大河ドラマ『いだてん』で、足袋職人の役がピエール瀧さんの逮捕、降板で三宅弘城さんに代わりました。何回か前から登場して、最初はだいぶピエールさんに寄せている感じがしましたが、昨日あたり観ると、そのピエールさんぽさが薄れてきて、三宅さんの演技になっていると感じました。交代直後は違和感が目立たないように、ピエール調でやって徐々に自分の色の演技にシフトしているのでしょう。ベテランらしい計算された演技です。観ている方も、もう違和感なく観れます。三宅さんは「大人計画」の事務所所属で、「グループ魂」にも参加していますから、宮藤官九郎さんとのコミュニケーションもじゅうぶんとっているのでしょう。ちなみに『少年メリケンサック』(2009 宮藤官九郎監督)や『中学生円山』(2013 宮藤官九郎監督)といったクドカン映画にも出ていましたね。
まあ、ピエールさんは主役ではないのが幸いしましたが、過去の大河ドラマでは『勝海舟』で主演の渡哲也さんが病気で降板、松方弘樹さんが代わって演じたことがありました。このときは、最初だいぶ違和感がありましたが、交代したのが、スタートしてまもなくだった(たぶん3月頃)こともあり、後半の放送では、すっかり海舟=松方さんで観ることができました。もっと先、ドラマが佳境に入ったあたりだったら厳しいものがあったでしょう。(←当ブログ2017年1月27日「松方弘樹さんと渡哲也さんの不思議な因縁」もご参照ください)
また、当ブログ2017年1月28日「『勝海舟』から『前略おふくろ様』」に書いたように、この『勝海舟』では、萩原健一さんの演じる「人斬り以蔵」がとても印象的でした。新しい「岡田以蔵」像を作り上げたと思います。脚本の倉本聰さんはこの「以蔵」をゲイと想定していた(当時ははっきり表に出せなかった)そうで、ショーケンもナイーブな演技で応えました。
その萩原健一さんも、大河ドラマを病気で途中降板しています。1991年の『太平記』です。真田広之さんが主役「足利尊氏」を演じた作品で、ショーケンは「新田義貞」ですから重要な役です。ショーケンも『勝海舟』以来の大河出演ということで張り切っていたそうですが、耳のうしろに腫瘍ができてしまいやむなく降板したのです。朝起きて真っ直ぐ歩けないほどで、以降、右耳はほとんど聞こえなくなってしまったそうです。
ショーケンに代わって「新田義貞」役をやったのは根津甚八さん。僕は残念ながら、この『太平記』を観ていなかったのですが、観ていた母は当時、「うまく似た感じの俳優を使うものだね」と感心していましたから、成功だったのでしょう。ショーケンは根津さんのことをとても買っていましたから、自分の代役に推薦したのかもしれません。 (ジャッピー!編集長)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!