当ブログ6月7日、8日で書いたように、『牝犬』(1951 木村恵吾監督)で父親(志村喬さん)が踊り子の京マチ子さんに狂って、家庭は崩壊。娘の久我美子さんはバレエを学ぶため留学しようと考えていたお嬢さんでしたが、場末のストリッパーにまで転落してしまいます。豊満な肉体で勝ち誇ったような京さんの悪女ぶりと、小柄でやせ型の久我さんが何とも痛々しく映りました。
その京マチ子さんと久我美子さんが姉妹役を演じたのが、『あにいもうと』(1953 成瀬巳喜男監督)です。タイトル通り、兄(森雅之さん)と妹(京マチ子さん)を主軸とした物語ですが、その下の末の妹が久我美子さんです。多摩川べりで堤防工事をしている森雅之さんですが、今やコンクリートで固められ、仕事が減り家でイライラしています。そんなところに、東京に出ていた妹の京さんが妊娠して帰ってきます。森さんは身持ちの悪い妹を罵倒して、京さんはまた出て行ってしまいます。その後、京さんを孕ませた学生がやって来て、森さんに殴られます。この学生を演じるのが船越英二さんで、昨日の当ブログ「淡島千景さんと京マチ子さんが姉妹役『踊子』」でも書きましたが、本当に気の弱い優柔不断な男をやらせたら絶品です。殴られて帰る船越さんがバスの中でまんじゅうなんか頬張っているのも何だか可笑しく、こういう細かい描写がうまいなあと感心します。
一年後、すっかりスレた京さんが帰ってきます。例によって、森さんが妹に悪態をつき、取っ組み合いの喧嘩になります。卓袱台返しもあって、畳の上にむなしく転がる「おはぎ」がやけに印象に残ります。それにしても、森雅之さんという人は、実際は京都大学出身のインテリですが、こういう粗野な役をやらせても上手いですねえ。舌をまきます。会えば、激しくぶつかり合う兄妹ですが、心の奥では深い愛情でつながれているというのを見事に感じさせてくれます。
久我さん演じる妹は上ふたりと違って、常識的なしっかり者です。近所の堀雄二さんと思い合って結婚も考えますが、京さんの妊娠騒動などで堀さんの家族が猛反対。堀さんは駆け落ちを持ち掛けますが久我さん、「男らしく、親にきっぱり言いなさいよ!」と一人で帰ります。ダメな兄妹が反面教師なのか、看護婦の学校に通い、自分の力で生きる逞しさがあります。「戦後民主主義」を象徴しているキャラクター―といっていいかもしれません。
『あにいもうと』には、前述のおまんじゅう、おはぎの他に、ラムネをかけたかき氷、昔ながらのアイスキャンディーなど「日本の夏」が随所に出てくるのも楽しめますよ。当ブログ2016年8月18日「フラッペなんてぶっ飛ばせ」をご参照ください。  (ジャッピー!編集長)
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!