昨年の後半はどういうわけか、何十年ぶりに再見した映画というのが多かったです。ポール・マッカートニーさんのガールフレンドとして知られるジェーン・アッシャーさんが美しかった「早春」(1970 イエジー・スコリモフスキー監督)を10月に「早稲田松竹」で観ましたが、劇場で観るのは40年ぶりぐらい。11月にK'sシネマで観た「まぼろしの市街戦」(1967 フィリップ・ド・ブロカ監督)は旧「文芸坐」の「陽のあたらない名画祭」でかかったのを観て以来で36年ぶり。12月に早稲田松竹でかかっていた「フェリーニのアマルコルド」(1973 フェデリコ・フェリーニ監督)はたしか今はなき「後楽園シネマ」で観て以来で42年ぶり。そして、12月に「シネマート新宿」で観た「恐怖の報酬」(1977  ウィリアム・フリードキン監督)は封切時に30分カットされたヴァージョンを観て以来でした。これらを観て、けっこう細かいところまで鮮明に覚えていることに自分でもビックリしてしまいました。最近は観て1、2年経つと忘れてしまうことが多いのに……。やはり、若い時の感性はスポンジのようにグングンと吸収したんでしょうね。食い入るように観た作品の記憶が相当深く心に刻まれ、観ているうちにどんどん蘇ってくるのでした。
そして、年末に「角川シネマ有楽町」で観たのが「ディア・ハンター(4Kデジタル修復版)」(1978 マイケル・チミノ監督)です。これも封切以来40年ぶりでしたが、ほとんど覚えていました。しかし、今の時点で観ることでまた違う感銘を受けました。ご存じのように、徴兵でヴェトナムに送られた3人のうち、クリストファー・ウォーケンさんがロシアン・ルーレットをやるシーンがあります。(ここの演技、完全に目が「いって」しまっている。凄い!) 周りに金持ち連中が群がり、札束を賭け煽ります。戦場で狂気に陥ったウォーケンさんがその中で「死のゲーム」をやらされます。もう、これは「戦争」の構図そのものではないでしょうか。「戦争」という最大のビジネスで潤う金持ちたちは安全地帯で騒ぎ煽り立て、犠牲になるのは貧しい名もない若者たちなのです。田舎町の製鋼所で働いてささやかな暮らしを営んでいたウォーケンさんを狂わせたのは誰なのか。公開当時は「ヴェトナム戦争」の記憶も生々しく、その文脈で捉えられましたが、今、見るとこの映画から匂ってくる腐臭は「格差」と「分断」が広がった現在のアメリカにも漂うものですね。出演していたロバート・デ・ニーロさん、メリル・ストリープさんとも、痛烈にトランプ批判をしていることが象徴的に思えるのでした。
まぼろしの市街戦1

2まぼろしの市街戦

(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!