昨日の当ブログでは、朝ドラ「まんぷく」から「月光仮面」の話題になりましたが、昨日、僕はナマの安藤サクラさんを拝見しました!
何のことかというと、昨日2月10日(日)、文京シビックホールにて開催された「第92回キネマ旬報ベストテン表彰式」を観に行ってきたのです。今年創刊100年を迎える「キネマ旬報」の主催するこの映画賞は何と、アメリカのアカデミー賞より古く、映画界では伝統ある賞です。今回(2018年度)の日本映画第1位は「万引き家族」(2018 是枝裕和監督)で、主演の安藤サクラさんは主演女優賞を獲得されたのです。安藤さんはまだ32歳という若さですが、2012年、2014年に続いて、早くもキネ旬主演女優賞は3回目の受賞。助演女優賞も2010年、2012年と2度受賞しています。(しかも2012年は主演・助演ダブル受賞! これはキネ旬史上唯一)主演・助演合わせると今回で5度目の受賞。これは原田芳雄さんに並んで最多タイなのです。(原田さんは1992年、2000年、2011年と主演男優賞3回、1975年、1989年助演男優賞)主演女優賞に限っても、3回受賞は若尾文子さん(1961年、1965年、1968年受賞)、岩下志麻さん(1967年、1969年、1977年受賞)、桃井かおりさん(1979年、1998年、1997年受賞)、原田美枝子さん(1976年、1996年、1998年受賞)、宮沢りえさん(2002年、2004年、2016年受賞)と並んで六人目の最多タイになりました。
授賞式に登壇された安藤サクラさんは目のさめるようなブルーのドレスを着ており、大きな拍手を受けました。トロフィーを受け取り、スピーチをうながされた安藤さん、「緊張して何を言いたいか分からなくなっちゃった……。自分の中で『万引き家族』の信代という役がまだ分からなくてフワフワしていて……」と独特の表現をされていました。ラスト近くの警察でのシーンでは池脇千鶴さん演じる取調官から何を訊かれるか事前に言われていなくて「本当にどうしよう?」と思ったそうですから、「信代」役に入り込んだ境界線を「フワフワ」と表現したのかもしれません。
そんな安藤さんが涙を流したのは、今回の主演男優賞を受賞した柄本佑さんの横に立ったときです。安藤さん、ご自分の受賞より嬉しかったのか感極まって泣きじゃくり始めたのです。そして、司会者が柄本さんに「ご夫婦で受賞されたことについてはどんなお気持ちですか?」と訊いて柄本さんが照れて
少し困っていると
、安藤さん、「男はどっしり構えてればいいの! そんなこと答えなくていいから!」とおっしゃって止めたのです。この「男をたてる」というか、安藤さんの肝っ玉母さん的姿勢、何だか、「まんぷく」の福子さんを思わせるものがありました。多分、安藤さんの中に「福子」的なものがあるんだろうと思いました。と、同時に本当に柄本さんのことを愛しているんだなあと感じました。
柄本さんは昨年亡くした母親の角替和枝さんにふれて「和枝さんの口癖は『何でもない日にバンザイ!』だったけれど、今日ばかりは『何でもなくない日でバンザイ!』と言ってると思います」とスピーチされました。また、安藤さんへのサプライズで、奥田瑛二さんからの手紙が読まれるなど、この「映画一家」のハッピーな絆をうかがえました。
次いで登場した助演女優賞の木野花さんもまず「柄本・安藤さんのご夫婦にもらい泣きしました」とおっしゃいました。「愛しのアイリーン」(2018 吉田恵輔監督)には「谷に飛びこむつもりで挑んで、よく生還できたなあと思っています」というスピーチも実感がこもっていました。たしかに凄い映画(たぶんテレビで放映したら台詞は「ピー」だらけになるでしょう)でした! 助演男優賞の松坂桃李さんは2011年に「キネマ旬報新人男優賞」を受賞しており、トロフィーを持って「そこから7年分の重みを感じます」と語っていました。
その「新人男優賞」、今回の受賞者は寛一郎さん。柄本佑さんは二世俳優ですが、寛一郎さんは三國連太郎さん、佐藤浩市さんのDNAを受け継いだ三世です。「菊とギロチン」(2018 瀬々敬久監督)で監督からしぼられた話をふられて「殺されると思いました」と答えて場内は笑いに包まれました。「菊とギロチン」の主演の木竜麻生さんも「新人女優賞」を受賞。僕は「菊とギロチン」はもちろん「鈴木家の嘘」(2018 野尻克己監督)の木竜さんの演技(ラスト近く、思いが溢れ決壊したような一人芝居は新人離れした演技力です!)に大変心を揺さぶられたのですが、マイクの前に立ち「最初から泣きそうです」と誠実なスピーチをされてますます好感を持ちました。サプライズで花束を持って登場した野尻監督も、木竜さんのポテンシャルを絶賛していました。
そして、特別賞の樹木希林さんに代わって登壇した内田也哉子さんが「映画って毎日食べるゴハンと同じくらい大事なものなんだと思えるようになりました」という言葉がとても印象的でした。残念ながら是枝監督、瀬々監督は欠席でしたが、受賞の言葉が代読されました。映画はまだまだ力があるぞと思える表彰式でした。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!