的ながら)「夢」に突き動かされている点では共通するのです。だから、「ギロチン社」と「女相撲」という一見、異種なふたつが交錯し見事な青春群像編になっていました。「希望が持てないんなら、自分の好きなことを思い切りやりたい!」と言う場面がありました。ほとんどの女力士が家出同然なんですが、そのひとり(山田真歩さん)が官憲に連れ去られていくシーンです。彼女は周りから「あれ、女好きだから気をつけなよ」と言われますから今でいうLGBTなのかもしれません。そういったマイノリティに対する眼差しも含めて、この大正時代を舞台にした映画が見事に「現代」に繋がる映画になっているのです。瀬々監督はトークショーで「30年あたためていた企画」とおっしゃっていて長いご苦労があったようですが、「締め付けの強い」空気が濃厚に漂う今こそ作られるべくして作られた映画ともいえるとも思います。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「日本暗殺秘録」藤純子さんの台詞と今の日本

昨日の当ブログで、メリル・ストリープさんの「ゴールデングローブ賞」受賞式でのスピーチを引用しました。「国のトップの地位にある者がヒドイことをすれば、その影響が大きく、他の人にも同じことをしてもいいとある種の許可証を与えるようなもの」とトランプ大統領への批判を明らかにしたのです。これはまさに今の日本のアベ政権そのものじゃないかということを書きました。財務省、厚労省、赤坂自民亭……アベを取り巻く官僚、大臣たちが本当に腐って悪相になっていくのが目にみえるようです。アベの感染力はインフルエンザどころじゃないですね。
「腹心のお友だちへの優遇」から始まった公文書偽造、そして関わった財務省の人間は全員不起訴って「検察」もアベに一服もられているんじゃ、もはや「正義」は存在しないってことじゃないですか。地検もカルロス・ゴーンのときはテキパキ攻めたけど、国の大事な「公文書」を偽造した連中には不起訴って明らかに「国策」じゃないかね。一方では籠池泰典さんを300日も拘留したり(ゴーンの100日拘留の3倍!)、都合の悪い人物とみたら「口封じ」にぶちこむとは完全に戦前の「特高」のやり方ですね。
一昨日の国会では、野党の質問に対して「内閣法制局」長官が批判を述べるという前代未聞の事態がありました。法の番人と言われる立場の人が「政権の番人」に成り下がった瞬間です。しかも、この横畠というオッサン、ニヤニヤ笑っていたな。もう、気持ちが悪くなりました。もはや、アベの下品な毒が相当にまわっています。今、この国は幼児虐待、高齢者を狙ったアポ電詐欺など嫌な事件が多発しています。こうした「弱い者いじめ」の風潮、これもアベが作り出した空気と無関係じゃないと思います。
「日本暗殺秘録」(1969 中島貞夫監督)という映画がありました。タイトル通り、日本における「テロ」事件をオムニバス風に描いた作品ですが、中心になるのが「血盟団事件」です。千葉真一さんが演じる小沼正が貧困のため学校に行けず、上京して「カステラ屋」に就職します。しかし、そこも潰れてやがて政治結社に入っていくのですが、「カステラ屋」時代に親しくなる女中のたか子(藤純子さん)と再会すると、濃い化粧のすれた女給になっていて小沼も驚きます。前半の藤さんが純情可憐な感じだったので観客もビックリです。小沼が「どうしたんだ、たかちゃん。女給なんか辞めろよ」と言うと、たか子がこう答えます。「デタラメな世の中だからデタラメに生きなきゃ損だわ」と。今の日本もそんな感じになってはいないでしょうか。 (ジャッピー!編集長編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

どの口が「言論の自由」を言う

このところ当ブログで「日本アカデミー賞」のことを書いてますが、こんな風に大手映画会社やテレビ局やスポンサーのことを横目でうかがいながらだと、俳優さんたちも当たりさわりのないスピーチをするしかありませんね。米国の「アカデミー賞」のようにはいきません。そういう意味では「言論の自由」なんか持ってないのです。
これは「ゴールデングローブ賞」受賞式の方ですが(2018年6月6日の当ブログでも取り上げました)、特別功労賞にあたる「セシル・B・デミル賞」を受けたメリル・ストリープさんが公然とトランプ大統領を批判するスピーチをしました。トランプが障害を抱える人をからかうようなパフォーマンスをしたことに対し、「権力者が公の場でこういう振る舞いをすると、それは他の人にも許可を与えたようなもので、軽蔑は軽蔑を生み、暴力は暴力を駆り立てる」というようなことを述べたのです。
まさにメリルさんの言う通り!なのは今の日本を見れば分かるでしょう。モリ・カケ問題で公文書を偽造しても責任もとらないんだからねえ。上がルール破っているんだから下も周りもデタラメになりますわな。自民党の中でも少しはマトモかなあと思えた人物でも内閣や政権に近い所に入ったとたんにダメなヤツになっていく。アベという「腐ったミカン」の周囲もみんなダメになって権力の腐臭を放つようになっています。「アベノミクス」の成果を作り上げようとデータを捏造もモリ・カケと同じ構造ですが、もう、きっと他にもあらゆる所でアベ晋ゾウの意向を組んで偽装・捏造がまかり通っていると感じてしまいます。
そんなアベが先日、岡田克也さんとの論戦で「表現の自由」だとか「言論の自由」を言い出して突っぱねました。おいおい、「言論の自由」は権力者が行使するものじゃないでしょうが。権力者が何言ってもいいなら、それは「独裁」とか「恐怖政治」というんじゃないんですか。こんな人物が日本の総理大臣というこの悪夢、本当に怖くなります。
だいたい、「言論の自由」なんてどの口が言っているんでしょう。昨年暮れに「内閣記者会」に対して「特定の記者(東京新聞)の質問を制限する」趣旨の文書を送った首相官邸がよく言いますね。政権の意に沿わない記者の質問は受け付けず、政権の都合で選別されるようにしようって「言論の自由」に反しているじゃないですか! 自分に都合の悪いニュースは全部「フェイク」と言い張るトランプにそっくりです。さすが、トランプのケツの穴の奥深くまで舐めているポチ野郎アベです。
メリルさんのスピーチは「報道する力を失わず、いかなる攻撃があっても権力者たちを批判し続ける信念のある記者であってほしい」と、トランプに圧力をかけられるジャーナリスト保護委員会への支持で締めくくっていました。何だか腰がひけている日本のメディアですが、為政者をチェックするという使命と役割を忘れないでほしいです。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「日本アカデミー賞」はもっと映画界の裾野を広げる努力を

一昨日の当ブログ「予定調和的日本アカデミー賞」で、ノミネートが大手映画会社の作品が優先され、インディーズ系作品にはハードルが高くなっているように感じると書きました。今までの「日本アカデミー賞」の歴史をひも解いていくらでも「?」と思えるノミネートがあります。今回も「菊とギロチン」(2018 瀬々敬久監督)や「寝ても覚めても」(2018 濱口竜介監督)といった傑作が全く無視されていました。「日本アカデミー賞」のテレビ中継をどれぐらいの人が視聴しているか知りませんが、せっかく放映しているわけですから、こういった単館系の優れた作品こそノミネートするべきです。映画ファンではない一般の人には知名度がない作品ですが、ここで「へえ、知らなかったけど、良い作品なんだな」と興味を持ってもらえる可能性があります。映画界全体のことを考えれば、自社の作品ファーストというようなセコイこと言ってないで、良い作品をどんどんアピールして観客の裾野を広げた方がいいのにねえ。
たしか、最初に「日本アカデミー賞」の制定を提案したのは、水野晴郎さんだったと記憶しています。水野さんが解説していた「水曜ロードショー」の決め台詞「いやあ~映画って本当にいいものですね」を思い出してほしいです。そういう風に「映画って面白い、素晴らしい」と思ってくれる人が増えてく映画界全体の観客動員だって上がるのに。大手会社は自分たちのシェアとかプライドとか言ってるのだとしたらあまりにも旧弊です。朝ドラ「まんぷく」の萬平(長谷川博己さん)だって、次々に現れた類似ラーメン会社に「製造法」を公開、業界全体の信用をあげたじゃないですか! 
また、今回、「キネマ旬報ベストテン」や「毎日映画コンクール」のように安藤サクラさんと柄本佑さんの夫婦ダブル受賞があるかと思いきや、柄本さんは主演男優賞のノミネートにも入っていなかったのです! これも、主演した「きみの鳥はうたえる」(2018 三宅唱監督)が完全無視されたせいです。キネマ旬報3位に入ったこの作品も単館系でしたからね。
主演男優賞は役所広司さんでしたが3回目の受賞。これは4回受賞の高倉健さんに次いで歴代2位、同じ3回受賞に緒形拳さん、三國連太郎さんがいます。2回受賞となると、西田敏行さん、山﨑努さん(他に助演男優賞も2回受賞)、寺尾聰さん、本木雅弘さん、佐藤浩市さん、渡辺謙さん、吉岡秀隆さんとズラズラいます。今回で第42回でしたが「主演男優賞」受賞者は26人。いかに複数回受賞した人が多いか分かるでしょう。「主演女優賞」の方も吉永小百合さんの4回受賞を筆頭に松坂慶子さん、宮沢りえさんの3回など複数回受賞された人は多数おります。今回「助演女優賞」を受賞された樹木希林さんは2回目ですが、過去に「主演女優賞」も2回獲ってます。何だか、これではいつも決まった人ばかりで、映画界って俳優の人材が少ないんじゃないかと思われてしまわないかなあ。良い役者は他にもたくさんいるし、やはりノミネートをもっと広げて色んな役者を評価するようにしてほしいです。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

予定調和的「日本アカデミー賞」

昨日、「第42回日本アカデミー賞」が発表されました。昨日は「映画サービスデイ」で料金が安い日なので、僕は映画館に行っておりテレビ中継を観ませんでした。今朝、新聞で「万引き家族」(2018 是枝裕和監督)が作品賞を受賞されたことを知りました。多くの方が予想した通りで順当な結果だと思いますが、監督賞、脚本賞、音楽賞、撮影賞、照明賞、主演女優賞、助演女優賞と合わせて8部門受賞。うーん。何だか、この「日本アカデミー賞」というのは、ひとつの作品がズラーッと独占する傾向があるなあ。「第20回」(1996年度)には「Shall we ダンス?」(1996 周防正行監督)が13部門(!)受賞したことがありました。作品賞、監督賞、脚本賞はもちろん、主演、助演男女優賞もすべて、音楽賞、撮影賞、照明賞、美術賞、録音賞、編集賞と独占したのです。「Shall we ダンス?」は良い作品だし、僕も好きですが、このときはちょっと疑問を感じたのも正直な気持ちです。ある作品が良いとなると、どの部門もそれに引きずられるといったら、穿ちすぎでしょうか。本当に「録音」「編集」や「照明」といった各パートに焦点を当てて投票しているのかなあと思ったのでした。
だいたい、「菊とギロチン」(2018 瀬々敬久監督)も「寝ても覚めても」(2018 濱口竜介監督)もノミネートされないって映画好きからしたら納得できない選出です。「日本アカデミー賞」は1977年度にスタートしましたが、大手映画会社のトップによって制定されたという出自から、どうしてもメジャー公開の作品が優遇されるわけです。過去にも「ペコロスの母に会いに行く」(2013 森崎東監督)や「恋人たち」(2015 橋口亮輔監督)といった作品がノミネートもされなかったことがあります。インディーズ系で「作品賞」をゲットしたのは「ツィゴイネルワイゼン」(1980 鈴木清順監督)ぐらいでしょうか。もっともこのときも本命の「影武者」(1980 黒澤明監督)の黒澤明監督が直前に辞退を言い出したためというのが真相らしいが。とにかくインディーズやミニシアター系は黙殺されるのが「日本アカデミー賞」ですね。
今回の作品賞にノミネートされたのは「万引き家族」の他は、「北の桜守」(2018 滝田洋二郎監督)「孤狼の血」(2018 白石和彌監督)「空飛ぶタイヤ」(2018 本木克英監督)「カメラを止めるな!」(2018 上田慎一郎監督)の5本だったのですが、カンヌ受賞の「万引き家族」、そして「カメ止め」はさすがに社会現象になるほどの大ヒットだったので黙殺できずノミネートとなったのでしょう。あとは東映の「北の桜守」、「孤狼の血」、東宝の「空飛ぶタイヤ」と大手の作品の持ち回り感が強いのは例年通りです。また、第38回(2015年度)には岡田准一さんが主演男優賞、助演男優賞をダブル受賞しましたが、これもちょっとね……ジャニーズ系が強いのも、プロダクションやテレビ局の思惑が反映されているんでしょうねえ。これでは、「日本アカデミー賞」に、一昨日の当ブログで書いたような「米国アカデミー賞」受賞式のようなスピーチは望めないのは当然のことですね。ちなみに「恋人たち」は劇中に「東京オリンピックなんてどうでもいいんだよ!」という科白があったため圧力がかったという噂もあり。
まあ、本場のアメリカの「アカデミー賞」も昔から賞を獲るために各映画会社の間ですごい暗闘があると言われていますし。今回「ボヘミアン・ラプソディ」(2018 ブライアン・シンガー監督)の監督のセクハラのニュースが流れたのもタイミング良すぎでしたし、賞をめぐるパワーゲームが過熱するのも世界中に注目されている証左ですかね。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 40年ぶりに観た「ディア・ハンター」
  • 浅草にて平成最後の初詣風景
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ