昨日の当ブログで書いたように、僕の行きつけの喫茶店「ハイマート」の閉店から「新宿昭和館」のことを思い出してしまったのですが、映画黄金時代に満員のお客さんが詰めかけた「新宿昭和館」の佇まい、まさにその館名どおり「昭和」の香りがしました。
そんな「昭和」の街の映画館をテーマにした映画を観ました。「世界一と言われた映画館」(2017 佐藤広一監督)です。山形県酒田市にかつてあった「グリーンハウス」という映画館をめぐるドキュメンタリー映画です。昨年亡くなった大杉漣さんがナレーションをつとめていて、味のある語りを聞かせてくれます。
タイトルはこの「グリーンハウス」を訪れた淀川長治さんが「世界の映画館を回ったけれど、素晴らしい映画館の3つの中のひとつ」に選んだということからつけられています。それほどの賛辞をおくられた「グリーンハウス」は、元々は酒蔵を改装したダンスホールで、そのインテリアも活用しつつ映画館に再改装したので贅をつくした作りで、県民の方々にとっては特別な場所だったのです。支配人の佐藤久一さんという方が大変努力されて様々なサービス、工夫をしていたことが周辺の人たちの証言で綴られます。例えば、開映はけたたましいベル音じゃなく、グレンミラー・オーケストラの「ムーンライト・セレナーデ」をかけるとか、スクリーン前のステージ部分には「生花」を飾りなど手間を惜しみません。2階にはソファで観れる「シネサロン」という名画座を増築、ロビーにはバー・カウンター、モギリのすぐ横ではコーヒー・ショップを作るなど、アイデアを発揮します。当時、通っていた人たちが「あの珈琲の香り、映画とともに記憶に残っている」と口を揃えていますし、「山形を離れ上京しても「ムーンライト・セレナーデ」を聴くと映画のことを思い出す」という証言もありました。いかに「映画館」に来ることが習慣となり大切な思い出になっているかが分かります。
感心したのは、チケット売り場のガラス仕切りを取っ払ったというエピソードです。そこでお客さんが「どういう内容?」「面白い?」とか「汽車の時間に間に合うかな?」と売り場の方とちょっとしたコミュニケーションがとれるようにです。ああ、いいなあと思います。今や、シネコンでは自動券売機で「席を指定」したりですが、何だか味気ないし、僕は手間取ってしまうので苦手です……。
無料で配布していた「グリーンイヤーズ」というパンフレット(かつて「銀座並木座」にも同じようなものがあったのを思い出しました)や半券を保存し、「アラン・ドロン、マックイーン、007のシリーズ……」とここで観た映画の思い出を語る女性の夢見るような表情。ここに通い詰めて映画好きになり、後年「映画サークル」を結成し、「グリーンハウス」が無くなったあとも公民館やホールで上映会を開く活動をしていた男性など、確実にそれぞれの人生を彩り、地平を広げていったのです。当時の人たちにとっては、「グリーンハウス」に行くことは、「映画」を中心にいろいろな「文化」に触れる機会であり、「映画館」自体がひとつの「街」を形成していたのだと思いました。 
また、僕がこの映画を観たのが有楽町「スバル座」で、ここも昭和仕様の封切館なのでまた感慨もひとしおでありました。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!