昨日の当ブログ「追悼・ケーシー高峰さん」では、ケーシーさんの映画初出演作「喜劇・冠婚葬祭入門」(1970 前田陽一監督)を紹介しました。この中で「クレーターだらけの顔」と言われ、倍賞美津子さんにフラれるケーシーさん、のちに倍賞さんと共演する映画がありました。「東映実録路線」の「バカ政ホラ政トッパ政」(1976 中島貞夫監督)です。久々にシャバに出て来たバカ政が偶然出会ったトッパ政、ホラ政と殴り合いの末、意気投合して「三政トリオ」で銀座でのしあがっていく話です。ケーシーさんが扮する「トッパ政」は名古屋出身でちょっとキザな口調でコミカルな味を出しながらも迫力もありました。敵の組にリンチを受ける場面やアクションシーンもけっこう体を張ってこなし、熱演でした。文太さんとからむ主役トリオの一人ですから相当、気合が入っていたと思います。もう一人の「ホラ政」を演じたのも中山仁さん(学ラン姿!)で、いつもの東映らしくないキャストが新鮮でした。倍賞美津子さんは文太さんの恋人のホステス役でした。
「実録路線」といっても、菅原文太さんが演じた「バカ政」にモデルがいるだけで、トリオを組むホラ政(中山仁さん)、トッパ政(ケーシー高峰さん)はフィクションです。何でも「バカ政」のモデルとなった人が「オレの映画を作らないか」と持ち掛けて実現した作品だそうです。「仁義なき戦い」(1973 深作欣二監督)を嚆矢とする「東映実録路線」もこの頃はもう勢いを失っていましたが、ストーリー的には「人斬り与太・狂犬三兄弟」(1972 深作欣二監督)に似ています。文太さん・田中邦衛さん・三谷昇さんのトリオが暴れまわるあの名作よりゆるく、テイストとすると「まむしの兄弟」シリーズ(1971~ 中島貞夫監督他)のトリオ版といった感じでしょうか。また、既に文太さんが「トラック野郎」シリーズ(1975~ 鈴木則文監督)で活躍されていたのでコミカル要素が増えたのかもしれません。そういえば、文太さんたちが敵の組とその興行権を巡って争うバンドとして「ダウンタウン・ブギウギバンド」が出ていました。これも「トラック野郎」(主題歌「一番星ブルース」は宇崎竜童さんの作)の繋がりかもしれません。
僕はこの作品を2回観ています。最初は「新宿昭和館」で1999年7月19日、「網走番外地 荒野の対決」(1966 石井輝男監督)と一緒に観てます。(三本立てのうち2本だけ観たようです) 2回目は2003年7月30日に「中野武蔵野ホール」で「二百三高地」(1980 舛田利雄監督)と二本立てで観ています
。二回目のときは「新宿昭和館」がもう無くなっていたのだなあ……。二回観たので、劇中「何年だ」と訊かれたケーシーさんが「猫年や! 舐めだす止められんのだわ」と答えたのをよく覚えています。ケーシーさんのアドリブだったのかな?
映画は「明日に向かって撃て!」(1969 ジョージ・ロイ・ヒル監督)みたいな終わり方でしたが、この異色トリオでシリーズ化したら、ケーシーさんがまた躍動して面白かったのになあと思いました。
(ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!