2月24日(日本時間25日)に「第91回アカデミー賞」が発表されました。日本でも大ヒットとなった「ボヘミアン・ラプソディ」(2018 ブライアン・シンガー監督)もノミネートされているとあって、元クイーンのブライアン・メイさん、ロジャー・テイラーさんが登場、アダム・ランバートさんをヴォーカルに「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」のライヴ・パフォーマンスで盛り上げました。その「ボヘミアン・ラプソディ」の主演、フレディ・マーキュリーさんに扮したラミ・マレックさんが見事に主演男優賞に輝きました。(「ボヘミアン・ラプソディ」については当ブログ2019年1月2日、3日に書きましたのでご参照ください)
ラミ・マレックさんはオスカー像を手に、受賞スピーチで「自分のアイデンティティーに悩み、自分の声を見つけようとしている皆さん」と呼びかけました。ご自分が演じたフレディ・マーキュリーさんが劇中移民のせいで「パキ公」と侮辱されたり、「ゲイ」であることで疎外感を覚えたり悩んだりしながらも自分の信じる音楽に魂を注いだことをあげて、今はこういった物語が切望される時代なんだということを強調されていました。ラミさん自身もエジプト移民の子どもで、俳優を目指してもなかなか芽が出ず、自分の外見では主役をつかめないのかと思っていたそうですから、まさにご自身の境遇がフレディの苦悩とシンクロしたわけです。それがまるでフレディが憑依したような演技、ライヴ・シーンに結実したのですね。
「移民」をルーツに持つラミさんが、外見からいい役がつかないと悩んでいたように「ハリウッド」は長らく白人中心の世界でした。少し前には、スパイク・リー監督が主演・助演男女優賞ノミネート20人が全て白人俳優であることに抗議して、名誉賞を受けながら2016年の授賞式を欠席したこともありました。そのスパイク・リー監督が今回、脚色賞を獲得。その受賞スピーチが素晴らしく感動的なものでした。奴隷として連れてこられた祖先たちが多くの苦難を乗り越え、自分が今ここにいることへのリスペクト、この国を作り上げた全ての人への感謝を述べ、未来に向けても、自身の映画のタイトルにひっかけて「Do the right thing!」とコールしたのです。名指しはしていませんが、排除と分断の親玉・トランプへの批判がこめられているのは明らかです。
アメリカのアカデミー賞授賞式では、スターであってもけっこう政治的な主張、発言がなされることが多いです。一方、「日本アカデミー賞」では、そういった種類の発言は全く聞いたことがありません。下手なことを言うとスポンサーから敬遠されて仕事が無くなる、炎上する、そういったリスクが「黙らせて」いるのでしょう。何しろ、ローラさんがちょっと「沖縄の海を守れ」と書くだけで大騒ぎになる国なのです! 明日の「日本アカデミー賞」受賞式、誰か「今のデタラメ政権」に対しノーを突きつけてくれないかなあ、無理かなあ。アベ晋ゾウだって「言論の自由」があるってハッキリ言っている(笑)のだから、日本の映画人にも一歩突き抜けてほしいです。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!