平尾昌晃さんはロカビリーの人気スター(当時の「昌章」)でしたから、当然映画にも何本か出ています。スクリーン初登場は石原裕次郎さん主演で爆発的な大ヒット作となった「嵐を呼ぶ男」(1957 井上梅次監督)です。オープニングのジャズ喫茶の場面です。(クレジットに出ていないかもしれません)
85661de23b8f96f458772c2ff2c6b2ea
撮影前に井上梅次監督、奥様の月丘夢路さん、そして渡辺美佐さんの3人が平尾さんが出ていたジャズ喫茶に来て出演を決めたとのこと。井上監督は平尾さんのステージを見て「椅子からひっくりかえりそうになった」と衝撃を受けたと語っています。当時の平尾さんはジャズ喫茶に出ると大人気で、その年のクリスマス・イヴには何と3000人(!)という大劇場なみのお客さんが集まったそうです。
さて、その時に同席した渡辺美佐さんは渡辺プロの代表として「ロカビリー・マダム」と呼ばれたブームの立役者です。その美佐さんをモデルとした映画が「女は抵抗する」(1960 弓削太郎監督)です。美佐さんをモデルとした美枝を演じるのは若尾文子さん、ジャズ・バンドのメンバーで美枝に苦言やアドバイスをするうちに恋仲になるのが川口浩さん、つまり渡辺晋さんがモデルです。
JPG_cmyk

ベテランの興行師だった父が失意のうちに亡くなり、女子大生の美枝が跡を継ぎ、米軍キャンプ巡り、人気バンドとの契約などに奮闘し、外タレの興行で騙され負債を負ったりしながらも、徐々にプロダクションが整っていきます。「嵐を呼ぶ男」にも出てきますが、人気バンド同士のジャズ合戦を企画し、見事に川口浩さんのバンドが勝ち、相手のバンドが所属するライバル・プロの代表が美枝の父を裏切った男(高松英郎さんが演じてます)で、復讐を果たした形になります。そして、劇場側の反対を押し切り、ウエスタン・カーニバルを企画、成功させるのです。平尾昌章さんや山下敬二郎さん、井上ひろしさん、ダニー飯田とパラダイス・キングなどが登場、その熱狂をきっちり再現しています。
こういったサクセス・ストーリーなのですが、面白いのは「ロカビリー・ブーム」がアッという間に下火になるところまで描いているところで、ラストは美枝がザ・ピーナッツをデビューさせようとするシーンです。ロカビリーから次のポップスの時代に進むことを示して映画は終わります。
ダウンロードw

平尾さんは劇中、ロカビリー歌手という等身大の役で「ロック 通りゃんせ」を披露します。ちなみに平尾さんと川口浩さんは慶應高校で同学年だったそうです。ただ、川口さんの方が1つ年上で「浪人したのか留年したのか知らなかったけれど、スマートさと不良っぽさを兼ね備えたトッポイ人だったよ」と平尾さんはその印象を述べています。    (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!