ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

アベ晋ゾーに聞かせたい『AI崩壊』の大沢たかおさんの台詞

ひとつ前のブログに書きましたが、『AI崩壊』(2020 入江悠監督)のように、「AI」が人間の選別を始めたら僕なんか間違いなく「処分される」先頭集団に入るでしょう。年齢もいっているのに子どももいないわ、富もないわ、社会に貢献しているわけでもないわの三球三振です。自分でも、こんな人間が地球の貴重な水や食糧資源を消費していいのだろうか……と憂鬱になることがありますから、「AI」は見逃してくれないでしょう。

この映画は、入江悠監督のオリジナル脚本だということですが、当然最近の日本社会の空気も反映しているようです。「AI」を暴走させる犯人の動機は、「生産性のない人間を合理的に消すことが、これからの日本のあるべき姿だ」みたいなことですから。どこかで聞いたセリフですよね、スギタ水脈議員。

スギタ選民主義議員といえば、当ブログ1月30日「スギタ水脈と『やまゆり園』殺傷犯は同類」に書いたように同根の思想を持つ植松聖被告が、昨日の裁判員裁判で遺族の質問に答えました。相変わらず「意志疎通がとれない人は社会の迷惑」とか「殺したほうが社会の役に立つと思った」などということを言っていると新聞で読みました。この差別的で独善的な言葉には、耳を塞ぎたくなります。まったく、何でこういった人間がいるのか、心が冷え込みますが、一方、植松被告「長年育てた母親を思うと申し訳ない」と語っています。この男には、殺したり傷つけたりした方たち一人ひとりにも親がいて、それぞれが名前に願いをこめ、育ててきたことには思いが至らなかったのでしょうか。

『AI崩壊』の犯人も、捕まっても反省せず「望むと望まないにしろ、もうこういう流れは止められないんだ。人間は地球の主役ではなくなっているんだ」といったことを言うのです。本当に、人間を数値化し、価値があるかないかを選別することは実際進行しているような気配で怖いです。マイ・ナンバーとかで、がっちり国民ひとりひとりの情報は握られ、管理されているのでしょう。たぶん、僕たちが思っている以上に、丸裸にされているのだと思います。この映画に出てくる「システム」のようなものを使用して、『新聞記者』(2019 藤井道人監督)に描かれたように内閣調査室で日々「選別」をしていることでしょう。(当ブログ2019年8月20日「今そこにある『表現の不自由の空気』」を参照ください)

何かというと「個人情報」を盾に「桜を見る会」について何にも明らかにしない政権は、ある意味「個人情報」の価値を一番分かっているのかもしれません。自分たちだけが知り得て利用できるアイテムとして手放せないものとして。劇中でも選別主義的な政策を持つ副首相(酒向芳さん)が一枚かんでいて、「AI医療システム」を狂わせ、首相(余貴美子さん)のペースメーカーを作動させなくし「殺した」のです。権力者の都合で、こういった「技術」を悪用するなんて容易いものでしょう。一部が「情報」という財産を握っている全く怖ろしい世の中になったものです。科学技術は本当に人間を幸せにしたのでしょうか……。

映画のラスト近く、大沢たかおが犯人に向かって言います。「AIがどんなに進化しても、人間にしかできないことがある。それは責任をとることだ!」これ、どこに向けて行っているか明らかですね。アベ晋ゾー、よく聞いておけ!  (ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

『AI崩壊』と昭和アナログ人間の嘆き

先日、『AI崩壊』(2020 入江悠監督)を観ました。さすがは入江監督、最後までぐいぐい引っ張って見ごたえがありました。大沢たかおさん演じる天才的な科学者が開発した「AI医療システム」が認可され定着している2030年が舞台の近未来ものですが、実際に今の社会にすでにその萌芽がある部分も多く見られました。

大沢さんは引退してハワイだかでのんびり暮らし会社は亡くなった妻の弟(賀来賢人さん)に任せています、。彼が開発した「AI医療システム」は年齢、健康状態や病歴はもちろん、家族構成や年収といった全ての情報が組み込まれ管理されています。そのデータは究極の「個人情報」といえます。そのおかげで、適切な治療を受けて助かった人もいるし功績大ということで、開発者の大沢さんは国から表彰されるので久々に帰国します。

しかし、突如、「システム」が狂い出します。首相(余貴美子さん)は心臓のペースメーカーが機能せず亡くなります。同じように全国で医療機器が働かなくなったり、手術が出来なくなり亡くなる人が続出、大パニックになってしまいます。すべてを「システム」が統括しているので、その制御ができなくなると全部ダメになってしまうのです。会社のドアも勝手に閉まってしまい大沢さんの幼い娘も閉じ込められてしまいます。おまけに大沢さんは犯人にされて逃亡するハメになってしまいます。

警察も全面的に「AI」を導入しているので、大沢さんがどこにいてもすぐに突き止められてしまいます。大沢さんは逃げながら、無実を証明し、娘の命を救えるのか……さらに、「AI医療システム」の方は何者かが設定して、「人間の選別」を始めます。生きている価値を数値化して「不要」と判断された国民を消してしまうのです。全ての情報を管理するという「利便さ」が人の生死を握る悪魔の機械に変わってしまうのです。この「選別」された人間の処分が開始されるタイムリミットも加わり、サスペンスフルでした。

今、いろんなところに「AI」が進出していて、もうこういった話が遠いSFとは言えなくなっていますよね。昭和人間で「IT弱者」の僕にとっては、今こうしてパソコンに文章を打っているのもおっかなびっくり(よく動かなくなってしまい、それだけでもう焦りまくってしまうのです)、未だにスマホは持たず(使いこなせそうにないのが明らか)ガラ携です。もちろん何とかペイとか、キャッシュレスにも無縁です。何か信用できないんです。カードとかオンラインとか、知らないうちにこっちに不利益なことをされているんじゃないか……という心配がいつも拭えないのです。この映画の中でも当たり前になっている「自動運転」なんか乗りたくないですね。怖いというのが先に立ちます。まだ運転する人が見えたほうが安心というか、技術に全面的に心を許していないのであります。お金も現金のほうがいいし、紙とエンピツが好きなんです。そんな僕にはこの映画で描かれた社会は本当に怖かったです。このように「AI」が自動的に「選別」を始めたら、僕なんか真っ先に消されるだろうなあ……。

そんなことを思いながら映画を観終わって、よく行くファミレスに入ったら、いつのまにか席にタブレットが置いてあって、そこから「タッチパネル」で注文するシステムになっていました。今まではウエイトレスさんが来て面と向かって注文していたのに……。「タッチパネル」を前にしただけでじんわり汗が出てきてしまい、うまく注文できなくて滞ってしまいました。アナログ人間には厳しい世の中です……。 

ちなみに、この映画の主題歌を歌っているのはAIさんでした。これは一種のシャレなんでしょうか。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「日本語」「教育」「民主主義」3つの破壊者・アベ晋ゾーは地獄へお帰りください

昨日の当ブログ「一緒にされたら全国のポチに失礼」に書きましたが、衆院予算委員会で委員長をつとめているタナハシとかいうボンクラがまた、政権寄りの議事進行をしました。ゴキブリ男のアベ首相が指名されているのに無視して別の官僚を指名、そいつがダラダラ答弁するので時間切れになってしまうという事態を引き起こしました。どこまでゴキブリ野郎のケツを舐めるのか。定例会見で、東京新聞の望月衣塑子記者が手をあげても徹底的に無視するスガも含めて、小学校の学級会にも劣る運営ぶりです。ホント、小学校からやり直して「公平に進めてください!」と子どもたちから叱られたほうがいいです。

そもそも、親分のアベ・クソ・晋ゾーが精神年齢がガキ以下という低レベルですからねえ。あらためて言うまでもないですが、こいつの特徴は「全部、人のせいにする」ところです。「ホテルの主導だから問題ない」「官僚が名簿を破棄したから分からない」「事務所の秘書が間違った認識を持った」「内閣府が招待した」「客がそれぞれホテルと契約した」(←突っ込まれると「契約」を「合意」と言い直す。「募る」「募集」も含めてもはや、日本語の破壊者だ) 等々、「僕じゃないよ、他の人たちがやったんだも~ん」という言い逃れです。これだけ、周りのせいにしてその対応にあたふた、ドタバタさせ、迷惑をかけるって普通の人間だったらできないですよ。

さらに、何かというと「桜を見る会は民主党政権のときもやっていた」と発するのも、「だって、○○くんだってやっていたも~ん」という子どもの言い訳と何ら変わる所がありません。お前はバカか。今、問題になっているのはお前が首相になってから予算オーバーするほど客を招待し、しかもそのほとんどがお前の後援会メンバーだってことだ。お前自身の問題なんだよ! 口では「真摯に説明責任を果たす」と言ってるくせに。サザエさんだったら「カツオ! 人のせいにするんじゃありません!」と怒るところです。本当に、こういう言い訳をしている姿は子どもの教育に悪いなあ。アベ晋ゾーは教育の破壊者でもあります。だいたい「民主党政権のやり方を引き継いだ」って、普段「悪夢のような民主党政権時代」と言ってるのに「悪夢」を漫然と継承したのか。やっぱり、お前こそ「悪夢」じゃないか!

タナハシやスガが小学校からやり直すなら、アベ晋ゾーは幼稚園に入れてもらって「人のせいにしません」「ウソはつきません」と一日中、唱和してこい。あ、でも、あの薄ら笑いうかべた気持ち悪いツラを見ると、もう手遅れですね。

「民主主義」の破壊者・アベ晋ゾー、アッキーと一緒に地獄に帰ってください! (ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・青山京子さん 爽やかな健康美と「ついて来るかい」

今年に入って1月12日、元・女優の青山京子さんが亡くなりました。84歳です。ここ何年かは闘病されていたそうですが、青山京子さんといえば、東宝時代のピチピチした健康的な女性というイメージが強いので、亡くなったというのが信じられません。昭和の銀幕を彩った女優さんがまたひとり世を去ってしまい残念です。

1952年にオーディションを受け、東宝5期ニューフェイスとして入社、高校を中退した青山さんは青春映画に次々に出演されます。上にも書いたように、青山京子さんの健康的なイメージを活かし主演したのが『潮騒』(1954 谷口千吉監督)です。嵐に遭い、ずぶ濡れになって火にあたり、久保明さんに「その火を飛び越えてこい」と言う有名なシーン。線の細いナヨっとした女優さんだったら暗く淫靡なムードになってしまうところですが、青山さんのはじけるような健康美が爽やかな印象をもたらしました。

のちに山口百恵さんや、堀ちえみさんも主演されますが、アイドル映画の企画として『潮騒』を考えるとき、きっと青山京子さんの映画のイメージがあっただろうなあと思います。百恵さんやちえみさんも、細くて弱弱しい美人というよりは陽焼けの似合う健康的な女の子です。

久保明さん&青山京子さんコンビの作品が三島由紀夫さん原作『潮騒』の初映画化となったわけですが、元々ギリシャをイメージして土着の生活の中の神々がテーマです。神島を舞台にし、「都会と隔絶された美しい自然」の中での純朴な人間の姿を描くという三島さんの意図を見事に映画化したと思います。そして当時19歳の青山京子さんの何というか、「地に足をどっしりつけた逞しさ」という感じがピッタリはまりました。

すごく華やかな顔立ちというのではないので、以後、脇役が多かったですが、演技も安定感がありました。昨日の当ブログ「おままごとと『サザエさん』のワカメとサザエの会話」でちょっと触れた『サザエさん』(1956 青柳信雄監督)では、サザエ(江利チエミさん)の友人でノリスケ(仲代達矢さん)と結婚するみち子役を演じました。(アニメではノリスケの妻は「タイ子」という名前ですが) サザエとの対比もありますが、しっかり者の女性が似合っていました。

その後、東宝を離れてフリーになってからは東映の時代劇によく出ておられました。特に、大川橋蔵さんが鼠小僧に扮した『大江戸の侠児』(1960 加藤泰監督)なんか印象的でした。このまま女優を続けていけば、お母さん役とかもうまくこなして相当なキャリアを築いたと思いますが、1967年、小林旭さんと結婚して、スパッと引退なさります。青山さんが日活の小林旭さんとどこで接点があったのかは分かりませんが、スーパースター・美空ひばりさんと離婚した旭さんは、ひばりさんとは全く違うタイプで3歳年上の青山さんを伴侶に選んだのです。

青山さんは以後、ほとんど表舞台に出ることなく旭さんを支えます。特に、旭さんが事業で失敗して大きな借金を抱えてからは大変だったと思いますが、女優時代の青山京子さんのイメージ通り、「地に足をつけた」しっかりした奥さんだったのだと思います。1970年に旭さんが「ついて来るかい」という曲を出したとき、♪ついて来るかい~ 過去のある俺に~ とまるでご自分と重なるような歌詞を聴いて、きっと旭さんも奥さんの青山京子さんのことを思い浮かべているんじゃないかなあと思ったものでした。

数々の映画で溌溂とした魅力を見せてくれた青山京子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

一緒にされたら全国の「ポチ」に失礼

立憲民主党の枝野幸男代表が1月31日の記者会見で、衆議院予算委員会で委員長をつとめたタナハシ泰文の議事進行のやり方に言及し、「政権に尻尾ふっている。お前はポチか!」と言いました。タナハシは翌日だかに、涙目で「ひどい」と憤りを表していましたが、そもそもこのタナハシという人物はかつて旧民主党を「両生類」と揶揄したのです。(枝野さんはこのタナハシの抗議について「ポチで悪けりゃカエルだ」と返しましたね)「ポチ」なら哺乳類で、まだ人間に近いからマシじゃないのかね。でも、枝野さんはこの発言について謝ったほうがいいですね。タナハシにじゃないですよ、全国にいる「ポチ」という名前の犬たちに、です。こんな権力に媚びへつらって委員会を捻じ曲げるような奴と一緒にされてはたまりません。例に出してすみませんと全国にいる「ポチ」という名前の犬たちに謝罪したほうがいいですね。アベというウンコ野郎に従っているのだから「クソ虫か!」ぐらいに言っておくと良かったと思います。

今、全国の「ポチ」と言いましたが、どのくらいいるでしょう。明らかに「昭和」のネーミングでしょうね。僕の子どもの頃でも「ポチ」は古い名前だったと思いますが、だいたい「シロ」とか「コロ」といったシンプルなものでした。今や、犬の名前も洋風なものや、キラキラネームぽくなってますよね。「ショコラ」とか「チョコ」とか犬だかスイーツなんだか分からない名前をよく聞きます。こういった名前から勝手にイメージすると、犬にかわいい服を着せて、月に何回かトリマーに連れていってキレイにしてお部屋の中で愛玩する……という感じでしょうか。決して、板切れで作った犬小屋に入れて家族の晩御飯の残りを食べている番犬という姿は浮かびません。

僕も子どもの頃、犬を飼っていて、名前は「ケン」でした。当ブログ2018年4月30日「追悼・高畑勲さん」にも書いたように、当時観ていたテレビアニメの『狼少年ケン』からとりました。父親が捨ててしまい、以降は飼ったことがありません。(何と可哀想なことをしたのだろう……)その後は、隣の家(運送屋さんを営んでいました)が飼っていた犬と仲良くなりました。とても品があって、頭が良い犬で「ジョン」という名前でしたが、性別は「メス」でした。当時はオス、メス関係なく犬といえば「ジョン」と自動的につける人が多かったのだと思います。やはり近所に同じ「ジョン」という犬がいて、それも「メス」でした。僕はこっちの「ジョン」は大きくてちょっと怖くて苦手でした。困ったのは僕が運送屋さんの「ジョン」を呼ぼうと「ジョン~」と呼ぶと、苦手なほうのジョンが走ってやってきたのです。甘えたかったのでしょうが、体がデカいせいか突進してくる感じで僕は怖かったのです。この苦手なほうの「ジョン」は放し飼いにされていたせいか、保健所に捕まってしまったといいます。そのまま殺処分されたと聞いたときは、もっと優しくしてあげれば良かったなあ……と思ったのでした。当時は野良犬がけっこういて保健所が犬をさらっていたのです。

思わず、犬の話から追憶に浸ってしまいましたが、タナハシとかいう奴は、枝野さんから指摘を受けたあとでも、辻元清美議員が「総理にお聞きしたい」と言っているのを無視して総務大臣を指名したり、異常な委員会運営をしていました。優秀な大学出てるんだろうけれど、学習能力は「犬」以下ですね。ホント、こんなのと一緒にされたら

「ポチ」がかわいそうです。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ