大阪の吹田市で起こった拳銃強奪事件、犯人が逮捕されました。不安だった近隣の住民の方々はまずは一安心ですが、犯人に刺された巡査の方は意識不明の重体とのこと、何とか助かってほしいです。このところ、こういった事件が多いので怖くなります。
警官や刑事が拳銃を奪われてしまうというのは、『野良犬』(1949 黒澤明監督)をはじめ、映画にはよくあるシチュエーションです。中でも、僕が一番印象に残っているのは『七つの弾丸』(1959 村山新治監督)です。この映画については、当ブログ2018年8月28日「菅井きんさんの名演が忘れられない傑作『七つの弾丸』」に書きましたのでお読みください。本当に傑作です!
また、テレビドラマで忘れられない作品がありました。渡哲也さん主演の刑事ドラマ『大都会PARTⅡ』の一篇、『俺の拳銃』です。『大都会PARTⅡ』は石原プロ製作で、『大都会 闘いの日々』に続く刑事ものですが、前シリーズが人間ドラマとして秀逸な作品が多かった(倉本聰さんが何本か脚本を書いていました)のですが、視聴率の関係か、『PARTⅡ』の方はアクションを強化し、キャストに松田優作さんも加わりました。演出も舛田利雄さん、蔵原惟繕さん、小沢啓一さん、長谷部安春さん、澤田幸弘さん、村川透さん……と日活系の名だたる顔ぶれで狂喜したものです。テレビで毎週、プログラム・ピクチャーを観ているという感じで、僕は毎週楽しみで全話欠かさずに観ました。
『俺の拳銃』(舛田利雄監督)は粟津號さん演じる平原刑事がメインの回で、事件を追っている中で「犯人を知っている」という呼び出され、拳銃を奪われてしまいます。犠牲者が出て、平原刑事(愛称は「ヒラ」)は辞職を申し出しますが、黒岩刑事(渡哲也さん)に「辞めて解決するか!自分で取り戻せ!」と叱責され何とか自力で拳銃を取り戻そうとします。
犯人(梅野泰靖さん)は無差別犯ではなく、狙う相手が決まっているので、そのターゲットを張りこむと犯人がやって来ます。ヒラはそのターゲットを守るように前に出て銃弾を浴びます。弾丸がなくなるまで自分の体に撃ちこませ、もうフラフラになりながら手を差し出し「お、俺の……俺の拳銃……」と犯人に近づいていくシーン、粟津さん最高の名演だったと思います。今でも忘れられません。
刑事ドラマの殉職というと、『太陽にほえろ!』の若手刑事の登竜門?的なものがお決まりですが、レギュラーでいちばん地味な刑事の粟津さんが殉職するというのもちょっと驚きでした。しかも、この回はまだ番組が始まって間もない頃(ワン・クールぐらいだったかな?)でした。
と思っていたら、次の回から城西署の刑事に神田正輝さん、苅谷俊介さんが加わりました。このお二人石原プロ所属。ああ、この二人を使いたくて粟津さん演じる「ヒラ」を殺したのか……とすぐ分かりました。実際、後年、粟津さんもそんなことを書いておられ、松田優作さんがそういう石原プロのやり方に腹をたてたというエピソードも紹介しておられました。
粟津號さんは、日活ロマンポルノ初期に『濡れた唇』(1972 神代辰巳監督)や『白い指の戯れ』(1972 村川透監督)で世に出た俳優さんなので、そのラインでキャスティングされたのでしょうが、「石原プロ」の意向には従わざるを得なかったのでしょう。刑事「ヒラ」の銃弾を何発も受けての最期も悲惨でしたが、現実の「番組途中」でレギュラーからカットされる悲哀も重なります。
粟津號さんは、2000年に54歳の若さで亡くなっています。いい役者さんでした。
(ジャッピー!編集長)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!