平尾昌晃(当時、昌章)さんは「女は抵抗する」(1960 弓削太郎監督)で「ロック 通りゃんせ」を披露しましたが、「三味線ロック」を歌うシーンがあるのが「東京ロマンス・ウェイ」(1959 吉村廉監督)です。
21romance

この映画は、その前年に出来たばかりの東京タワーをフィーチャーした1時間ほどの小編です。ヒロインのカズコ(中村万寿子さん)は東京タワー内のレストラン「森永スカイ・キャビン」で働いています。お客で来る外車のディーラーに言い寄られたりします。(演じる西村晃さんが中年のいやらしさを出していいて絶品のコメディ・リリーフです) 同僚のミチコは「少々いやらしくてもお金を持ってればいいわ」というドライな娘で、西村さんに「カズコを連れてきてあげるから」とか言ってドレスを買ってもらう約束をとりつけたりします。
一方、二谷英明さん演じる運転手が、どこかのマダムに迫られて困っていて、通りかかったカズコに「ちょっと恋人のフリして助けて」と言ったのがきっかけで知り合います。逆に、ミチコに連れられてきたダンスホールで、カズコが西村さんにダンスを迫られ困っていると、たまたま来ていた二谷さんがダンスの相手をしてくれて助かります。そんなこともあって二人は親しくなります。二谷さんはカズコに「イミテーションだけど」と言って指輪を贈ります。カズコが調べてみると、それは30万円もする本物で、ちょうど宝石泥棒のニュースがあったせいで、二谷さんを疑います……。
さて、平尾さんはカズコの住むアパートの住人で売れない歌手の役です。ギターの代金も払えず楽器屋に持っていかれてしまっています。何とかお金を稼ごうと、観光名所になった東京タワーに目をつけ、相棒と一緒に無許可の「東京タワーのパンフ」を行列を作っている観光客に売ったりしています。「今だったらカラーの絵ハガキがついて100円だよ!」とか言って。でも全然売れなくて、ギターを取り戻せません。そこで、仕方なく近所のおばさんの三味線で「三味線ロック」を披露するのです。平尾さんは、主題歌も歌っています。(というか、歌が先にある歌謡映画かも)これもなかなか良い曲でした。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!