11日の当ブログで紹介した『ある町の高い煙突』(2019 松村克弥監督)を僕は「有楽町スバル座」で観ました。有楽町駅のすぐ前にある「有楽町ビル」の2階にあるこの老舗映画館も今年の10月に閉館と決まってしまいました。またひとつ、昭和の匂いがする居心地の良い場所が消えてしまいます。

「スバル座」は1946年の年末に「本邦初のロードショー劇場」という謳い文句で開館しました。1946年というと昭和21年ですから、戦争の傷跡があちこちに生々しく残っていた時代です。そんな頃ですから、戦後の新しい希望を象徴するような夢の映画館だったでしょう。今、スバル座のロビーにも、その頃の写真パネルが飾られています。高峰秀子さんなどが映っておられます。その頃、いち早くここで封切られた洋画を観るというのが最先端の贅沢だったゴージャスな劇場だったのです。

ただし、現在の「スバル座」は1966年(昭和41年)に開館したものです。というのは、火災で焼失してしまって復館したのです。それでビルの2階に入ったわけですが、長いソファが並ぶロビーとか、場内の天井の高さとか、昭和の映画館の佇まいです。座席もカップホルダーなんてものも付いていないし、前の席との間も狭いし、今どきのシネコンに比べれば快適度は低いかもしれませんが、現在、名画座中心の僕が最近もよく足を運ぶ数少ない封切館なのは、まさにそんなレトロ感に魅かれるからです。

まず、座席指定がないことが良いですね。最近のシネコンもミニシアターも受付で席を決めなきゃならないのが面倒くさく、何だかブロイラー気分にさせられてしまうのです。それが、ここ「スバル座」では全自由席、たいがい空いているから、入場してからゆっくり選んで好きな席に座れるし、途中で席を替えるのも自由なのです。

あと、最近ここで上映される作品が独特のものが多いというのも大きいです。シネコンで何館も上映される大作、ヒット作でもなく、かといってちょっとトガった個性的な単館系とも違う、ひっそりと公開される邦画作品(特に地方発の小品)がここでしか観れない場合が多く、大変助かるのです。例えば、昨年から今年にかけて、僕が「スバル座」で観た作品をちょっと思い出してみても、『きらきら眼鏡』(2018 犬童一利監督)、『輪違屋糸里~京女たちの幕末』(2018 加島幹也監督)、『おみおくり』(2018 伊藤秀裕監督)、『ばあちゃんロード』(2018 篠原哲雄監督)、『明日にかける橋 1989年の思い出』(2018 太田隆文監督)など……いずれもそこらのシネコンでは上映されなくて、このスバル座でないと観れない映画でした。

また、東京から徳島に会社を移転させるストーリーの『波乗りオフィスへようこそ』(2019 明石知幸監督)、

福井のローカル線を舞台にした『えちてつ物語~わたし帰ってきました』(2018 児玉宜久監督)、地方の農業などに焦点を当てた『種まく旅人』シリーズなど、地方発のローカル色豊かな映画を上映してくれた映画館でした。スバル座のおかげで、こういった地味だけど良質の作品が観れたのに……ここがなくなってしまったら、僕はどこでこうしたひっそりと公開される映画を観ればいいのかと絶望的な気持ちになってしまうのです。  (ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!