一昨日の当ブログに書きましたが、21日(日)19時、FM東京「村上RADIO」で、村上春樹さんが冒頭、アレサ・フランクリンさんの逝去にふれ、アレサさん唄う「マイ・ウェイ」をかけてくれました。8月5日に放送された「村上RADIO」の第1回でもチラッとかけていましたが、今回はフルでした。
この初回の放送、小説の中におびただしい音楽、曲名をあげる村上さんがどんな選曲をするか楽しみでラジオをつけました。村上さんは「いつも i-pod で音楽を聴きながら走っている」と、7台もの i-pod を満杯にしていることを話されました。その中から「棚からひとつかみ」ならぬ「 i-pod からひとつかみ」という感じで選んだ曲をかけられました。カヴァー・ヴァージョンがお好きとのことで、多くがカヴァー曲で、聴いたことのないマニアックなものもあり、さすがという感じでした。アレサさんの「マイ・ウェイ」ももちろんフランク・シナトラさんのカヴァー曲です。(僕は「アレサ・フランクリン レア&アンリリースド・レコーディングス」という2枚組のレア・トラックを集めたCDを持っているので、これは聴いたことがありました)2回とも村上さんの落ち着いた声が聴きやすく、リラックスできる番組でした。

僕が欠かさず聴いているラジオ番組に吉田拓郎さんがD.J.をつとめる「ラジオでナイト」(ニッポン放送・日曜23:30~)があり、「村上RADIO」第2回と同じ21日の放送では、かねてからリスナー投票を集めていた「吉田拓郎が他の人に提供した曲ベスト10」の発表がありました。僕はこれも大変楽しみにしていました。結果は(以下、敬称略)、10位「ああ青春」(トランザム)、9位「歌ってよ夕陽の歌を」(森山良子)、8位「ああ、グッと」(近藤真彦)、7位「襟裳岬」(森進一)、6位「メランコリー」(梓みちよ)、5位「いつか街で会ったなら」(中村雅俊)、4位「我が良き友よ」(かまやつひろし)、3位「たどり着いたらいつも雨降り」(モップス)、2位「風になりたい」(川村ゆうこ)、1位「やさしい悪魔」(キャンディーズ)でした。僕はこの中でマッチの曲だけ知らなかったのですが、他の曲は即座に口ずさめます。本当に拓郎さんというのはすごいメロディー・メイカーであるとあらためて思いました。僕が知らなかったマッチの「ああ、グッと」は多くのリスナーも知らなかったようで毎回の放送の中間経過では票が伸びなかったのですが、拓郎さんがお気に入りなのか番組内でかけたり猛プッシュ、見事8位に入り拓郎さんも満足そうでした。
この日曜日は「カヴァー曲」と「他の人への提供曲」をラジオで楽しんだ秋の夜でした。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!