ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

『サザエさん』といえば、江利チエミさん!

ひとつ前の当ブログに書いたように、テレビアニメ『サザエさん』が1969年に放映スタートしてから今年は50年目。声優さんは亡くなったりして交代しているものの、サザエさん一家は歳もとらず、昭和の家族のまま生活しています。それでも、番組最後、サザエさんが飴玉を口に放り込み「ウッ、ゴゴッ……」とノドに詰まらせるショットは「マネするとあぶない」ということでカットされたり、細かい部分では時代の空気には反映されざるを得ませんね。

『サザエさん』のテレビアニメ放送の前には、江利チエミさん主演で実写ドラマ化もされており、よく観ていました。(実は戦後すぐの1948年には東屋トン子さん主演で映画化されていましたが)何といっても「サザエさん」といえば、江利チエミさんで、映画も10本続くシリーズとなった(たしか舞台でも演じています)当たり役です。この江利チエミさんのテレビドラマ版では、マスオさん役の川崎敬三さんがこれまたピッタリの適役でした。

テレビドラマの『サザエさん』では波平が森川信さん、フネが清川虹子さんでしたが、その前、東宝で映画化された当初は、サザエのお父さん、お母さんには名前がついていませんでした。『サザエさん』(1956 青柳信雄監督)で、藤原釜足さんがハゲヅラを被って演じたお父さんは「サザエの父」、清川虹子さん演じたお母さんは「サザエの母」とプレスシートに出ていました。サザエ、カツオ、ワカメと子どもの名前があっても、父母に役名はないのです。まるで「バカボンのパパ」みたいですね。映画を観ると、サザエの住む家の表札は「磯野松之助」となっていますから、釜足さんが演じたお父さんは「波平」じゃなく「松之助」なのでしょう。これは、もしかしたら笑福亭松之助さんの名前からとったのかもしれません。というのは、今年(2019年)の2月22日に93歳で亡くなった松之助師匠は、明石家さんまさんの師匠として知られていますが、吉本興業所属。映画『サザエさん』のタイトルロールには、「江利チエミ(吉本)」と出るのです。当時、江利さんは吉本興業に所属していたのですねえ。他に小説家・神田大六先生の役でアチャコも出演されますから、吉本がらみでお父さんの名前に「松之助」とつけたのではと推測しています。(サザエの妄想で、アチャコさんがデパートで6歳の女の子の服を着る姿が登場し爆笑ものです)

この第1作、サザエが友人(若山セツ子さん)の紹介で出版社に入ります。同じビルに入っている会社に勤めているマスオ(小泉博さん)と出会いますが、出版社は一日でクビ、マスオの紹介で「探偵事務所」に入ると、所長が森川信さん。かと思えば、磯野家に下宿するノリスケ役で若き仲代達矢さんが出ていて、鶏小屋に閉じ込められて「コケコッコー!」と叫んだり楽しい作品でした。

何といっても、江利チエミさんがサザエさんそのものという感じで、これ以上のキャステイングが考えられないほど、ハマっているのです。その後も、星野知子さんや観月ありささんもサザエを演じたし、今年は舞台で藤原紀香さんも演じていましたが、チエミさんには遠く及ばないですねえ。もちろん、チエミさんの歌もしっかり聴けます。サザエが妄想に浸るとミュージカル調の場面になって、近所のお店の御用聞きたちを演じるダーク・ダックスがコーラスをつけたり、サザエが初出勤でウキウキした気分で♪ヴィヴィデ、バビデブー~ とか歌うシーンの楽しさ!

そういえば、「御用聞き」というのもなくなりましたね。この映画には、他にも、「火鉢」にまたがり叱られるカツオ、「ほうき」を逆さに立てかけ手拭いかぶせる、客が早く帰るおまじない?など、昭和の生活風景が満載です。  (ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

『サザエさん』テレビアニメ開始から50年

昨日の当ブログに書いたように、『男はつらいよ』(1969 山田洋次監督)が今年、公開50年を迎えたわけですが、フジテレビで日曜夜に放映されている『サザエさん』も今年50周年です。『男はつらいよ』が現実世界と合わせて劇中の時間が流れているのに対して、『サザエさん』のほうは、ずっと時間は止まったままで登場人物は歳をとりません。サザエさんはずっと若いママで、カツオは永遠の小学生なのです。お父さんの波平、いつも家では着物を着て、盆栽をいじったり、碁をうったりしている姿は「老父」というイメージですが、まだ54歳。当時の多くの会社は定年55歳なので、定年も視界に入っています。「人生100年時代」と言われる今だったら、まだ人生の半ばであります。今年の紅白歌合戦でトップバッターをつとめる郷ひろみさんより10歳も年下なのです! 

『男はつらいよ お帰り寅さん』(2019 山田洋次監督)のように、リアルに時間が流れたとしたら、アニメがスタートした時点から50年、サザエは74歳、カツオは61歳、ワカメは59歳、マスオさんは78歳、タラちゃんは52歳というわけです。波平とフネは鬼籍に入っているでしょうから、当面の問題は高齢者になったマスオやサザエの生活や終活問題、カツオやワカメも成人病が気になる年代です。あまり明るいものになりそうもないですね。お魚くわえたドラ猫を追いかけたり、昭和の時代を明るく生きたサザエさんが、AIだ、キャッシュレスだ、といった時代に対応できずオロオロしたり、おっちょこちょいのサザエさんのことですからオレオレ詐欺に引っかかったりしている可能性も高いですよね。そんな姿は見たくないなあ。それなら、最初に新聞に掲載された1946年(昭和21年)の「サザエさん」の設定で考えれば、もうサザエなんかこの世にいないだろう(サザエは大正11年生まれという設定)から、権力のズルがまかり通る見苦しい今の日本を見ずに済んだかなと思えます。カツオなんかは1938(昭和13年)生まれですから、もう後期高齢者(いやな言葉です)でしょうか……。

そう考えると、「サザエさん」は、ファンタジーとしていつまでも「時間の止まった」家族のまま凍結していたほうがいいのでしょう。昔々、日本には「家族」という単位があったのじゃ……という「にほん昔ばなし」の領域になったりして……。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

『男はつらいよ お帰り寅さん』の満男の車のナンバーは!

ひとつ前の当ブログに書いたように、井上陽水さんがデビュー50周年なら、『男はつらいよ』(1969 山田洋次監督)も公開から、今年で50年です。(当ブログ2019年8月28日「『男はつらいよ』第1作公開から50年」をお読みください)その50年目に復活した『男はつらいよ お帰り寅さん』(2019 山田洋次監督)をさっそく観に行ってきました。

一昨年だったか、ラジオに山田洋次監督が出て、「今、『男はつらいよ』の50作目を考えているんだよ」とおっしゃったときは、耳を疑いました。詳細は語りませんでしたが、過去の「寅さん」の映像を使うようなことを言っていたので、僕は「総集篇」みたいなものか……と思ったのです。ムリに「50本目」という数字にこだわることもないのになあ……とちょっと危惧していたのです。

しかし、この『男はつらいよ お帰り寅さん』、見事に作品として成立していました! もちろん、寅さん=渥美清さんが登場する所は過去の『男はつらいよ』シリーズの映像から引用したものなんですが、それが物語の中の(主に満男の)回想として無理なく使われていました。そして、渥美清さんだけでなく、若き日のさくら(倍賞千恵子さん)、博(前田吟さん)の姿も映し出されます。第1作のさくらに惚れた博に対して、寅さんがイチャモンをつけて博が印刷工場を辞めて出て行ってしまうというシーンが映し出され、あの時、おふくろとオヤジが一緒にならなかったら満男という存在もなかったんだ……というようなことを感じさせられます。そう、ここで使われる「過去作」の映像は、寅さんのだけでなく、今、2019年を生きる人々が、この昭和から平成、令和に至る50年、必死に生きてきた時間や歴史を映し出すのです。

普通の映画だったら、回想シーンには別の若い俳優を起用したり、その俳優をメイクで若く見せたり、という手法を使うわけですが、この長大なシリーズには、寅さんとその家族、周囲人々の「若き日」の姿が映像ストックとして使うということが可能だったわけです。これが不思議な効果をもたらします。映画の中に流れる時間と、実際に観に来た観客(特に「寅さん」を観続けた人たち)の時間の流れがシンクロするというか。また、若く瑞々しい倍賞さんや、前田さんの姿のあとに映る「今」の年老いたお二人、それを映し出すことはある意味、役者にとっては残酷なことかもしれませんが、まさに「さくら」や「博」の今なのですから、劇中の登場人物、観客だけでなく、演じる役者の三つの時間がシンクロし、そこに50年が流れたということなのです。まさしく、これこそ「大河」ドラマといっていいかもしれません。

そういえば、山田洋次監督が前述の一昨年のラジオ出演のとき、「倍賞さんや、前田さんがお元気で出られるうちに作りたいんだ」というようなことを言っていたのですが、実際に映画を観て「ああ、そういうことだったのか……」と腑におちました。あくまで、渥美清さんが亡くなりシリーズが終了した「その後」を生きた「さくら」や「博」「満男」、柴又を描きたかったのだなあと。そこに「寅さん」の膨大な過去映像が使えた、ということでしょう。

単なる「寅さん」の総集篇やグレイテスト・ヒッツではなく、きちんと「今」を描きメッセージもこめている作品でした! それでも、ラスト近くの怒濤のマドンナ・ショットには落涙してしまいました。まるで『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988 ジュゼッペ・トルナトーレ監督)のようやわ~! そこに映るマドンナの何人かは既に亡くなり、それでもこうして銀幕に映る姿は永遠なのだ……と、ここにも「流れる時間」への哀惜が涙腺を刺激するのでしょう。

細かいところですが、満男(吉岡秀隆さん)が泉(後藤久美子さん)を乗せて走る車のナンバープレート、「1969」でした! 第1作の公開年を意識したのは間違いないでしょう! (ジャッピー!編集長)

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「井上陽水50周年SP 名曲選1969-2019」を観ました。

26日の当ブログで、1225日の深夜にTBSで放映された、「クリスマスの約束」で小田和正さんとゲストの方々の歌を堪能した話を 26日の当ブログで、1225日の深夜にTBSで放映された、27日(金)の夜10時からは「井上陽水50周年SP 名曲選19692019」を観ました。こちらはNHKです。

井上陽水さんが「アンドレ・カンドレ」という名前でデビューした1969年から50年を記念して、たっぷりと聴かせてくれました。冒頭に「メドレー」を披露しましたが、陽水さん、「コンサートでも、こういうメドレーをやると、ファンの人から、この曲、好きなのに途中で終わっちゃうの!? とか、最後まで聴きたいのに~ とか言われるんだけど、そういう願いが叶わないのが人生なんだということを知ることもいいんじゃないかなと……」と、例によっての陽水節で語っていました。といいながら、最初の曲だけはちょっと紹介しとくと…と、デビュー曲「カンドレ・マンドレ」について語りました。そういえば、この曲、ラジオで聴いたことはありましたが、歌っている陽水さんの姿を映像で観るのは、『女番長 野良猫ロック』(1970 長谷部安春監督)の劇中で歌っているのを観て以来であります。(これについては当ブログ20171025日「『女番長 野良猫ロック』、モップスと井上陽水さん」に書いてありますのでお読みください)

そして、次から次へと繰り出される名曲群。テレビなので、画面に歌詞が字幕で出るので、聴きながらその字面を見ていると、本当に陽水さんの書く詞の世界の独特な魅力をあらためて感じさせられました。「氷の世界」の、♪僕のTVは寒さで画期的な色になり とても醜いあの娘をグッと魅力的な娘にして消えた~ なんてところの感覚、初めて聴いたときに驚かされましたが、その後、時を経るにしたがって、ますます一つ一つの日本語が研ぎ澄まされていくように感じます。「ジェラシー」の、♪はまゆりが咲いているところを見ると どうやら僕らは海に来ているらしい ハンドバッグの留め金がはずれて化粧が散らばる 波がそれを海の底へ引き込む~ なんてのも聴きながら映像が浮かびつつ、どこか幻想的な味わいも醸し出すところがスゴイと思います。

番組では、陽水さんの歌の合間に5人のゲストが登場して「井上陽水」を語るのですが、奥田民夫さんが曲をつけた「アジアの純真」の意味よりも言葉遊び的な単語の並びなど、奥田さんも脱帽していました。「渚にまつわるエトセトラ」の♪カニ食べ行こう~はにかんで行こう~ について、「陽水さんという人は本当にカニが好きで、毎日でも食べるような人で、どんだけカニ好きなんだい!」という暴露?話も面白かったです。また、宇多田ヒカルさんが陽水さんの「歌詞」について、「どーん!と大きな建物を建築するんじゃなくて、細かい組み細工のように言葉を組み合わせている感じがします。私もそっちのタイプなので……」というようなことを言っていたのが印象に残りました。本当に、一見ミスフィットかもと思われる意外な言葉を持ってきたり、その発想と感性、陽水さんの頭の中を覗いてみたいぐらいです。

最初にゲストとして登場した松任谷由実さんが、「陽水も私も、作る曲の世界がセンチメンタルやメランコリックという点で共通すると思うけど、センチメンタルというのは贅沢な感情なんですよね。本当に貧しくて食うや食わずだったりの社会だったらセンチメンタルなんて感情は起らないわけだから」という自己も含めての批評、なるほどと思いました。また、「陽水も私も複数回、ブームになったという点が共通するわね」ともおっしゃっていました。続けて、「私はこらえ性がないから同じスイングを続けられないですぐ変えちゃうんだけど、陽水は動かないわね、ずっと揺るがない」と語り、たしかに長年こうして生き残ることは、進化する点に加えて普遍性のようなものがバランスよくあることが大事なのかもしれません。

番組は「とまどうペリカン」、「海へ来なさい」といった僕の好きな曲も歌ってくれて、大変満足しました。「結詞」で幕を閉じる構成もよかったです。それにしても50年、こうして第一線でいることはやっぱりすごいことですね。(当ブログ201910月3日「井上陽水さんデビューから50年 手書きのうれいの年表」もご参照ください)

(ジャッピー!編集長)

 

書きましたが、

27日(金)の夜10時からは「井上陽水50周年SP 名曲選19692019」を観ました。こちらはNHKです。

井上陽水さんが「アンドレ・カンドレ」という名前でデビューした1969年から50年を記念して、たっぷりと聴かせてくれました。冒頭に「メドレー」を披露しましたが、陽水さん、「コンサートでも、こういうメドレーをやると、ファンの人から、この曲、好きなのに途中で終わっちゃうの!? とか、最後まで聴きたいのに~ とか言われるんだけど、そういう願いが叶わないのが人生なんだということを知ることもいいんじゃないかなと……」と、例によっての陽水節で語っていました。といいながら、最初の曲だけはちょっと紹介しとくと…と、デビュー曲「カンドレ・マンドレ」について語りました。そういえば、この曲、ラジオで聴いたことはありましたが、歌っている陽水さんの姿を映像で観るのは、『女番長 野良猫ロック』(1970 長谷部安春監督)の劇中で歌っているのを観て以来であります。(これについては当ブログ20171025日「『女番長 野良猫ロック』、モップスと井上陽水さん」に書いてありますのでお読みください)

そして、次から次へと繰り出される名曲群。テレビなので、画面に歌詞が字幕で出るので、聴きながらその字面を見ていると、本当に陽水さんの書く詞の世界の独特な魅力をあらためて感じさせられました。「氷の世界」の、♪僕のTVは寒さで画期的な色になり とても醜いあの娘をグッと魅力的な娘にして消えた~ なんてところの感覚、初めて聴いたときに驚かされましたが、その後、時を経るにしたがって、ますます一つ一つの日本語が研ぎ澄まされていくように感じます。「ジェラシー」の、♪はまゆりが咲いているところを見ると どうやら僕らは海に来ているらしい ハンドバッグの留め金がはずれて化粧が散らばる 波がそれを海の底へ引き込む~ なんてのも聴きながら映像が浮かびつつ、どこか幻想的な味わいも醸し出すところがスゴイと思います。

番組では、陽水さんの歌の合間に5人のゲストが登場して「井上陽水」を語るのですが、奥田民夫さんが曲をつけた「アジアの純真」の意味よりも言葉遊び的な単語の並びなど、奥田さんも脱帽していました。「渚にまつわるエトセトラ」の♪カニ食べ行こう~はにかんで行こう~ について、「陽水さんという人は本当にカニが好きで、毎日でも食べるような人で、どんだけカニ好きなんだい!」という暴露?話も面白かったです。また、宇多田ヒカルさんが陽水さんの「歌詞」について、「どーん!と大きな建物を建築するんじゃなくて、細かい組み細工のように言葉を組み合わせている感じがします。私もそっちのタイプなので……」というようなことを言っていたのが印象に残りました。本当に、一見ミスフィットかもと思われる意外な言葉を持ってきたり、その発想と感性、陽水さんの頭の中を覗いてみたいぐらいです。

最初にゲストとして登場した松任谷由実さんが、「陽水も私も、作る曲の世界がセンチメンタルやメランコリックという点で共通すると思うけど、センチメンタルというのは贅沢な感情なんですよね。本当に貧しくて食うや食わずだったりの社会だったらセンチメンタルなんて感情は起らないわけだから」という自己も含めての批評も印象に残りました。また、「陽水も私も複数回、ブームになったという点が共通するわね」ともおっしゃっていました。続けて、「私はこらえ性がないから同じスイングを続けられないですぐ変えちゃうんだけど、陽水は動かないわね、ずっと揺るがない」と語り、たしかに長年こうして生き残ることは、進化する点に加えて普遍性のようなものがバランスよくあることが大事なのかもしれません。

番組は「とまどうペリカン」、「海へ来なさい」といった僕の好きな曲も歌ってくれて、大変満足しました。「結詞」で幕を閉じる構成もよかったです。それにしても50年、こうして第一線でいることはやっぱりすごいことですね。(当ブログ201910月3日「井上陽水さんデビューから50年 手書きのうれいの年表」もご参照ください)

(ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

小田和正さんと和田唱さんのムービー・メドレー

ひとつ前の当ブログで書いたように、昨日は年賀状を書いていたのですが、終わって夜中、何気なくテレビをつけたら、小田和正さんの「クリスマスの約束」をやっていました。たしか昨年はやってなかったと思いますが、その前は毎年のようにこの時期に放送されていたライヴショーです。僕も何回か観たことがありますが、小田さんがステージの端から端まで走りまわって歌う姿に驚いた覚えがあります。その時点でもけっこうな年齢(60代?)だったと思いますが、この人は声の質も声量も変わらないですねえ。相当トレーニングをしているのでしょう。僕は長年、教員をしていて、一応教室内でそれなりの声を出していましたが、辞めた途端、あまり大きな声が出なくなってしまいました。

小田和正さんも今年72歳、さすがに昨日の「クリスマスの約束」では走り回ってということはなかったですが、若いミュージシャンと楽しそうに歌っていました。昨日、ついつい観てしまったのは、オープニングが「心の旅」で、♪あー、だから今夜だけは~ という歌い出しに惹かれたからです。続いて、小田さんが「同じ頃、『ふきのとう』という男性デュオがいまして……たぶん『グレープ』がヒットした影響でしょうが、当時あちこちのレコード会社に男性デュオが生まれまして……」と話し始め、「まあ、僕らもそうだったんですけどね……」と続けました。そうです、「オフコース」も最初は小田さんと鈴木康博さんの二人組でした。僕はこの頃の「オフコース」が好きで、今でもふいと「僕の贈りもの」とか「忘れ雪」なんて曲が頭の中に流れることがあります。この頃は、まさか「オフコース」が武道館でコンサートをやるとか、小田和正さんがメガ・ヒットを連発するとは思ってもいませんでした。

それはともかく、「心の旅」に続いて、「白い冬」を歌ったので、昭和人間の僕はもうテレビの前から離れることができなくなってしまいました。このショーには次々にゲスト・ミュージシャンが登場し、KANさんが「愛は勝つ」を歌ったりしました。中でも、「トライセラトップス」の和田唱さんが登場、「ムービーメドレー」として、小田和正さんと共に、映画音楽を歌ったのは嬉しい企画でした。バーブラ・ストライザンドさんが歌った「追憶のテーマ」に始まり、「トップハット」、「オー、プリティ・ウーマン」、「風のささやき」(『華麗なる賭け』の主題歌、ミシェル・ルグランさんの名曲ですね!)、「ゴーストバスターズ」、といろんな年代の映画で使われた曲が続き、『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」なんて新しいものも披露されました。そして、「大脱走のテーマ」! 和田さんが登場したときに、観客に「一緒に口笛で参加してください」と、客席の人たちにメロディーを教え口笛の練習までしたのが功を奏して、満員の会場いっぱいに、あのエルマー・バーンスタイン作曲のメロディーが口笛で広がったのです。会場にいた人の中にはけっこう年配の方も多かったように見えましたから、これは嬉しかっただろうなあ! 僕も『大脱走』(1963 ジョン・スタージェス監督)におけるスティーブ・マックイーンさんの雄姿が瞼に浮かびました。『華麗なる賭け』(1968 ノーマン・ジェイソン監督)と、2曲、マックイーンさん主演作品の音楽が流れたわけですが、あの頃の映画の音楽って本当に映像を想起させる力があったなあ! 

口笛の大合奏のあと「虹の彼方に(オーヴァー・ザ・レインボー)」を歌い、このコーナーは終わりましたが、和田唱さんは、「父に、キャンプや山登りに連れていってもらったことはないけど、映画はよく連れていってもらった」とおっしゃっていました。和田誠さんが亡くなり、彼の膨大な映画の知識や記憶が消えてしまったことを残念に思いましたが、こうして「音楽」というまた別の形で引き継がれているのは嬉しいことです。  (ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ