昨日の当ブログで取り上げた「1987、ある闘いの真実」(2017 チャン・ジュナン監督)は軍事政権下の弾圧を暴き、民主化を求める国民的運動に至る時代を描いた激アツの感動作ですが、政治的内容ゆえはじめは製作にあたってスポンサーが見つからなかったそうです。8cb5579f0552691ee8bf68446647e717
そんな状況の中、人気俳優のカン・ドンウォンさんが学生運動を率いるイケメン大学生役を志願、しだいにスポンサーが集まり始めたと何かで読みました。昨日の当ブログでも書きましたが、オールスターとも言える有名俳優が何人も出ています。
俳優という人気商売にとっては、政治的立場を表明するような活動は、違う考えの人からの反発も呼びますし、叩かれることもあります。特に本作のようにメッセージ性の強い映画に出ることで「レッテル」をはられたりリスクの大きいことだと思います。それでも、これだけのスターが集結し映画を完成させたということは、かつての軍事政権の独裁という暗黒時代を乗り越えて「今」があるという強い思いを俳優たちも共有していたのだと思います。
最近、アメリカでは人気歌手のテイラー・スウィフトさんが11月の中間選挙で民主党候補に投票すると表明し、ファンにも投票に行くように呼びかけました。
ダウンロードt
テイラーさんは今まで政治的発言はしていなかったので、ノンポリかと思われていましたが、トランプ政権に対して黙っていれなくなったのでしょう。すると、即、今度は人気ラッパーのカニエ・ウエストさんがホワイトハウスを訪問、トランプ大統領への支持を猛アピールしました。日本でこういうことをしたら、バッシングを受けるでしょうね。「音楽活動に政治を持ちこむな」とか炎上間違いなしでしょう。スポンサーの圧力やテレビに出れなくなったりすることを怖れて、事務所もミュージシャンの発言を規制するでしょう。「忖度」は官僚だけの話ではないのです。でも、ミュージシャンだって国民のひとりです。主権者である国民として意見を持つことは当然なのに、何だか敏感すぎる世の中になったような気がします。
ダウンロードte
昭和の頃に比べても、コンプライアンスとかいろいろな縛りが確実に強くなって「無色、中立で政治には無関心」が、ミュージシャンのあるべき姿になっている感じがします。
昨日、沢田研二さんのコンサートが直前に中止となったようですが、理由が謎です。最近は「憲法9条」や「反原発」といったメッセージ色の強い曲を歌っているジュリー、知人からは「テレビに出れなくなるよ」と忠告されても「自分の思っていることを伝える」とコンサート活動に専念ています。(←当ブログ2017年2月6日「ジュリー、不滅のロック魂」ご参照ください)もしかして、そんな関係でどこかから圧力がかかって「コンサート中止」になったのではないかと心配です。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!