水戸黄門鮎料理
 またもや水戸黄門様ネタにて失敬します。
 黄門さまこと徳川光圀さんはグルメなのは勿論、名料理人でもあったそうです。
ある時、水戸近辺の多くの家来を従えご領内をプチ漫遊。
とある清流で鮎を発見。すぐに家来に鮎をゲットさせます。
そして、その場で自ら、その鮎を見事にさばき刺身にします。
皿などの器が無いのは当然ならばと、家来の草鞋に刺身を載せます。
たちまちのうちの創作料理です。
水戸黄門料理人

鰹なんかもお手の物です。 
水戸黄門鰹さばき

 また領内の自然あふれる山林にワビサビな庵をこしらえます。
そこで、当然晴耕雨読な日々を野趣あふれる食事ざんまいで過ごしたそうです。
 漫遊記でなくて、包丁人黄門記なんてのも面白いかもしれません。
 以上またもやNHK Eテレ「知るを楽しむ」(2007年)より。

水戸黄門ロハス

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!