今年の全国高校野球選手権で快進撃し準優勝した「金足農業高」を見て思い出した映画があります。「KANO 1931海の向こうの甲子園」(2014 マー・ジーシアン監督)という実話を基にした台湾映画です。
ダウンロードkano
タイトルの「KANO(カノ)」とは「嘉義農林学校」のことで、ユニホームの胸に「KANO」とネームが入っているのです。「金足農業高」のユニホームは漢字ですが地元では「カナノウ」と呼ばれているので似ています。そして、日本統治時代の台湾から「甲子園」に出場した農業高校が、決勝戦まで進むという話だったので今回のカナノウの快進撃で思い出したのです。
日本統治下にあった台湾、甲子園出場枠が1校で、日本人のみのメンバーという学校が大半だったのですが、「三族共学」の嘉義農林は、漢人(中国大陸から移住した漢民族がルーツ)・台湾原住民・日本人の混成チームです。その嘉義農林の監督になったのが近藤兵太郎さんという強豪・松山商の元監督だった人です。この人に扮するのが永瀬正敏さんで、寡黙で厳しい中に優しさの滲む好演を見せています。駿足の陸上部の選手、打撃の素質があるテニス部員をスカウトしたり、勝つための陣容が揃っていきます。近藤監督は3つの民族に対し、全く偏見なく同じように接し、チームを鍛えぬきます。打撃のパワーのある漢人、足の速い台湾原住民、守備の上手い日本人という特色を活かします。選手たちも厳しい練習に耐え、力をつけていきます。そして、それまで一勝もしたことがないチームがとうとう台湾代表になります。

imageskano

船に乗ってはるばる甲子園にやって来た「嘉義農林」にマスコミが集まってきて好奇と「上から目線」的な姿勢で質問をします。このとき近藤監督が「この子たちを見ろ! 同じ球児だ!」と言うのが感動的です。予想を覆し、勝ち上がっていく「嘉義農林」はついに中京商との決勝にのぞみます。ここまでチームを引っ張ってきたエース呉明捷くん(ツァオ・ヨウニンさん)は指を痛めていて決勝で打ち込まれます。ピンチのときにマウンドに集まった仲間が「俺たちが守るから打たせていけ!」というところも良いシーンでした。この辺も「地元の選手」のみで構成された「金足農」のチームの絆と重なります。よく野球映画で明らかに素人のプレイを見せられると興覚めしますが、この映画は「嘉義農林」の選手たちをキャストするときに「5年以上の野球経験のある人」を選んだとのことで、試合のシーンは本物の迫力です。特にツァオ・ヨウニンさんは当時、「世界野球選手権大会」にも台湾代表で出場したほどの大学野球の選手だったそうです。
「嘉義農林」は完封され準優勝に終わりますが、この1931年の「甲子園大会」では「球場の観客の大部分は嘉義農林びいきだ」と菊池寛さんが朝日新聞に書いています。このあたりも「金足農」を応援する人が多かった今大会と共通しますね。「判官びいき」というのは今も昔も変わらないようです。
この映画を観たのは3年前ですが、それまで「嘉義農林」のことは知らなかったので興味深く観れました。この映画は台湾で興収10億円を超える大ヒットになり、「映画を観て甲子園に来たくなった」という人が増え、翌年の甲子園には台湾からの観客が多かったそうです。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!