ひとつ前の当ブログに書いたように、昭和初期、吉本興業が芸人の「引き抜き」や「闇営業」にからんでライバル会社を恫喝したり、暴力団抗争にまで発展したことは『花のれん』(1959 豊田四郎監督)にも、葵わかなさんがヒロインを演じた朝ドラ『わろてんか』にも出てきませんでした。まあ、当時の映画や興行の世界ではよくあることではありましたが。有名なのは、松竹から東宝に引き抜かれた林長二郎(長谷川一夫)さんが暴力団員によって左頬を斬られるという事件ですね。

「山口組」が後ろ盾にいた一方、吉本興業は警察とも密接な関係を持っていて、警察OBを積極的に従業員として雇っていたと言われています。東京に進出したときには、全国に30軒近くの寄席や劇場を持つほどになっていた吉本ですが、その急成長の陰には各方面に相当なお金を使っていたことでしょう。また、「吉本せい」さんは大阪府議会の議長と愛人関係にあり、選挙資金を融通する代わりに、興行税などいろいろ優遇してもらっていたようです。映画『花のれん』では、佐分利信さん演じる市会議員と純粋に恋におちたようなドラマになっていましたが、実際は欲得がらみだったのかもしれません。しかし、この愛人の府議会議長が脱税疑惑で召喚され、「せい」さんも贈賄、脱税容疑で収監されます。吉本興業にも捜査の手が入ります。順調にきていた吉本興業に訪れた大ピンチでしたが、府議会議長は獄中で首を吊って自殺し、大阪地検の捜査は打ち切り、「せい」さんへの容疑はうやむやになるのです。映画でも佐分利信さんは獄中自殺しますが、他人の罪をかぶってみたいな理由にトーンダウンしていたように記憶しています。女性の一代記を描くにあたって、当然ながら「せい」さんも、彼女が愛した男も悪く描いていないのです。『わろてんか』に至っては全く別の話でした。劇場の外で「冷やし飴」を売るのと、「安来節」のくだりが共通するぐらいでしたね。

愛人の自殺で切り抜けた「せい」さん、何ともツイている人ですが、うまく権力に近づくなど世渡りの才覚があったからこそなんでしょうね。政府から100億円もの事業資金を得たり、「吉本新喜劇」の舞台にアベ晋ゾウを上げたり、そういう点でも吉本遺伝子は今もしっかりと受け継がれているわけですねえ。(ジャッピー!編集長)


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!