昨日の当ブログで取り上げた「サイドマン:スターを輝かせた男たち」(2016 スコット・ローゼンバウム監督)では、ハウリン・ウルフさんやマディ・ウォーターズさんのバックで黙々と演奏した男たちの人生を見つめるとともに、「ブルース」から「ロック」への発展という歴史の貴重な記録でもあります。
アメリカ南部で「プランテーション」で過酷な労働に従事した黒人たちから生まれた「ブルース」は、この映画で取り上げられた3人のサイドマンなどの活躍で広まっていきますが、特に彼らに魅せられたのが英国の若いミュージシャンたちです。「ブルース」が世界的に広まっていくのは英国の若者たちに負うところが大きいのです。このドキュメンタリーの中でも、デビュー間もない「ローリング・ストーンズ」がマネージャーの反対を押し切って、ハウリン・ウルフさんの「リトル・レッド・ルースター」をシングル盤としてリリースするエピソードが紹介されます。その際、ストーンズの面々がウルフさんに許可を求めるときの律儀な態度に感激したウルフさん、「どうぞ録音してくれ。こちらから金を払いたいぐらいだ」と言ったそうです。こうして発売された「リトル・レッド・ルースター」はヒット、英国でチャート1位となった「ブルース」ナンバーはこれが唯一です。のちに、ウルフさんが英国ツアーに来たときにはストーンズの面々が空港で出迎えたといいますから本当に「ブルース」の先人へのリスペクトの強さが分かります。そもそも「ローリング・ストーンズ」という名前も、マディ・ウォーターズさんの曲「ローリング・ストーン」からとっています。映画では、「エド・サリバン・ショー」に出演したローリング・ストーンズが「リトル・レッド・ルースター」を演奏する映像も流れます。そして、現在のキース・リチャーズさんが登場、皺だらけの顔をほころばせながら「どうだ! こんな素晴らしい曲があるのにお前らは何で発見しなかったんだ!」とアメリカの聴衆たちに言ってやりたい気持ちだったぜと語るのも印象に残りました。
また、ウルフさんと英国ミュージシャンがセッションをすることになって、エリック・クラプトンさんも参加。「サイドマン」のヒューバート・サムリンさんに「スライド・ギター」のテクニックを教えてもらうのですが、憧れのギタリストを前に緊張しているクラプトンさんを他のメンバーが背中を押して、ようやく近づけたという若きクラプトンさんの初々しさが微笑ましいエピソードも出てきます。
こんな風に「英国」の若いミュージシャンたちによってリスペクトされ模倣された「ブルース」が「ロック」に発展し、アメリカに逆輸入され「ブリティッシュ・インヴェイジョン」旋風が巻き起こるのでした。映画の中で「ビートルズ」も「ローリング・ストーンズ」も「レッド・ツエッペリン」もブルースがなかったら生まれていなかったと言われるのも当然です。
そして、ジミ・ヘンドリックスさんも圧倒的なギター・パフォーマンスで台頭したのは、アメリカから英国に渡ってからです。ウルフさんのバンドが演奏するステージに客席から飛び入りしたジミさんがいきなりギターを手にとると「歯」で「キリング・フロア」を弾き出したんでビックリしたという証言が紹介されます。「ヒューバート・サムリンのギターにアンプを繋いだらジミだよ」という証言もありますから、やはりジミさんもヒューバートさんの奏法に影響を受けていたのでしょう。「サイドマン」の3人が「あいつは凄かった」と口を揃え、「ブルースとロックをつないだのはジミ」という賛辞もありましたから、やはりジミ・ヘンドリックスさんはロック史での重要人物なんだなあと改めて思いました。映画を観て帰宅した僕がジミ・ヘンドリックスさんのCDを引っ張り出して聴いたことは言うまでもありません。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!