ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

2018年09月

ビジュアル系の魁 78’ ジュリー!

樹木希林さんの、追悼番組で寺内貫太郎のおばあちゃんのジュリー~~!のシーンがよく流れました。
ダウンロードkirin
本当にカリスマジュリーはカッコイイです。


このジュリーのポスターの写真、
ダウンロードjyuri-
シースルーのブイネックTシャツにラメの刺繍ってことで、何ともセクシーな衣装です。
1977年「勝手にしやがれ」でレコード大賞を獲得、その翌年の78年1月シングルリリース「サムライ」あたりから、衣装で曲のイメージの演出効果を狙っての奇抜なコスチュームが目立ってきました。ダウンロードsamurai
この入れ墨のシースルーシャツに、ナチス風軍服ルック、1990年代後半から定着化してきた、ビジュアル系のアーティストがいかにも好みそうなスタイルだと思いませんか?僕はジュリーがビジュアル系の魁だったと思っているのです。
「サムライ」に続く78年5月リリース「ダーリン」では水兵さんルックで、コケティッシュに求愛するジュリーです。
ダウンロードdarrinn
そして、9月リリースの「LOVE (抱きしめたい)」では、スタジオに雨を降らして、血染めの包帯を手に巻いて、ワルい男と、可憐な女との別れのシーンを演出します。
ダウンロードlove

その翌年、1979年2月には、「カサブランカダンディー」。ウイスキーを口から吹いて、俺はハンフリーボガードのようなニヒルなカッコイイ奴にはなれないよ~、と酔いどれ男を演じます。
ダウンロードkasa
79年9月「oh!ギャル」では、マレーネデイトリッヒのオマージュ衣装でギャルを称えます。
images341446
そして、1980年1月1日、衣装演出から突き抜けた奇抜な衣装?というか装置で、TVのビジュアル効果を最大限に引き上げたシングルのリリースです。「TOKIO」です。
ダウンロードtokio

ちゃんちゃこ43きたかたよしろう
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

新宿昭和館残照3-映写技師は見た

昭和館招待券
 今年3月に新宿昭和館の閉館直後の写真をアップしましたが、またご招待します。
昭和館映写室写真
 まずは、2階映写室です。グランドフロアのスクリーンに映写します。閉館後なので残念ながら
映写機はありません。映写の光を通したり、スクリーンへの映り具合(ヌケ)を確認する小窓だけが
観客席に向かって空いているだけです。
 映写機の拙いスケッチを在勤中描いていたのでご参考までに載せます。
昭和館映写幾スケッチ
 この映写機は昭和46年より閉館の平成14年までの31年間一度も病気(故障)をせずに、職務を
年中無休で全うしました。名機でした。富士セントラル製という昭和40年代に非常に性能が良いと
評判の映写機だそうです。
 映写機を集めているという群馬あたりの業者に引き取られました。まだ、充分に働ける体だったので
どこかで定年後も活躍していればと存じます。映写機デジタル化に抗っていてください。
 さて、映写をつかさどるのが映写技師です。昭和館で働いていた映写技師のなかで、いろいろお話を伺ったのが小林さんです。
 昭和館通信小林さん
 小林さんのことは毎月の番組案内チラシの昭和館通信でも紹介いたしました。昭和31年より平成12年まで44年間フィルムを回してこられました。その間、上映記録およびフィルム状態などを1日ま欠かさずノートにつけていました(ジャッピー誌でもインタビュウ―記事があります)。その記録は
昭和30年代から40年代やがては平成へと、日本映画の年表といってもよいほどの貴重なものです。
 ここでお見せできないのが残念です。
 小林さんはindeedに技術者でもありました。 映写機に修理、メンテに部品が無い時はご自身で作られていました。フィルムをカットする機会の修繕などはお手の物でした。
 昭和30年代の初頭の映画全盛期についても、その時代が今目前にあるかのように語っていました。
大蔵貢社長のもとの新東宝の明治天皇もののシリーズの上映時には観客席入り口の扉は閉められないほどだったそうです。あげくは地下劇場にも同じ映画を上映し、上下で回したそうです。
 小林さんも80歳に近いご年齢になられていると思いますが、また、わくわくする映画にまつわる
ハード・ソフトのお話をお聞きしたいところです。
                             (ハピイ氏橋)
昭和館客席写真2

地下劇場客席 通称ボブという外人のオカマさんが”発展”しにお越しになっていました。

昭和館宣材室
宣材室 映画ポスターを保管していました。昭和30年代からの邦画各社、ピンク映画のポスターが山 とありました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

アンジェラ浅丘さんも登場、セクシーでコミカルなロードムービー

昨日の当ブログで佐藤道郎投手とアンジェラ浅丘さんのことを書きました。プロ野球選手には「年上女房」をもらう人が多いです(イチロー選手とかもそうだし、中にはペタジーニ選手みたいに25歳も年上の奥さんも)が、たしかアンジェラ浅丘さんも10歳以上年上の姉さん女房だったと記憶しています。のちに離婚されてしまいますが、一時はスナックか何か、お店をやっていたと思います。
佐藤道郎投手が南海ホークスに入団、ストッパーの草分けとして大活躍、「新人王」を獲得した1970年、アンジェラさんは面白い映画に出ています。「奇妙な仲間 おいろけ道中」(1970 児玉進監督)です。
夏木陽介さんはひとヤマ当てようと恋人の大原麗子さんを残してグァテマラに旅立ちます。2年後、日本に帰国すると大原さんは林与一さんと結婚しています。大原さんは、何の便りもよこさない夏木さんは死んだと思いこんでいたのです。二人の男の諍いにいたたまれなくなった大原さんは姿を消してしまいます。夏木さんと林さんのライバル同士が一台の車に乗り込み、大原さんを探す旅に出ます。その際「自分の方が大原さんを愛している」証しに、大原さんが見つかるまで他の女と関係を持たないという取り決めをします。反発しながら旅を続ける二人に、道中さまざまな女性の誘惑が待っている……というコミカルなロードムービーです。東宝映画ですが、それにしてはセクシーな場面も多く、夏木さんの昔馴染みのバーの女を演じる団令子さんが東宝女優である以外は他社の女優さんが出演しています。そもそも大原麗子さんは東映だし、夏木さんがナンパするバスガイドは桑原幸子さん、色仕掛けでヒッチハイクする水着の女に浜かおるさんと東京12チャンネル「プレイガール」のメンバーである女優さん、ピンク映画出身の夏海千佳子さん、そして日劇ミュージックホールからアンジェラ浅丘さん、松永てるほさん(後年、日活ロマンポルノにも出演)が出演とお色気たっぷりのキャストが夏木&林コンビの道中に地雷のように登場します。アンジェラさんはまばゆいセミ・ヌードを披露します。
プレイボーイの夏木さんは桑原さんをナンパするものの、桑原さんの激しさに勃たなくてガックリ。逆にマジメ人間の林さんが団さんといたしちゃうのです。林さんは太鼓の音を聞くと欲情するという特異体質で団さんに迫られたときにたまたま太鼓の音が聞こえてきたのです! 禁を破るのが堅物の林さんという展開が面白く、すっかり自信を失った夏木さんを林さんが慰めるうち、友情が芽生えてきます。旅を続けるうちに理解し合い認め合うというロードムービーの定石もしっかり押さえているのです。夏木さんも、ビリー・ワイルダー調で好きな作品とのちに回想されています。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

佐藤道郎投手とアンジェラ浅丘さん

 南海 佐藤道夫投手1


昨日の当ブログでハピイさんが書いていましたが、南海ホークスの佐藤道郎投手、僕の大好きなピッチャーでした。日本大学からドラフト1位で入団(ちなみに2位で入団したのがのちの不惑のホームラン王・門田博光さんでした)した佐藤道郎さんは、1970年、新人ながら18勝をあげ、防御率1位という文句なしの成績をあげます。もちろん「新人王」に輝きます。先発はあまりなくほとんどリリーフだったと記憶しています。それで18勝というのは、今と違ってかなりロング・リリーフもこなしていたことの表れです。まだ「セーブ」の表彰はなかったのですが、18勝に「12セーブ」も加えると相当数、チームの勝利に貢献したと思います。ホークスが2位に躍進する大きな原動力だったと思います。野村克也監督兼捕手は江夏豊投手をリリーフ専門に仕立てあげたことで知られますが、そういった投手の分業制度の先駆けといった起用方法で結果を出したのです。公式の「セーブ」制度は1974年に始まりますが、パ・リーグ最多セーブの第1号は佐藤投手です。またセ・リーグはジャイアンツのV10 を阻んだ中日ドラゴンズの星野仙一投手でした。
佐藤道郎さんのピッチングは一言で言うと「豪快」。ノー・ワインドアップで担ぎ上げるように腕をふり荒々しいフォームでした。ズドンとキャッチャーミットにおさまる感じでケレンのない投球が見てて気持ちよかったです! その後、1976年タイガースから移籍してきた江夏さんが翌1977年にリリーフ役になると、佐藤さんは先発にまわり12勝をあげます。1979年には横浜大洋ホエールズに移籍し、またリリーフに戻ります。僕は大いに期待しましたが、年齢とともに球威が落ち、それでも軟投派には転向できなかったタイプだったのでしょう。目立った成績はあげられず2年ほどで引退となります。
ハピイさんが書かれているように奥様だったアンジェラ浅丘さんは日劇ミュージックホールのダンサーをされていました。映画では小林旭さんが007ジェームス・ボンドのような活躍をする「野郎に国境はない」(1965 中平康監督)に出ていたのを覚えています。やはりヌードダンサーの役で、旭さんが飛行機の中で出会い、東京に着いて出かけたナイトクラブで踊っているアンジェラさんに再会するという設定でした。
tokyopx1945-img600x438-1322227522bovysb23582
もちろん、この時代ですからズバリそのものでなく、ビキニ衣装着用でしたがかなりのグラマーでした。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

三畳間畳の裏敷ー 昭和45年の報知新聞記事ーその2

昭和45年の記事 本塁打
 3月18日の当ブログ記事にアップした報知新聞(昭和45年10月19日付、この古新聞は築60年の家屋の三畳間の畳の下から発見)の第二弾はサッチー旦那の野村克也さんの満塁弾の記事から始めます。
 ノムさんはこの時、齢35で南海ホークス(めぐりめぐって今のソフトバンクだったか)のプレイイングマネージャーでした。この時代では結構高齢選手なのに42本もの本塁打を放っています。”月見草”と自らをたとえながら、夜な夜な月に向かって派手に花火を打ち上げていたのです。しかも監督に就任したこの年、前年(昭和44年)の最下位からこの年は2位に引き上げました。花形です。
昭和45年の記事4 セ 打撃

 昭和45年の記事5 パ 打撃
 あわせて、セ・パの打撃、投手成績表もアップします。パの投手1位の防御率トップの南海の佐藤道 郎は新人です(日大)ー新聞が切れていて失敬。ノムさんのリードもよかったのでしょう。日劇ミュージックホールのトップヌードダンサー アンジェラ浅丘さんと後にご結婚されました。
 なつかしい選手の名前が連なっています。とくと味わってください。
 昭和45年報知記事六大学
 学生野球の記事もあります。六大学と東都大学大学です。
 早稲田の鍛治舎選手は松下電器を経て「オール枚方ボーイズリーグ」の監督になり中学校の全国大会のジャイアンツカップで優勝しました。チャンスで緊張のあまりバッターボックスで泣きだてしまった選手に「泣いたら涙でボールが見えなくなるよ。」とアドバイスしたら、その後その選手が決勝打を打ったというニュースが記憶にあります。今は熊本の野球校 秀岳館の監督をしているかと。
 昭和45年の記事 裕次郎
 裕次郎さんも石原プロを率いて「 甦える大地」という鹿島臨海工業地帯の映画を撮っていたようです。
  この映画についてはあまり記憶がありません。「黒部の太陽」の陽光ににかすんでしまったかもしれません。ジャッピー編集長なら知っているでしょう。
昭和45年の記事1 新潮
週刊新潮の広告です。今の週刊誌の広告のようなけばけばしさはありませんが。具体的名前が出てない分、「性的告白」した芸能人は誰?とか、かえってアトラクトされます。読みたいです。
昭和45年の記事2 住宅
 さて、住まいの広告。土地付き高級住宅が320万からだそうだす。といっても今換算したらそれでも
2~3千万でしょう。相模大野というから東海大相模高校のそばでしょう。これから48年、今もこれらの家々、そして住人は健在でしょうか。
 古なればなるほど、新聞の切れ端でもいろいろな味やら感慨があります。
                     (ハピイ氏橋)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
昭和お宝品評会

NEW!!お宝をご紹介いただけるメンバーを募集中です!
投稿へのコメントもお待ちしております!

きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・ソンドラ・ロックさん イーストウッド映画のヒロイン
  • 追悼・輪島大士さん さらば黄金の左
動画配信
自分史記念日倶楽部

あなたの自分史はドラマに満ち溢れています。自分の記念日にそんな自分史ドラマを映像に残してみませんか?

>>詳しくはこちら

上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ