朝ドラ「まんぷく」、今週はカップヌードルの開発に取り組んでいる萬平(長谷川博己さん)たちの奮闘が描かれていますが、一方では萬平と福子(安藤サクラさん)の娘・幸(小川紗良さん)と米国人青年・レオナルド(ハリー杉山さん)の恋愛?に家族が心配する話が並行しています。この若いふたりが映画を観に行った帰り道のシーンがありました。観た映画は「明日に向かって撃て!」(1969 ジョージ・ロイ・ヒル監督)で「英語のタイトルは‟ブッチ・キャシディとサンダンス・キッド”だよ」なんて台詞もありました。なるほど、アメリカン・ニューシネマが日本でも流行った頃(「明日に向かって撃て!」の日本公開は1970年)に「カップヌードル」の開発が始まったのだというのが分かります。
原題の「ブッチ・キャシディとサンダンス・キッド」は実在の銀行強盗の名前ですが、当時の日本人では知る人はほとんどいなかったでしょうから、独自に邦題をつけたわけです。アメリカン・ニューシネマの嚆矢となった「俺たちに明日はない」(1967 アーサー・ペン監督)も原題は「ボニー&クライド」という有名なアウトローですが、日本では馴染みがないからつけた邦題がハマったわけです。この2作とも見事な邦題ですからマネしたものが続きましたね。同じロバート・レッドフォードさん、キャサリン・ロスさんが出ている「夕陽に向かって走れ」(1969 エイブラハム・ボロンスキー監督)なんてその典型ですね。こちらも原題は‟Tell them Willie Boy is here" と登場人物のウィリー・ボーイの名前が入っています。「俺たちに鎖はない」なんて映画もありました。(テレビの洋画劇場で観たので年度や監督を失念)日本映画にも「俺達に墓はない」(1979 澤田幸弘監督)(←当ブログ2019年2月22日参照)とか、「俺たちに明日はないッス」(2008 タナダユキ監督)なんてほぼそのままのもありました。(←この作品、柄本時生さん、安藤サクラさんの後に義理の姉弟になるコンビ出演。サクラさんのヌードシーンがありました)他にも類するものは多いですから「俺たちに明日はない」は名邦題と言えますね。そういえば、スマップの歌にも「俺たちに明日はある」というのもありました。
だいたい、登場人物の名前が原題になっていると邦題をつけるしかないですね。観客にアピールするため、当時の宣伝部の方々は知恵をしぼったのでしょう。ちょっと思い出すだけでも原題‟The Thomas Crown affair"が「華麗なる賭け」(1968 ノーマン・ジェイソン監督)なんて素敵な邦題です。のちにピアース・ブロスナンんでリメイクしたとき「トーマス・クラウン・アフェア」(1999 ジョン・マクティアナン監督)で公開しましたが、味気なくていけません。タイトルだけで観る前からムードが半減してしまいます。「突破口!」(1973 ドン・シーゲル監督)という僕の大好きな映画があるのですが、原題は‟Charley Varrick"で、これはウォルター・マッソーさん演じる主役の名前ですが「チャーリー・バーリック」だったらどんな映画か分かりません。「突破口!」とくれば、それだけでワクワクするってもんです。ああ、あの頃はいい邦題がたくさんあったなあ! 今の原題重視主義?はちょって芸がない気がします。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!