昨日の当ブログで書いたように名和宏さんというと東映というイメージが強いですが、映画俳優としてのスタートは製作を再開した日活です。1954年(昭和29年)に行われた第1期ニューフェイス審査に合格、同期には宍戸錠さんがいます。錠さんと名和さんはともに日本大学芸術学部演劇科3年生でした。もちろん錠さんも頬を膨らませる前ですし、名和さんも主役のはれる二枚目俳優として期待されたと思います。
「若いお巡りさん」(1956 森永健次郎監督)という当時のヒット曲を使った歌謡映画では、名和さん、錠さんはタイトル通りの若いお巡りさんの役でダブル主演していました。たしか、安部徹さんも同僚のお巡りさんで出ていましたから、あとになると「悪」の方にまわるメンツが交番勤務していたわけです。
前に何かで読んだことがありますが、石原慎太郎さんが裕次郎さんを日活に売り込もうとしたら、既にいる名和さんが裕次郎さんに似ているので同じようなのはいらないと一度は断られたそうです。その後、「太陽の季節」(1956 古川卓巳監督)に原作者の弟ということもあってチラッと出て以来、日活映画に出ることになります。名和さんと裕次郎さんは「地底の歌」(1956 野口博志監督)で共演します。
1956chiteinouta_P-thumb-560x783-3265
1956chiteinouta_30-thumb-450x330-3263
主演は名和さんで渡世人の役で菅井一郎さんのイカサマ賭博師の情婦(山根寿子)への恋情に苦しむ役でした。のちに同じ原作をリメイクした「関東無宿」(1963 鈴木清順監督)が、清順調の映像で有名になります。名和さんが演じた役を小林旭さん、菅井さんの役は伊藤雄之助さん、山根さんの役は伊藤弘子さんで、小皿に入れた醤油を使ったイカサマの場面など清順タッチが活かされました。山根さんの弟役を演じたのがデビュー間もない裕次郎さんでした。(清順版では平田大三郎さんが演じました)裕ちゃんは翌1957年「俺は待ってるぜ」(1957 蔵原惟繕監督)「嵐を呼ぶ男」(1957 井上梅次監督)とヒット作を連発、逆に名和さんは松竹に移籍することになります。
さらにフリーになった名和さんは各社の映画に主に悪役で出るようになります。日活作品にも何本も出ており、当ブログ7月23日で紹介した「無頼非情」(1968 江崎実生監督)にも出ていましたね。(もちろん悪玉) 印象に残っているのが「黄金の野郎ども」(1967 江崎実生監督)です。67122311
裕次郎さん主演の暗黒街もので、敵方の悪玉が名和宏さんです。昔、裕ちゃんの恋人だった女(真理明美さん)を情婦にしていて、裕ちゃんは真理さんの部屋にやってきて、そこにいた名和さんを激しく痛めつけるシーンがありました。裕ちゃんの映画にしてはかなり激しい暴力で記憶に残っています。初期日活でスター候補だった名和さんと、結果的に名和さんを追い落とす形になった裕ちゃんが10年あまりの時を経て主役と悪玉として対峙したのです。ちなみにこの映画には裕次郎さんを兄の仇としてつけ狙う役で宍戸錠さんも出ていました。名和さんと日活第1期ニューフェイス同期生だった錠さんも頬をふくらませ、すっかり主役のライバルや悪役という立ち位置を確立していたのです。裕次郎さん、名和さん、錠さん、それぞれに流れた10年という月日を考えると何か感慨深いものがありました。 (ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!