ひとつ前の当ブログで「極悪拳法」(1974 小沢茂弘監督)を紹介しました。敵役の多かった石橋雅史さんが、(主演の渡瀬恒彦さんと対決するハメになってしまうものの)家族思いの善い人を演じ、印象に残りました。この映画に出演した「キックの鬼」沢村忠さんは日本大学時代はの空手部にいたそうです。石橋さんは面識はなかったそうですが、後輩から名前は聞いてはいたそうです。
また、ガッツ石松さんについては、撮影後、石橋さんが東京に帰るため京都で新幹線に乗ると、ガッツさんも座っていて、「どうもお世話になりました!」ときちんと挨拶をしてきたそうです。その折り目ただしさに石橋さんはビックリしたといいます。当時世界チャンピオンのガッツさんが、全く偉ぶったり、傲慢なところがない人柄に感心したそうです。
ガッツ石松さんでもうひとつ思い出したことがあります。このところ、当ブログでよく取り上げている萩原健一さんが1983年、大麻取締法違反で逮捕されたときのことです。ショーケンは、大麻を売ったり、一緒に吸った仲間の名前をうたわず黙秘していたので長期拘留になっていました。麻薬取締法違反は証拠隠滅の恐れもあるので、ひと月ほど経ってようやく家族との面会が許されたといいます。それまでも数多くの友だちが面会を求めて警視庁にやって来たそうですが、刑事は誰が来たということは教えるものの一切面会は許してくれなかったそうです。そんなある日、ガッツ石松さんが果物の差し入れを持って面会を求めてきたのです。例によって、刑事はそれだけを告げて面会を許さないと思ったショーケンが「本当にありがとうございましたと伝えてください」と言います。そして、トイレに行くので刑事に同行をお願いして(被告は署内では一人でトイレに行けない)入ったところ、用を足している人がいて、それがたまたま入っていたガッツさんでお互い「おお」と声をあげたそうです。ショーケンが用を足して出てくると、廊下にガッツさんが立って待っていたそうです。ガッツさんは、ショーケンの横についていた刑事に「5分だけでいいですから、お願いします。もうこうして会っちゃったんだし、何も話をしなくてもいいんです。萩原君のそばにいさせてください」と頭を下げて懇願。本来は認められない面会ですが、刑事も渋々ながら許可してくれ面会室に入れてくれたそうです。ここにもガッツさんの人柄が刑事を動かしたのでしょう。特別に認められた面会で、5分経っても「あと1分」「もう1分」と粘り、20分に及んだそうです。ショーケンはうれしくて面会の間中、涙があふれてきたそうです。ガッツ石松さんの人柄と男気がよく分かるエピソードですね。 (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!