昨年2018年11月30日に映画プロデューサーの黒澤満さんが亡くなりました。85歳です。黒澤満さんは、映画、テレビドラマを合わせると400本以上のプロデュースをされていますが、何と言っても「東映セントラルフィルム」に招聘され作ったアクション映画です! 
70年代後半、大作映画が主流になってきた時代、東映セントラル・フィルム第1作「最も危険な遊戯」(1978 村川透監督)が登場したとき、リアルタイムで「プログラム・ピクチャー」の復活に立ち会えて大興奮したものです。実は僕が日本映画をこんなに観るようになったきっかけは「日活ニューアクション」にハマったからなんですが、黒澤さんはその旧日活の末期に俳優部の部長、企画制作部長でした。ですから、「日活ニューアクション」の遺伝子を受け継いでいるようなテイスト、本当に狂喜しました!
黒澤さんが日活に入社したのは1955年(昭和30年)で、プロデューサー志望でした。というのも、黒澤さんは戦後のアメリカ映画にどっぷり浸かっていて、「監督よりプロデューサーの方が力がありそうで面白いんじゃないか」と考えていたからです。しかし当初は「新宿日活」の営業係、その後は大阪に異動となり「梅田日活」の支配人など歴任、劇場運営に関わりました。1970年に撮影所に移り、ようやく撮影現場に関わるようになったわけですが、興行分野にいた経験から、観客の目線や時代を見極める企画力を発揮します。日活が「ロマンポルノ」に方針転換をする際も、女優を揃えてローテーションを作ったり、プロデューサー・システムを決めたりと黒澤さんがほとんど体制を整えて軌道にのせたのだそうです。
ところが、営業部長がクビという話が役員会議で出て、カチンときた黒澤さん、席上で「営業業績が悪いというなら作品を作っている俺も責任をとる」と言ってしまいます。その営業部長は「大阪時代によく助けてもらっていた」という盟友ですから、ハードボイルド小説や映画の好きな黒澤さんらしい男気です。日活を辞めて無職になった半年あまり、ポケットミステリーを持って家を出て山手線をぐるぐる回って読んでいたというのは有名なエピソードです。そうして企画の引き出しを広げていたのです。
そして、日活時代の黒澤さんの辣腕ぶりに注目していた東映の岡田茂社長にヘッド・ハンティングされ「東映セントラル・フィルム」設立、大作と違う娯楽作を作るという岡田社長の意図と「プログラム・ピクチャーこそ映画の原点」という黒澤さんの持論が合致したのです。「会社帰りのサラリーマンがスカッとするようなものを」と考え、作られたのが「最も危険な遊戯」です。日活出身で旧知の村川透監督を引っ張り出し、松田優作さんが一匹狼の殺し屋を演じた本作、低予算ながら、今や伝説となった「階段移動を使った銃撃戦」を長回しで撮るなど、映画的興奮を詰め込んだ傑作でした。
これを皮切りに数々の映画を企画、製作した黒澤満さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
明日17日から池袋の新文芸坐で「追悼・黒澤満」として2週間にわたる特集上映が開催されます。期間中は豪華なトーク・ゲストが続々登場しますので是非おいでください。上映作品など詳細はチラシをご覧ください。解説もたっぷり書きましたので! 明日初日は「最も危険な遊戯」と第2作「殺人遊戯」(1978 村川透監督)の2本立て、村川監督のトークショーもあります!  (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!