今日で2017年も終わりですが、本年を持って解散するグループが「デューク・エイセス」です。12月21日に最後のコンサートを行い、62年(!)の歴史に幕を下ろしました。20171221-00082683-nksports-000-2-view
メンバーは何回か交代していますが、結成時のオリジナル・メンバーで唯一残っている谷道夫さんは83歳、本当にお疲れ様でした。
1955年結成された「デューク・エイセス」は元々、黒人霊歌やジャズ・ナンバーのコーラスグループですが、しだいにレパートリーを広げました。ちょっと和風なテイストの曲も唄い、人気を集めました。ダウンロード (2)
ドリフターズの歌唱でも知られる「いい湯だな」もデューク・エイセスがオリジナルです。もはやスタンダードですね。
また、同じく永六輔さんが作詞した「女ひとり」も美しいハーモニーで代表曲です。♪京都~大原~三千院~ 恋に疲れた女がひとり~ という歌詞、僕は子供の頃「京都、大原、三千里」とずっと思いこんでいました。子供の頃、デューク・エイセスといえば、何と言っても「鉄人28号」の主題歌です! ♪ビルの街にガオー、夜のハイウェイにガオー という歌声がしっかり刻み込まれています。他にも「忍風カムイ外伝」や「ジャングル大帝」など、多くのアニメや子供番組の主題歌を唄っておられました。そういえば、先日、新文芸坐の「大忠臣蔵映画祭」で久々に「わんわん忠臣蔵」(1963 白川大作監督)を観てデューク・エイセスの「わんわん行進曲」を聴いたのも懐かしかったです。
映画では、鹿児島から上京した4人の若者がコーラス・グループを目指し奮闘する喜劇「乾杯!ごきげん野郎」(1961 瀬川昌治監督)がありました。
20091202_867333
(この映画については当ブログ2016年9月4日、2017年2月4日に書いていますのでご参照ください)主役の4人(梅宮辰夫さん、南廣さん、世志凡太さん、今井俊二さん)のコーラスを吹き替えていたのがデューク・エイセスでした。面白いのは、この映画のモデルになっているのは「ダーク・ダックス」なのに吹き替えてるのが「デューク・エイセス」なのです。監督の遊び心でしょうか。この両グループはよく揃って「紅白歌合戦」に出場していて、たしか同じ年にダークが「白銀は招くよメドレー」、デュークが「いい湯だなメドレー」を披露したことがあり、妙に記憶に残っています。昔の紅白は今より時間も短かったけれど、じっくり歌を楽しめたなあ……。
今日は大晦日。銭湯にでも行って(温泉に行く金銭的余裕がないので1年1回のせめてもの贅沢)♪いい湯だな~と口ずさんで一年の垢を落としますか。では、皆さん、良いお年を!
 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!