恋と太陽とギャング ポスター
 この拙作手書き新宿昭和館ポスターの映画「恋と太陽とギャング」は昭和37年ニュー東映配給なるものです。
この前作「花と嵐とギャング」で健さんは初めて石井輝夫監督と出会います。
 石井輝夫監督はご存知健さん出世作「網走番外地」の監督です。
 石井監督はもともと新東宝の監督でしたが新東宝がつぶれた(昭和36年)ので東映に移籍しました。
 石井監督はお師匠さんの成瀬巳喜男監督のご縁で東宝に移ろうとしました。しかし、東宝には黒澤明監督
豊田四郎監督などキラ星のごとく重鎮がいらっしゃるので、とても自分の出る幕はないだろうと考え東映にしたそうです。
 網走への結実へこの映画はその布石だったかもしれません。
                       (ハピイ氏橋)
                   

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!