今年の10月27日に女優の角替和枝さんが亡くなりました。
ダウンロードtunogae
まだ64歳という若さですし、最近も「リングサイド・ストーリー」(2017 武正晴監督)や「犬猿」(2018 吉田恵輔監督)など、ちょこちょこ映画で元気な姿を見たばかりだったので驚きました。
角替さんはその多くが脇役ですが、威勢の良い元気なおばちゃんといった役がわりと多く、チラッと出るだけでも映画のいいスパイスになっていたと思います。僕の印象では大林宣彦監督の作品によく出ていた印象で、初めて「あ、出てる」と思ったのは「異人たちの夏」(1988 大林宣彦監督)(←この映画については当ブログ2016年8月16日をご参照ください)ですが、映画出演のキャリアはもっと古く、「ヒポクラテスたち」(1980 大森一樹監督)に既に出ています。どの役で出たのか覚えていないのですが……この医大生の青春を描いた映画には柄本明さんが医大生の一人で出演していますから、このあたりで出会って結婚されたのでしょうか。それとも、角替さんは既に「東京乾電池」に入っておられたのか、僕は演劇に詳しくないのでちょっとさだかでないのですが、角替さんはたしか元は「つかこうへい」さんの所にいたと記憶しています。
柄本さんとの間には3人のお子さんがおられて、長女の柄本かのこさんは映画関係のお仕事されています。(よくスタッフの中にお名前を見かけます)そして、長男の柄本佑さん、次男の柄本時生さんは俳優として大活躍されています。ジャッピー!25号では佑さんにインタビューを行っていて、子どもの頃から映画を観まくっていた佑くんが「ポルノ映画」まで観ていることに、父の明さんが「いくつだって関係ない。観た方がいいものは観た方がいいんだから」と放任だったのに対し「でも、うちの母ちゃんは、『一応決まっているから、18歳までは』というんで、一応、和枝さんには内緒で」というエピソードを紹介してくれました。
その佑さんと結婚されたのが、奥田瑛二さんの娘・安藤サクラさんです。サクラさんは現在、朝ドラ「まんぷく」のヒロインとして好演してますが、お子さんを産んだばかりのサクラさんはオファーに対し逡巡したそうです。そんなサクラさんに、角替さんは「やらないなら、一生仕事やめな!」と強い調子でサクラさんの背中を押したそうです。今日の放送でも、劇中「国への訴えを取り下げない」と意地になる夫(長谷川博己さん)に福子(安藤サクラさん)が説得するシーンがありました。何だか、サクラさん自分を励ました角替さんを思い出しながら演技をされているんじゃないか……という風に思いました。今後の展開でも、福子が夫や家族を支えることが多いでしょうが、そこには角替さんの肝っ玉母さんぶりが投影されているかもしれません。
多くの作品に出演され味のあるキャラクターで楽しませてくれた角替和枝さんのご冥福を心よりお祈りいたします。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!