当ブログ一昨日の「追悼・ザ・デストロイヤーさん」、昨日は「ミラクルA」のことを書きました。「覆面」で思い出したのですが、少し前にテアトル新宿にて「新宿タイガー」(2019 佐藤慶紀監督)を観たのです。「新宿タイガー」は、虎のお面をかぶり、ド派手なコスチューム、飾りやぬいぐるみをつけて新聞配達している人で、もう50年近く、このスタイルなので新宿の有名人です。街中で遭うとちょっと驚きます。僕も、大昔、新宿の路地の角を曲がったところでタイガーさんと出くわしたときはかなりビックリした経験がありますが、知らない人が街中で遭うとちょっと驚きます。そんなインパクトのある人ですが、路上よりも遭遇する確率が高いのが「映画館」です。僕は新宿のあちこちの映画館で見かけました。何しろ、タイガーさん、一年中この格好なので目立つし、いつも最前列のド真ん中に座っておられるのです。そういえば、「新宿昭和館地下」でのエピソードを、俳句雑誌「塵風」(西田書店)の2018年小春号でハピイさんが書いておられています。(この雑誌については当ブログ2018年10月14日参照)
そんな新宿タイガーさんのドキュメンタリー映画、タイガーさんの拘る3つ「シネマ」「美女」「ロマン」の章だてで構成されています。「映画がない人生は考えられない」というタイガーさん、休みの日は映画館に入り浸り。このドキュメンタリーの中でも「PARKS」(2017 瀬田なつき監督)を観にテアトル新宿に入るシーンがあり、今観ている映画館がスクリーンに映るので妙な感じでした。タイガーさんお気に入りの映画は「ローマの休日」(1953 ウィリアム・ワイラー監督)で、「12回は観たよ」とおっしゃっていました。ラスト近くでスクリーンに映し出されるオードリー・ヘップバーンさんを見つめる夢見るような表情、本当にいい表情でした!
あ、今、「表情」と書きましたが、新宿タイガーさん、このドキュメンタリー開始早々、あっさり覆面をとって素顔をさらします。映画を観るときはもちろん外すし、「美女」「ロマン」の部ではゴールデン街でお酒を飲む場面が多いので優しそうなお顔が拝見できます。タイガーさんと酒を酌み交わす女友だちが何と多いことか! そんな美女のひとり宮下今日子さんのご主人、八嶋智人さんとも仲良く「俺たちは‟傷だらけの天使”だからな」と言って肩を組んだり、街中で偶然会った渋川清彦さんにも気さくに話しかけられます。もうタイガーさんは「新宿」という街そのものみたいな存在です。
「なぜ、こういう恰好を」という問いには明確に答えていないのですが、1967年に大学に入り69年中退のタイガーさん、学生運動という団体行動から離れての、ひとり「ラヴ&ピース」という感じでしょうか。そういう意味では、時代とか外的な要素に関係なく「自分」を生きているという点で真に「自由」なんだと思います。ドキュメンタリーの中で、田代葉子さんが「時代は変化していくけれど、切れずに続いているものでもあるのよ」という言葉が印象的でした。
今、新宿タイガーさんと会って一緒に写真を撮るといい事があるという伝説もあるそうで、映画上映後、ロビイに出ると、何と本物の新宿タイガーさんがいて、観終わったお客さんが一緒に写真を撮るために列を作っておりました! また、売店には「新宿タイガーお守り」なんてグッズも販売されていて、昭和の男が平成も終わろうとしている時期にプチ・ブームの予感でした。(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!