ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

『家族を想うとき』で思い出す物流集配所バイト

昨日の当ブログで、ケン・ローチ監督の新作『家族を想うとき』(2019 ケン・ローチ監督)について触れました。主人公のリッキーはフランチャイズ契約の宅配ドライバーの職を得ますが、そのために自前でヴァンを購入します。会社から車を借りるより、トータルで考えると出費が抑えられるからです。しかし、その頭金のために妻の車を売るはめになり、訪問介護の仕事をしている妻はバスで仕事先を回るしかなくなります。もう、このスタートの時点から「負」を背負ってしまうのです。雇う側はリスクを最小限に抑えて、「フランチャイズ」という名ばかりの自営をちらつかせて酷使する……久々に「搾取」という言葉を生々しく感じてしまいました。

映画の中で、リッキーが宅配に出発する前に会社で荷物を積み込むシーンが映し出されますが、僕も同じような物流の仕事場でバイトしていたことがあるので思い出してしまいました。僕はドライバーではなく、集荷所で仕分けや積み込み、トラックに運び込む仕事をしていました。教員を辞めて1年あまりバイトしていただけですが、全国から集められた荷物をベルトコンベアに乗せ、それが配送地方別のシュートに落ちてくるのをパレットという大型の台車に積み込み、行き先別のトラックが停まっている場所まで運ぶのですが、ひとつの所に一度に大量に集中してしまうことがあり、それは大変でした。夏のお中元や暮れのお歳暮の時期ともなると、本当に次々に流れてくるので、まさに息もつけない状態でした。この繫忙期には臨時バイトも増員するのですが、それでも追いつかないのです。

監視塔みたいな所から本社の社員が指示を放送するのですが、この時期は「さあ、今から1時間で1万個処理するぞ!」とあおったりするのです。この「放送」、普段も「〇〇番、手が空いているなら隣りのシュートに行け! よく周りを見て動け!」など言うので、気分的には刑務所で作業する囚人の気分でした。その言い方から、たぶん、社員はバイトの人たちを「囚人」程度に見ていたと思います。駒をいかに効率よく動かすかだけしか頭になかったようのでしょう。

このバイトで、僕は倒れた鉄製のパレットに手を挟んでしまい右手の小指を複雑骨折してしまい労災を受けましたが、この会社、1年間の労災事故数があまりに多くて、厚生労働省から注意を受けたときいています。(僕の小指は今も真っ直ぐに伸びることが出来ません。親からもらった体の一部を損なってしまったのです……)

ここで働いたとき、つくづく思ったのが、根本の考え直さないとこの地獄のような宅配システムは改善されないだろうということです。地方に住んでいて、運転のできない人や、高齢者の方といったいわゆる「買物難民」の方には宅配は絶対に必要だと思いますが、都会に住んでいてお店も周りにいっぱいあって、それでスマホやパソコンからクリックひとつで注文して届けてもらうってどうなのか? アマゾンとか、ネット通販とかの「便利」は本当に必要なのでしょうか? 本当に必要なものを買っているのでしょうか? そんなことを毎日、大量の荷物に囲まれながら考えました。

修学旅行の季節には、大量のボストンバッグやスポーツバッグが運び込まれました。昔だったら、学生が自分で荷物を運ぶのが当たり前で、いかに少なく軽量にするか考えたり工夫して「旅行」も学んだものです。それが今や、金を払えば家に着けば届いている、こんな旅行って必要なんかい!とパンパンに詰まった重い荷物を仕分けしながら、心の中で毒づいたものです。その他、ゴルフバッグや、スキー道具一式を仕分けしながら、金持ちが遊んだ後始末をしている下層の悲哀をたっぷり味わったのでした。何でもかんでも宅配だ、私、金払う人、あなた届ける人、という「便利」を享受する陰には、荷物を早く届けるために、時間に追われくたくたになって配送する人たちがいて、利益第一主義、経費節減のために安い賃金で疲弊し、中には家族や生活が崩壊する人もいるでしょう。『家族を想うとき』は本当に遠い国の映画ではないのです。 (ジャッピー!編集長)

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

コンビニのあり方と『家族を想うとき』

今年の元日は、大手コンビニのいくつかの店舗が休業にするというニュースがあったのですが、僕の家の近所のコンビニは「セブンイレブン」も「ローソン」も「ファミリーマート」も普通通りやっていました。もしかしたら、本社の幹部クラスの人が出向いていたのかもしれませんが、買い物もないし中に入らなかったので分かりません。この「コンビニにも休日を」という問題提起の発端になったのが、東大阪の「セブンイレブン」です。人手不足からオーナー自らの判断で「時短営業」を始めたかどで本社から「フランチャイズ契約」を解除されたことが話題になりました。契約を切られたあとは、オーナーの方が独自に営業をされているのですが、本部から仕入れができなくなって商品棚も空いているとか、商品発注のシステムが利用できないのでレジも現金しか対応できないなど、不利な状況になっているので、休業となる可能性があるといいます。

オーナーは「本社のやり方は不当だ」と法廷に持ち込むようですが、たしかにこのやり口は本社の「見せしめ」のように感じます。「年中無休」という指令に最初に反旗をひるがえしたためにターゲットになったように見えます。「働き方改革」とか言っている一方で、人手が足りなくても「営業」を強制し、休めば「契約解除」という仕打ち。フランチャイズといっても「自営」とはほど遠いのが実態なのですが、少し前に観た『家族を想うとき』(2019 ケン・ローチ監督)もまさに同じような状況を描いていました。

この映画でも、主人公は宅配ドライバーの仕事に就き、会社とフランチャイズ契約を結びますが、「自営」とは名ばかり、厳しいノルマに縛られ、一日14時間も働き、何かあればペナルティで500ポンド、1000ポンドの金をとられるシステムになっています。家族と過ごす時間もないので、それぞれの心もささくれだち、ぶつかり合い、追いつめられていきます。観ていて本当に胸が引き裂かれるような思いになります。日本でも宅配便のドライバーさんの過酷な労働状態が問題になっていますが、まさに同じです。

思えば、「新自由主義」とかお題目をかかげた竹中ヘイゾーみたいな奴を登用したコイズミ首相(ポエマーのパパ)の時代に行われた改革は、弱者を社会システムから排除する骨格に基づいていました。一言でいえば「切り捨て」です。一所懸命にやっているだけでは認められない、報われない人々を生み出すことが「痛みに耐え」ということだったのです。その流れをたやすく受け入れてしまったこの国を覆うのは、効率と功利ファーストの弱者の淘汰です。今の日本は「右」と「左」ではなく、「上」と「下」に二分されたように思います。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

AI美空ひばりと『ペット・セマタリー』

ひとつ前の当ブログで、一昨日の「第70回紅白歌合戦」のことを書きました。今回、初めての試みとして登場したのが「AI美空ひばり」です。AIを駆使して、美空ひばりの姿と声を蘇らせて(?)、「新曲」を歌うというものです。たしか、事前に「NHKスペシャル」という番組でも披露されていたと思いますが、それを完成させて大晦日当日NHKホールのステージに投影させたのです。

「久しぶり」と言葉を発し、秋元康が作詞したという新曲「あれから」を歌う、「AI美空ひばり」。僕は長年の「紅白」ウオッチャーなので、毎年トリで登場した美空さんもよく観ていましたが、この現代の科学技術が蘇らせた「美空ひばり」との再会には感動することはありませんでした。感動どころか、不快と恐怖が入り混じった複雑な思いを抱きました。美空ひばりさんのファンの方々の中には、「もう一度、ひばりさんに会いたい」とか、「ひばりさんの新曲が聴けないのは悲しい」といった思いを持たれている人も多いと思います。それは分かります。スターに限らず、誰だって、自分の好きな人、大切な人に対してそう思うものでしょう。しかし、故人となってしまったのですから、もう会えないし、声も聴けないのは当たり前のこと。この世の摂理でしょう。AIによる「美空ひばり」の蘇えり、何だか「クローン」で生命を作り出すのと近いものを感じます。もちろん、今回「命」を作り出したわけではないですが、考え方がつながるような気がします。科学というのは簡単にある領域を踏み越えてしまうことがありますからね。倫理やモラルが追い付かないで、どんどん進んでいってしまう危険性があると思います。こうして「AI美空ひばり」が完成すれば、あのスターも、この人も、となって、そのうち、故人のAIだらけの「紅白」になったりしないか。いや、それはまだしも、死者をAIで蘇らせる企業が登場し、お金持ちは自分の親や親族をAIで復活させるのが当たり前になって、そこにも「故人格差」が生まれるんじゃないのか。そして、「死」というものに対する畏怖や思いといったものが変質することになるかもしれません。

前に、スティーヴン・キングさんの『ペット・セマタリー』という小説を読んだことがあります。死んだ飼い猫を埋葬したペット用の共同墓地に不思議な力があって、その猫が生き返ってきます。それを知って、愛する息子を亡くした親がそこに埋葬すれば……というストーリーです。キングさん自身の脚本によって映画化もされました。『ペット・セメタリー』(1989 メアリー・ランバート監督)も観ましたが、子どもを失った親の哀惜の気持ちが滲む一味違うホラー映画になっていました。(昨年リメイクされた映画がもうすぐ日本でも公開されるそうです)今回の「AI美空ひばり」を目撃して、僕は『ペット・セマタリー』を思い出しました。もう一度会いたいという哀切きわまる気持ちは分かりますが、一線を越えてはいけないと思うのです。(ちなみに原作本は、ペット霊園を作った子どもたちのスペル間違いを生かして「セマタリー」、映画のほうは「セメタリー」です)

AI美空ひばり」は、NHKやレコード会社に残っている膨大な映像や音源を元になっているわけですが、ひばりさんを偲ぶなら、過去の映像を流せばいいことでしょう。「新曲」なんていりません。かなり前ですが、河島英五さんが亡くなった年の「紅白歌合戦」で、堀内孝雄さんがスクリーンに映し出された河島さんの映像と歌声に合わせて「酒と泪と男と女」を歌ったことがあり、 この「デュエット」には感動しました。故人を偲ぶならいくらでもいい演出ができると思います。故人を蘇らせ、新曲を歌わせるなんて必要ありません。

(ジャッピー!編集長)

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「紅白歌合戦」、スペシャル・メドレーが多すぎる!

一昨日の大晦日の夜は「紅白歌合戦」を観ていました。今回が第70回、僕は子どもの頃から観続けているので、自分の人生と合わせてずいぶん遠くまで来たなあという感じです。前にも書きましたが、若い出場者のほとんどを知らないので、年に一回、「紅白歌合戦」のときだけ「今、流行り」の歌手やグループに接する機会になっています。

思えば、DA PUMPの「U.S.A.」という曲も一昨年(第69回)の「紅白」で初めて観たのでした。

僕のような年配者にはちょっとついていけないのは、ジャニーズ、AKB48とか、EXILEの一派がたくさん出ていて、ただでさえ、歌というより踊りが目立っていて目まぐるしいことですかね。似たようなグループばかりじゃなく、もっとヴァラエティに富んだ人選にしてほしいです。まあ、「事務所」の関係もあるんでしょうが……。

また、出場者の多くが自分の曲を何曲かつないで「スペシャル・メドレー」とかにしているのも不満ですね。「紅白スペシャル・メドレー・ヴァージョン」とか「ベストヒット・メドレー」だとか「ONE TEAMメドレー」、「OSAKAメドレー」とか。もう何がなんだか。福山雅治さんなんか「デビュー30周年直前スペシャル・メドレー」だって。「30周年」でもないのかよ! この分だと、来年は「デビュー30周年スペシャル・メドレー」で、その次の年は「デビュー30周年直後スペシャル・メドレー」になるんじゃなかろうか。

とにかく「スペシャル・メドレー」が多すぎますよ! 全出場者のうち、一組か二組にしといたらどうですか。こう、あの人もこのグループも「メドレー」じゃ、もはや「スペシャル」じゃないでしょう。それに、「メドレー」というのは、お得なようで、一曲を短くしてつないでいるからね、しょせんダイジェストというか、これも目まぐるしいのです。短い時間の中に詰め込めばいいってもんじゃないと思いますよ。ただ薄まってしまうだけ。結果、印象にも残らないのです。

要するに、何が言いたいかというと、じっくり1曲を聴かせるステージであってほしいということです。今は、昔のように「紅白」のステイタスというものがないのかもしれませんが、一世一代の舞台で思い入れたっぷりに1曲を熱唱する姿が観たいですね。かつてはそういう場面がいっぱいあったので、ああ、あのときのパフォーマンスはスゴかったなあといつまでも記憶に残っているものがいくつもあります。ちなみに、僕が一番印象に残っているのは、1969年の「紅白」で「ク・ク・ル・ク・ク・パロマ」を唄ったアイ・ジョージさんです。この歌唱はすごかったです!よく息が続くなあと驚きました。

結果的に、今回の「紅白」で強く印象に残ったのは、Superflyさんや、ゲストで登場し「浅草キッド」を歌ったビートたけしさんでした。シンプルに1曲をじっくり聴かせる。これでしょう。よく「紅白」のコンセプトに「歌の力で」とうちだされていますが、じっくり聴かせてこそ「歌の力」が立ち上がるのではないでしょうか。「メドレー」ばかりになったら、ひとつのショーとしての「起承転結」もあったもんじゃないですよ。「紅白」の担当するプロデューサー、演出家には「紅白」は「歌を聴かせる」という王道を守ってほしいなあと願います。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

『男はつらいよ 寅次郎物語』の名言ふたたび

ひとつ前の当ブログで、「生きていて良かった」と思えることを……と書きましたが、これは寅さん(渥美清さん)が、満男(吉岡秀隆さん)に「おじさん、人間は何のために生きているのかなあ」と問われて答えるシーンを念頭に置いています。まったく、僕の頭の中は映画から学んだことだらけなのです。正確には「いいか満男、あー、生まれてきて良かった、そう思うことが何べんかあるだろ、そのために生きてんじゃねえか」といった台詞でしたが、これは、ふと名セリフを発する寅さんの中でも、シリーズ屈指の名言だと思います。僕には名言ベスト・ワンかもしれません。このセリフが登場したのは『男はつらいよ 寅次郎物語』(1987 山田洋次監督)でしたが、今回の『男はつらいよ お帰り寅さん』(2019 山田洋次監督)にも、この場面が引用されていました。ある意味、『男はつらいよ』シリーズに通底する人生観、哲学だと思います。

『男はつらいよ 寅次郎物語』は秋吉久美子さんがマドンナで、第39作目。期の『男はつらいよ』の中でかなり上位にくる出来だと思います。テキ屋仲間が死んで、その遺した少年を連れて実母を探し訪ねるという発端から、途中で病気になった少年の看病を通して出会った秋吉さん、というストーリーの転がり方が絶品でした。秋吉さんに合ったキャラクターだったし、3人がまるで親子のように奈良を見物して歩くシーンとか良かったなあ。見知らぬ子どものために骨をおって、心を通じ合わせる、そんな気持ちが伝わってきます。アフガニスタンで命を落とした医師・中村哲さんが生前、「困っている人がいたら助けたくなる」、それは人間として当たり前のことでしょうとおっしゃっていたのを思い出します。

シリーズが始まってから50年、『男はつらいよ 寅次郎物語』からだって32年経ちましたが、庶民の願うことは「あー生まれてきて良かった」と2、3回感じること、そういったささやかな幸せなのです。しかし、現実世界はどうでしょう。今回の新作『男はつらいよ お帰り寅さん』の中に、スザンネ・シェアマンさんが車で銀座を通るときに、高級ブランドの店が並び、華やかな通りに賑わう人々を見ながら「みんな幸せかしら?」と後藤久美子さんに問いかけるシーンは印象に残りました。「幸せ」とは何なのか、はたして物質的に満たされ、何不自由なく食事をし、買い物をしていれば「幸せ」なのか、今の日本、日本人に声高ではないですが鋭く問いかけているように思います。みんな自分のことだけ考えて必死に生き、余裕がない暮らし。一部が優遇され、他の者のことなんか眼中にない選民思想主義の首相に率いられている政権。自分が良ければいい、自分が、自分が、という中に本当に「幸せ」はあるのか、まさしく『男はつらいよ お帰り寅さん』には、「今」へのメッセージがあったと思います。

(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ