ひとつ前の当ブログで書いたように、『子連れ狼』を読んで、すぐに原作の小池一夫先生宅を訪問、映画権をもらいに行った若山富三郎さん、本当に惚れ込んでいたのでしょう。映画の中でも様々な工夫をこらし、観客を楽しませました。第2作『子連れ狼 三途の川の乳母車』(1972 三隅研次監督)では、最後、悪玉の大木実さんに対して刀をナイフのように投げつけます。胸に刀が刺さり絶命する大木さんも驚きの表情を浮かべますが、武士が刀を投げるなど卑怯なやり口ですが、拝一刀は、妻を殺した柳生一党という権力に反逆しているわけですから、「武士道」なんてくそくらえなわけです。
そういった美学を捨てたアウトローだから、破格の殺陣を見せるのですが、それが娯楽性と合わさって「荒唐無稽」な面白さを加速するのです。大五郎が乗る乳母車に装填される武器も、シリーズとともにグレードアップ。もうほとんど『007』シリーズに出てくる「ボンドカー」です! 柳生の刺客に追われながら、いったいいつ作ったのか……『巨人の星』の星一徹がいつの間に「大リーグボール養成ギプス」を作ったのかとともに謎ですね。
スプラッター描写も『子連れ狼 三途の川の乳母車』では、頭を真っ二つに割り、脳みそがぐにゃりと出てくるし、さらに第3作『子連れ狼 死に風向かう乳母車』(1972 三隅研次監督)では、拝一刀に加藤剛さんが首を斬られ、その切断された首がごろごろ転がると、カメラがその生首の視点になる有名なシーンがありました。これを観たときに思い出したのが勝新太郎さんが自ら監督した『顔役』(1971 勝新太郎監督)です。ご覧になった方はお分かりだと思いますが、映画の文法を無視した「視点」からの映像がてんこ盛りです。このあたりの手法が採り入れられている気がしました。
何しろ、『子連れ狼』シリーズ全6本はすべて「勝プロ」製作。そして、封切時の併映作をあげると、
第1作『子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる』(1972 三隅研次監督)と『座頭市 御用旅』(1972 森一生監督)という二本立て、『子連れ狼 三途の川の乳母車』は『新・兵隊やくざ』(1972 増村保造監督)、『子連れ狼 死に風向かう乳母車』は『新座頭市物語 折れた杖』(1972 勝新太郎監督)が併映でした。特に勝さんの監督第2作『新座頭市物語 折れた杖』は盲目の人の頭の中に見えるものを映像化したり、勝新ワールド全開です。お正月映画となった第4作『子連れ狼 親の心子の心』(1972 斎藤武市監督)は、同じく小池一夫先生原作の『御用牙』(1972 三隅研次監督)で、このときは三隅監督は勝新映画の方にまわりました。三隅監督が復帰した第5作『子連れ狼 冥府魔道』(1973 三隅研次監督)の併映は『御用牙 かみそり半蔵地獄責め』(1973 増村保造監督)、最終作となった『子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎』(1974 黒田義之監督)の併映は『悪名 縄張り荒らし』(1974 増村保造監督)です。つまり、全6番組、若山&勝兄弟の2本立て。『座頭市』2本、『兵隊やくざ』、『悪名』と勝さんの三大シリーズ総登場、さらに小池先生の『御用牙』も2本と、併映作を変えながらも『子連れ狼』をメインに続いたのです。まさに「勝プロ」と小池一夫先生の原作が相性ばっちり、「荒唐無稽」と「娯楽性」たっぷりの映画群が連打されたのです。
(ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!