5月21日の阪神VSヤクルトは、5-4でタイガースが勝ったのですが、この決勝の1点というのが、7回にヤクルトのルーキ投手が敬遠で投げた球が暴投になって、3塁ランナーが生還したというものでした。敬遠なので、ヤクルトの中村捕手は立ち上がっていたのですが、そのはるか頭上、ジャンプしても届かない球を投げてしまったのです。
f_10210840

同じようなケースで、一番強烈に僕が覚えているのは、すでに阪神に移籍していた小林繁投手が敬遠球を大暴投して3塁からランナーが生還したゲームです。こちらは9回で、サヨナラ負けになったので印象が鮮明です。しかも、開幕戦じゃなかったかなあ。「開幕戦・敬遠暴投・サヨナラ・ゲーム」という肩書がつくゲームって、他にないような気がします。調べていませんが。解説者の方が、「キャッチャーに立たれると、投げにくいものですよ」と言っていたのも思い出しました。たしかに、普段は座って構えたキャッチャーのミットめがけてストライクを投げる練習をしているわけですから、わざとはずすというのは難しいかもしれませんね。中途半端にバットの届くところに投げれば、打たれちゃう可能性もあるし。そういえば、新庄選手(阪神時代)が敬遠の球を打ってサヨナラ・ヒットにした試合もたしかありました。
メジャーリーグでは、今年から、敬遠のときは、その旨を申告すれば投手が4球投げる必要はなく、自動的に打者は1塁に歩くことが出来るというルールになったので、メジャーではこういった「敬遠のつもりが大暴投」も「敬遠球を強引に打っちゃう」なんて場面にはお目にかかれないわけであります。
野球に限らず、お金をとって見せるプロ・スポーツは、ハプニング性というか思わぬことが起きたり、そこに働く微妙な心理のあやみたいなものに面白みがあるので、この「敬遠申告で1球も投げずに打者1塁」というのは、いわば「予定調和」よりにもっていくわけで、何だかなーと感じます。
何でも、試合時間の短縮というのが理由のようですが、きっと次は、ホームラン打っても打者はベースを回らなくてもよくなるんじゃないですかね。ゆっくり回っている時間がもったいないとか言って、やりそうです。そうなったら、かつての長嶋選手みたいにベースを踏み忘れてアウトになるなんてシーンもなくなるわけで、エピソードとしての野球という点で魅力は半減するように思います。時間短縮したいなら、もっと他にやることあるだろといいたいですね。   (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!