ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

「今日は一日、『音楽映画』の音楽三昧」で最後にかかった曲は

11月3日(日)の文化の日は、NHK-FMで「今日は一日、音楽映画の音楽三昧」を放送するというので、楽しみにしていました。昼の1215分にラジオをつけ、とうとう夜の9時まで聴き通してしまいました! 休日に放送されるこの長時間特集番組はよく聴くのです。先日も「今日は一日、井上陽水三昧」を聴いた話を当ブログ10月3日に書きました。

今回は一人のアーティストの特集でなく、ジャンル特集ですが「音楽映画」とは何かというと、作品の中で音楽が印象的に使われているものというザックリした定義をされていました。いわゆるサントラに拘らず(サントラだと「映画音楽」になりますね)、既成の曲を使っているものが中心ですから、明らかに『ボヘミアン・ラプソディ』(2018 ブライアン・シンガー監督)を意識したジャンルでしょう。番組の冒頭でも、『ボヘミアン・ラプソディ』、『アリー/スター誕生』(2018 ブラッドリー・クーパー監督)、『ロケットマン』(2019 デクスター・フレッチャー監督)の名前をあげて番組のコンセプトを説明していました。1曲目が「ツァラトゥストラはかく語りき」がかかりました。確かに、これを聴くと自動的に『2001年宇宙の旅』(1968 スタンリー・キューブリック監督)を思い出します。そういう「音楽」ということです。

主に洋画の「音楽」がかかったわけですが、聴いているうちにその「音楽」が流れた映画が次々に思い出されて、自分でも驚くほどでした。このブログをお読みの方ならお気づきと思いますが、僕は自他ともに認める「日本映画ファン」で、頭の中は邦画の記憶でいっぱいで洋画の容量はそんなにないと思っていました。それが、かけられる名曲群を聴いているうちにフツフツと記憶が蘇り、思い出に浸ってしまったのです。いかに、「音楽」の映画に対する効果が強いかということをあらためて感じました。

中でも、「音楽」を聴いていて無性にもう一度観たい!と思った作品をあげると、『華麗なる賭け』(1968 ノーマン・ジュイソン監督)、『追憶』(1973 シドニー・ポラック監督)、『おもいでの夏』(1971 ロバート・マリガン監督)、『がんばれ!ベアーズ』(1976 マイケル・リッチー監督)などです。1970年代によく名画座で観た作品たちで、この頃に観た洋画が思った以上に、自分のコアな部分を形作っていることに気づかされたのでした。ああ、この辺の映画が観たいなあ、映画館で。

番組は、ロック系、ジャズ系、クラシック系……と「音楽」ジャンル別に紹介したり、昨年から今年初めにかけて奇しくも同じ年齢で亡くなったフランシス・レイさん、ミシェル・ルグランさんの追悼コーナーを設けたり、楽しく聴けました。レイさんが今でいう「引きこもり」気味の人であるのに対し、ルグランさんがけっこう短気なところがあったなどの話も興味深く、珍しくお二人が音楽を担当された『愛と哀しみのボレロ』(1981 クロード・ルルーシュ監督)の曲ももちろんかかりました。

そして、番組終了時間が近づき、エンリオ・モリコーネさんの『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988 ジュゼッペ・トルナトーレ監督)がかかり、これが最後の曲かなと思っていると、何と、最後にかかったのはニニ・ロッソさんの「水曜日の夜」でした! そうです、日本テレビの「水曜ロードショー」のエンディング曲です。この「水曜ロードショー」で洋画を観て、水野晴郎さんの解説を聞き、この哀愁をおびたトランペットが流れる、これは完全にセットになっていました。NHKさん、よく分かってらっしゃる、なかなか洒落たことやるなあと思いました。  (ジャッピー!編集長)

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

谷口千吉監督の2番目の妻・若山セツコさんの淋しい死

昨日11月3日の当ブログ「3度結婚の谷口千吉監督の最初の妻は」に書いたように、八千草薫さんの夫、谷口千吉監督の最初の結婚相手は脚本家の水木洋子さんでした。結婚生活10か月というスピード離婚をした谷口助監督、戦後、監督に昇進します。そのデビュー作が『銀嶺の果て』(1947 谷口千吉監督)です。助監督時代からの盟友、黒澤明さんと脚本を共作した山岳アクションの傑作です。谷口監督第1作というだけでなく、三船敏郎さんのデビュー作としても知られます。3人組の強盗の一人を演じ、それまでの日本人俳優にない野性味を発散、以後の黒澤映画の三船さんにつながる個性を見せつけました。最初、出演を断った三船さんを説得して抜擢したのが谷口監督ですから、世界の映画史的に重要な貢献をしたと言えます。さらに言えば、『ゴジラ』(1954 本多猪四郎監督)の音楽で有名な伊福部昭さんの映画音楽デビューでもあります。そんな傑作で谷口監督が出会ったのが若山セツコさんです。このときまだ18歳の若山さんは、強盗3人組(志村喬さん、小杉義男さん、三船さん)が押し入る山小屋の老人(高堂国典さん)の孫娘で初々しい少女という感じです。

東宝ニューフェイス1期生(三船さんと同期ですね)の若山セツコさんを一躍有名にしたのが、『青い山脈』(1949 今井正監督)です。民主主義を謳いあげる内容が時代とぴったりマッチし、主題歌とともに大ヒットした国民的映画です。この中で、丸メガネをかけたちょっと天然の女の子を演じ、人気を博しました。元祖・眼鏡っ子です! 当時の若者たちには、先生役の原節子さんより、若山さんはずっと身近に感じられたでしょう、アイドル的人気だったと思います。当時リアルタイムで観た方で『青い山脈』といえば若山セツコさんを思い出すという人は多いと思います。そもそも童顔の若山さんにぴったりの明るいキャラクターでした。のちの女優で似ているのは中田喜子さんですかね。

しかし、そんなアイドル的人気を得た1949年、若山さんは谷口監督と結婚。若山さん20歳、谷口監督37歳ですから17歳の年の差。これだけでも相当羨ましがられたりしたと思いますが、当ブログ11月2日「追悼・八千草薫さん」に書いたように、『乱菊物語』(1956 谷口千吉監督)で出会った八千草薫さんにゾッコンとなった谷口千吉監督は若山さんと離婚、翌年1957年に八千草さんと3度目の結婚をします。やはり、谷口さんの好みなのでしょうか、小柄で童顔、クールな美人というよりは優しい感じで「可愛らしい」という点で若山セツコさんと八千草薫さんは共通するものがあります。ともかく、若山さんに続き八千草さんと結婚した谷口さんに嫉妬まじりか本気で怒ったのか、「もう、谷口の映画は絶対観ない!」と語った東宝関係者がいたといいます。なるほど、気持ちは分かります。

谷口監督と離婚したあと、若山さんは女優として華々しい活躍をすることなく、脇役にまわり、やがて病気のため表舞台から姿を消します。復帰してちょこちょこテレビなどに出演した頃には精神的に不安定になっていたといいます。そして、お姉さん、お母さんを相次いで亡くし、若山さんは1985年(昭和60年)、首を吊って自殺してしまいます。谷口さんと離婚した後は結婚することもなく、55歳という若さで淋しく病院で亡くなったのです。新聞の訃報も小さな扱いだったのを覚えています。

今、八千草さんの訃報がニュースなどで取り上げられ、谷口監督の晩年まで仲睦まじく登山などしていた姿などが出ています。女と男のことですから、どんな経緯があったかは分かりません。それでも、谷口監督が八千草さんと出会わなければ、若山さんは八千草さんのように幸せに添い遂げたかもしれなかった……という思いにかられます。若山さんが八千草さんと似たタイプの可愛い女性だっただけにそう思ってしまいます。

大きく八千草さんの死が報じられる一方では、ひっそりと自ら命を断ったひとりの女性がいたことを思い出してほしいのでこのブログを書きました。

(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

出演者記載からの削除は誰のための措置?

『宮本から君へ』(2019 真利子哲也監督)に対する文化庁からの助成金取り消しに関しては、一昨日の当ブログで疑問を投げかけました。ピエール瀧さんが麻薬取締法違反で逮捕されたのは撮影の後なのに……実はこの案件はさらに権力のどす黒い部分が関与しているという噂もあります。

それはともかく、ピエール瀧さんは売れっ子だっただけに出演していた映画も多く、公開に関わった人たちは大変なご苦労だったと思います。『麻雀放浪記2020』(2019 白石和彌監督)、『引っ越し大名!』(2019 犬童一心監督)そして『宮本から君へ』と、何とか公開できて良かったです。『居眠り磐音』(2019 本木克英監督)だけは瀧さんの出演場面をカットして、奥田瑛二さんが代役となり、撮り直したようです。僕も観ましたが、奥田さん、ヒロイン(芳根京子さん)に「妾になれ」といやらしく迫る場面とかさすがはベテラン、違和感なく画面に馴染んでいました。結果的には、柄本佑さん、柄本明さん(怪演でした!)と親戚共演になりました。(絡みの場面はなかったかな)同じく、逮捕された新井浩文さんの出演作『台風家族』(2019 市井昌秀監督)の方は、事件が事件なだけさらに公開が危ぶまれていました。6月に公開される予定だったのが延期になり、一時はオクラ入りかと思われましたが、9月になってようやく公開されましたが、本当にひっそりという感じで上映館も少なく、1週間限定とか書かれていたので、僕も慌てて観に行きました。その後、上映期間は延びたようなので、ある程度の集客があったのでしょう。ただ、ドラマの核となる家族が並んでいるポスター、チラシに新井さんは写っていませんし、名前も書かれていません。公式サイトにも新井さんのアの字もありません。この映画に出ていないことになっているかのようです。映画にはしっかり出ていますが、宣伝媒体からは徹底的に排除です。

これって誰のための措置なんでしょう。薬物使用とは違って、被害者のいる事件だし、不愉快になる人がいらっしゃることも分かります。裁判も始まるところという事情もあったのでしょう。でも、逆にそういう人にとって「あの新井浩文が出ているのか、じゃあ観るのよそう」という判断になるので、名前を出した方が親切ではないかね。だって、仮にポスター見て「新井さんが出てないんだ。カットされたのかな」と思って劇場に入った人が、映画を観たら新井さんが出て来て不快な時間を過ごすことになった……ということになったら、これは一種の詐欺にならないかなあ。ちゃんと隠さず出演者として示して、それで観たいかどうかお客さんに判断してもらう方がいいと思います。お金を出すお客さんにちゃんと情報を出す方がフェアなのでは? カットして出演してないならともかく「出ている」という事実があるんだから。

映画は、銀行強盗をしたまま姿を消した父親が時効になったので、その子どもたちが実家に集まってくるところから始まります。その4人兄弟が残った財産(家と土地)を分けようとそれぞれのエゴがぶつかるというストーリーです。長男が草彅剛さん、次男が新井浩文さん、長女がMEGUMIさん、三男が中村倫也さんです。草彅剛さんの奥さんが尾野真千子さん、娘が甲田まひるさん。この親族一同がタイトルの「台風家族」なのに新井さんを「除いた」5人がポスターヴィジュアルなのです。内容からいっても不自然ですよねえ。不祥事を起こした俳優の名前を消すのは誰のためなのか、ネットなどで叩かれるのが怖いのか、とりあえず「削除」しておけばいいという応急措置なのか、よく分かりません。  (ジャッピー!編集長)

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「文化の日」に考える「しんゆり映画祭」の上映中止問題

「KAWASAKIしんゆり映画祭」で上映を見送ると発表されていた『主戦場』(2019 ミキ・デザキ監督)が一転、上映されることになったと新聞で読みました。この映画祭、明日4日(月)までの開催ですから、ギリギリの決定ですが、何はともあれ、上映できるのは良かったと思います。僕は半年ぐらい前にこの映画を観ましたが、そのとき既にインタビューにこたえた出演者が訴訟を起こしていて「いつ上映中止になるか分からない」という話が出ていて慌てて観に行ったのでした。結果的には普通に上映は続けられ、他の映画館でも特に問題なく上映されたのでした。

「KAWASAKIしんゆり映画祭」は、市民ボランティアによる手作り感がある一方、今年で25回目を迎える老舗?の映画祭で安定した実績もあります。毎年、テーマ性もあるし、アジア映画にも力を入れてきました。それが、今回、一時は上映を見送ろうとしたのはやはり「あいちトリエンナーレ」の一件が影響しているのは明らかです。あの「表現の不自由展 その後」の展示に対して一方的な中止判断が出され、賛否が飛び交ったことで、腰が引けたのでしょう。しかし、この『主戦場』上映中止に抗議して、『止められるか、俺たちを』(2018 白石和彌監督)と『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(2011 若松孝二監督)の2本の作品の上映ボイコットを表明した若松プロ、「映画祭の死に他ならない」と声明を出した是枝裕和監督、『ある精肉店のはなし』(2013 纐纈あや監督)や『沈没家族 劇場版』(2013 加納土監督)の大沢プロデューサーなどドキュメンタリーに関わっている映画人たちの声によって上映されることになりました。これらの方たちはやはり、今の日本を覆い始めた、政治や行政が「表現の自由」に介入し始めた「空気」の怖さを感じ取ったのでしょう。このまま黙っていたら、なし崩し的に国家が検閲できるようになってしまいます。映画だけでなく、あらゆる表現の世界で「時の権力」の意向に沿わないものは認めないというのがまかり通る前例になってしまいます。そうなってしまわないように歯止めをかけないといけませんね。(『主戦場』の上映中止撤回を受けて『止められるか、俺たちを』もボイコットを撤回、明日上映されるようです。これも良かった!

今回、この問題に対して「しんゆり映画祭で表現の自由を問う」というオープン・シンポジウムが急遽開催され、主催者や映画人のほか、川崎市民も多数集まって意見を述べ合ったそうです。意見交換は時間を過ぎても続き、この場で結論は出なかったようですが、こういう場を設けたことが素晴らしいですね。「文化を自分たちで創り出そう」という、この映画祭の原点が感じられるし、自分たちの文化を自分たちがどう考え守るのか、ダメにするのか話し合うことに大きな意味があるように思います。「あいちトリエンナーレ」のときのカワムラ市長みたいなのが一番こわいです。ひとつの作品を見ていろんな意見があって当然です。しかし、カワムラ市長のように「オレが検閲する側にいる」と言わんばかりのドヤ顔をしたときに、まさに表現の自由は蹂躙されるのです。

今日は「文化の日」なのですが、この国の「空気」はどんどん息苦しいものになっているようです。権力を縛るべき「憲法」を権力が変えようとしている恐ろしい時代です。取返しのつかないことにならないように「文化」について考え、大事にしたいものです。  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ネルソン・マンデラ大統領と責任をとらない首相

44日間にわたった「ラグビー・ワールドカップ」が昨日、閉幕しました。決勝は南アフリカがイングランドを3212で下し、見事に優勝を果たしました。南アフリカは1995年、2007年に続いて3回目の優勝、これはニュージーランドに並んで最多回数ですから本当に強豪国といっていいですね。日本は準々決勝で当たって敗れてしまいましたが、結果的には大会優勝チームと試合もできて良かったのではないでしょうか。ニュースで南アフリカ現地の様子が映りました。優勝が決まった瞬間、パブリック・ビューイングに集まった多くの人々が「ボック! ボック!」と歓声をあげていました。そういえば南アフリカのラグビー・チームの愛称は「スプリングボクス」ですね、僕はこういったワールドカップ知識はほとんど映画『インビクタス 負けざる者たち』(2009 クリント・イーストウッド監督)で知りました。

1019日の当ブログで書いたように、南アフリカがワールドカップで初めて優勝した1995年を舞台にしたこの映画、初の黒人大統領として着任したネルソン・マンデラさん(映画ではモーガン・フリーマンさんが演じました)が、なお残る白人と黒人の断層を埋めようとする姿が描かれます。それまで差別政策をとり、自身も27年以上も監獄に入れられたマンデラ大統領、白人を怨んで当然のような仕打ちを受けたのに、赦し、認め合うことで未来を築こうとしたのが偉いです。劇中でも「赦しが魂を自由にする」という科白がありました。

この感動的な1995年ワールドカップを成功させた後、ネルソン・マンデラさんは1期の任期であっさり大統領の座を降り、故郷の田舎に戻って穏やかに暮らし、2013年に95歳で亡くなります。これだけの功績をあげながら権力の座に執着しないのがまた尊敬できるところです。

一方、どこかの国では、スタートして1週間で閣僚が2人も辞任し、他にも失言やトンデモ発言が出ているのに権力の座に臆面もなく居座っている首相もいますね。「任命責任は私にあり、こうした事態になってしまったことに対しまして国民の皆様に対して深くお詫び申し上げます」と、鸚鵡のように繰り返すだけで、ただの1回も責任をとったことはないのです。もう何枚レッド・カードが出てんだよ。ハナから責任とるつもりもないのでしょうね。壊れた人形のように「首相の責任」を繰り返し、のうのうと首相の椅子に座っているって、よく恥ずかしくないなあ。三原ジュンコはこの無責任首相にこそ「恥を知れ!」と言ってほしいですね。

同じワールドカップ開催国でありながら、マンデラ大統領とは正反対のこの男を早くタッチキックして外に蹴り出してほしいものです。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 「人生ゲーム」と「上級国民」
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  • 今も昔も国策の名のもとに……『ある町の高い煙突』
  •  「落語家たちの戦争」8月12日12時~13時55分BSフジ放送
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ