ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

2017年08月

植木等 "ハイそれまでョ”

「八月の濡れた砂」からいきなり植木等に戻ります。
僕の植木等的、最大インパクトの絶頂曲は「ハイそれまでョ」です。
ニッポン無責任時代」の主題歌「無責任一代男」のシングル盤のB面に収められていますが、
映画の中でもこの曲を歌うシーンがあり、強烈なインパクトを醸し出しております。
A面主題歌の
「こつこつやる奴ぁ、ご苦労さん!」のフレーズも、当時のうっ憤がこもってインパクトありますが、この「ハイそれまでョ」は凄い!ムード歌謡からはじまるフレーズでいきなり悪妻ロックンロールに転調?して、ふざけやがってコノヤロー!で爆発して、「泣けてくる~」で締める!ってこんなフリーな曲、多分日本歌謡のヒットソングの中でもオンリーワンな存在だと思います。
これを歌いこなせる植木さん、イントロのムード歌謡をまじめに歌っているところから笑えて来るから凄いです。凄いキャラです。そしてコノヤロー!の怒ってるポーズも、泣けてくる~の泣いてるポーズも笑えるのです。いや、参りましたm(_ _)m~~。


ちゃんちゃこ 42 きたかたよしろう
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「八月の濡れた砂」と「飛び出せ!青春」

「八月の濡れた砂」(1971 藤田敏八監督)の公開時は、日活の経営がいよいよ行き詰まって人員整理などが提示された時期です。大きく宣伝もされず、キャストも無名の若手俳優が多く(原田芳雄さんや地井武男さんがちょこっと出るのは「これが日活最後らしいから藤田映画に縁のある人は1シーンでも出ろと声がかかった」からだそう)、ひっそりと公開されました。封切時は観客も集まらなかった作品でしたが、TBSの林美雄アナウンサーが深夜放送で絶賛、石川セリさん唄う主題歌をかけまくったりしたこともあって、名画座で若者たちに人気が出たのです。(←このことは当ブログ2016年12月13日「名画座と深夜放送と中川梨絵さん」にも書きました)

かくいう僕も名画座で観たのです。たしか併映は「赤い鳥逃げた?」(1973 藤田敏八監督)でした。名画座で観たので、不思議な感じがしたシーンがありました。映画の中で、不良少年の村野武範さんが、ガリ勉の少年をバカにし、挑発するシーンです。というのは、ガリ勉を演じたのは中沢治夫さん、のちの剛達人さんだったからです。そう、「飛び出せ!青春」で太陽学園のサッカー部・片桐を演じた人です。
ダウンロード go
(昨日も貼っていただいた沖雅也さんが映っている「幻のスチール写真」でひとりだけ水着じゃない姿で映っていますね)
1972年2月から始まった「飛び出せ!青春」は僕の欠かさず視聴する番組でしたから、先生:生徒だった村野さん:中沢さんのイメージがかなり強く焼きつけられていました。その二人が同級生役で、しかも中沢さん演じるガリ勉が好意を寄せている女の子(隅田和世)さんのスカートの中に手を突っ込んで「俺が全部いただいちゃうぞ」と挑発する村野さんのワルぶり……あの河野先生が……と不思議な感じでした。何だかきっと、逆に、映画を先に観た人にとっても、「飛び出せ!青春」を観たときに違和感を覚えたことと思います。
時が経ち、村野さんは「くいしん坊、万歳!」のレポーターをつとめたのを機に旅番組によく出るようになります。
ダウンロードmurano
(昨日の当ブログで紹介した「温泉に浸かって八月の濡れた砂のメロディを口ずさむ」エピソード、担当プロデューサーが「この番組の視聴者にはわからないよ」と大幅にカットされたというオチがつきます……)一方、中沢治夫=剛達人さんもさらに「剛たつひと」と改名して、ワイドショーのレポーターとして活躍するようになります。
ダウンロード tatuhito
「八月の濡れた砂」→「飛び出せ!青春」と共演したお二人が別々の経路をたどり、同じようにレポーターになるというのも面白いものです。
(ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

「八月の濡れた砂」にまつわるエトセトラ

昨日、8月29日は藤田敏八監督のご命日でした。当ブログの8月27日に最後の作品「リボルバー」(1988 藤田敏八監督)のことを書きましたが、ラスト、警官を辞めてタクシー運転手になっている沢田研二さんの乗務員証が一瞬映ります。それに記載されている資格取得日が「昭和63年8月29日」となっています! もちろん偶然でしょうが、あとから見ると不思議なものを感じます。この映画の9年後の8月29日に藤田監督は亡くなります。
その8月27日の当ブログに貼っていただいた「八月の濡れた砂」(1971 藤田敏八監督)のスチール写真をご覧ください。
images (71)
中心に沖雅也さんが映っていますが、映画には出ていません。当初、主役の「清」役にキャステイングされていましたが、冒頭、早朝の浜辺をバイクで走るシーンを撮影中、転倒してケガして降板となってしまったのです。急遽代わりの俳優をオーディションということになり、広瀬昌助さんになったのです。面接して即決、翌日には撮影に入ったそうです。当時、広瀬さんは25歳でしたが、童顔なので高校生役にも違和感なく、ちょっとオドオドしたどこにでもいそうな感じがこの「清」の役柄に実によく合っていました。結果的には、スターぽくカッコいい沖雅也さんよりも良かったように思います。
「清」の相棒で不良少年の「健一郎」を演じた村野武範さんは広瀬さんよりひとつ上の26歳でした。今でこそ「青春映画の伝説的な名作」となっている「八月の濡れた砂」ですが封切当時は当たらず、藤田監督が初日に出掛けたらほんの数人しかお客がいなくて、そのうちの一人は村野さんだったといいます。ずっと後に、旅番組のレポーターで村野さんが温泉につかると、村野さんは気持ちよさそうに「八月の濡れた砂」のメロディをハミングしていたことがあったそうですから、初の主役ということで相当な思い入れがあったのでしょう。
images (72)

「健一郎」の母親の愛人役を演じたのが渡辺文雄さん。晩年に俳優としても活躍した藤田敏八さんは東大で演劇サークルに入っていましたが、そのサークルを結成したのが渡辺さんです。後輩の藤田さんは「猫背で姿勢が悪く役者の器じゃない」と、音響効果の担当にさせられます。そして、ある芝居で使う渡辺さんが調達してきた当時超貴重品のテープレコーダーを壊してしまい、渡辺さんは激怒、以後「藤田に機械を触らせるな!」と通達が出たといいます。サークルを主宰する渡辺さんに相当しごかれた藤田さん、監督と俳優として再会したこの映画ではどんな風に渡辺さんを演出したでしょうか。o0350016210259663663
  
「八月の濡れた砂」は、新文芸坐で開催中の「没後20年・藤田敏八/あの夏の光と影は~二十年目の八月」にて、明日8月31日に上映です。  (ジャッピー!編集長)
20170827

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

植木等さんと小松政夫さん

NHKで「植木等」さんを描くドラマが始まるとのこと、期待大です。植木さんは2007年に80歳で亡くなっているので、今年は没後10年、生誕90年という節目の年でもあります。ダウンロードueki
とにかく、昭和がいちばん元気だった高度経済成長の時代の象徴といっていい存在でした。
このドラマでは、植木さんと小松政夫さんの交流を描くようですが、福岡生まれの小松政夫さんは1961年に俳優を目指して上京、1964年(東京オリンピックの年です)、22歳で植木さんの付き人兼運転手になります。
2
小松さんが初めて植木さんに会ったのは、植木さんが入院している病院だったそうです。映画にテレビにステージと休む間もないスケジュールで植木さんは過労で倒れてしまっていたのです。「ウィルス性肝炎」と診断され、1か月に及ぶ入院で、撮影中だった映画「無責任遊侠伝」(1964 杉江敏男監督)は3月公開予定が7月にずれこんでしまったのです。前年の1963年には何と12本もの映画に出ているのですから無理もありません。そんなときに小松さんは一般公募で付き人に採用されたのです。翌1965年にはクレージーキャッツ結成10周年記念映画として大作「大冒険」(1965 古澤憲吾監督)が制作されます。
ダウンロードbouken
「007」を意識してアクションもふんだんにあるので、東宝は植木さんに1億円の保険をかけたほどだったと言われる作品ですが、植木さんがバイクで疾走するシーンは小松さんがスタント役をしているそうです。


小松さんは付き人をやりながら「シャボン玉ホリデー」に顔を出すようになります。舞台にも小さな役で出してもらうようになり、植木さんはどこに行っても、「こいつは面白いよ。どんどん使ってやってくれよ」と小松さんを推薦してくれたそうです。植木さんの「お呼びでない?」というギャグは「小松さんの早とちりが元になって生まれた」と言われていましたが、小松さんによると、それは事実ではなく、植木さんが小松さんをアピールするために「作った」話だったのです。
2年半ほど経って、小松さんは独立することになります。植木さんが渡辺プロの上層部に「小松は独立するけど、もしお前らが干すとか意地悪するようなことをしたら俺が承知しないからな」と言って送り出してくれたそうです。初めて会ったとき、小松さんに「君はお父さんを早くに亡くしたようだから、私を父親と思えばいい」と言った植木さんは本当に親身になって面倒をみてくれたのです。ドラマでどんなエピソードが描かれるか楽しみです。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

ハッピー昭和の象徴ドラマ「植木等とのぼせんもん」始まる

ハッピー昭和クラブのテーマみたいなドラマが、今週の土曜日からNHKで始まるので
僕は楽しみにしています。あのイケイケドンドンの昭和30年代を笑いで席捲した男、植木等さん
とその弟子、小松正夫さんの物語ってわけで、もうそれだけでクックックと笑えるぐらい楽しみなのです。「植木等とのぼせもん」ってことで9月2日土曜日20時15分からスタートってことで、NHKのまわしものみたいで、宣伝している僕は何なんでしょ(笑)。
images (68)images (70)

でも、「トットてれび」といい、「ひよっこ」といい昭和の楽しさ、良き時代をNHKも好きなんだな~とか、やっぱり団塊の世代の視聴者が多いわけで、その世代にうけるってことなのかな~、とかいろいろ思い浮かべながら、ハッピー昭和クラブもおもしろいな~。なんて思ってます。僕は、NHKのクレイジーではなくて、やっぱり「シャボン玉ホリデー」のクレイジーのコントが大好きですね~。山本耕史さんが、植木さん演るってことで、
images (69)
まだちょっとキャラが重ならないのですが、きっと面白くなると期待してます。ジャッピー編集長も無責任時代の話題を投稿されてましたが、僕もちょこちょここの話題参加させて下さいな~。
ちゃんちゃこ42 きたかたよしろう



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 追悼・沢島忠監督 「船堀映画祭」で「ひばり捕物帖・かんざし小判」を
  • 追悼・沢島忠監督 「船堀映画祭」で「ひばり捕物帖・かんざし小判」を
  • 追悼・沢島忠監督 「船堀映画祭」で「ひばり捕物帖・かんざし小判」を
  • 第10回船堀映画祭で、目黒祐樹さんが活動弁士を!
  • 第10回船堀映画祭で、目黒祐樹さんが活動弁士を!
  • 第10回船堀映画祭で、目黒祐樹さんが活動弁士を!
動画配信
自分史記念日倶楽部

あなたの自分史はドラマに満ち溢れています。自分の記念日にそんな自分史ドラマを映像に残してみませんか?

>>詳しくはこちら

上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ