昨日の当ブログで、現在公開中の「止められるか、俺たちを」(2018 白石和彌監督)について触れました。1960年代末から1970年代初頭あたりの「若松プロ」を当時、女性助監督として参加していた吉積めぐみさん(門脇麦さんが演じます)の視点から描いた作品です。images
当時の若松孝二監督作品のクレジットにはよく「吉積め組」と表記されていました彼女は惜しくも1971年に睡眠薬を服用、23歳の若さで亡くなってしまいます。映画は、めぐみがジャズ喫茶に所在無げにいるところにメガネの青年(タモト清嵐さんが演じます)が入ってきて、めぐみが「ねぇ、オバケ、ピンク映画の助監督って女でもできる?」と訊くところから始まります。この「オバケ」と呼ばれる青年は「秋山道男」さん。今年の9月19日に69歳でお亡くなりになりました。
ダウンロードakiyama

秋山道男さんは19歳で若松プロに参加、低予算のピンク映画を量産していた若松プロですから、在籍している若者たちは何でもやらされていて、秋山さんも脚本、助監督だけでなく俳優としても作品に関わっています。「オバケ」という愛称も、初めて出演した「性遊戯」(1969 足立正生監督)に「オバケ」という役で出ていたことからでしょうか。ちなみに同映画にやはり助監督だった小水一男さんが「ガイラ」という役で出ていまして、小水さんも仲間内では「ガイラ」と呼ばれていました。当時まだ童貞だった秋山さんは助監督として裸の女性の局部を間近に見て「女体とはこういうものか……」と思ったそうです。
特に秋山さんが才能を発揮した?といわれるのが「万引き」です。当時、アナーキーな気分に満ちていた「若松プロ」では「調達」の名の下でレコードや本を万引きしていて、「止められるか、俺たちを」の中にも、秋山さんがめぐみをレコード屋に連れていって「助監督の仕事を教えてやるよ」というシーンがありました。秋山さん、「新宿泥棒日記」(1969 大島渚監督)では万引き青年を演じた横尾忠則さんに「万引き」の演技指導をしたそうです。「秋山未知汚」という名前で出演した作品では、テロリストの少年を演じた「性賊・セックスジャック」(1970 若松孝二監督)が代表作ですかね。81HvMdyLVUL._AC_UL320_SR226,320_
また、「天使の恍惚」(1972 若松孝二監督)で横山リエさんが歌った「ここは静かな最前線」の曲を作ったのが秋山さん(映画の中では横山さんの隣りでギターを弾いてます)で、音楽、美術など様々な面で若松作品に関わりました。

「止められるか、俺たちを」の中で禁止条例にひっかかる「女学生ゲリラ」(1969 足立正生監督)のポスターも秋山さん作)
こうした若松プロで発揮したマルチな才能が、のちに「無印良品」のプロデュース、「チェッカーズ」の総合プロデュース、内田春菊さんの発掘(「春菊」の名付け親でもあります)、荒戸源次郎さんの映画などのプロデュース……と多方面に渡る活躍に繋がっていくのでしょう。アングラ文化からメイン・ストリームまで時代の文化を作り上げた秋山道男さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
(ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!