resize_image
ボヘミアンラブソディは、1975年10月31日にアルバム「オペラ座の夜」の中から先行シングルリリースされた曲です。1975年といえば、僕達ちゃんちゃこが、デビューしてテレビ・ラジオに大忙しだった年です。僕がこの曲を初めて聞いたのは、ラジオ局、文化放送に番組収録で訪れていた時のことです。ラジオの放送が流れている室内で、いきなり、♪Is this the real life? Is this just fantasy?♪と始まった訳です。なんだこれは?ってことで、かなりの衝撃を受けたことを今も覚えています。プログレ?それとも、ハードロック?オペラのような曲調にこの多重録音はいったい何?ロックオペラのような、ビートルズのアビーロードのB面みたいな・・・。とにかく自分の中で説明がつきませんでした。四谷にあった文化放送の旧社屋は元々カトリックの修道院だったということで、そこここに、レトロな教会風のなごりがある社屋でした。
20060719c
その社屋の高い天井から聞こえてくるボヘミアンラブソディ、、、何だか崇高な気分になりましたね。
映画ではこの曲のレコーディングシーンがありました。ボーカルの重ね録りを行っている場面で当時の録音機材が出ており、2インチのテープが出てきました。1975年当時の16チャンネルのインチ録音テープです。08_500x281
僕達はこのテープで散々レコーディングしていたのを懐かしく思い出しました。声の重ね録りもよくやりましたが、この曲のように究極の多重録音のボーカルは聞いたこと無かったです。ググりますと、クイーンは当時としては珍しい24チャンネルの録音機材を使用していたとのことです。歴史に残る名曲を初めて聞いた時のインパクトでした。

 
ちゃんちゃこ43 きたかたよしろう
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!