昨日の当ブログで、先頃亡くなったジョー・スタンカ投手(南海ホークス)が1964年日本シリーズで阪神相手に3完封という大車輪の活躍をしたという話を書きました。この年は「東京オリンピック」が開催された年で、プロ野球も開幕を早めるなど日程は早め、10月1日に甲子園球場で第1戦。スタンカ投手が完封。中2日で10月4日に先発も2回4失点で負け投手。そして再び甲子園に舞台を移し、9日に先発、完封。翌日10日にも先発、完封で3勝をあげました。10日は「東京オリンピック」の開会式の日で、本当はその前日までに7戦終わる予定でしたが、8日が雨天中止で、結局第7戦は開会式の日と重なってしまい、翌日「南海日本一」のニュースの扱いは小さくなってしまいました。
8日の雨天中止で、第6戦先発のスタンカ投手は中4日になり、当時のスポーツ新聞には「あとがない南海、中4日で休養十分のスタンカを立てる」といった記事が出ています。それが、今や、中4日で「特攻ローテ」と呼ばれる時代となりました。投手の起用という点では、昭和の野球とはまったく異なります。
当ブログ9月21日にハピイさんが載せておられる「1970年(昭和45年)の報知新聞」をご覧ください。シーズン終盤のセ・パ両リーグの個人打撃成績、投手成績が出ています。懐かしい名前が並んでいて思わず遠い目をしてしまいますね。セの打率トップは王貞治さん、パは張本勲さん(この時点で3割8分超え。この年は途中まで4割打っていたんですよね) セ・リーグではこの時点で3割超えは王さんだけ。防御率を見ると村山実投手の0点台を筆頭に1点台が3人、13位まで2点台が並びます。この年のセは「投高打低」だったのですね。そして、注目していただきたいのは投球回数です。防御率ランクにのるのは「規定投球回数以上」で「規定投球回数」とは試合数と同数です。当時はたぶん130試合制だったから「規定投球回数」=130イニングであります。で、見てみるとほとんどが200イニングを上回り、平松政次さん、江夏豊さん、鈴木啓示さんといった各チームのエースとなれば当たり前のように300イニングを超えています。規定投球回数の倍を軽く超えているわけです。中3日、4日で完投が当たり前、時にリリーフにも出るのがエースだったのです。
一方、今年(2018年)の投手個人成績を見てみると、規定投球回数に達したピッチャー自体が、セが8人、パが9人。チームに1人ないし2人しかいない状況です。ソフトバンク・ホークスに至ってはゼロです! もちろん規定投球回数の倍イニング投げた人はいません。200イニング超えたのもジャイアンツの菅野智之投手のみ。先発は中6日(つまり週一回登板)、5~6回投げれば「試合を作った」と言われる分業システムが完全に定着したわけです。投球回数が減れば、勝ち星もあがらないのは当然で、今年の最多勝セが15勝、パが16勝。20勝なんて(楽天時代の田中将大投手の24勝0敗のような神がかりがない限り)もうほとんど可能性ないわけです。2000本安打達成者は毎年のように出ますが200勝はほとんど出ないから、「名球会」も会員も投手・打者のバランスがいびつになってしまっていますね。「名球会」入りを目標にするなら250セーブを狙う方が得策かもしれません。
という風に、昭和の野球と現在の野球は(特に投手に関しては)全く違うフェーズにあると思います。ピッチングマシーンや道具の発達によって打撃の練習環境が進化しているから、これは時代の流れとして仕方ないことです。しかし、昭和時代、チームを背負ったエースたちの活躍を見てきた身からしたら、ちょっと淋しいですね。だから県予選から1人で投げ通した吉田輝星投手には期待したいですね。それにしても、日本ハム・ファイターズは毎年、スター選手を獲得しますねえ。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!