ひとつ前の当ブログの最後に「あいちトリエンナーレ」のことをちらっと出しました。ここで開催された「表現の不自由展――その後」が中止になってしまった件です。過去に発表されたものの、中止に追い込まれてしまった作品などを集めて「表現の自由」とは何かを問い直す催しだったのに、まさに一方的に中止判断が出されるという皮肉な結果になってしまいました。これで、憲法で「表現の自由」が保証されているこの国は、やっぱり「表現の不自由」の国だったことが明らかになったことに(逆説的ですが)意義があったかもしれません。

展示に対して、脅迫やテロの予告があったとのことですが、この国は「テロには屈しない」じゃなかったのですか。聞き間違いだったかなあ。これが「従軍慰安婦の少女像」がターゲットでなく、政権のお気に入りの「芸術」だったとしても、中止したでしょうか。徹底的に捜査をしたり、警備したりして「表現の自由」を守ったのではないですかね。対象が何であれ、権力(政治や行政)が「表現の自由」に介入することが怖ろしいのです。

河村たかし名古屋市長が「日本国民の心を踏みにじる行為」と展示についてコメントしていましたが、別に「踏みにじられた」と思わない国民がいるとは思わなかったのでしょうか。そこには、日本国民だったら当然「不愉快」に「思うはず」だというか、「思うべき」だという思いこみがあります。怖いことです。前からずいぶん権力志向の強い人だなあと見ていましたが、もう、完全に自分が「検閲」する側の人種になっていることを露呈しています。

もちろん、河村市長だって、憲法の下の日本国民ですから「表現の自由」はあります。個人の意見を持つことは自由です。マツイ一郎が「公金を投入しながら我々の先祖が貶められるような展示をしていいのか」というのも自由です。でも、権力者が個人の感情にまかせて権力を行使したら、もう民主主義とは言えません。権力を持った一部の人が、芸術や表現の世界に対し「これは不愉快だ」「これはけしからん」と規制するようになったら、それは「検閲国家」です。権力者に批判されることを怖れ、怒られないようなものを作り、表現するなんて社会になったら息苦しいことでしょう。でも、早速、「表現の不自由展――その後」の監督だった津田大介さんが登壇する予定だった他県のシンポジウムが中止になりました。主催者に何らかの圧力がかかったのか、忖度したのか分かりませんが、確実に「表現の不自由」は蔓延し始めているようです。

僕もこうしたことをブログに書いていると、そのうち何か圧力がかかるかな? 『新聞記者』(2019 藤井道人監督)なんて観ると、内閣調査室は日夜、反政権的な国民をあげるのに励んでいるようだし。そういえば、この映画の中で田中哲司さんの科白に「この国は形だけの民主主義でいいんだ」なんてのがありました。もはやフィクションとは言えない恐怖があります。 (ジャッピー!編集長)

 


にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!