昨日の当ブログで書いたように、金田留広さんは東映フライヤーズ入団後4年間で77勝!をあげていましたが、1973年にははじめて二ケタ勝利に届かず(7勝)、その年、兄の金田正一さんが監督に就任した「ロッテには投げにくい」と言ってトレードされ、ロッテに移籍、1974年は優勝に貢献する活躍をみせます。
留広さんは、名前から分かる通り、兄弟の末っ子で四男です。正一さんと留広さんの間にいる2人の兄弟も、実はプロ野球選手になっています。次男の金田高義さんも投手で1958年に国鉄スワローズに入団、60年まで在籍して一軍の実績なし。また、三男の金田星雄さんも投手で60年入団でこちらも一軍にはあがれないまま2年間だけ在籍しました。つまり、1960年にはスワローズに金田三兄弟が在籍していたわけです。
photo1960
(留広さんはちょっと年が離れていて60年当時は中学生、さすがに4兄弟同時在籍とはなりませんでした)この高義さん、星雄さんの入団については、もちろん正一さんのプッシュがあったのでしょう。弱小チーム・国鉄スワローズでほとんどの勝ち星をあげるぐらいのエースだった金田正一投手のワンマンぶりは「天皇」と言われるほどでしたから、弟たちを入団させるぐらい簡単だったと思います。一説には、国鉄球団側が金田正一の年俸を抑えるために弟さんたちの入団を持ち掛けご機嫌をとったとも言われているようです。ちなみに、留広さんが広島カープに移籍した1979年、金石昭人投手がドラフト外でカープに入団しています。金石さんは留広さんの姉の子ども(つまり正一さん、留広さんの甥っ子)で、この入団に際してもカネやんのカープへの口利きがあって、留広さんに面倒みるように言ったそうです。のち、金石さんは一軍で活躍する投手に育ちました。
一方、国鉄に入った弟さんたちの気持ちはどうだったでしょう。大投手を兄に持って、同じチームに入って、周りからの目とか気にならなかったかなあ。まさか兄と同等の活躍が出来るとは思わないまでも、1勝もできない投手が「支配下選手」の枠を埋めているという後ろめたさ? あるいはプレッシャーはどれほどだったのだろう? 留広さんもロッテ移籍1年目こそ16勝あげましたが、以後は6勝、3勝、2勝……と下降していったし。
西武ライオンズにいた松沼博久・雅之兄弟なんかは、球団創設年に同時に入団しているからお互い心強かったと思いますが、金田兄弟みたいに兄がすごい実績をあげていると辛いんじゃないかと思います。
そういえば、長嶋茂雄監督のジャイアンツに移籍した一茂選手なんかも辛かったかなあ。こちらは「兄弟」でなく「親子」だけど、同じサードを守って、どうしたって比べられるし。G20141014009098400_view
れとも子どもの頃から「スーパースターの息子」という立場で見られることに慣れていたのか。国鉄の金田兄弟の時代と違って、一茂さんはれっきとしたドラフト1位でヤクルトに入団しているのだから、それなりに野球の素質はあったのだと思います。もし、長嶋家に生まれていなければ、その才能が開花していたのか……とか想像してしまいます。
僕も小学校のとき、兄が優秀で児童会長とかやっていたりしたので、先生たちから「君があの子の弟か」といらぬ期待の目で見られてイヤだった記憶があります。だいぶスケールの小さい話ですが……。
(ジャッピー!編集長)






にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!