当ブログ8月5日「追悼・加藤剛さん」に、若き日の加藤剛さんが次々に女優さんとラヴシーンを演じていて羨ましい限り……ということを書きました。しかし、もっと羨ましいのは津川雅彦さんです。中年になって以後の津川さんは好色、精力の強い男を演じることが多く、映画に出れば濃厚なラヴシーンが必ずあるような印象です。「ひとひらの雪」(1985 根岸吉太郎監督)では秋吉久美子さんや沖直美さんと、
115231_01
「別れぬ理由」(1987 降旗康男監督)では三田佳子さんや南條玲子さんと、ダウンローtugawa
「桜の樹の下で」(1989 鷹森立一監督)では母娘役の岩下志麻さん、七瀬なつみさんとラヴシーンやベッドシーンをやっていて(岩下さんとはベロチューでした)、こういった渡辺淳一さん原作の映画といえば津川さんの独壇場という感じでした。他にも「濹東綺譚 」(1992 新藤兼人監督)では墨田ユキさんの白くキレイな裸体を……ああ、ちくしょう!と勝手に悔しがってしまいます。sim
特に僕が悔しかったのは「集団左遷」(1994 梶間俊一監督)での高島礼子さんを相手にしたシーンです。僕は高島さんのファンだったので、悪い副社長を演じた津川さんがソファーで高島さんを脱がす場面に本気で「やめろ!」と思ったものでした。
そんな記憶がある「集団左遷」ですが、映画としてはかなり面白い作品でした。ダウンロードshuudann
1994年ですから、バブルがはじけた後、物件が売れなくなった不動産会社がリストラを開始します。そのため津川さん演じる副社長は大胆な人事を画策します。新たな事業部を設立、そこに余剰となった社員を配置、到底達成できない販売目標を課して退職に追い込むというものです。かつて津川さんの不正を告発しようとした中村敦夫さんが部長で、以下「左遷」された社員たちが集められます。前にトラブルを起こ
CgelyaaVAAADP5l
した柴田恭兵さん、妻が病気で家庭中心の河原崎建三さん、定年間際の小心な小坂一也さんなどです。津川さんの愛人でしたが捨てられた高島さんは自らこの部にやってくる紅一点です。この崖っぷちの社員たちが津川さん側の露骨な妨害にもめげず契約をとろうと奔走します。というわけで、今、流行っている池井戸潤さん原作のドラマと近いテイストです。実際、少し前に「空飛ぶタイヤ」(2018 本木克英監督)を観たときに「集団左遷」を思い出したのです。
ダウンロードtaiya

津川さんは「日常で演じられる狂気とは……」などと芝居がかったキザな言葉をはく悪役ぶりがキマっていました。明日、10月16日から26日まで池袋・新文芸坐にて「追悼・津川雅彦」特集上映が開催されます。本格デビューの「狂った果実」(1956 中平康監督)から渡辺淳一原作映画、伊丹十三監督作品などに加え、「集団左遷」も上映されますのでお時間ありましたら是非!  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!