ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

ピュンピュン丸の原点は「ブラック団」

昨日の当ブログで「ピュンピュン丸」のことを取り上げましたが、忘れてならないのは財津一郎さんが唄った主題歌です。♪ありゃりゃん、こりゃりゃん、オツムのネジがこりゃまたビックリひん曲がる~と始まり、「きびしぃ~」(←財津さんの口調でお読みください)で締めるあの主題歌、皆さんも覚えておられると思います。それどころか、僕は放映作のひとつに出た「ニコニコ忍者」のテーマ曲、♪ニコニコ、ニコニコ、日光からやって来た~ おいらはニコニコ忍者~ 不幸せな人、寄っといで~寄ってきたらこの指とまれ~ という曲まで覚えていますから、本当に僕にとってはかなりのインパクトを与えたアニメです。死ぬまでにもう一回、観てみたいなあ。ちなみに、「ニコニコ忍者」というのは「ニコニコ・ガス」というのを噴射すると皆ニコニコしちゃうという話で、今、見ようによってはアブナイ内容と勘ぐられるかもしれません。
それはさておき、財津一郎さんが唄った主題歌の作詞は、原作のつのだじろうさんが手掛けています。(ちなみに、つのだじろうさんさんの弟さんが名曲「メリー・ジェーン」で知られる「つのだ☆ひろ」さんです) ♪なんだなんだなんだピュンピュン丸は 赤いマスクのチビ丸連れて~こりゃまたチョーィのチョーィのドッテドテの大事件~と続くスラップスティックな歌詞! 擬音?の使い方といい、つのだじろう先生のギャグ感覚はスゴイと思います。
僕は子どもの頃、父が毎週土曜日に「少年サンデー」を買ってきてくれたので、つのだじろう先生の「ブラック団」を愛読していました。びしっとスーツを着こんだギャングのトリオが主人公なんだけど、ドジを繰り返し騒動になるというコミカルな漫画です。設定はギャングなんですが、回が進むとほとんど探偵事務所みたいになっていった記憶があります。考えてみれば、この「ブラック団」の設定が「ピュンピュン丸」に繋がっている気がします。「ブラック団」の方はリーダーはかっこいいヴィジュアルで、仲間の二人はヤセとデブでしたから、のちのタツノコ・プロのアニメ「ヤッターマン」のドロンジョ様の配下の二人の先駆かもしれません。また、「ブラック団」を目のかたきにする警部(名前を失念)が出てくる所とかは、後年の「ルパン三世」に影響したような」気もします。
そんなギャグ漫画に才能を発揮したつのだじろう先生、その後の1969年には梶原一騎さん原作の「虹を呼ぶ拳」で当時人気のスポ根漫画にも挑戦、人気を呼びます。たしか、自ら空手道場に入門までして作画する気合の入れ方だったそうですが、続く「空手バカ一代」では原作の梶原先生の遅筆に悩まされ、途中降板。かねて研究していたというオカルトに材をとった「恐怖新聞」、「うしろの百太郎」をヒットさせます。しかし、梶原先生に恨まれたのか、言いがかりをつけられ監禁されたりと酷い目に遭います。波瀾万丈の70年代になってしまいますが、ギャグ、スポーツもの、オカルトと幅広く手掛けたその才能には感服するしかありません。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・有馬三恵子さん 南沙織さんが歌った女性像

今年の4月20日、作詞家の有馬三恵子さんが自宅で倒れているのを娘さん夫婦が発見、死亡が確認されました。83歳でした。昭和歌謡で育った人間としては、淋しい限りです。
有馬三恵子さんの最初のヒット曲といえば、伊東ゆかりさんが歌った「小指の想い出」(1967)です。♪あなたが噛んだ~小指が痛い~というのは、かなりセクシャルな歌詞です。それまでカヴァー・ポップスのイメージだった伊東さんも、この大ヒットで一気に大人の歌手として定着しました。当時、伊東さんと交際が噂されていたジャイアンツの柴田勲さんはよく、「イサオが噛んだ小指が痛い~」などとヤジられていましたね。(←当ブログ2016年2月16日にハピイさんも書かれております。イラスト付き)その他にも、金井克子さんが歌った「他人の関係」(1973)も、♪逢うときにはいつでも他人の二人、ゆうべはゆうべ、今夜は今夜~と、体だけの刹那的な関係が歌われます。続く歌詞が ♪くすぐるような指で~ほくろの数も一から数え直して~そうよ、初めての顔でまたも燃えるの~ ですから、もう濃厚なSEXシーンが浮かぶようです。この曲が大ヒットしたのは、金井さんの独特な振り付けもありましたが、歌詞にひそむエロスが聴衆を惹きつけた部分が大きいと思うのです。
こういった「大人」のエロティックな歌詞もありましたが、有馬三恵子さんといえば、何といっても南沙織さんの一連の曲です。沖縄でスカウトされた南さん(見い出したのは「ヒデとロザンナ」のマネージャー)には、当初「南陽子」という芸名が用意されていました。それに対し、「沙織」というのを強く主張したのが有馬さんでした。たぶん「陽子」は南国生まれだから陽気なイメージとつけられたのでしょうが(たしかに小麦色の肌で健康的なイメージで売り出されました)、有馬さんはそれだけじゃなく、「哀愁」や「翳り」というものが表現できる歌手だと見抜いて「陽子」に反対したのではないかと思います。
実際、デビュー曲「17才」(1971)以降、ほとんどの歌詞を手掛けた有馬さん、作品を重ねるごとに南さんの成長に合わせるように大人っぽい歌詞を書くようになります。「潮風のメロディ」(1971)、「ともだち」(1972)はまだ少女のイメージを残し、4枚目のシングル「純潔」(1972)は能動的な女性に一歩進んだ感じだし、続く「哀愁のページ」(1972)ではしっとりと ♪さよならするたびに 大人になっていく恋人たち と歌われます。そして、次の「早春の港」(1973)では ♪ふるさと持たないあの人の 心の港になりたいの と優しく包み込むような大人の女性という感じの歌詞です。(この曲は元々はアルバム収録曲で人気が高かったためシングル化)「傷つく世代」(1973)を挟んで「色づく街」(1973)では ♪愛のかけら 抱きしめながら 誰もみんな女になる気がするの さよならはその日のしるしよ と綴られます。名曲です! と、南さんのシングル曲を辿るだけで、有馬さんの歌詞の文学的な美しさも相まって「連作私小説」のように思えるのです。
南さんも1975年以降、ユーミン(まだ荒井由実さんでした)、尾崎亜美さん、落合恵子さん、あるいは男性作家、松本隆さん、つのだ☆ひろさん(漫画家つのだじろうさんの弟ですね)などが作詞した曲を出していきますが、外国曲のカヴァーを除けば実質ラスト・シングルとなった「Ms.」は再び有馬さんが作詞をなされましたから、本当に「南沙織」さんというひとりの歌手として女性としての青春を有馬さんが綴ってきたと言えるでしょう。
美しい日本語と文学的表現で、素晴らしい歌詞をたくさん書かれた有馬三恵子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

花柳幻舟さんがヌードを披露『怪談残酷物語』

当ブログ5月5日「追悼・花柳幻舟さん 家元制度と闘った人」で紹介したように、花柳幻舟さんは『㊙色情めす市場』(1974 田中登監督)、『実録阿部定』(1975 田中登監督)といった日活ロマンポルノに出演されていますが、ヌードにはなっておりません。『㊙色情めす市場』では、芹明香さんの母親で現役娼婦という役でしたが、男とからむシーンは着衣のままで胸元にスリップが覗けるものでした。では、幻舟さんは映画でヌードを披露したことがないかというと……あるんです。60年代後期まで遡ります。『怪談残酷物語』(1968 長谷和夫監督)であります。
かなりエグい作品で脳裡に記憶がこびりついています。落ちぶれた旗本(戸浦六宏さん)が金子信雄さんから60両もの借金をしています。金子さんは鍼灸師で、戸浦さんの女房にハリ治療を施すため通っています。大晦日で「利息の12両だけでも……」と返済を迫る金子さんに対し、戸浦さんは開き直って「返してやるが金はない。わしの女房の体でどうだ! 12両の価値はあるぞ」と言います。「えっ、ご冗談を……」とはじめは断る金子さんですが、心の中では舌なめずりです。この辺の金子信雄さんのスケベ演技がさすが!です。さらに戸浦さん、「わしが見ている前でやれ! 自分の女房が犯されるのを見ながら酒を吞むのも一興だ」ということを言う悪趣味ゲス野郎です。さすがにそれは固辞する金子さん、戸浦さんに金を渡し「これで時間つぶしてきてくださいよ」と追い払います。この後の、金子さんと幻舟さんの濡れ場がすごくて、かなり激しくお互いの口を吸い合い、丸出しになった幻舟さんの乳房はちょっと驚くほどの巨乳でした! 
しかし、結局、金のもつれで金子さんは戸浦さんに殺されてしまいます。そこに帰ってきた戸浦さんの息子(田村正和さん)がその現場を目撃。戸浦さんは息子に手伝わせて金子さんの死体を川に投げ捨てます。戸浦さんは金子さんの死体から奪った金で悪所通い。馴染みの女郎(春川ますみさん)を受け出して、家に女中として住まわせます。戸浦さんとの濡れ場を田村さんに見られたことに気づいた春川さんは、田村さんの「憎悪の目つき」を見てとり、とっさに色仕掛けで迫り、田村さんの童貞を奪います。このときの「何だい、この意気地なし! 震えているのかい。アタシが女の素晴らしさを教えてあげるよ。二人で極楽に行こうじゃないか……」と誘惑する春川さんの淫靡さがハンパないです。田村さんはこの後、家出してしまいます。
幻舟さんは体を壊し臥せっています。たまたま按摩が治療しているのを見た戸浦さんは、それが殺したはずの金子さんに見えて一刀両断、(←この辺は「四谷怪談」に似ています)さらに幻舟さんも殺してしまいます。そして何と、折れた刀がブーメランのように飛んできて戸浦さん自身も絶命します。春川さんは逃げ出し、戸浦さんがどこかの女に産ませ引き取っていた子どもがその惨劇現場で泣き叫んでいます……。って、スゴイ展開でしょ! でも、ここまでが前半というか、このあと、すっかりグレた田村さん、腹違いの弟、さらに春川さんのお腹の中にいた女の子という、つまり戸浦さんの血をひいた三人、さらに金子さんの血をひく者の因縁がもつれていくのです。1968年というと、映画観客動員が末期的状況となり、各映画会社がエロ、グロに急速に傾斜していった時代です。喜劇とホームドラマが主力の松竹もその流れに逆らえず、作ったのでしょう。『怪談残酷物語』、封切時は『新・いれずみ無残』(1968 関川秀雄監督)と二本立てでした。当ブログ2018年3月2日「『いれずみ無残』と1968年の映画の流れ」も合わせてお読みください。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ピュンピュン丸の「さゆり」ちゃん(声・白石冬美さん)

昨日の当ブログ「追悼・白石冬美さん」でもちょっと触れましたが、『花のピュンピュン丸』は面白かったなあ! 「さゆり」の声を担当した白石冬美さんも、『巨人の星』の「星明子」役と並ぶアニメ声優としての代表作だと思います。
少年忍者のピュンピュン丸と弟のチビ丸が何でも屋の「OK事務所」に雇われていて、所長(声・八奈見乗児さん)にこき使われて騒動が起こるのですが、考えてみれば、のちの「傷だらけの天使」で探偵事務所の岸田今日子さんに酷使されるショーケンと水谷豊さんもこのパターンですね。(修と亨は本当の兄弟じゃないけどね) ピュンピュン丸の方はギャグ漫画ですから、所長も岸田今日子さんのようなミステリアスな所はなくズッコケ調でしたが。
だいたい、忍者なのに何でも屋をやっているのが意味不明だし、時代劇なのに電話はあるわ、カメラはあるわ、時代考証なんてまったく無視のアナーキーさが大いにウケました。たしか、あまりにもデタラメなので、スポンサーが降りて放送が打ち切りになってしまい、未放送分は何年かおいて放映されたんじゃなかったかなあ。再放送(昔はよく「夏休み子ども劇場」とかやってました)で評価が高まったというようなことも聞いたことがあります。昔は、PTAもうるさかったから、こんなデタラメな番組で親からクレームがつくのを怖れたんですかね。
長いヒゲが手のように動く!所長、「ビエ~」と爆音で泣くチビ丸(その音で山が崩れたりする描写に大笑い)、ピュンピュン丸を慕い追いかけるケメ子(あのメットのような髪型!)など珍奇な人物の中で、ひとりだけ絵柄もまともな美女の「さゆり」ですが、たぶん「吉永小百合」さんから名前をとっていると思います。当時はそれくらい、子どもにも「吉永小百合」さんの美人女優としての知名度は高かったでのです。国民的女優といっていいと思います。ピュンピュン丸が思いを寄せているのに気づかず、クールな対応をする「天然小悪魔」なさゆりちゃん、「ピュンピュン丸さ~ん」とつきまとうケメ子の三角関係?の毎度のパターンも面白かったです。
のちに「うしろの百太郎」や「恐怖新聞」でオカルト漫画で人気を博すつのだじろうさんが「少年キング」で連載していた「忍者あわて丸」が原作ですが、これはアニメによって面白さが倍化されたいい例ですね。「ピュンピュン丸」に変えた経緯は分かりませんが、これも効を奏しましたね。ずっとのちにヤクルト・スワローズの池山隆寛選手が「ブンブン丸」と呼ばれるのにつながっていくほどです。この「ピュンピュン丸」というネーミングを考えた人、すごいです!
妙に覚えているのが、銀行強盗に入る話の回があって、その銀行が「四菱銀行」、金庫を開ける合言葉?みたいのが「どちゃメンコ、がちゃメンコ、10、10、スリー」でした。こんなことまで覚えているのですから、いかにインパクトのあるアニメであるか分かります。 (ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

追悼・白石冬美さん 憧れの「パック・イン・ミュージック」

今年の3月26日に声優の白石冬美さんが亡くなりました。82歳です。あの独特の可愛い声から、いつまでも若いイメージがあったので残念です。特に、野沢那智さんとのコンビによる「パック・イン・ミュージック」を聴いていた世代なので、何だか身近な人が亡くなったように感じます。
「声優」としての白石冬美さんというと、何と言ってもまず、「巨人の星」の「星明子」でしょう。「飛雄馬……」といつも柱の陰から心配そうに見つめる明子姉ちゃん。一徹・飛雄馬という厄介な親子を支え、優しく見守る明子姉ちゃん。でも、とうとう家を出てしまうところなど、ただ黙って従っているだけでなく、しっかりと芯をもった女性であることも分かります。優しくて、控えめで、それでいて強さもある。ある意味、理想的なお姉さん、理想的な女性である明子姉ちゃんを「声」で見事にリアルな存在に昇華しました。白石さん以外の声は考えられませんね。あと、印象に残っているのは、ナンセンスなギャグで大好きだった「花のピュンピュン丸」のくノ一「さゆりちゃん」。赤い忍者服で、ピュンピュン丸の憧れの人で、こちらは「小悪魔」ぽい?ところも入ったしっかり者でした。
そんな「お姉さん」の一方、白石さんの声は、可愛い系で幼く聞こえるので、当時のアニメでは子ども、幼児といったキャラも多かったですね。「パーマン」のパーマン5号、「サイボーグ009」の001はともに超能力を備えた「赤ちゃん」でしたし、「魔法使いサリー」のいたずらな「ポロン」ちゃんもありました。
そして、「パック・イン・ミュージック」。野沢那智さんとの「ナッチャコ」コンビの掛け合いが絶妙でした! パターンとしては野沢さんが投稿ハガキを読んで、チャコちゃん(白石さん)がそれを受ける形でしたが、時に下ネタ系もあるんだけど、チャコちゃんの明るく笑いがまさに「天真爛漫」という言葉がピッタリだったなあ。心から笑っているという感じで、たしか後年、「読むハガキは野沢さんだけ知っていて、私はそれが読まれるときに初めてきくのよ」といった舞台裏を話されていた記憶があります。アラン・ドロン等の吹き替えで有名な野沢さんが演技力たっぷりに読み、それをリスナーと一緒に本気で楽しんでいたのですね。
そんな面白ネタのハガキだけじゃなく、毎回、シリアスな悩みや思いを綴ったハガキも読まれて(たいがい番組の最後の方)、時に、野沢さんもチャコちゃんも涙声になってしまうときもありました。僕は「差別」を受けている人からの痛切なハガキを今でも覚えています。
僕が初めてなりたいと思った職業が「ディスク・ジョッキー」だったのですが、これはもちろんリスナーに寄り添い真剣に言葉をかける「ナッチャコ」のお二人の放送を聴いていたからです。
今頃は、天国で野沢那智さん(2010年没)と再会、楽しくおしゃべりしていることでしょう。声優として、そして深夜放送のパーソナリティとして、僕の憧れの人だった白石冬美さんのご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 小池一夫先生原作「エロス」と「ヴァイオレンス」
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • 横並び社会と「麻雀放浪記2020」のパンフレット
  • みんな真似した「月光仮面」(大瀬康一さん)
  • 追悼・兼高かおるさん 「遠く」を夢見たテレビっ子の頃
  • みんな何処に行ってしまうのだろうか
動画配信
上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ