当ブログ6月7日、8日に京マチ子さん主演の『牝犬』(1951 木村恵吾監督)を取り上げました。浅草の踊り子に扮し、その豊満な肉体で真面目な志村喬さんの人生を狂わせてしまうヴァンプ役です。「大阪少女松竹歌劇団」出身の京さん、とにかく、初期はダンサー役が多く、そのグラマラスな肢体をスクリーンいっぱいに躍動させていました。
『浅草の夜』(1954 木村恵吾監督)の京マチ子さんも浅草の踊り子役です。もちろんダンスのシーンもありますが、もう独壇場ですね。京さんの妹が若尾文子さんで、呑み屋の手伝いをしています。(呑み屋の女将は浦辺粂子さん) 京さんの在籍する劇場の台本を書いているのが鶴田浩二さんで、支配人から客の入りが悪くなったと「もっとエロ、グロものを書け」などと言われます。鶴田さんは怒ってホンをびりびりに破きます。先輩のベテラン、見明凡太朗さんが「気持ちは分かるが、台本を破いちゃ踊り子たちも困るし、お客さんに見せられない」と説きます。この見明さん、京さんと鶴田さんについて「君達はいつもケンカだなあ。まあ仲が良い証拠だ」と、二人のツンデレ関係をあたたかく見守っています。他の踊り子や裏方にも信頼されている役で、見明さんがいい味を出していました。
一方、悪玉に扮するのが志村喬さんで、『牝犬』の気弱な人から一転、劇場を牛耳ってるヤクザの親分を憎々し気に演じます。この志村さんに見明さんはクビにされてしまいますが、志村さんの息子(高松英郎さん)が見明さんを復帰させます。実は、いい人に見せかけて若尾さんの歓心をひこうとしているのです。実際は女たらしで、京さんの同僚の踊り子を孕ませていたりします。このことがバレて、ラストは、どしゃぶりの雨の中、高松さんと鶴田さんの泥だらけの対決です。ナイフを持ち出した高松さんに石で対抗した鶴田さん、頭を打ってしまい「殺した……」と思い自首しようとすると、京さんが「行かないで!」と泣きながら抱きつきます。「売れないホンばかり書いてる」など憎まれ口をきいていた京さんが素直になるのでした。高松さんも命はとりとめ、殺人にはなりませんでした。
この京さんと鶴田さんの恋愛ドラマに、若尾さんの話が加えられます。若尾さんは画家(根上淳さん)と恋愛中ですが、姉の京さんは猛反対。根上さんはけっこうな画の大家の弟子なので、身分違いを気にしているかと思いきや、その大家(滝沢修さん)は何と! 若い頃、まだ貧乏画家の時代に姉妹を捨てた実の父だったのです! 怨んでいた京さんを鶴田さんが無理やり引っ張って父娘の対面となり、「貧しくて育てられないというなら……何で一緒に死のうと思わなかったの! それで天国でお母さんと会おうと思わなかったのよ!」と思いのたけをぶつけ責める京さんの演技は心うたれます。
この時点で京さん、大映入社5年目。既に「グランプリ女優」と呼ばれ、看板女優の座についていますが、早くも若尾文子さんが台頭してきたわけです。映画が量産された時代、次々に現れるスター候補、競争が激しかったことがうかがえます。だからこそ、生き残ったスターは本当に眩いばかりの輝きを放ったのでしょう。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!