「ボヘミアン・ラプソディ」(2018 ブライアン・シンガー監督)が興収70億に達したとか。このお正月も観客があふれているようでメガ・ヒットです。昨年、僕が近所のシネコンで観たときも普段ガラガラのことが多い館内にかなりの人が入っていました。見渡すと、けっこう年配の方も多く、かつて若い頃に「クイーン」を聴いていた世代でしょう。
僕は「クイーン」はあまり聴いておらず、「キラー・クイーン」(1975)がヒットしたときに知ったぐらいですが、そのヒットの前から雑誌「ミュージック・ライフ」ではガンガン特集が組まれておりました。当時、僕は「ミュージック・ライフ」を愛読しており、自分で買ったり、友だちに借りたりしていました。
prm1804180006-p3
「レッド・ツェッペリン」の新作アルバムが出ると載る詳細な分析レビューとか精読したものでした。しかし、ちょっと「アイドル誌」ぽくなってきたのが合わなくなって、だんだん離れるようになってしまいました。今からみると信じられないかもしれませんが、「クイーン」「キッス」「ベイ・シティ・ローラーズ」が「ロック御三家」と呼ばれ、よく特集記事が組まれていたのです! 「キッス」には女子ファンがほとんどいなくて、「ローラーズ」に年少の女子、そして「クイーン」にはそれよりチョイ上の年齢の女子が熱狂していたと思います。
最近、当時の「ミュージック・ライフ」編集部員だった東郷かおる子さんのインタビューを読むと、アメリカで「クイーン」が前座で出ているのを観て魅せられて、「これは人気が出る」と誌面で猛プッシュしたそうです。意識的に「クイーン」を売り出そうという熱意が結実したのです。おかげでまだスターになる前から「クイーン」は来日すると女子ファンから大歓迎を受け、メンバーは大の日本びいきになったのです。特にフレディ・マーキュリーさんは日本文化に魅せられ、骨董品を買い求めたり、自宅の庭を「日本庭園」にしたことはよく知られています。映画の中に「日本庭園」が出てくるかなあと期待しましたが、出てこなかったのは残念。(部屋に神社仏閣のお札?が貼ってあるのは映りましたね)
「アイドル誌」ぽくなった「ミュージック・ライフ」から僕は離れてしまいましたが、考えてみれば、その少し前の時代の「ミュージック・ライフ」は「ウォーカー・ブラザーズ」をアイドルぽく扱った記事が毎号載っていた時期もありましたし、そもそも「ビートルズ」だって超「アイドル」だったわけです。そこからどう音楽的に進化、発展するかがスーパースターになるかどうかでしょう。「クイーン」は「ボヘミアン・ラプソディ」という稀代の名曲を出してスターに駆け上がったのです。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!