信州は南、伊那谷の真っ只中、飯田市はちょいとユニークです。
 「お練り祭り」という7年に1度おこなわれるお祭りがあります。江戸時代から350年続いています。
獅子が市中を練り歩きます。所望(しょもう)というおひねりを獅子達が商売屋などの前でパフォームして”所望”します。そして拝領します。
 その昔(町に電線が張られる以前)は大きな山車が跳梁闊歩威風堂々したそうです。
 信州は北は小布施とならぶ2大商都でったのです。お城もありましたが城上町です。
飯田お練り獅子

飯田お練り虎獅子
虎獅子もいます。タイガースとライオンズのミックスです。
飯田お練り次郎長2

飯田お練り次郎長道中1
 
 次郎長一行や大名行列もおなりになられます。

飯田ポスト
 郵便ポストも昭和なまんま現役です。
飯田は戦災を受けなかったのですが、戦後ほどなく大火にみまわれ、市の多くを焼失しました。
それがなければ、小京都的色彩がもっと濃かったはずです。廓もありんした。
阿部定さんもこの地で不見転(みずてん)芸者をやっていたそうです。
飯田焼肉の町
空気も水も良いところです。
焼肉屋密度も日本でもっとも高いところです。
山に行くと猪、鹿、熊などのジビエも豊かです。
田崎さん、康夫さんもワインとともに味わいにいらっしゃるそうです。
飯田おたぐり
おたぐりとは馬の腸です。 
たぐるのは蕎麦だけではないようです。


とりあえず飯田案内のさわりです。くわしくは市のホームページhttp://www.city.iida.lg.jp/を。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!